• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

canonのブログ一覧

2017年10月09日 イイね!

5台まとめてオイル交換

●連休最終日ですので

やっておこうと思いまして、

ちょうど交換時期です・・・前回から半年です、

もう少しマメにやらんとイカンなと思いつつ(汗)、

朝イチから2時間程度掛けまして、

5台のバイクのオイル交換を済ませました、
(ケッチは昨日出動前に済ませました・前回交換して1度しか走ってなかったですが・笑)



↑リトルカブオイル交換、

コイツは17のメガネで緩めるだけの超カンタン作業、

オイルはホンダ純正G1、

前回交換から300キロ程度を走行しましたが、

インジェクションのおかげでしょうか?

あまり汚れていません(まだまだ透けて見える)、



↑小ベンリィもリトルと同じく超カンタン(笑)、

オイルはガレージにある余りモノをブレンド(苦笑)、

以下、キャブ車のは、

抜いたオイルの色は結構黒々(苦笑)、

前回交換から走行250キロ程度、



↑大ベンリィもカンタンです、

オイルはワコーズのプロステージ、

コペンやステラにも使っているヤツです、
(ドリームにもケッチにもコレです)

前回交換より走行400キロ程度、



↑XLは24ミリのボックスでドレン緩めて、

中にあるバネと金網のフィルターを取り出してお掃除とチョイと手間が増えます、

オイルは以前懸賞で当たったAMSと言うハーレー等に使えるブランド、

前回交換より走行900キロ余り、

タンデムやらソコソコの遠出に使うのでまぁまぁ乗っています、



↑イチバン手間なのがLML、

フィラーはマイナスネジ、

ドレンはアタマが11ミリと細いボルトで、

紙のパッキン使うのですが、

(ボルト折れちゃうし・パッキン切れてしまうしで)余り強く締め付けられない為、

少し漏れてきたり、にじんでしまうので、

配管作業に使う「シールテープ」をネジのアタマ側に少し巻き付けておきます、

あ、ちなみにコレはミッションオイル交換です、

2サイクルですから・・・、

なので、色は特に汚れたりしていません、

前回から250キロ余りしか走っておりませんし(笑)、



↑オイルを入れるのも面倒で、

画像の様なシリンジ(注射器みたいなヤツ)にゴムホース付けて、

ソイツで押し込みます、

画像はすでに入れ終えた後ですが、

指差した部分のマイナスネジのトコロがフィラーです、

オイル量は300cc程度らしいですが、

フィラーから溢れきたあたりがちょうど300cc程度らしいので、

溢れるまでオイルを押し込みます。


●合わせて各部のチェックも

各車とも、オイルが抜ける時間を利用して、

油差したり、バッテリーチェックしながらの作業でしたが、

リトルやベンリィの2台は15分程度で終わってしまうのですが、

XLやLMLがチョット時間掛かってしまいますね、
(30~40分程度でしょうか)

あとは準備や片付けの時間・・・コレがイチバン手間カモ(汗)、

そんなコトやあんなコトをラジオ聞きながらやるのが、

結構楽しかったりです(笑)、

で、作業終わった後、シャワー浴びますが、

ワンコも風呂に入れてやります(笑)、

ワンコ洗うのが休日の楽しみでもあります。



連休最終日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私はコノ後、ワンコとユックリ散歩に行き、溜まっている本を読みたいと思います、

それでは、また次回。
Posted at 2017/10/09 13:25:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | オートバイ関連 | 日記
2017年09月17日 イイね!

ココロに残る、想い出のオートバイ

●先日購入した雑誌を見ていて

あぁ懐かしいなぁ~と、



ホンダCB750・・・私は「CBナナハン」と呼んでますが、

大型2輪免許を取る際に乗ったバイクであります、



↑コイツとほぼ同じ型、色は全く同じヤツ、

教習12回、試験1回、延べ13時間余り乗車しました、

もう13年余り前のコトですが、

良く覚えています、



↑コチラは私の愛車でもあった「CB400Four」

「平成ヨンフォア」とか「水冷ヨンフォア」とか呼ばれた4本マフラーが特徴のヤツです、
(ネット表記ですと「FOUR」が大文字だったりしますが正確には「Four」です)

ヨンヒャクのクセに車重が210キロもあって(汗)、
(CBナナハン教習車は240キロ)

私はコイツを「限定解除練習用」として愛用していたのですが、

当時(平成10~12年頃)第1回目のヘルニアが出てしまい(汗)、

どうにもならずに手離してしまったのですが、
(結局は大型免許を取る前に売却してしまった)

記憶にあるのは「とにかく曲がらなかった」印象の強いバイクです、

当時は何とか思い通りに曲がらないかと、

山奥等でスラロームや8の字走行をしたり(苦笑)、

イロイロな乗り方(フォーム)を試したのですが、

「どうして曲がらないんだろう?」「こんなにやっても思う様にならない」と、

乗る度に強く考えさせられたバイクです、

コレに乗っていた経験が、

後ほど「CBナナハン」に乗る時に役に立つとは思ってもみなかったのですが・・・。


●当時は今程ライディングに対する知識とか無くて(汗)

ドリームを無理矢理寝かし付けたり(苦笑)、

上記のヨンフォアを倒し込んだりとやっていたのですが、

教習所に入校して1時限め・・・、

運行前点検やセンタースタンド掛け、

8の字の取り回し(押して歩く)・倒れたバイクの引き起こし等をやって・・・、

先生(3人の先生に教わりましたがソノ中でイチバン若い(私よりチョい上)先生)が、

「canonさんは中免を持っているんですね、どんなバイクに乗られてます?」と聞かれたので、

私「今は50のギヤ付きだけですが少し前は400や250を数台乗ってました」と言うと、

「ならば、大丈夫ですね」と言い、

「これからナナハンで2輪専用コースを走ります、

信号やセンターライン、一時停止等は無視してもらって構いませんので、

ひたすら私の後をついて来て下さい、

でも、ムリだと思ったら速度落とすか停車して構いません」と言い、

「じゃ、行きますョ」とブオンと発進、

私も慌てて発進(汗)、

初めは外周を右に左にとグルグル回っていきながら、

ガンガンペース上げていく先生(汗)、

センターラインおかまいなしのアウトインアウトで交差点を曲がり、

急ブレーキでS字やクランクのコースへ入り、

派手に右に左にとスラローム、

1本橋を超低速で抜けたかと思うと、

外周へ出てフル加速(爆)、

追う私も真剣モードでバックストレートで3速まで入れて時速80キロ超え(汗)、

「先生手加減無しでメッチャ飛ばすなぁ」と冷や汗かきつつも、

何とか先生に遅れずに最後まで走行できた・・・、

走行終了後先生から、

「アソコまで走れる生徒は中々いませんね、スゴいですョ」とお褒めいただきました(笑)、

私が「以前乗っていたヨンヒャクと重さやハンドリングが似ていたんですよね、

だから何とか乗れたと思います」と言うと、

「どれだけ乗れるかを見るテストみたいなモノだったのですが、

canonさんは乗られていたヨンヒャクの経験があるから、

大型の教習もスムーズに進むと思いますョ」と言われ、

ナルホド、そうだったのか!と思い、

こんなトコロで以前乗っていたヨンフォアを思い出すとは思いもしませんでしたね。


●曲がらないと思うのは乗り方か?

ヨンフォアは曲がりにくいとカンジていたが、

教習車のナナハンは曲がるなぁと思いつつも、

少し油断(?)すると、

ヤッパリ曲がらないとカンジたりするコトもあって、

結局は無理矢理曲げていた記憶があるのですが、

今現在、イロイロなバイクに乗る様になって、

車種(カテゴリー)それぞれ曲がりやすさとか、

寝かしやすさなんてのが多少分かる様になって(今頃かよなんて言わないで下さいね・笑)、

改めて振り返ると、

ヨンフォアは確かに曲がりにくい(苦笑)、

今乗れば、もう少し曲げやすい乗り方ができると思うのですが、

当時の私にはそこまでの知識が無かった、

CBナナハンに乗って少しソレが分かって、

今ソレらと似たフィーリングのケッチに乗って、

「あ~こんなカンジね」みたいなのが、

何となく掴めてきて、

バイクって奥深いなぁ~と思いました、

「CBナナハン教習車」と「(私の)ヨンフォア」は、

そんな想い出とライディングの見直しのキッカケとなった、

忘れられない1台ですね(笑)。


●そんなCBナナハンが

ウチの近所で車検切れてホコリまみれになって眠っています(涙)、



↑コレと同じヤツですね、

犬の散歩で見かける度に「あぁ勿体無い」と思いながら通り過ぎて(笑)、

「まだ値段が上がっていないから(爆)ひと声掛ければ安く売ってくれるカナ?」とか妄想しています、

生産中止から10年余りが経って、

もうチョイしたら中古の相場も上がるカナ~とか、

イロイロ考えるのですが、

私を古くからご存知の方は、

私が車検必要なオートバイの所有を家内から禁止されているのはご存知でしょう(苦笑)、

なので、あくまでも妄想するだけですし、

もし車検付きのバイクが買えるとすれば別のバイクを買うと思いますが、

今回取り上げた「CBナナハン」は間違い無く名車だと思いますし、

大型2輪免許を教習所で取得された方には、

ココロに残るオートバイだと思います。



皆さんは想い出に残る教習車は何かございますでしょうか?(笑)

それでは、また次回。
Posted at 2017/09/17 10:34:15 | コメント(4) | トラックバック(0) | オートバイ関連 | 日記
2017年08月26日 イイね!

きっとそう思う、あとになって買っておけば良かったって(?)

●今月末までだそうで

以前にチョット書いた、オートバイの排ガス規制、

未対応モデルの生産期限が今月末までらしいです、

しかし、大方ドコのメーカーもすでに生産打ち切りで、

残すはメーカー在庫と店頭在庫のみ、



↑最終モデルのコイツは明日抽選会らしいです、

500台限定のトコロ、応募が3万人とも4万人とも・・・(汗)、

ちなみにお値段¥432,000(税込み)、

モンキーも随分高価ですねェ~(大汗)、

で、コイツが買えなかったからと通常モデルとか買おうにも・・・、



すでに通常モデルは無く、

上記2種類を最近まで販売していたようですが、

右のヤツを100万(!)で販売しているお店もあるようです・・・、

早くもプレミアモデルとなっています、

まぁあくまでも新車に限りのコトなので、

中古相場が上昇したとか無さそうなのでひと安心(?)、

いえいえ、私、モンキーにはあまり興味ありませんから(笑)、

でも、ファイナルモデルとか最近の新車を1台買っておけば「ムフフ」(爆)とか、

イケナイコトを考えてしまったのであります。


●私愛用のモデルも生産中止

今年の3月にモンキー生産終了のアナウンスが流れてから、

きっとコレも生産中止になるのだろうなぁ~と、



モンキーとほぼ同じエンジンを搭載した「リトルカブ」、

ご存知私canonの愛機であります、

コイツは特にファイナルバージョン等は販売されず、

既存のモデルの在庫のみの販売のようです、

ちなみにプレミア付いてませんので(爆)買うなら今のウチにです、

そしてもう1台・・・、



私を困らせる(?笑)LMLですねェ~、

輸入車だけにどうも正確な情報が入りにくいのですが、

現在LML自体が生産ストップしており、

工場ラインを改装中とのコト、

日本に入って来るLMLは画像の「2S 150の混合給油(!)版のフロントドラムブレーキ」で、

色も画像の白のみと、

価格は今までのモデルよりも数万円安いとのコトですが、

欲しいと思う方(いませんね・爆)、

いつ輸入ストップ(もしくは生産中止)になるかわからないので、

早めのご決断をおススメします、

何しろ2サイクルエンジンですので・・・。


●でも、2サイクルは終わりじゃない!

なんと、新規制「ユーロ4」に対応する2ストモデルが発売される(?)、



日本への導入は未だ未定ですが、

↑コイツがウワサの(?)インジェクションの2ストモデル、

オーストリアは「KTM」の「250EXC TPI」だそうです、

いやぁコレには私もビックリしました!!

一応競技用らしいのですが、

日本では保安部品付ければ公道モデルとしてナンバー取れるらしいので、
(輸入オフ車では良くあるハナシですね)

こういうモデルにチョット期待したいなぁ~と考えました、

でも・・・今回の生産中止になるモデルの中に欲しいのがあったりで(苦笑)、

で、結局ドレも買わない(買えない?苦笑)のでありますが、

きっと、後日、「あぁアノ時買っておけば」と後悔の日々が来るでしょう(?)、

そうならない為に、

もし欲しいモデルがある方は、早めにご決断下さいませ・・・。


●今週の当たりは3品!!(爆)

まずは2つ同時に届きました!(笑)

同じ出版社からです、



「VIBES」誌からジェットヘル用のシールドが、



「道楽」誌から「ヤク」の毛で編んだストール(インド製)をプレゼントされました、

ストールはモチロン家内へのプレゼントで選んだモノです、

そしてアイツ(?)にも、



「オールドタイマー」誌の中古品プレゼント(11番)から・・・、



届いたぬいぐるみの山!!(爆)

ぬいぐるみで遊ぶのが大好きなウッキィです、



物色して・・・、



パクっとひとつお気に入りを(笑)、

実は先日オールドタイマー編集部の方から電話がありまして(!)、

いやぁ正直ビックリしたのですョ、

内心「まさか取材?」(爆)みたいな、

でも、ハナシの内容は上記のプレゼントに関するコトで、

「canonさんに配送するのですが、全部いりますか?」云々の内容、

「他に欲しい方がいらっしゃらなかった(苦笑)ので、全てcanonさんのモノになります」と、

私「ありがとうございます!愛犬がぬいぐるみ大好きなので(笑)嬉しいです」と答えたら、

「ナルホド!そういう理由で選ばれたのですか!」と編集部の方は納得されたご様子です、

クルマ雑誌ですからねェ(苦笑)ぬいぐるみなんて欲しいヒト、あんまりいませんね(笑)、

なんてハナシをしました、

画像からウッキィの様子も伝わるかと思いますが、

とても元気であります、

最近チョット皮膚病になってしまい(汗)まだもう少し通院が必要ですが、

ご心配して下さった方々、ありがとうございました。


それでは、また次回、

良いお買いモノ、できればしたいですね(笑)。
Posted at 2017/08/26 17:10:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | オートバイ関連 | 日記
2017年08月20日 イイね!

昨日(8月19日)はバイクの日だったそうで(苦笑)

●そう言えば思い出したのです

国道の電光掲示板とかに「8月19日はバイクの日、2輪車事故注意」とか、

バイク関連のネット記事でもバイクの日にちなんでイベントやったりとか、

でも、私、

昨日書いたブログの様に家でワンコとまったり(笑)、

でも、バイク乗らずとも、バイクのコトは日々考え想っているのです。


●で、原点と言うか、好きになった気持ちを辿ってみた

まずは手持ちのDVD(映画)を見ました、



以前に私のブログでもUPしている「イージーライダー」



でも、本編を見直すのではなく、故デニス・ホッパー氏の解説を聞いてみたのであります、

当時の実際の雰囲気や空気感をカンジたかったのです、

で、そんな映像を見ているウチに・・・、



仮面ライダー1号こと、本郷猛とか・・・、



南光太郎(仮面ライダーブラック)、



鳩さんとか(西部警察)、



マーベリック(トップガン)、



岩城滉一氏(爆発!暴走族)、



マックイーン(大脱走)、



ヘップバーンときたら、



ローマの休日なんかを思い出し、

あぁ、映画とかドラマ、特撮モノ(仮面ライダー)に刺激受けたのだなぁと、

こういうステキでカッコ良い人達をコドモの頃に見ていたから、

バイクへの憧れがいつまでも止まらないのかなぁって、









可愛い娘も乗ってますしね(笑)、

コノ際、ホントに乗れるかどうかはどうでも良いのです、
(大島優子チャンは免許を取得して実際にCMで乗りましたね)

でも、「人」あっての「バイク」なんだなぁと思いました。


そんな想いに耽った昨日、今日でした、

それでは、また次回。
Posted at 2017/08/20 15:03:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | オートバイ関連 | 日記
2017年03月26日 イイね!

東京モーターサイクルショウを見学しなくても、気になるモデル達

昨日のブログで書いた通りですが、

私はモーターサイクルショウ、見てきましたョ、

でも、仮に、です、

見に行かなかったとしても、

以下に挙げるモデルは気になっていました、

で、実際に見て・・・遠目でチラっと見ただけですが(苦笑)、

良いんじゃないですかね・・・、

これからの2輪市場を引っ張っていってくれたなぁと、

まずはホンダのCBR250RRでしょう、



2気筒なのに「RR(ダブルアール)かよ」とか、

70万とか80万とか(!)予想される価格とか、

昨年の発表時から何かと賛否両論ですが、

コレは、コレで良いんじゃないかと、

こういうのはコレで、あったらソレはアリなんじゃないかと、

最近思います、

お次はレブル、



画像は500cc版ですが、250版もリリースするようで、

淋しかったアメリカン(クルーザー)カテゴリーも少しは注目されるでしょうか、

私的には市場の動向が気になるモデルのひとつです、

で、もうひとつ注目のジャンルが、



ホンダCRF250ラリー、



カワサキベルシスX250、



スズキVストローム250の3車、

いわゆる「アドベンチャー系」ですね、

ココのカテゴリーは1000ccなど大型車が独占していた感がありましたが、

ようやく(ホントに私的にはようやくです)250クラスの車種が出てきた・・・、

(買わないのですが・苦笑)私的にはかなり昔から望んでいたクラスの車種です、

「どうして出さないのカナ?」って思っていました、

昔は、少し大きなタンクと、ヘッドライトを付けたモデルがいくつかありましたが、
(ホンダのバハやヤマハのレイド、スズキジェベルのXCやカワサキのアネーロ等)

そういうモデル達も生産中止になって久しい・・・、

なので、心情的には待望の、モデル達ですね、

更に、ようやく(?)、



スズキも250フルカウルのモデルを、

名前はチョットややこしく(?)「GSX-250R」だそうです、

私的には「GSX-R250」とか、そんな名前が浮かびますが、

まぁソレは置いておいて・・・ですね、

内容と価格のバランスが良い商品だと思います、

パワーはライバルに比べて非力ですが、

扱いやすいと言われる2気筒と50万程度の価格は十分戦闘力があるのではと、

密かに期待したい車種ですね、

私は買いませんケド・・・(汗)、

でも、こういうモデルが少しずつ売れてくると市場は活性化して、

良い雰囲気になると思います、

で、もうひとつスズキからは、



ジクサー150と言うインド製(苦笑)のバイクも発売して、

インド製でありながらも、キャブ→インジェクションに変更するとか、

日本向けにイロイロと手入れしてきたそうで、

安価な価格(30万チョット)を武器に、

意外に台数出るカナ?とか予想しちゃいました、

よ~く見ると、エンジンの空冷フィンとか細かくて、

造りも良さそうですしね。


と、こんなカンジで、2017年のバイク市場は動いていくのカナ?と、

気が付くとヤマハが1台もありませんが(汗)、

ヤマハはきっと後出しジャンケンで(笑)何か出してくるでしょう、

近年はそんな動向の様ですし、

傍から見ていると、面白くカンジるモノです、

250クラスが活性化しないと、バイク界も先行きが怪しいと(すでにヤバイ部分もあるかと思うケド)、

メーカーは気付いたのでしょうか、

そういう点は評価して期待はしたいです、

何も無い(ニューモデル出さないとか)ってのは、イチバン良く無いのは確かですからね・・・。
Posted at 2017/03/26 10:33:34 | コメント(6) | トラックバック(0) | オートバイ関連 | 日記

プロフィール

「 「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その78 http://cvw.jp/b/770138/40603604/
何シテル?   10/21 15:04
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

コメント・メッセージやり取りできる方ならば、お願い致します。
68 人のお友達がいます
kotarokotaro * 五兵衛五兵衛 *
イソメイソメ * -らいじんぐ--らいじんぐ- *
めびうす11めびうす11 * ライド☆ギグライド☆ギグ *

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.