• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カズミンのブログ一覧

2011年01月29日 イイね!

プリンターのインク、一気に1/3消費したんですが。

プリンターのインク、一気に1/3消費したんですが。ちょっと実験的に「割り付けポスター印刷」して見たんですが...。
サイズは、A3用紙が297mmX420mmなので、完成時で1200mmX850mm程度かと。

まぁ予想はしてましたが、A3で9分割プリントしたら、普通紙高速プリントでもインクが1/3無くなりました。(哀
 さらに、「レイアウト設定ヘボって画像の上下左右が切れちゃった」ですし...。


なぜこんな実験をしたかと言うと...







           「ボンネットに貼ったらどんな感じだ?」


ってのを見てみたかったんですねぇ。
実際はへタレなので、アート車には出来そうに無いんですけど...。

いやぁホント、「プリンターでカッティングシートにプリントアウト」出来たら、すんごく簡単にシートアート出来るのになぁ。

今度、ダメ元でカッティングシートにプリントして見よう!
Posted at 2011/01/29 16:57:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 微妙 | クルマ
2011年01月28日 イイね!

世の中、まだまだ捨てたもんじゃないですよね。

今日、こんな事がありました。


カズミンが先頭にて信号待ち中、お婆さんが横断歩道を渡って来ました。

そのお婆さん、歩行者信号が点滅して慌てたんでしょうね。
凍った道路に足を取られて転んでしまったのです。

すぐにハザード点けて助け起こしに行ったんですが、すでに信号は青になり、交通量が意外に多い道路なので多数のクラクションを浴びる事に...。

...これはまぁしょうがないわな。
何せ後続車からは、カズミンが何をしてるか見えない訳だし。

でも...カズミンがお婆さんを歩道まで連れて行ったら、クラクションはピタっと鳴り止みましたよ。
カズミン、自車に乗り込む時に、待っていてくれた後続車に対して思わず感謝の意を込めて頭を下げましたねぇ。



「うんっ、まだまだ世の中捨てたもんじゃない」って再認識させられた出来事でした。

Posted at 2011/01/28 23:37:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 想う事...。 | 日記
2011年01月28日 イイね!

クリスタル・テールのLED化イメージ...なんだけどねぇ。

クリスタル・テールのLED化イメージ...なんだけどねぇ。カズミン手持ちのクリスタル・テールをフルLED化するべく、イメージのお絵描きして見たんだけど...。
まだ「0.5wFlexLED」のサンプルが届いていないので、お絵描き通り実現出来るかどうか微妙な感じですね。

必要個数は...

赤LED=テールランプ/36X4+ストップランプ66X2で276(あれっ?計算合ってねーや。余裕見て200だと思ってたのに...。)

アンバーLED=28X2で56(フロント&サイドもLED詰め込むにしても、150で足りるはず。)

白LED=28X2で56(白は色々使い道があるけど、今はこんなもんで。)

...テールだけで388LED...。(ぅあ

うーん...こりゃ爆光過ぎて検挙される可能性が有るな~。
計算上、1個あたりの電流抑えて120mAで行く予定だけど、そうするとストップランプは最低値13ルーメンX66で858ルーメン...。
ストップランプが眼球に焼き付くかもだわ。

...しょーがないから「可変定電流電源」作って、電流制限しながら明るさ調整するしかないよーだな。
しかし導入予定のLED、値段は「雷神」と同等でちょっと明るい程度(max25ルーメン)なのに電力食い過ぎとちゃうん?
このLEDでウィンカー組んだら、純正リレーでもハイフラにならんかも知れない...。
Posted at 2011/01/28 01:28:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 製作予定 | クルマ
2011年01月22日 イイね!

毎月恒例の...。

カズミン、2年ほど前から「毎月ほぼ強制的に参加させられる...?」イベントのような物があります。

それは「お見合い(お見合いと言っても、双方のご両親も同席して...みたいな格式張ったものでは無く、顔見せや合コンに近いノリのものだな)」なんですね...。

カズミン自身は全く結婚する意思が無いんですが、お節介な知り合い(とゆーより親友)はどっから探して来るのか毎月最低1件はこーゆー席をセッティングしてくれる訳でして...。

しかもこの人、「カズミンが逃亡したり無茶したりしないように」って理由で必ず同席するんですよぅ。
初対面の女性に対する好感度がほぼゼロなカズミンを、良く理解しているからこそなんですけどね。

こうした出会いを求めていないカズミン的には、すんげー迷惑な話なんですが...嫌々ながらもイベントに参加する訳は...。



















「お節介な知り合いに逢いたい」から。






カズミンより13歳年下だけど名前を呼び捨てにするし、今だにお姉さんぶってるし、もう結婚して子供も居るんですけど...。

この人...カズミンの昔の彼女さんなんですね。
「あまりにも性格が似すぎている」ために、うまく行かずに別れたんですけど...。
真面目に「結婚」まで考えた人です。




「すんげー迷惑」なんて言ってるけど、ホントはこうして心配してくれてるのが涙が出るほど嬉しいんだからな?
こんな事口には絶対出さないけど。


お見合いのセッティングしてくれるけど、そもそもカズミンが結婚しない理由が「あなたに有る」って事理解してないよな?
「あなたみたいな最高の女性、奇跡が起きても2度と巡り合えない」って感じたから、元々結婚願望も子孫繁栄本能も極端に低かったカズミンに止めを刺した形になったんだよ?
こんな事、口が裂けても絶対に言わないけどな。








...今でもあなたが...。
...この先の言葉は、墓場まで持って行く事にするわ。


逢って話をしたら、「また遠い目をしてる」って言われるんだろうなぁ...。
逢っていると、どうしても「あの頃のあなたの記憶」が蘇るから、必然的にそうなるんだけど...。



はぁ...ネガティブ思考は歯止めが効きづらいからな...。
ここらで頭を切り替えるとするか~。

Posted at 2011/01/22 15:57:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | 想う事...。 | その他
2011年01月18日 イイね!

最近車いぢり出来ないから、こっち系ばっかりだなぁ...。


「星降る夜に 愛の詩を捧げる少女」バック・グラウンド・ストーリー設定:

-------------------------------------------------------------------------------

             アトランティスについて

紀元前50000年頃、現在のバミューダ海域(orアゾレス諸島?)に「アトラ
ンティス大陸」があった。

当時の世界的文明レベルは「原始的レベル」そのものだったが、そんな時代
にも関わらずアトランティス人達はそれなりの文明レベルを持っていた。

そんな状況の地球に「宇宙人」が訪れ、アトランティス人達に接触する。

宇宙人達がアトランティス人達に接触した目的は「地球人類の健全なる進化」
のためで、この世界で最も高い文明レベルを持つアトランティス人達に、その
目的を託そうとしたのである。


宇宙人達の献身的な指導のおかげで、アトランティス人達は僅か1000年
足らずで、現代の文明レベルを遥かに凌駕した高度な文明レベルに到達した。

しかし、「生命進化の過程で培われた攻撃性」を、人類も生まれつき内包して
いるのに気付いた宇宙人達は、それが「地球人類の健全なる進化」の妨げに
なる事をアトランティス人達に示唆する。

それを重く見たアトランティス人達が、宇宙人達と協力し合って作り上げたのが
「人類統括進化構造体 (サブホスト名:ヒミコシステム)」であった。


-------------------------------------------------------------------------------

      人類統括進化構造体(サブホスト名:ヒミコシステム)

*H.I.Mi.Co.システム=(ヒューマン・インディペンデンス・&・
マインド・コントロール[人種の精神や独立心を制御])システム

世界の各人種に秩序を与える意味での「神」を認識させ、各人種の未来を
「狭い範囲に収束」させる為のシステム。

ただし、ヒミコシステムでは各人種の「文明レベルに対する操作」は一切
行われず、人種に委ねて見守るだけである。

メインシステムはアトランティス大陸にあり、各地のサブシステムとリンク
されて情報の収集、交換、分析を絶え間無く行っている。

ヒミコシステムの動作内容は、具体的には、通常は「ヒミコシステムからの
指示を「指導者(ヒミコ)」を通じて(神の神託として)人種に伝達する」と
いった形が執られる。

しかし、ヒミコシステムが「指示伝達結果にイレギュラー在り」と認めた場合
は、ヒミコシステム自らが最も効果的と判断した方法(表現的には「神の降臨」
、「天誅」など)で人種に伝達する。

また、ヒミコシステムは各統括人種を保護する機能が備わっており、「友好的
な者、人種の接触」には何ら反応を示さないが、「敵対心を持つ者、人種の
接触」に対しては全力で排除しようとするのである。

もしも「指導者(ヒミコ)が人種に殺害」されたり、「著しく人類統括進化理論から
外れる」とヒミコシステムが認識した場合は、「人類統括進化不適合人種」
と判断され、ヒミコシステムは自爆する事によりその人種を抹消する。


-------------------------------------------------------------------------------

              閉じかけた未来

宇宙人とのファースト・コンタクトから37000年、ヒミコシステムは無数
に改良が重ねられ、完全なものとなっていた。

そしてメインヒミコシステムは、「全情報管理統括システム」へと進化して
いた。

全てのものは、メインヒミコシステムに管理を委ねられていたのである。


長い間に、いくつか自己判断にて自爆してしまったサブシステムがあった
ものの、各地のヒミコシステムは概ね順調に稼動して来た。

アトランティス人達の文明レベルは究極に近い所まで達し、恒星間移動なども
難なくこなしていた。

初めて彼等に接触して来た宇宙人達の星にも頻繁に行き来し、深い友情を
育んでいた。


しかし、宇宙人達は知っていたのだ。

この、際限もなく発展し続けるアトランティス人達に、いずれ訪れるであろう
悲劇を...。


-------------------------------------------------------------------------------

               星間戦争

かつて、地球には「月」が2つあった。

2つのうちの小さい方の月は、アトランティス人達の居住区があり、「第2の
故郷」と呼ばれていた。

...そこにも「ヒミコシステム」があった。


星間戦争が勃発した。

ほんの些細な事がきっかけだったのだが、瞬く間に全宇宙規模にまで戦争は
拡大した。

アトランティス人達は「中立」を頑なに守っていたのだが、仲の良い宇宙人達
が攻撃されたのを知り、星間戦争参加を決断する。

仲の良い宇宙人達は、アトランティス人達の戦争参加に強く反対したが、
アトランティス人達はそれに全く耳を貸さなかった。


...この瞬間に、アトランティス人達の未来は決まったのだ。

すぐさま小さい方の月を「戦闘要塞」に改造し、宇宙戦艦や戦闘機などを大量
に作って、戦場に向けて恒星間移動を開始した...。


-------------------------------------------------------------------------------

               下された審判

戦場にて、しばらくお互いに睨み合いが続いたが、ついに戦闘の幕が切って
落とされる。

しかし次の瞬間、戦闘要塞の「ヒミコシステム」が敵味方全てを巻き込んで
自爆、その空間に存在していたもの全てを破壊し尽くした。

このため、この「脅威の破壊力を持った兵器」を恐れて、星間戦争は終焉を
迎えるのである。

戦闘要塞が自爆したのと同時に、アトランティス大陸の「メインヒミコ
システム」も自爆する。

...宇宙人達が「人類統括進化理論」を適用したのは、「アトランティス人」
をも含めての事だったのである。


...紀元前12000年、こうしてアトランティス大陸共々アトランティス人
は消滅した。


-------------------------------------------------------------------------------

             その後のヒミコシステム

メインシステムを失ったヒミコシステムだが、各サブシステムはこういう場合
、メインとのリンクを切断して独立作動するように設計されている。

ただし「自己修復機能データ」などはメインからのダウンロードに依存して
いたため、更新パスワードの送られて来ない状況ではこの機能の大半が制限
される事になる。

そんな状態でも長い間機能し続けたヒミコシステムだったが、消耗の度合いが
限界に達し、各地のシステムは次々と休止状態に追い込まれていった。

そして紀元3世紀後半、最後に残った「日本にあるヒミコシステム」も休止
状態に陥るのである。


...そして現代...各地のヒミコシステムは完全に崩壊し、日本にあるヒミコ
システムも、そう遠くない未来に崩壊を迎えようとしていた。


静かに、眠るように...。


-------------------------------------------------------------------------------
            
            永き眠りからの目覚め


1960年代から、リヴァイス・システムズ社にて本格的に探査が開始された
「アトランティス大陸」だが、2000年代に入ってようやく「大きな
手がかりとなるモノリスの核」を発見した。

完全な形の物ではなかったが、今までに発見されたモノリスの破片データなど
を今回発見した「核」データと統合する事により、「モノリスに書き込まれて
いる情報」を解読出来る可能性が出て来たのである。

早速「世界で最も速い演算処理速度」を誇るリヴァイス・システムズ本社の
スーパー・コンピュータで、「超高度情報予測解読システム」をスタート
させる。

しかし、約半年をかけて何万回も施行したにも関わらず、「約1500億個の
パスワードらしき文字列」という所までしか解読出来ず、意味のある文章など
を特定するに至らなかった。

そこで、リヴァイス・システムズ本社は、全世界にあるリヴァイス・
システムズ支社のスーパー・コンピュータをも総動員させて、「超高度情報
予測解読システム」を全並行動作させ、さらなるデータの細分化、断片データ
の再構築化を図ったのである。

全並行動作を開始させてから半年後、文字列の数は約1000万弱にまで減少
していたが、そこからはなかなか解読が進まなくなって来ていた。


そんな時期、リヴァイス・システムズ日本支社のデータ送受信用地下
ファイバーケーブルが不調を起こしてしまう。

やむを得ず専用地上波通信に切り替えるが、その電波通信データに虹が丘市の
神社の裏山にある「ヒミコシステム」が反応し、再起動する。


...その通信データには、不完全ながらも「自己修復機能データ」が含まれて
いたからである。


「Demons Millennium3」
シナリオNo,10
「星降る夜に 愛の詩を捧げる少女」B.G.設定
1982(c)Kazumin Project

-------------------------------------------------------------------------------

これ...さすがに「シナリオ10」ともなると、29年前の文章から手を加えたりする余裕も無く、ほぼ当時の原文のままなんだけど...。
よくこんなん書けたもんだよなぁ。

今、「ゼロから考えて書け」って言われても...そりゃかなり無理な相談だわ。

後、この設定、「虹が丘の言い伝え」にモロにリンクしてるよね。
...あまりにもそのまんまってのが、言い伝えっぽく無さげなのはご愛嬌かな?

このシナリオ、やっぱりデモンズ・ミレニアム3の全12話の中で一番好きですね。

Posted at 2011/01/18 21:14:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 微妙 | 趣味

プロフィール

「んー、しかしやっと「金免許」になったなぁ。」
何シテル?   04/01 02:09
カズミンです。 「意味不明&効果不明な改造(ほぼ改悪)」をこよなく愛す変態おやぢです。 車で「こうして見たいなぁ~」と思う事をやると、なぜか常識人か...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
友達の中古屋さんに「壊れるよ?本当に良く壊れるよ?それでも良いの?」と言う脅し?にも、周 ...
ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
父親の足代わりに導入したんだが、納車の翌日に父親が亡くなったのでカズミンの通勤車として使 ...
その他 その他 その他 その他
ちょい乗りにと考えて導入したんだが、ノーマルではパワー不足&スパルタンな操縦安定性で、良 ...
その他 その他 その他 その他
衝動買いからスタートした暴走も、3台揃えた所で覚醒ww 「何か面白い改造手法は無いか? ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.