• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jsg-fのブログ一覧

2015年04月21日 イイね!

マクラーレン650S !

またまた軽井沢のモトテカコーヒーさんで 究極の1台!“マクラーレン650S” に試乗させてもらいました

自分史上 最高価格3700万円! 最高出力650馬力!
いきなりの大幅記録更新です(笑)


ドアはガルウイング これも初めての経験
内装は全体に黒のバックスキン調だけど本皮じゃなくてエクセーヌとかの人工皮革ですかね?
シートやダッシュボードの芯の部分はカーボンなんだろうなという軽さが感じられます もちろんそれは安っぽいんじゃなくて レーシーさが伝わるという意味で 高級感とレーシーの調和が取れています
コクピットはゆったりしています 助手席側のドアを見ると手が届くくらいの細くタイトな空間に思えますが座っているスペースは広くシートポジションも大柄な一でも好みどおりに併せられるでしょう
エンジン始動はボタンスタート
低めのドゥオォ~ンっていう音と振動が気にならないくらいで背中から響きます
フェラーリのような高音のフゥフォ~ン!フゥフォ~ン!という音はしません
高回転域やデバイスの切り替えで変わるのかもしれないけど 一般道を試乗した中では官能的なサウンドというのは聞けませんでした

走り出す前に車高調整機能のレクチャーを受けます
歩道の段差などをクリアするためにハンドル左側に付いているレバーを使って車高を上げることが出来るんです おぉ フェンダーの位置が上がっているのが見えます
60km以下の速度なら走行中も変更出来るのでお店に立ち寄るというときにも前もって上げておくと 段差を気にせず歩道を越えられます

さて 乗り出してみると
乗り易い! 低さも幅も全く気にせず走れて緊張感が一気にほぐれちゃいました
ただやはり グイッと踏み込んでアクセルの引っ掛かりを越えた途端に後方から押し出される力強い加速をします 初めての時は絶対ビックリしてアクセルを戻しちゃうでしょうね(笑)
コーナの連続ではサスストロークの長さを感じるスムーズで安心感のあるコーナリングをしてくれます
途中 舗装の剥げた箇所やマンホールの蓋などが出てきてヒヤっとしますが 何のショックも無くスッと抜けてくれます アキュムレーターと連結した油圧制御のダンパーが走行状況によって細かく調整してくれているんだそうです

乗り心地も高級セダンより良いとか評価されていますけど ホントにその通り ショックは伝わらずフワつきがなくフラットに走ってくれるからいつまでも走っていたくなります

乗り終わって あそこまでやらなくても良いかな?とか ロータスとかケイマンくらいが楽しいのかな?とか思いましたけど マクラーレンはそこまでやっているから良いんだという結論に達しました
速く安全に快適にを全て目指して それを解決した究極のロードゴーイングカーなんです

いやぁ興奮が冷めないわ(笑)
Posted at 2015/04/22 10:58:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2015年02月24日 イイね!

テスラに試乗しました

軽井沢のモトテカコーヒーさんでテスラ モデルS を試乗させてもらえる機会がありました
モデルSは最近AWDが発表になり そちらの0-100km加速はなんと3.4秒!ということですが
試乗車は2WDのモデルで それでも5.6秒の俊足ということです

外観は最新のセダンスタイルですね
4ドアハッチバックで詳しい人じゃなければテスラだとは気づかないくらい

内装はセンターに配置されたタブレットのような画面が目に付きますが 特別に電気自動車的な未来ちっくな感じはありません
操作で特徴的なのはATセレクタレバーです
ハンドル右側のレバー(国産車ならウインカーやライトのスイッチが付いたレバー)がセレクタです
下げるとドライブ 上げるとリバース レバー先端をプッシュでパーキング これだけ
センターコンソールには何もありません 深い入れ物になってるだけ

面白かったのが画面上のサンルーフ部分を指で引き下げる動作をするとサンルーフがオープン!
ウインカーを出すと右下の絵のウインカーが点滅していたり 他にもいろいろあるんでしょうね
こういう機能は購入後もアップデートされて新機能が追加されていくんだそうです

さて走りですが
テスラの担当の方のアドバイスで前のクルマが空いてからアクセルを踏み込んでみてください ということで
通常のガソリン車のちょっと強めの加速ぐらい踏み込んでみたところ
ガツーン! グワーン! (でも音もしないから実際は濁点を取ったような)
目玉が引っ込み 後頭部に血が集まって 一瞬真っ白でした
今まで味わったことの無い衝撃の加速
バックトゥザフューチャー2の空を飛んだデロリアンに乗ってるような感じがしました
RR駆動ということなので カーブしたところでもちょっと踏み込んでみたけど全く不安も無く思うままのラインで加速していきます
乗り心地も良いし エンジン音が無いこともボクは意外と気になりませんでした
電池はフロアに薄く敷き詰めてあるそうで 車内は広々 トランクも深くて広かったです

おとなしく走れば航続距離も500kmということです
ちょっと遊んだり渋滞などの条件によって半分に落ちたとしても充分実用レベルですね

聞き忘れたけど自動ブレーキとか付いてるのかな?
ちょっとイラっとして強く踏み込んだら アッという間に突っ込んじゃいますよ
Posted at 2015/02/24 18:35:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2014年10月27日 イイね!

ケータハム160

軽企画のスーパー7 ケータハム160に乗ってきました!

今年イベントで知り合った方から 「ケータハム160が納車されたから乗りに来て」と声を掛けていただいて ホントに行ってきちゃいました
場所は京都の南 お茶畑の中にありました

なんとこちらがご自宅&工房です
ロータスディーラーでもクルマ屋さんでもありません (^^)

さて目的の160です
先週の木曜日に納車されたばかり なんと個人ユーザー納車の第1号!
納車第1号になった理由は購入の決断が早かっただけではなくて
オプションのスクリーンや幌を注文しなかったから保管が大変で先に出さなくちゃ
という対応だったみたいです

23年前に購入されたBDAエンジン搭載のセブンもお持ちです
ドライサンプ式のレーシングエンジンとスズキジムニーのエンジン
究極のセブン2ショット

走った感想はというと 加速感充分文句無し! コーナリングは車体の軽さとバランスの良さで軽快そのもの クラッチは気難しいことなくギアは超短いストロークでスパスパ入るし 狭いペダル間もかえって足の置き場に遊びが無いから足首をほんの少し動かすだけで踏み替えられちゃう その代わりに細身の靴は必須です
ただ ものすごい風に思考は麻痺してサスペンションがどうこうとかいうレベルじゃないです
とにかく楽しいだけ! 初めてバイクに乗ったときを思い出します(あの頃はノーヘルでも良かった)

通常のスーパーセブンと比較してローパワーでしょ?とか所詮は軽でしょ?とかいう人もいますが
160は決してスーパーセブンの中の入門車ではありません カートを公道走行レベルまで引き上げて完成の域まで達したというようなイメージです セブンの一番下のクラスでは無くて まったく別の孤高の1台だと思います 
ふつうの軽自動車のパワートレーンを使ってこんなに楽しいクルマが出来ちゃうんです
昔ヨーロッパで手に入れ易い乗用車のパーツを使ってスポーツカーが作られ始めた頃の発想そのものですね

軽に400万は高いなぁ~ という意見も良く聞きますが
4・500万で買える旧車スポーツカーと比較して 楽しさ・扱い易さ・安心感・維持費・・・などなどで充分な比較対象と言えるんじゃないかなぁ~
日本で趣味のクルマを持つには最高のモデルじゃないですか 
軽という規格があったから出来たクルマを 軽規格の恩恵を受けられる日本で乗る
今まで大排気量車や旧車で高い税金を取られていやな思いをさせられていたのを 
正々堂々とお国のあと押しでお安く楽しませていただけるんですから最高のチョイスです 

ホントに楽しく良い思いができました
こんな貴重なクルマに乗らせてくださったうえに
お昼もBBQをご馳走になったり 1日中お相手していただいて本当に感謝しています
Posted at 2014/10/29 14:54:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2014年09月28日 イイね!

浅間モーターフェスティバル2014

浅間モーターフェスティバル2014にスタッフとして参加してきました

今回の開催は次回本格的開催に向けて第0回という位置づけでしたが 沢山のエントラント様やスポンサー様に参加していただき お天気にも恵まれて盛大なイベントになりました

今回もゴージャスな車両が勢揃い! Pagani越しのLa Ferrari・Daytona・・・・・・・!!

Porshe 962C も走っちゃった!

サファリラリー優勝車’240Z’もなんと松田次生選手のドライブで出走!

Gazooレーシングからは大嶋和也選手も来てくれて86でキレッキレの走りを見せてくれました
後ろのマシンはなんと! 今年のニュル24Hを走った LFA 48号車レースの傷跡もナマナマしいまま ドアに付いたタイヤ痕がわかるかな?

ボクの仕事はシケインのマーシャル担当だったのですが ここまではギャラリーも入って来られないので木漏れ日の中を走り抜ける姿を独り占めでした
Posted at 2014/10/01 17:26:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2014年06月15日 イイね!

浅間ヒルクライム2014

第3回目にして念願の晴れ!

いや それ以上に念願の道路封鎖!

ナンバー無しの競技車両・フォーミュラーカーやラリー車・耐久レース車両など 絶対に公道では見ることが無い 
サーキットに行けば見られることもありますが これだけ異なるジャンルのレース車を見られることはそう無いと思います
フォーミュラーが駆け下りていく姿を見たときには これを実現してくれた実行委員の人たちの思いを感じて涙が出ましたよ

まずはフォーミュラー隼
SUZUKI 隼のエンジンを積んだマシンでジムカーナ用に開発されワンメークレースも行われてました
430kgの車重にノーマルでも175psですからパワーウェイトレシオ2.5kg/ps!

去年のMOTOGPマシン ホンダRC231Vも走っちゃいました!

サイドカーレースなんてヨーロッパのレースの映像をチラっと見たくらいで本物の走りを見られるなんて!
しかもサービス満点!! 盛り上げてくれてます

最新のスーパーな車両も
マクラーレン650S に トヨタ LFA に ポルシェ911turboS に ジャガーFtype
C7コルベット コンバーチブルのお披露目もあったりして

でもボクのイチバンはやっぱり ケータハム160
今話題の軽ナンバーで乗れるスーパー7ですね
雑誌の記事なんかを見ると軽くてローパワーでバランスが楽しい みたいに書いてるのが多いけど
パフォーマンスも充分なのが良ぉ~くわかりました

今回はピアッジオミーティングの同時開催やスプレンドーレ伊香保が合流したり
お客さんの数も今までとは大違いで沢山の人が集まっていました
やっぱり天気が良いと集まるんでしょうかね
もっと沢山の人に経験してもらいたいけど ボクの見る場所が無くなっちゃうなぁ~

イベントの様子はYoutubeに沢山アップされているので浅間ヒルクライム2014で探してみてください
Posted at 2014/06/17 15:33:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記

プロフィール

ジェイスタイルガレージでお手伝いスタッフやらせてもらってます ジェイスタイルガレージは主に木製のガレージをキットにして販売している会社です 以前からホー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント フォルクスワーゲン パサートヴァリアント
2.0Tで探していたらV6の音を聞いてしまってやられました(笑) 自動車税額が奥さんにバ ...
オペル ザフィーラ オペル ザフィーラ
初めて趣味性を入れずに選んだクルマ デートには向かない 地味だけどすごく良く出来たクルマ ...
フォルクスワーゲン その他 フォルクスワーゲン その他
1963年製 VW type2 13windows バスです 自分より1コ年下で サビサ ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
ちょっと面白いかな?と思って乗りましたが あんまり何もかも普通というか刺激が無かったです ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.