• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

松本真由美のブログ一覧

2010年06月20日 イイね!

スイッチ・オンの生き方

こんばんは。きょうも蒸し暑い一日でしたね。 これからしばらくこんな感じが続くんでしょうね。さて、「スイッチオンの生き方~遺伝子が目覚めれば、人生が変わる」という本をご存じですか?きょうは、著者である筑波大学名誉教授の村上和雄氏の講演会に伺いました。村上先生は50年にわたる遺伝子研究で世界的にも知られる方です。「科学は知的なエンターテイメントである。」と話される村上先生。そのお話がとても面白かったですので、少しご紹介しますね。

私たちの身体は、60兆の細胞が寄り集まってできていて、それぞれ自律的な生命を営みながら調和して働いているそうです。古くなった細胞は死に、それに代わって新しい細胞が生み出され、ものすごいスピードで新旧交代をしていて、それを可能にしている情報の源が、遺伝子。遺伝子は生き物のように1分1秒も休むことなく働いていて、人間がもっている遺伝子情報は、1ページ千文字で千ページある百科事典3200冊分に匹敵するのだそうです。(ものすごい膨大な情報量にびっくり!)

驚いたのが、人間の全遺伝子情報(ゲノム)は、ノーベル賞をもらう天才と普通の人とを比べると、わずか0.5%の差しかなく、ゲノムのレベルでみると、人間は99.5%同じというお話でした。そこに差があってもそれはごくわずかとのこと。

人間の遺伝子のほとんどは普段オフになっていて、外的刺激や生活環境、心の働きによって、遺伝子にスイッチが入ってオンになる。遺伝子は、私たちの身体の中でオンとオフを繰り返しながら働いている。ほかにも食べ物や運動でも遺伝子がオンになることもわかったそうです。

この遺伝子の働きを利用して、村上先生が最近研究しているのがポジティブな遺伝子のスイッチをオンする「笑いのセラピー」。吉本興業の芸人さんにも協力してもらい、糖尿病患者が笑いにより血糖値が下がることを科学的に実証し、アメリカの学会に発表して海外ではロイター通信で発信され話題に!現在、日本笑い学会心と遺伝子研究会などを立ち上げられています。

プラスの考え方が遺伝子をオンするという”笑いと科学”、おもしろそう!悪い遺伝子を呼び覚ましてしまうマイナスの考え方はやめたほうがいいんですね。

これから10年以内に一人ひとりの全遺伝子情報(ゲノム)が数分以内で約10万円(かつてひとり2000億円かかったとのこと)で手に入る時代が来て、その遺伝子情報に基づいて、オーダーメイドの薬や治療方法を選べる時代がやってくるそうです。遺伝子暗号の解読はものすごい勢いで進んでいるんですね!

最後に、会場でいっしょだった友人のバリアフリーアドバイザーの鈴木ひとみさんをご紹介しま~す。私にとっては何でも話せる心強い存在です。ひとみさんのHP☆鈴木ひとみホームページ

 

では、明日からまた元気に一週間がんばりましょう♪
Posted at 2010/06/20 23:59:53 | コメント(9) | トラックバック(0) | ゲノム | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

こんにちは。松本真由美です。 エコやエネルギー問題についてのさまざまなこと、大学での雑感、プライベートの出来事、ご紹介したい人、講演やイベントについてなど...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

よかったら、お友達になりませんか?車のこともいろいろ教えてください。どうぞお気軽にご登録ください。
127 人のお友達がいます
無菜無菜 * ぼうんのうぼうんのう *
Red FOXRed FOX * 鳳凰太郎鳳凰太郎 *
ちょいQ太郎 改め tyoiqちょいQ太郎 改め tyoiq * D.I プランニングD.I プランニング *みんカラ公認

ファン

102 人のファンがいます

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.