• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

松本真由美のブログ一覧

2010年08月30日 イイね!

日立の技術

日立の技術こんばんは。よい週末でしたか?さて、25日(木)は、日立製作所にお邪魔しました。日立製作所が世界でも屈指の総合電機メーカーなのは、皆さんご存じの通りですが、かねてから日立の製造の現場を見たいと思っていた私は、この日をとても楽しみにしていました。早起きして上野からスーパーひたちに乗って、日立市に午前9時半過ぎに到着。駅前の広場中央には、ご覧のような発電用のタービン動翼が設置されていました。全国有数の鉱工業都市として明治時代から発展してきた日立市のシンボルとして日立製作所が寄贈したもので、直径約5.5m、重さが50トンあります。

駅から車で数分で日立製作所に到着しました。街中にあるんですね。夕方までじっくり時間をかけて見学させていただく予定で、最初に日立の歴史から説明していただきました。1910年(明治43年)に創業し、今年は創業100周年の大きな節目なのだそうです。

創業者の小平浪平氏が開発した国産初の5馬力誘導電動機(モーター)の第一号機が、今も創業小屋に保存されています。発電機の前に立ち、ここからすべてが始まったのかと思うと、ちょっと胸が熱くなりました。小平氏のもと順調に事業は拡大されていきますが、第二次世界大戦での戦火など逆境にも何度か見舞われ、危機に直面したこともあったそうです。しかし、小平氏は自主開発の技術を貫く信念を守り通し、社員を励ましながら見事難局を切り開いたのでした。その時あきらめていたら今の日立はなかったわけで、その不屈の開拓者精神と強い意志は、すごいですね!

今回は車で移動しながら、市内から臨海地区、勝田地区にある数か所の工場を見学させていただきましたが、そのうちのいくつかについて書きたいと思います。エネルギーについては、原子力機器、原子燃料サイクル、タービン、発電機、水車、電動機、パワーデバイス、超伝導応用機器、核融合・加速器など、ありとあらゆる技術開発を行っています。各工場で、発電所に近く納品される予定の原子力機器や原子力モジュール、蒸気タービンにも実際に手に触れて見ることができました。以前の型と改良された現在の型の技術開発の進展についても、説明がありました。蒸気タービンや原子炉の中の機器、原子力モジュールなどはなかなか直に触れて見ることができないものなので、製品として梱包されるまでの製造プロセスを通して見ることができたのは、とても有意義でした。

また日立GEニュークリア・エナジーが昨年建設した多目的蒸気源試験設備「HUSTLE」も見学しました。これは、原子炉内の実条件をそのまま再現し蒸気・熱水二相流の流動試験を行うことができ、世界でも最大規模の試験装置です。各種データを取得し技術検証することで、原子炉の各種機器の信頼性と性能の向上を図っていくことを目的としています。HUSTLEを活用することで、高性能で信頼性の高い機器を短時間で効率よく開発することが期待されています。

機械研究所では、ロボティックス技術や超精密加工・制御技術、振動音響など新技術の開発に取り組んでいますが、今回の見学ではロボット、ATM(現金自動取扱装置)、家電・空調、静音についての技術について説明していただきました。

ロボットは、EMIEWとEMIEW2。軽量安全な大きさで、豊かなコミュニケーション能力を持ち、人間と安全に共存できるサービスロボットとして開発されました。EMIEW2は、目がくるんと丸く、赤と白の配色も可愛いらしい雰囲気のロボットで、現在、病院でサービスロボットして実証実験中だそうです。

ATMは、実は日立の製品が世界的に大きなシェアを占めていて、日本の紙幣だけではなく、世界中のさまざまな大きさの紙幣を取り扱うことができるそうです。実際にATMの中で紙幣がどのように動いていくのか、デモで見せてくれました。これがとてもおもしろい!大きさの違う紙幣を瞬時に判別して、ローラーに紙幣を巻きつける仕組みになっているのですが、預け入れと引き出しでは、紙幣が目に見えぬ速さでローラーで巻き取られ、種類別に揃えられるのでした。ヨーロッパや中国にもこのATMが広く導入されているそうです。

家電は新製品の冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、IHコンロなどの説明がありました。家電は身近な存在ですし、見て触れているだけでも「いいなぁ、ほしいなぁ」なんて、ワクワクします。新発売の電子レンジは餃子が焼けるそうで、開発した若い女性の技術者の方から直接お話が聞けたのも楽しかったです。それから、家電は静音も大切な要素ですが、音響実験室も見学しました。ちなみに家電は、タービンなどの大型設備の技術が凝縮されたものだそうで、あなどれない技術とのことです。

この他にも3D-CADデータを駆使し設計、シミュレーション解析する手法なども解説していただきました。技術者が製品の計画から納品までのプロセスを3D-CADで設計する時代なんですね。日立の先端技術には、驚きの連続でしたが、創業当時から一貫した自主開発によるものづくりへのこだわりを強く感じました。国の中長期を展望した科学技術の総合戦略といった資料等を手に取ると、社会・経済・文化などさまざまな局面で持続可能な開発や科学技術イノベーションが不可欠だと感じます。日本にとって技術は宝。日立の技術に触れる機会から、科学技術の奥深さと大きな可能性に改めて感じ入りました。

今回の見学のアテンドをしてくださった日立の方々との記念撮影。このたびは、本当にありがとうございました。


Posted at 2010/08/30 00:46:00 | コメント(8) | トラックバック(1) | 工場見学 | 日記
2010年08月14日 イイね!

自動車部品を作る製鉄の現場

※写真は割愛しております。

きょう3回目の更新です。増毛海岸における藻場再生プロジェクトで利用されている製鋼スラグを提供しているのは、新日本製鐵株式会社です。今回の体験ゼミを引率している山本特任准教授と共同研究を行っていることから、室蘭製鐵所内を特別に見学させていただきました。室蘭製鐵所は、1909年(明治42年)に創業し、日本の発展とともに日本の工業を支えてきました。ここで作る製品の多くは自動車関連産業に向けられ、エンジンや駆動系などの足回りの重要保安部品に使われています。

私も鉄をつくる現場を見るのは初めてなので、とても楽しみにしていましたが、実際に現場に来てみると、想像以上のとてつもないスケールの大きさには驚くばかり。わっ、これは何?すごいものが目の前を走っています・・・。

これは、ドロドロに溶けた鉄を運ぶトーピード・カーなんだそうです。。当たり前ですが、ものすごく熱そう。この場面に遭遇し、工場好きな私としては、ワクワク感が一気にアップ!

工場の敷地面積は、約418万㎡、社宅用地他構外面積は、約400万㎡で、室蘭市の約10分の1の面積を占めるほどです。

車で工場の敷地内を走りましたが、さまざまな施設が続きます。藻場再生プロジェクトに利用される鉄鋼スラグも敷地内に積まれていました。

高炉に着き、内部を見学させていただきました。 ここでは、鉄鉱石とコークスを入れて、約1200℃の熱風を吹き込みます。これによりコークスが燃えて炉の温度が上がり、鉄鉱石から鉄分が取り出され、溶けて炉の底にたまります。これを銑鉄(せんてつ)というそうです。

次に、溶けた銑鉄を鋼のかたまりにします。ドロドロに溶けた銑鉄に酸素を吹き付けて、酸素の量を調節し、ねばり強く加工しやすい鉄にします。これが鋼(はがね)です。鋼を作る転炉も見学しました。転炉は大きなつぼ型の炉で、鋼の約75%がこの転炉で作られています。

次の行程では、高さ100メートルはあろうかという設備の中、1回300トンの銑鉄を運ぶ巨大な釜が目の前を通り過ぎ、グオーと轟音を上げながら銑鉄が転炉に注がれ、酸素を吹きつけられると火が噴き出しました。鋼を作り上げる一連の作業には、言葉を失うほど圧倒されました。 そして、鋼片(こうへん)は加熱され、圧延機で押し延ばされて、いろいろな形の鋼材になります。下の連続鋳造機の導入により、1950年代には鋼を鋼片にするのに12時間かかっていたのが、今ではわずか5分で鋼片が作れるようになりました。使用するエネルギー量も1950年代の3分の1に減ったそうです。

オペレーションルームでは、行程を監視する最新設備が導入されています。

鉄を作ることは、たくさんのエネルギーを使います。そのため、室蘭製鐵所でもコークスの熱を回収し電気に変える装置や、製鐵所で発生するガスを回収し発電や燃料に使う設備など、さまざまな省エネルギー施設を導入しています。また室蘭市内で回収されたスチール缶は鉄スクラップとして転炉などの原料として利用されています。また鉄つくりには大量の水も使うため、使用した水の90%以上をリサイクルして利用しているそうです。温室効果ガスの排出をできるだけ減らすために高度な技術がいろいろ取り入れられているんですね。

今回の見学で、製鉄の現場は危険と隣合わせでもあるため、常に緊張感を持って取り組む大変な作業なんだと改めて思いました。俗っぽく言うならば、これぞ究極の男の職場。サウナのように高温の中で真剣に作業している技術者や現場の皆さんには本当に頭が下がります。製鉄の現場を見ることができたのは非常に有意義で、認識を新たにしたことも多々ありました。現場を見ることの大切も再確認した次第です。
Posted at 2010/08/14 17:50:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 工場見学 | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

こんにちは。松本真由美です。 エコやエネルギー問題についてのさまざまなこと、大学での雑感、プライベートの出来事、ご紹介したい人、講演やイベントについてなど...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

よかったら、お友達になりませんか?車のこともいろいろ教えてください。どうぞお気軽にご登録ください。
127 人のお友達がいます
♪ふらいんぐ☆すぱろう♪♪ふらいんぐ☆すぱろう♪ * おっくん☆おっくん☆ *
haya103haya103 * ROUTE_1ROUTE_1 *
無菜無菜 * TAJIROTAJIRO *

ファン

102 人のファンがいます

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.