• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テラ乃のブログ一覧

2017年06月19日 イイね!

【SVX】スピーカー交換と窓ガラスレギュレーター建て付け調整

【SVX】スピーカー交換と窓ガラスレギュレーター建て付け調整ブログを忙しさにかまけて放置していたので、
内容は先日やった作業についてと、今日行った作業についてです。

●フロントスピーカー交換
以前までは
カロッツェリアの『TS-V017A』のウーファー+純正ツィーター
のシステムでした。

今回、
同じカロッツェリアの『TS-V171A』システム一式(ウーファー+ツィーター+専用ネットワーク)
に変更しました。

フェーダーでフロント出力のみにして試聴してみましたが、
いい音ですが、さしものセパレート2wayを以てしても、明らかに低音が足りない。
まぁ、システム的にサブウーファーなりウーファーなり別個追加しないと音が物足らないのは致し方無いところ。(あと、ドア内部のデッドニングも欲しいところ)

比較の為、フェーダーでリア出力を上げていき、リアスピーカーのみで試聴したところ、リアは明らかに低音メインで中高音が全く無い。

前後それぞれ単体で聴くとこんな感じであるが、
フェーダーの前後バランスを揃えた段階では、それぞれスピーカーの役割分担がきちんと為されていて結果的にバランス良く聴こえるというもの。
奥の深い世界の“一端”を味わいました。(※まだ『入口』レベルですが…)

●リアスピーカー交換
以前までは
BHレガシィ純正マッキントッシュ(のウーファー×2個)
のシステムでした。

今回、
カロッツェリアの『TS-J6900A』コアキシャル2wayスピーカー(専用ネットワーク付属)
に変更しました。

変更前のマッキンと比較して、
低音の“らしさ感”で云えば マッキン > カロッツェリア でした。
(※あくまで私が比較して聴いた感想です)


メーカーオプションの純正品でありながら、BHレガシィのマッキントッシュ(≒それを作ったクラリオンの能力)は侮れん…(汗)

今回装着したカロッツェリアもいい音を鳴らしているが、
やはり交換前のマッキンと比較すると何か物足らない…。
後々、BH純正マッキンに戻すかもしれん。
(※しかし、リアスピーカーの交換作業はそこに至るまでの付帯作業が面倒この上無いから、出来る事ならもうやりたくない…(爆))

●助手席ドア窓ガラス建て付け調整
以前から助手席ドアのガラス開閉部分の建て付けが悪く、
ウィンドウを閉める際、閉まりきる10cm程手前の段階で窓ガラス上端がドアのBピラーの内側へと巻き込む様に干渉してしまい、その為、パワーウィンドウモーターのトルクがガラスとドアBピラーとが干渉した抵抗力に“負け”、結果窓ガラスが閉まりきらず、最後は窓ガラス内側から手でガラスを外に押し出すカタチで抵抗力を無くしてガラスを上げきるという、
まぁ何とも『締まらない』状況でした…(苦笑)

これまで試みた対策としては
①:パワーウィンドウレギュレーター毎ASSY交換
②:干渉するドアBピラー部分、及び同じく干渉するガラス側の部分に『極薄テフロンテープ』を貼付し、抵抗力を極力減らす
とまぁ、無知なりに考え付く限りの対処は施しましたが、
それでも偶にガラスが閉まりきらないケースが生じ、対処法としては“及第点以下”でした…(汗)

それで今回試してみたのは、
①のパワーウィンドウレギュレーターの固定ネジを調節し直して、レギュレーター自体の角度をドア内張り側へもっと近付ける、という作業です。
文章での表現が上手く出来ないので申し訳ないのですが、
要は、
◆ガラスがドアBピラーの内側に途中から干渉する。
   ↓
◆ガラスの建て付け(≒レギュレーター本体の建て付け)角度がドアのアウターパネル側に寄り過ぎており、だからドアBピラーの途中でガラスが内側へと巻き込む様に干渉する、と判断。
   ↓
◆レギュレーター本体の取り付けネジが長さ調整可能な長いネジであった事を思い出し、このネジを調整する(≒レギュレーター本体をインナーパネル側に寄せる)事で、結果的にガラスとドアBピラーとの角度も調整されるはず、と判断。
   ↓
◆ドア内張りを外して、防水用のビニールも捲り、レギュレーター固定兼調整ネジを回して、レギュレーター本体をインナーパネル側に近寄せる。
   ↓
◆この仮説が正しいか確かめる為、内張りを戻す前に一度窓ガラスを上下させてドアBピラーとの干渉をチェック。
   ↓
◆ドアBピラーと窓ガラスとの干渉は完全に解消とまではいかなかったが、検証の結果、
調整前が上から10cmくらいでドアBピラーと干渉していたのが、
調整後は上から2~3cmくらいでドアBピラーと干渉する程度にまで改善
   ↓
◆窓ガラス(≒レギュレーター)の建て付け角度がインナーパネル側に近寄った事で、ガラスの曲率とドアBピラーの角度との“差”が小さくなり、ドアBピラーの内側へガラスが巻き込む様な事はほぼ解消され、結果としてテフロンテープの効能も相まって
モーターのトルク > 干渉に拠る抵抗力
となった模様。

取り敢えず、“完璧”とはいかないのが性格的に悔やまれるところですが、
“どうにかこうにか”モータートルクだけできちんと閉まりきる、という域には到達できました(苦笑)
ま、“及第点”という事で…(笑)

ま、私の知識とやる気と性分とDIYレベルでは、この辺が限度です(汗)
(“やる気”というか愛情?が最近はねぇ…)
Posted at 2017/06/19 22:22:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | アルシオーネSVX | クルマ
2017年05月31日 イイね!

【SVX】ATオイルパン修理完了

【SVX】ATオイルパン修理完了こんにちは。

ATオイルパンに大きな凹みが生じていた為、修理に預けていたSVXが週末に戻って来ました。

ATオイルパンは新品部品が製廃の為、凹んだ現品を修復する方向で修理。

併せてオイルパンを外すならと、ストレーナーの清掃も依頼。

そして漏れた事で若干減ったATFも補充。

引き取っての印象ですが、

「修理に預けて正解だった!」

でした。

シェイクダウンを兼ねて低めのギアで高回転(6000回転以上)まで引っ張ってみましたが、修理前より更にレスポンスが向上していますし、ストレス無く上まで回ってくれます。

こうなると、次はへたり気味の乗り心地をどうにかしたいですね…(苦笑)

これは(相応に費用が嵩むので、SVXの今後の所有期間を考えて)今後の課題です。

【今後の課題】
●天井張替え
△外装リフレッシュ(※余裕が出来たら…)
△足回りリフレッシュ(※この先SVXをどれだけの期間所有するつもりかにも由る)
△クランクシール部からのオイル漏れ対策(※上と同じ理由)
Posted at 2017/05/31 14:37:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | アルシオーネSVX | クルマ
2017年05月20日 イイね!

【SVX】分かっちゃいても、こうも“稼働率”が悪いと…(汗)

【SVX】分かっちゃいても、こうも“稼働率”が悪いと…(汗)こんばんは。

SVXはオイルパンの補修並びに、
ATシフトワイヤー調整、
RECS後のオイル交換、
と、トラブルのついでに(?)通常メンテもお願いしました。

しかし、「SVXだから」とそれ相応の覚悟はしていましたが、
こうもトラブル頻発で修理工場に“入院”が繰り返されると流石に辟易します(苦笑)

尤も、『もらい事故』という想定外のトラブルもありましたが、

それにしても、
年式相応且つ『SVXだから』という理由(笑)で、
次から次へと、まるで『各駅停車』の如くあちこちからトラブルが発生されるのには参ります…(苦笑)

実際私のSVXの“稼働率”って、
ファーストカーって事でみた場合、
とてもじゃないがダメですね(笑)
(※そもそもSVXをファーストカーで使うのがおかしい、というツッコミは無しでオナシャス。これしか今使えるクルマが無いんです!)

前車(クラウンアスリートVX)の優等生っぷりが身に沁みます…(笑)

『二号さん』(私のSVXのニックネーム、ちなみに『本妻』はRX-7カブリオレの“奈々様”)、

こんなのが続くようでは、
いくら温厚な私でも「今後の付き合い方」を考えさせてもらいまっせ~(真顔)
Posted at 2017/05/20 19:07:27 | コメント(9) | トラックバック(0) | アルシオーネSVX | クルマ
2017年05月19日 イイね!

【SVX】【悲報】キーがOFF側へ回らないっ!?

【SVX】【悲報】キーがOFF側へ回らないっ!?ATのオイルパン修理の一件で再び修理に出す羽目になったSVX。

お店に到着して、代車(=eKワゴン)を引き取り、そこで新たな“悲劇”が…。

エンジンキーが『ACC』から『LOCK』側へ回らない!

どうやらATのシフトワイヤーが狂ったみたいで、
【Pレンジ】を認識しなくなりました…。
レバーを【Pレンジ】に入れても、車は【Rレンジ】扱いです(苦笑)
(※ちなみにレバーが【Rレンジ】時は、勿論【Rレンジ】扱いです)

何度も書くコメントですが、

「毎回毎回、よぉもまぁ飽きもせずそこかしこ壊れる事でっ!」(怒)

尤も、先日のエンジンが始動しない一件で、
インヒビタスイッチで無いのなら、
おそらく【ATレバーのシフトワイヤー】だろう、という推察だったので、
今回、オイルパン修理に別途追加作業として、
シフトワイヤーの調整もお願いしました…(汗)

ホント、つくづく面倒臭いクルマやなぁ…(困惑)

流石にこうもしょっちゅうトラブルが続発(※例えそれが些細なレベルでも)すると、
いくら私でも、SVXに対していい加減ウンザリしますね。(苦笑)
Posted at 2017/05/19 20:50:04 | コメント(8) | トラックバック(0) | アルシオーネSVX | クルマ
2017年05月11日 イイね!

【SVX】やっぱり無いのね…(涙)

【SVX】やっぱり無いのね…(涙)こんばんは。

SVXのATオイルパンが凹んでいた件の続き。

新品部品は(薄々予想通り、と言ったらそれまでだが(笑))案の定、欠品。

無い物はしょうがないので、

ATオイルパン、ストレーナー、いずれも既存を活かす方向です。

ATオイルパンは外した後、凹んだ箇所を叩き出しでの修正。
(叩き出し修正中に万一割れたり亀裂が入ったりした場合は、溶接するなりの方向で)

液体ガスケットはまぁいいとして、

ストレーナーは現物を洗浄して再利用。


さて話は変わって、

今週末の日曜は休み(公休)なので、

アライメント調整したばかりのSVXで久しぶりに遠出しようかねぇ。

(ミルさんとこまで行くには距離もだが、病み上がりの身体を思ったらシンドイ、というのも…)

※高山市で催される『飛騨高山オールドカーの集い』に暇潰しを兼ねてギャラリーとして行って来ようかしら。

出展車(条件は昭和63年まで)より年式は新しい私のSVXですが、

これはこれでSVXも(出展車に負けず劣らずの)立派なレア車なんでしょうな、きっと(笑)
Posted at 2017/05/11 21:54:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | アルシオーネSVX | クルマ

プロフィール

「遠く離れた地にて“無期限入院中”の『本妻』FC3Cの近況を見に行ってあげたいが、今は平日休みな上、連休も取れない身なので、どうしたら…(汗)」
何シテル?   06/27 21:28
テラ乃です。 皆さんよろしくお願いします。 昭和(と言っても1980年代)の車が好きな癖して、 所有している車がどれも『平成ひと桁年代』の車ばかりでし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

4型テールランプ取り付け 完成! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/13 23:32:43
4型テールランプ取り付け (リヤランプ側)その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/13 23:32:08
4型テールランプ取り付け (リヤランプとバックドアガーニッシュ側)その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/13 23:31:11

お友達

趣味の話からでも構いません(笑)
気軽にお誘い下さい。(^∀^)ノ
79 人のお友達がいます
つげ先生つげ先生 * かしらっちかしらっち *
高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん * よっちゃん豚よっちゃん豚 *
ミル坊@BG5ミル坊@BG5 * shoyunshoyun *

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
待ちに待った時が来たのだ。 多くのオーナー達が無駄死にで無かった事の証の為に、 再びプレ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
しばらく一時抹消で放ったらかしな車です。 スマン、奈々様(※セブン=7=七=なな≒奈々= ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
外装がヤレヤレなのが残念ですが、燃費と質感以外はいい車です(笑)。 純正部品をカスタム ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ネットで嫌というくらいに囁かれていたこの車の数々の伝説…。 結果はお察しの通り、私も ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.