• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

バスタブのブログ一覧

2018年02月20日 イイね!

356の車検整備に突入 (マスターシリンダー&エアー抜き)

356の車検整備に突入 (マスターシリンダー&エアー抜き)18日(日)は予定通り、ブレーキ・マスターシリンダーのオーバーホール&ブレーキのエアー抜きを実施しました。

前日の夜、スピードスターのレストアを行っている知人が、「明日行くからヨロシク!」と、電話が入りました。
「車の下に潜っているけど、それでも良い!」と言うと、良いよとの事で、遊びに来ました。

※356A(T1)は、Fフェンダー内のシワシワが5本です。 ・・・ T2以降は、4本+点が2コです。


マスターシリンダーの脱着は大変そうです。 汗)
※19年前のレストア時に、新品を取り付けて以来、初めてのメンテです。


下側から何とか、摘出に成功


新品のマスターシリンダーもストックしているが、今回はオーバーホールを実施する事としました。


日向の暖かい所で、分解作業を開始
※分解して、水洗いしている時に、小田原から到着。

清掃のみで再利用可能状態でしたが、新品で組み込む事としました。

前日に、学習しておきました。
○印のワッシャは、キットには入って無いので、古い物を使用しました。


リビルトキット


リビルト完了


何とか取り付け完了
※下側に潜って、摘出手術を行いました。汗)


ここで、少し遅い昼食に

昼食後は、知人のガレージに道草してから帰りました。 ^_^


帰宅後は、ブレーキのエアー抜きを実施。
ブレーキシリンダー6コ、マスターシリンダーのオーバーホール、ブレーキホースを4本交換しているので、苦戦を覚悟していましたが、新兵器のおかげで、一人で作業出来ました。


今週末はフロント足回りの、グリスアップを実施予定です。
Posted at 2018/02/20 06:31:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車検整備2018 | クルマ
2018年02月19日 イイね!

356の車検整備に突入 (フロント・ドラムブレーキ)

356の車検整備に突入 (フロント・ドラムブレーキ) 先週の連休最終日は、356のフロントも持ち上げて、離陸させました。

モンキーZ50Mが邪魔になり外に出したので、ガレージの主である「モトコンポ」が、顔を出しました。 ^_^ (25年前にレストアしました。)


フロント側をジャッキアップして、ウマをかいます。


無事に離陸完了



「フロント・ドラムブレーキの分解清掃」

グリスカップを、均等にたたいて外します。



356A(T1)までは、ダブルナットです。


ブレーキシューを緩めて、ベアリングを抜いてドラムを引き抜きます。
プーリー抜きをセットして指で回すと、真っ直ぐ抜けます。

※プーリー抜きは、祖父の形見です。 ^_^

ドラムが取り外せました。
356のフロントは、ホイールシリンダーが、2コ付いています。


分解完了


ブレーキホースを交換


内部の組み付け完了



「右前輪も同様に実施」


シリンダー内部に、固着物があったので、軽く研磨しました。


分解清掃が完了


中心部は、スピードメーター・ケーブルです。


前輪側は、グリスの清掃等があるので、時間がかかります。


昔、母親から、「啓蟄」の意味を教えてもらいました。
寒さの峠を越えた頃になると、思い出します。 ^_^
「春〜spring〜」 
Posted at 2018/02/19 06:35:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 356 | クルマ
2018年02月16日 イイね!

356の車検整備に突入 (リアドラムブレーキ②)

356の車検整備に突入 (リアドラムブレーキ②)点検整備は、三日目に入りました。

予定より遅れていたので、少し寒いが10時頃より開始。

北風が強かったので、シャッター閉め切っての作業でした。

← モンキーZ50Mが邪魔になるので、外に出しました。


アクスルナットを、仮締めしました。


レーキシューのクリアランス調整
※サイドブレーキが使える様にします。 ・・・・ トルクマイスターをセットするため。


トルクマイスターをセットして、トルクレンチを使用して、6kgf/mで締め付けます。
※6kgf・m X 9 = 54kgf・m になります。


サイドブレーキ・ケーブルとベルクランクに、グリスアップ
矢印は、交換したブレーキホース


リアの、タイヤハウス内を清掃


北風が強くて「かわいそう」なので、家の中に避難させました。


長丁場になるので、早目の昼食をとります。 

Posted at 2018/02/16 06:29:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車検整備2018 | クルマ
2018年02月15日 イイね!

356の車検整備に突入 (リア・ドラムブレーキ①)

356の車検整備に突入 (リア・ドラムブレーキ①)356の定期整備は、二日目に入りました。

オイル交換が終了したので、そのまま、リア・ブレーキの分解整備を実施しました。

今回は、ホールシリンダーのオーバーホールに加えて、ブレーキホースも交換します。


「リア・ドラムを外します。」

ポルシェ356のアクスルナットは、締め付けトルクが50kg/m以上なので、緩める時も苦労します。


「トルクマイスターを使用」
1/9のトルクでネジの締め付け&緩める事が出来ます。

※フライホイールの取り外しで、考案されたみたいです。


昔は、鉄パイプで延長していました。
※36mmのソケット ・・・・ 理論上は、私の全体重をかけると、規定トルクになります。  800mm


356A(T1)までは、アクスルナットとワッシャが、分離しています。


リア・ドラムブレーキの分解&クリーニングの完了


ホイールシリンダー内部は、問題ありませんでした。


組み付け完了


リア・ドラムのスプラインは、締め付けトルクが弱いと、ガタツキで潰れてしまいます。
※大出費になります。 ・・・ ポルシェ・クラッシックで再生産したが、20万円近くします。


スプラインが潰れたもの


左後側も、同様に分解清掃を実施。



リア・ドラムブレーキの分解清掃後は、ブレーキホースを交換しました。

スピードスター購入時から、リアのブレーキホースは、短い物が付いていて、10cm程延長されていたので、オリジナルに戻しました。


上段:古いブレーキ・ホース    下段:新品の356A用のホース


冬は空気が乾燥しているので、富士山が綺麗に見えます。 ^_^


通夜があるので、早めに切り上げました。
週末は、3週連続です。 汗)

Posted at 2018/02/15 06:32:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | 356 | クルマ
2018年02月14日 イイね!

3Dプリンターが、クラッシック・ポルシェを救う!

3Dプリンターが、クラッシック・ポルシェを救う!クラシックモデル専門の部門であるポルシェ クラシックが、古いクルマの修理に必要な希少なパーツを、3Dプリンターを使って製造するそうです。

詳細は、「こちら」を参照して下さい。

追加、「こちら」を参照して下さい。




3Dプリンターで作成した一例です。




Posted at 2018/02/14 06:58:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | PORSCHE | ニュース

プロフィール

「協力したら、昨日送って来ました。でも、PS4が無いです。汗)」
何シテル?   10/19 23:45
356との生活が、27年目に突入します。^_^
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

バッテリー交換後の試運転 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/22 12:56:07
LA報告 ②  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/05 07:48:27
ポルシェ竜宮城 ⑨ ショップ編 その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/03/29 23:24:56

ファン

127 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 356 ポルシェ 356
1994年より、苦楽を共にしています。
ドゥカティ 250 ドゥカティ 250
2002年にオーストラリアから個人輸入して、7年かけて仕上げました。
ホンダ モンキー ホンダ モンキー
中期型の丸タンク、片角エンジンです。
ポルシェ 356 ポルシェ 356
初めて購入した356 トラブルの少ない、良い車でした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.