• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MAMOSUNのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

フィルム・スキャナー買っちゃいました

フィルム・スキャナー買っちゃいました
ネガフィルムを簡単にデジタル画像に変換できる、フィルム・スキャナーを購入しました!
車が趣味になったのは免許を取ってからですが、中学生の頃から多趣味でラジコンやモデルガン等、色々と浅く広く手を出しておりました。 必然と写真撮影にも興味がありましたが、普通の中学生が高級モデルなど買える筈も無く、親戚から貰った中古の「ミノルタSR‐1」一眼レフカメラで、ヘタなりにラジコン模型やモデルガンの写真を撮っていました。
サンワ 400-SCN024 フィルムスキャナー大学生になるとアルバイトに精を出し、当時の最新モデル「Nikomat EL」を購入し、免許取得後は車や自然の風景などの撮影に填っていきました。 現在はデジカメやスマホ全盛ですが、昔から撮りためた「ネガフィルム」は中々捨てられません。
以前からネガをデジタル化したかったのですが、汎用スキャナーは高額で手間も掛かるので躊躇していました。 先日、楽天で「サンワ・ダイレクト」製の「「3200dpi 1400万画素」の小型フィルム専用スキャナー「400-SCN024」を見つけました。 しかも貯まったポイントを使えば \8,000少々と割安なので、迷わず購入しました。 構造的にはフラットヘッド・スキャナーのように端から読込む方法とは違い、デジカメと同じ「1/2.3型 1400万画素 CMOSセンサー」でネガを撮影する、可動部が無いメカなので、2.4型カラー・ディスプレイを見ながらシャッターの感覚で、ボタンを押すと1~2秒でスキャンが終了し、SDカードに記録されるという簡単操作のすぐれ物ですね。
下の写真は手元にあるネガの中から数点をスキャンしてみた物の一部です。
  
 霧の中の「日産 レパード・アルティマ」  「日産 レパード・アルティマ」②
この2枚は「レパード アルティマ」で1980年代後半に、美ヶ原方面へ行った時のものです。
左は濃霧の展望台で撮影した写真です。
 「マツダ ファミリア・カブリオレ」①  「マツダ ファミリア・カブリオレ」②
次の2枚は「ファミリア・ガブリオレ」で1990年代中頃に谷川岳方面へ行った時のものです。
当時でも約10年落ちの中古オープンカーだったので結構目立ちました。
 「ユーノス プレッソSiエディション」①  「ユーノス プレッソSiエディション」①  
写真の「ユーノス プレッソSiエディション」がフィルムカメラで撮影した最後の車です。
1990年代後半の新車納車直後に八ヶ岳方面に行った時のものです。
 RC ウォータージェット・ボート  RC 戦車「 M551シャエリダン」
最後の2枚は昔作った趣味のラジコンモデルです。 左は女神湖々畔で自分で開発した、「サイクロン・ウォータージェット・ボート」の噴射テストの写真です。 右は1/35プラモ戦車「 M551シャエリダン」をラジコン戦車に改造し、ウェザリング塗装して実車風に撮影した物です。

掲載写真はスキャナー添付の画像調整ソフトや、フォトショップで補正をしています。 またこれら以外にも色々とフィルム・スキャナーでネガをスキャンしてみましたが、仕上がりは元のネガの状態で左右されます。 ただある程度は画像ソフトで修正出来るので、当時の紙焼きよりもきれいになる場合がありますね。

Posted at 2017/07/23 06:01:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 趣味
2017年07月16日 イイね!

車齢13年目で走行 70,000㌔を達成しました!

車齢13年目で走行 70,000㌔を達成しました!車齢13歳になるウチのR1の走行距離が、ようやく
70,000㌔になりました!
先月「ラグビーワールドカップ記念ナンバープレート」に交換してから、「裏磐梯&会津若松」の小旅行に行きましたが、その数日後に総走行距離が70,000㌔に達しました。
ウチのR1は10年ほど前に、3年落ち走行距離21,000㌔の中古車で購入しましたので、年間で約5千㌔弱を走行した計算ですね。
まもなく7万キロ
車通勤をしなくなってからは、休日の夜中にR1を走らせていますが、エンジンを掛けてふとオドメーターを見たら、なんと69,999㌔を差しているじゃないですか。 さっそく写真を撮り 1㌔走って 70,000㌔になったところで、もう一枚撮影しました。遂に7万キロ達成! R1ユーザーとしては走行距離が少ない方なんでしょうかね。 機械的には殆んど問題はなさそうなので、まだまだ現役で乗って行きたいと思います。
さてラグビー・ナンバーにしてからは、ついつい白ナンバーの軽自動車を探してしまいますが、今のところ殆んど遭遇してません。 そういえばウチのR1も来年早々の車検で、遂に満13年になってしまうので、自動車税・重量税が上がってしまい、自動車税は ¥5,700も値上げとなります。
来年からは、「ウチは軽自動車だけど自動車税が高いので、白いナンバープレートにしたんです~」って、言って見ようかなぁ・・・・・
Posted at 2017/07/16 07:20:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年07月08日 イイね!

会津若松さくらんぼ狩りと休暇村裏磐梯

会津若松さくらんぼ狩りと休暇村裏磐梯四年振りに「休暇村 裏磐梯」に行き、会津若松で
人生初めての「さくらんぼ狩り」をしてきました。

今月始めに新潟のお墓参りに行く予定が急遽中止になったので、先週末ほぼ4年振りに「休暇村 裏磐梯」へ温泉旅行に行きました。ラグビーナンバー交換後、初のサービスエリア
また、帰りに会津若松まで足を伸ばし、夫婦揃って人生初の「さくらんぼ狩り」にも挑戦しました。 休暇村を予約したのは、ほんの一週間前でしたが「シルバープラン」のツインルームが空いており土・日ながら1名 \10,000と、とてもリーズナブルでございました。 
阿武隈高原SAのカツカレー
当日は梅雨の真っ只中の悪天候になってしまったため、途中の観光は諦めて、遅めに柏の自宅を出発して10時頃に常磐高速に入りました。 週末でしたが悪天候のためか高速は空いており、途中でサービスエリヤ巡りをしながら、買い物や買い食いをしながら磐梯方面を目指しました。久々の休暇村 裏磐梯
6月に愛車R1をラグビーナンバープレートに交換してから、初めての遠出になるのでサービスエリアに駐車する度に、ついつい写真を撮ってしまいます。 ラグビーナンバーは結構話題になっていますが、高速を走っていても殆んど見掛ける事が無く、ラグビーナンバーを付けた軽自動車は一台だけしか見ませんでした。 休暇村 裏磐梯のロビー
きっとこれから増えていくんでしょうね。 「休暇村 裏磐梯」がある磐越自動車道の「猪苗代・磐梯高原」インターまでは、サービスエリアが4ヵ所ありますが予想よりも時間が掛かり、4番目の「阿武隈高原SA」に到着したのは午後1時を過ぎてしまいました。
今回は洋室のツインルームです。ここのサービスエリアは結構お気に入りなので、フードコートで昼食にします。 夫婦揃ってエゴマ豚 カツカレー(900円)を注文しましたが、中々美味しいカレーの上にボリュームのあるトンカツが乗っておりました。
「猪苗代・磐梯高原」インターに到着後は、
客室からの眺めは曇天、右上は前回宿泊時です。国道115線から国道459線を通り、裏磐梯の桧原湖々畔の「休暇村 裏磐梯」を目指します。 「休暇村 裏磐梯」は「休暇村 那須」や「休暇村 日光湯元」などと同じ高原リゾート・ホテルですが、高速出口から急勾配の峠道などを登らずに、ドライブを楽しみながら行けるのが特徴ですね。夕食はバイキングでチョイス。
高速を出てから「休暇村 裏磐梯」までは、道も空いており20分少々で到着しました。 フロントでチェックインして3階の客室へ行きましたが、あいにくの梅雨空のため窓から磐梯山は拝めず、曇天に隠れておりました。 (写真の右上は前回来た時に客室から撮影した磐梯山です。)
朝食はいつもの洋食です。
今回の客室はツインルームでしたが、広くて客室設備も充実していました。 例によって奥さんはさっそく温泉に行き私はお昼寝です。 夕食はレストランに行きますが、梅雨のせいか7月の週末ながら満席にはなっておらず、バイキングも空いているので、好みの料理をゆっくり選べます。休暇村前の遊歩道入口
食事後はいつものように即行で大浴場に行きましたが、1人いた先客は露天風呂にいたので、大浴場の湯船はゆったりと独り占めで浸かれました。 翌朝はバイキング式の朝食(いつものように私は洋食で、奥さんは和食)も早々にチェックアウトして、さくらんぼ狩りの会津若松に向います。休暇村 裏磐梯の玄関
さくらんぼ狩りに行くのは初めてですが、本場の山形はチョットと遠いいので、事前に福島県内で探しました。 福島ではフルーツラインが有名な「福島エリア」と、さくらんぼ栽培が盛んな「会津エリア」がありました。 距離的には同じでしたが、「福島エリア」へは峠の山道を延々と走らなければなりません。
休暇村駐車場のウチのR1
奥さんはあまり山道のドライブが好きではないので、今回は国道と高速道路だけで行ける「会津エリア」に決めました。 「会津エリア」に数軒点在する、さくらんぼ狩りが出来る農園の中で7月に入っても数種類のさくらんぼがあり、予約しなくてもよい農園を探しました。

会津さくらんぼ村 第二農園の受付決めたのは会津若松にある「会津さくらんぼ村」さんで、磐越道の新鶴スマートインターを出て、1回左折するだけで「第一農園」に到着できるとても分かり易い所です。 受付けで聞くと第一農園は観光バスが多いので、自家用車専用で空いている「第二農園」を勧められました。既に7月なのに完熟さくらんぼ(佐藤錦)がいっぱい!
「第一農園」から「第二農園」までは1.5キロほどですが、2回曲がれば到着します。 朝の9時過ぎですが駐車場には5台ほど先客が居て、「さくらんぼ狩り」をしていました。 もぎ取り食べ放題 30分 1人\1,200の料金を払い、もぎ方の説明を受けたら、いよいよ人生初の「さくらんぼ狩り」の開始です。
真っ赤に熟れた「さくらんぼ達」
ハウスの中には「佐藤錦」を始め、数種類の完熟さくらんぼがたくさん実っており、本当に食べ放題です。 手の届く所にもたくさんありますが、脚立を登ると上の方にもっと完熟した実がいっぱいです! どれも甘くて美味しく、昨日休暇村で食べたデザートのさくらんぼとは全くの別物です。
お土産の「南陽」とブルーベリー
さくらんぼ狩りを堪能したので、帰り際に受付けへ、母と娘のところにさくらんぼの直送を頼みに行きましたが、農園のお母さんが試食させてくれた大粒の品種が、さくらんぼ狩りで食べた完熟の「佐藤錦」よりもずっと美味しかったので、チョット高かったですが迷わずそれに決めました。
南陽は五百円硬貨並みのビッグサイズ!
この大粒さくらんぼは「南陽」という品種で、栽培している農家さんはあまり多くないそうです。 自宅へのお土産もこの「南陽」と、今年の初物「ブルーベリー」を購入しました。
人生初のさくらんぼ狩りは「会津さくらんぼ村」さんでしたが、さくらんぼ狩りに来た人達に、できるだけ美味しいさくらんぼ食べさせたいという、農園の方の気持ちが感じられ、「福島エリア」のいかにも〝観光農園"とは一線を画しておりました。 ここで最初のさくらんぼ狩りができてとても運が良ったと思います。
さくらんぼ狩りが終わり高速を延々と走って帰宅し、あらためて「南陽」を撮影しましたが、なんと500円硬貨よりも大粒でありました。
(たぶん来年からはイチゴ狩りに加え、さくらんぼ狩りにも行くんだろうなぁ・・・・・・)
Posted at 2017/07/09 06:17:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/休暇村 | 旅行/地域
2017年06月25日 イイね!

ラグビーナンバーをゲットしました!

ラグビーナンバーをゲットしました!「ラグビーワールドカップ記念」の特別仕様ナンバープレートに交換しました!
「JAF Mate」誌の「ラグビーワールドカップ記念ナンバープレート」の交付の記事を読み、現在使用しているナンバーの数字を変えずに、なんと軽自動車でも白地のナンバープレートに交換できることを知りました。交換前の旧黄色ナンバーのR1
さっそく自分でインターネットから申請し、10日ほどで完成したラグビーナンバーを野田市にある「軽自動車検査教会」へ行って、旧ナンバー(黄色)と交換して来ました。 ラグビーナンバーに交換したR1
ナンバープレートの表記内容は変更していないので、車検証やETCの設定などは現状のままでOKで、面倒な手続きは必要ありませんでした。
写真はガレージに駐車した黄色と白地のナンバーを装着したR1の比較です。 やっぱ雰囲気変わりますね。
詳細は
整備手帳を見てね。

Posted at 2017/06/25 06:05:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年04月29日 イイね!

趣味の話 Ⅲ

趣味の話 Ⅲ
マルシン 
COLT SAA Xカート式ガスリボルバーを、内部メカ&表面仕上げとも
ワンオフで
カスタマイズ&チューニングをしました!
金属黒色モデルガンの時代から「COLT SAA」のファンで、50年近く経った現在でも大好きな銃のひとつです。 今でもモデルガンは沢山ありますが、ガスガンとなるとシリンダーにちゃんと6発の弾丸を込めるカートリッジ式は、残念ながら非力な物しか流通していません。
たしかにSAAの外殻をした、パワフルなガスガンはありますが、SAAファンとしては、シリンダーにカートリッジを6発装填出来ない物は、SAAというよりもリボルバーとして納得できません。 納得できなきゃ自分で作ろうと思ったのが、ワンオフ・カスタムのきっかけです。
マルシン「COLT SAA Xカート デラックス」のオリジナル
どうせカスタムするなら、とことんこだわって見ようと思い、作動・性能に加え、外観的にも手を入れる事にしました。カスタムしたのはマルシン製の非力な「コルトS.A.A.45・Xカートリッジ」ヘビーウェイト樹脂とメッキパーツのデラックス仕様です。
ヘビーウェイトは実銃用の薬品でブルーイングできるので、フレーム等を「擬似ケースハードゥン」風に仕上げたりもしますが、今回は擬似ケースハードゥン風や、金メッキ風メッキの表面保護用のコーティング等の塗装を一切せずに、実銃同様のブルー液と24金メッキだけで仕上げることにしました。 そこでCOLT社が1961年に製造したフルブルー&金メッキ仕様の実銃「COLT SINGLE ACTION ARMY 2nd GENERATION 125th Anniversary」7.5" barrel を参考にカスタム&チューニングすることにしました。

  
 ヘビーウェイト製フレームをブルーイング  金属研磨剤で磨き上げる
full blue(ガンブルーの事)処理するバレル・フレームとシリンダーは、塗装を剥がしてサンドペーパーで表面を光沢研磨します。 ブルーイングは「Birchwood 社」製の「Aluminium Black」で加工し、その後表面を金属磨きで優しく研磨すると、驚くほど綺麗なガンブルーに輝きます。
 金属メッキ部品を磨きと下処理メッキ  メッキ用具で24金メッキに仕上る
純正のプラ製バックストラップとトリガーガードを金属モデルガン用に交換し、その他ハンマー等のメッキ部品も金メッキ風メッキを落としてから、下処理用のメッキをします。 再度研磨してからメッキ専用器具で24金メッキに再仕上げします。
 金メッキするスチール部品  表面研磨後に24金メッキをする  
24金メッキに仕上げるスチール製の各パーツは、表面の黒染め部を落とし、サンドペーパーでピカピカに研磨します。 その後、脱脂を行なってから始めに銅メッキ、ニッケルメッキをし、各パーツを再度研磨してから24金メッキに仕上ます。
 純正撃針と自作撃針  ゴムパッキンを金属製に交換
24金メッキ仕上げしたハンマーに、自作の撃針を取付けてた写真です。 純正の撃針より自作撃針を装着した方がSAAらしい雰囲気です。
シリンダーの回転をスムーズにするため、各カートのゴムパッキンを、自作の真鍮製プライマーに交換し摩擦抵抗を下げます。 純正カートのゴムパッキンと銅メッキしたプライマーの底部を比較です。 銅メッキでリアル感を出しました。
 各種スチールビス類をヒートブルー仕上に  木製グリップもオイルで再仕上
24金メッキをしないスチール製パーツは、フレームのガンブルーに違和感が無いように、ガスバーナーで焼入れをする要領でヒートブルーに仕上げました。
木製グリップの塗装を落として表面を磨き、メダリオン用の加工をしたら、「WATCO OIL」でオイル仕上げをし、その後「蜜ロウワックス」で磨き上げます。 両グリップの先端には真鍮製ランパンコルト・メダリオンを取付けます。
 カスタムガスタンク側面に注入バルブを移動  グリップビスを外してガスを注入 
普通ガスガンは外部にガス注入口が見えますが、この銃では外観からガスガンと分からないように、グリップスクリューを外したネジ穴の底部に、ガスの注入バルブがありますから、そのままガスボンベを差込むだけで、数秒でチャージが可能です。

以上が主なワンオフ・カスタムとチューニングをした作業行程です。

  シリンダーとカートリッジ  ディスプレイ木製BOX内部
シリンダーとフレームの隙間を必要最小限に維持させたことにより、非常にスムーズなシリンダーの回転と、隙間から噴出するガスを最小限に抑えました。 またアルミ製のカート弾頭は実包のキャスト風に加工しました。
「Anniversary model」を参考にしたCOLT SAAですから、それに見合う専用BOXを作ろうと思い、ヤフオクでメガネのウッド・ショーケースを落札して改造しました。 ケースに付属していた中敷等を外し、数種のウレタンフォームで銃と弾が収まる型を作り、最後に柔軟性の良い赤いベルベットを内側に敷き詰めて完成です。

 マルシンSAA ワンオフ・カスタム  マルシンSAAワンオフカスタムとウィンチェスターM92
当初は半年もあればカスタムできると思っていましたが、作業中に色々と問題が発生したりして、結果的に完成に2年近くも掛かってしまいました。 まあ、パワー的にはまだ春先で0.5J弱とカート式リボルバーとしてはまあまあですが、夏場はもう少し期待できそうです。 完成したモデルは各部のスムーズなアクションやバランス、また重量(790㌘)的にはモデルガン並みに仕上がったと思います。
また結構時間を費やした外観は、参考にした「COLT SAA 2nd GENERATION 125th Anniversary」に結構近づいたかなと思います。 ちなみに「Anniversary model」が7.5"バレルなのに対し、マルシンSAAは 4 3/4”とショートバレルなので、エジェクターチューブも24金メッキ仕上にして、存在感を出してみました。

カスタム完了後のスムーズなシリンダー回転や空き缶を標的にした、実際の射撃シーンを「YouTube」へアップしました!
      
カスタムの詳細やその他チューニングなどは「Mamosun ホームページ」をご覧下さい。

◎関連のブログは下記をご覧下さい。
①「趣味の話」 コンバット・マグナム M19をレストアしました!
②「続・趣味の話」 Cz75 2nd デュアル・マキシVer.2」のカスタム&チューニング
Posted at 2017/04/30 06:00:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホビー | 趣味

プロフィール

「フィルム・スキャナー買っちゃいました http://cvw.jp/b/775922/40131457/
何シテル?   07/23 06:01
車や模型いじりの好きなオヤジです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Mamosun ホームページ 
カテゴリ:お勧め
2010/09/02 08:30:50
 

お友達

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

スバル R1 スバル R1
2007年暮のガソリン高騰で、シルビアS15から3年落ちのR1R中古車に乗り換えました。 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.