• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MAMOSUNのブログ一覧

2017年11月12日 イイね!

たこ焼き&たこ焼き風餃子作りました!

たこ焼き&たこ焼き風餃子作りました!たこ焼きとたこ焼き風の餃子を作ってみました!
以前、テレビ東京で日曜の昼前に放映している「男子ごはん」の中で、2人用のお洒落なホットプレートを使用していました。 BRUNO ホットプレートウチも娘が結婚して夫婦ふたりになったので、その可愛らしいサイズが丁度良さそうに見えました。 色々と販売サイトを検索していくと、「BRUNO」というブランドの小型ホットプレートと分かりました。 他の有名メーカー製よりも少々割高ですが、見た目がお洒落で各種プレートや、セラミックコート鍋などを簡単に交換できる優れものでした。たこ焼と餃子のネタを半分づつ焼く
メーカー直販サイトやAmazonでも扱っていましたが、楽天で色々なショップが販売していたので、その中から、標準のプレート&たこ焼プレートにオプションのセラミックコート鍋がセットになり、オマケもたくさん付いていたショップで、シックなブラウンカラーを購入しました。
大分焼き上がってきた感じ購入してからは「ジンギスカン」や「焼肉」、「湯豆腐」などに使いましたが、夫婦ふたりで食べるのに丁度良い量を調理することが出来ます。
先週末に始めて「たこ焼」プレートを使うことにしましが、折角なのでネットで話題の「たこ焼風餃子」にも挑戦してみることにしました。
どっちも美味しかったです
たこ焼きの生地と具材と一緒に、餃子の皮と具も用意します。
たこ焼きプレートが加熱したら、たこ焼きの生地と餃子の皮を、半分づつ入れてから具材を足していきます。
たこ焼きはある程度表面が焼けないと、簡単に串で回せませんが、餃子の方は始めから皮がしっかりしているので、たこ焼きより簡単に丸められました。今夜は鍋料理でした!
焼き時間は両方同じぐらいなので、食べながら次のを焼いていく感じです。
焼き立てのたこ焼きは結構熱々ですが普通に美味しいです。 たこ焼き風餃子の方は「焼き餃子」ほど油っぽくなく、皮にも歯応えがあり、初めての食感で美味しかったです。 餃子用より薄い焼売の皮も合いそうですね。
ちなみに昨夜はセラミックコート鍋を使って、我が家伝統の"鍋"にしました。 寒い日には鍋が一番であります。
Posted at 2017/11/12 06:08:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | グルメ/料理
2017年11月05日 イイね!

今年も柏から「踊り子号」に乗って、南伊豆へ行きました!

今年も柏から「踊り子号」に乗って、南伊豆へ行きました!今年は実家の姉を招待して、またまた柏から
 「踊り子号」に乗って、南伊豆へ行きました!   

台風21号で大荒れだった翌週の先週末に、今年で3回目となる常磐線直通「踊り子号」に乗って、南伊豆にある「休暇村 南伊豆」にまたまた行きました。 今回は実家で母の世話をしている姉を、温泉旅行にご招待するので往復ともグリーン車を予約しました。
実家は世田谷なので姉は小田急線で小田原を経由して合流の予定です。 いつものとおり柏駅 10:50発なので、またいつもの様に柏・高島屋のデパ地下で、お昼ご飯用のお弁当を買ってから柏駅構内へ入りました。
ところが柏駅の電光掲示板に「小田急線が踏み切り確認のため遅延中」と表示されているじゃないですか。 先週末の台風21号に加え、接近中の台風22号の影響が出たのかなと思っていると、姉からメールで小田急が遅れているので、予定より早目の急行に乗ったと知らせが来ました。

今年の「踊り子号」違うデザインだ! 姉を招待するので今回はグリーン車です 曇天ながら去年より「スカイツリー」が見えました
小田原で無事に姉と合流できる事を願いながら、ホームで「踊り子号」を待っていると、到着した特急はいつものグリーン基調とは違う赤が基調の車輌でした。 「常磐線・踊り子号」も最近は多少込むようになりましたが、さすがにグリーン車の車内はガラガラでした。 都心に向う途中も台風22号が接近しているので、天気は曇天ですが「スカイツリー」は何とか見えました。
40分ほどで東京駅に到着であります 横浜に1時間チョットで到着します 小田原に近づくと海が良く見えてきます
東京駅を出発すると乗客も増えてきましたが、グリーン車の乗車率は半分程度でありました。 また去年のような「ギャハッハッ」オバちゃん軍団にも遭遇せず、旅は静かに始まりました。 いつもなら横浜を発車したらお弁当を食べるのですが、さすがに小田原で姉と合流できるか心配で、小田原到着まで待つことにしました。 台風接近中ですが小田原付近の海はまだ荒れていないようです。
3年連続で和幸の「上ロース弁当」 小田原から乗車した姉のサンドイッチと「焼き鳥」 熱海を出ると錦ヶ浦の「熱海城」が見えてくる
横浜を出発して暫らくすると、姉から「いま小田原に到着した」とメールがあり、夫婦でホッとしました。 小田原で無事に姉が乗車してきたので、やっと皆でお弁当を食べますが、高島屋のデパ地下を隅から隅まで見て歩いたのですが、なんと3年連続で私はトンカツ和幸の「特ロースカツ弁当」で、奥さんは京樽の「ゆり弁当」&あさひの「焼き鳥」でございます。 
姉は
小田原で買ってきたサンドウィッチだけだったので、焼き鳥をお裾分けです。
熱海城のクローズアップ 伊東の手前で沖に初島が現れる 伊東はハトヤが出迎えです
小田原の次に停車した熱海駅を出発すると、錦ヶ浦の頂上にある「熱海城」が見えてきます。 熱海城は歴史的な本物の城ではなく、昭和30年代に観光施設として築城された鉄筋コンクリート製の施設です。 昔「キングコング対ゴジラ」の映画でぶっ壊された事で有名ですね。(小学生の時見た)
天気は段々悪化してきますが、伊東の手前で初島を見れました。 「ハトヤ」を過ぎると伊東駅に到着です。 ここから伊豆急行線になるため乗務員も交代します。

熱川から稲取に掛けての絶景スポット 海岸線から見える稲取市街 稲取の海岸線
伊東で半分以上の乗客が降車し、次の伊豆高原駅でもそこそこ降りて行きました。 伊豆熱川駅を出発すると大分乗客も減りましたが、ここから伊豆急最高のビューポイントである、絶景の海岸線に入ります。 台風接近により波高しながら、視界はまあまあであります。 伊豆稲取の手前では、海に出っ張っている市街が視界に入ってきます。 まるで海に浮かんでいるように見えますが、震災時にもし津波が来たら心配になります。
伊豆急下田駅の手前で見える謎の「下田城美術館」 伊豆急下田に到着 隣りには伊豆急行の「黒船電車」がいました
伊豆急下田駅に近づくと、左側の丘の上に天守閣が見てきますが、これも実際のお城ではなく、かつて下田公園にあった下田城を模して(たぶん)造られた「下田城美術館」という、ネットではやや怪しい噂で有名な施設のようです。
伊豆急下田駅に到着して、踊り子号の車体をよく見ると「EXPRESS 185」と書かれていました。 また隣りのホームには伊豆急行の「黒船電車」がいました。

下田駅バスターミナルの「黒船オブジェ」 休暇村はかなりの雨降り 客室の窓の外には寂しい雨の松林
駅の外へ出ると雨はかなり強めに降っており、「まるで2年前のデジャブだ」と思いながら、バスターミナルの後ろに鎮座している「黒船・モニュメント」を一応記念撮影します。
バスターミナルの④番停留所で「休暇村・石廊崎港口方面」のバスに乗って発車を待ちますが、いつものように乗客は少ないなぁと思った瞬間、前方の入口から我々より少々年配のオババ一行が「ギャハハ!ギャハハ!」と下品な笑い声と共に乗ってまいりました。 30分ほどの静かなローカルバスの旅は、ババタリアン軍団の騒音で夢と消えました・・・・

今回は6階の和洋室に宿泊です 夜は海鮮メインのバイキングです オプションメニューの「鮑の踊焼き」
30分ほどで「休暇村 南伊豆」の停留所に到着しましたが、オババ軍団も降りたので、夜のレストランで遭遇しない事を祈りながらチェックインしました。 今回宿泊する客室は最上階の6階にある和洋室で、窓からは松の防風林や海を見通せる眺めなのですが、今回はあいにくの大雨で絶景とはいえません。 夕食までは私はいつもの通りお昼寝し、奥さんと姉は温泉に行きました。
今回はバイキング式の夕食を選び、別注の「鮑の踊り焼き」も注文しました。 ここのバイキングは豊富な海鮮料理や静岡おでんなど種類が多くどれも美味しいです。 

新しく導入されたセルフソフトクリームとプリン 翌朝は雨脚がさらに激しく 私の朝食はいつもの洋食です
バイキングには今年設置された、セルフのソフトクリーマーがあり、オジサン達も喜んでカップに入れてましたが、やっぱり普通のアイスより美味しいですね。 また危惧していた「ギャハハ!」オババ軍団には、幸いにも遭遇せずに済みました。
夕食後はかなりの割合で、温泉が空いているので即行で大浴場に行きますが、今回もほぼ独占状態で体を洗ってから、ずぅーっと大浴槽に浸かっていました。
翌朝は台風の接近でさらに悪天候になっていました。 レストランへ朝食を食べに行きますが、私はいつもの様に休暇村内ベーカリーの焼き立てパンをメインの洋食を選び、奥さんもいつもの様に新鮮な魚介の純和風です。 因みに姉は洋食派でしたね。

今年の「休暇村南伊豆」は最後まで雨でした せっかくの弓ヶ浜も土砂降りです 台風接近で荒波状態の弓ヶ浜のサーファー
当初は石廊崎で観光船に乗るつもりでしたが、台風22号の接近で欠航すると思い、予定を変更して下田の海中水族館へ行くことにしていました。 ところがニュースで台風は予定より速度を上げ、早目に関東に接近する事が分かり3人で相談した結果、列車が不通になってしまう前に予定を繰上げて帰ることにしました。(これも2年前のデジャブなのだ)
お世話になった「休暇村・南伊豆」からバスに乗る前に、折角来たのだから姉を連れて、日本の渚百選に選ばれている「弓ヶ浜」を見に行きました。 どんよりした曇り空の弓ヶ浜は波も高く、美しさは半減していましたが、サーファーがいたのに驚きました。

下田駅の新待合室の垂れ幕は7月デビューのTHE ROYAL EXPRESS 帰りの踊り子号は普通のデザイン 踊り子号はやっぱりこの顔ですね
伊豆急下田駅に向うバスに乗っていると、大雨で所々に水が溜まっているらしく、時折り大きな水飛沫を立てながら走行します。 下田駅に着くと切符売り場は既に行列になっていて、皆さん考えは同じようで早目の列車に変更していました。 一番早い時間の「スーパービュー踊り子」は小田原に停車しないため、その次の東京行きの普通の踊り子号に変更しました。 発車までは1時間以上あるので、みんなで観光できない分だけお土産屋さんなどを物色して買い物をしたり、新しくなった待合室でデビューしたばかりの「THE ROYAL EXPRESS」の垂れ幕など見て過ごしました。 ようやく列車が到着しホームへ行くと、帰りの特急は全うなグリーン基調の踊り子号らしい車輌でした。
乗る筈だった「常磐線直通 踊り子号」 帰りのグリーン車も内装が違っています グリーン車なのに窓が開けられる昭和の特急電車
待機線路には来る時の列車が停まっていましたが、予定を変更しなければ2時間半後にこの踊り子号に乗る筈でした。
全うな踊り子号のグリーン車の車内は、来た時の車輌とは所々異なっており、テーブルは肘掛に内蔵されています。 来た時のテーブルは前席の背もたれにあるので、面積は広いですが座席を対面させてしまうと、全く使用できない欠点がありますね。
なお往復の列車ともグリーン車でも窓を開けることが可能で、さすが昭和の特急電車であります。 今年JRはこの185系車輌を踊り子号から引退させること発表しました。 この車輌は私達が結婚した1981年にデビューしたので少々寂しい気分です。

暗雲立ち込める相模灘 伊豆急下田の名物駅弁 どちらの駅弁も美味しく頂きました
あと何回この踊り子号に乗れるか分かりませんが、最新特急では味わえない、少々キツメの揺れは嫌いではありませんね。
下田を発車してしばらく進むと、途中で見える中小の河川が危険水域まで増水しており、車窓から見える海原も荒れており、海面の一部が変色しているのが分かります。 また伊豆急線も伊東の手前で豪雨のため、徐行運転になり遅れが発生してきました。
ようやく小田原に到着し姉とお別れしますが、車内で急病人が発生したため、さらに列車は遅れます。 予定では品川で降りて「上野東京ライン」の直通特別快速の始発に乗って座って帰る予定でしたが、これまたハラハラドキドキです。 乗り代え時間は20分近く有ったのですが、品川に着くと1分もありません。 踊り子号と同じ線路を走るので、一か八かで乗換えホームへダッシュしていくと、まだ扉が開いていました。 どうやらこの電車も数分遅れて発車するようでした。 60歳過ぎて久々にダッシュしたのでもう心臓がドキドキでやばいです。
柏には当初の予定より2時間以上早く到着し、雨もまだ本降り前だったのでほとんど濡れずに帰宅できました。 実は前日に下田駅の売店で翌日の夕食用に、自宅と実家の分の駅弁を予約しておきました。 ウチには「あじずし」と「あぶりさんま棒寿司」を買いました。
帰宅して駅弁を食べ始めると物凄い豪雨が降り始めましたが、時計を見るとなんと当初乗って帰る筈だった、常磐線直通踊り子号が柏に到着した頃でした。 早めに帰らなかったら、とても歩けそうにない土砂降りの中を帰らざるを得なかったと思うとぞっとします。 なお駅弁はどちらも美味でした。
今回の伊豆旅行はせっかく姉を誘ったのに、台風で全く観光できませんでしたので、近い内にリベンジしたいと思っています。

・柏から「踊り子号」に乗って南伊豆へ行った、前回と前々回の下記のブログもご覧下さい。
●柏から「踊り子号」に乗って南伊豆へ行きました! (2015年 6月)
●またまた柏から「踊り子号」で南伊豆へ行きました!(2016年10月)
Posted at 2017/11/05 06:19:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/休暇村 | 旅行/地域
2017年09月18日 イイね!

プリンターを買い換えであります。

プリンターを買い換えであります。まだ3年しか使っていないプリンターが壊れたので、新品に買い替えです!
3年前の8月に購入したプリンターが、数ヶ月前から時々電源ONの途中でフリーズしたりしてましたが、昨夜ついに全く反応しなくなりました。 前のプリンターだった名機「エプソンPM-800C」は、16年も働いてくれたのに、3年はチョット早いんじゃないのと思いながら、新規購入のEP-709Aと壊れたEP-776A(下)エプソンサイトで修理費用をチェックします。
該当する「EP-776A」を見たら、基本修理費用9000円+送料1500円と出ています。 合計で1万と500円じゃ、購入した時の価格と変わんないじゃありませんか、こんなに掛かるんじゃ修理する人なんか居ないんじゃないの、と思いながら既に頭の中は買い替えモードに切り替えです。
手順に従ってプリンターのセットアップ
多機能じゃなくても今のプリンターと同等の性能があれば充分なので、価格優先で色々探していたら、2016年モデルのエプソン「EP-709A」を見つけました。 家電量販店やAmazon等多くのサイトに掲載されており、無線LAN対応でサイズや性能も、今の機種と変わらないので良さそうです。
エプソンサイトの設定画面一番安いのはAmazonですが、在庫があるのに最短配送で火曜日と中二日もありますから、やっぱり配送でトラぶっているんですかね。 いつも利用しているヨドバシ・ドットコムは、価格的には少々高かったのですが、ポイントが10%付くので8100円相当となり、送料も無料なので結果的にAmazonよりも安くなります。 さらに1時間以内の注文で当日配達が可能なので、迷わず決めました。
設定が完了し使用可能になりました。
今日の夕方には配達されたので、夕食後から設置と設定をしましたが、ウチは無線LANなのでプリンターは電源コードを差すだけで、後はエプソンのサイトから設定します。
途中でプリンター本体は無線LANを認識しているのに、エプソン側からの設定が何度もエラーになり設定できません。 困ったなーと思いながら色々と調べていくと、どうもウィルスソフトが邪魔しているようなので、offにしたら一発で設定が終了しました。
使い勝手や性能はこれからですが、使用インクが同じなので、印刷結果はほぼ同じかなと思います。 前のプリンターは3年で壊れたので少々ムカつきましたが、娘の結婚式の時に写真印刷を大量にこなしてくれたので、充分元は取ったんじゃないかと思っております。
Posted at 2017/09/18 06:01:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年08月26日 イイね!

柏から特急に乗って"聖地 大洗"へ行きました!

柏から特急に乗って"聖地 大洗"へ行きました!柏から 「特急 ときわ」 に乗って、アニメ 「ガールズ&パンツァー」 の聖地 大洗へ行って来ました!    
先月初めに8月はどっか近場の温泉にでも行こうかなぁ~、と思って色々調べていたら、いつも行く那珂湊の隣りの大洗に、天然温泉を完備した公共の宿「オーシャンビュー大洗」がありました。
「休暇村」等公共の宿のファンとしては早速調べたところ中々魅力的な施設で、なんと繁忙期の8月の19・20日の土日にも、まだ空室があったので迷わず予約しちゃいました。
「オーシャンビュー大洗」は地方職員共済組合大洗保養所ですが、ウチらのような一般人も宿泊できます。 当初は愛車R1で行くつもりでしたが、茨城の超有名海水浴場に加え、例のアニメの聖地でもあり、ましてや夏休み真っ只中なので、さすがに渋滞が心配で今回は電車で行く事にしました。

行きの特急「ときわ59号」 特急ときわの指定席表示 土浦駅
電車を利用するため路線案内を色々調べたところ、柏からJR特急の「ときわ」に乗れば水戸までは50分チョットで到着し、そこから鹿島臨海鉄道に乗り換えて、10分少々で大洗駅に着く事が判明、こりゃ車より大分楽ちんじゃありませんか。
当日はゆっくりと出発するため、柏発11:50の特急「ときわ59号」(写真左)に乗車しました。「特急 ときわ」は常磐線にしか走っていない最新のE657系列車で、座席上部に独自の指定席LEDモニター(写真中)があり、緑なら座席指定済で赤なら空席、黄色だと次の駅で乗車してきます。 柏を発車すると土浦(写真右)までは停まりません。

怪しい雲行き 土砂降りの友部駅 55分程で水戸に到着
柏を出発する時は曇りで蒸し暑かったのですが、土浦を出てから少しづつ雲行きが怪しくなり(写真左)、友部に到着した頃は土砂降りになっちゃいました(写真中)、それでも水戸に到着する前には雨は上がり(写真右)曇りになりました。
水戸駅ビル excel「旬や ごほう」で昼食 大洗鹿島線で大洗を目指す! 二両編成気動車の車内です!
柏から下田へ「踊り子号」で行く時は2時間以上も乗車するので、車内でお弁当を食べますが、今回は水戸まで1時間も掛からないので、昼食は水戸で食べることにしました。 改札を出た隣にある、水戸駅ビル・エクセルのレストラン街に行き、色々な料理メニュー並んでいる和食専門店「旬や ごほう」に決めました。
天麩羅が好きな私は「天重セット」(写真左)で、奥さんは「握り寿司とうどんのセット」を注文しました、どちらも値段はお手頃ながら、とても美味しかったです。 昼食後は鹿島臨海鉄道のホームへ行き、大洗行きの2両編成の気動車(写真中)に乗りました。 久し振りに乗った気動車は空いていましたが、車内はまるで昭和へタイムスリップしたようなイメージですね。
大洗駅構内のインフォメーション 大洗駅の正面 大洗駅のイルカモニュメント
水戸を出発すると大洗は3駅目なので10分少々で到着します。 改札を出ると結構狭い売店と大洗駅のインフォメーション(写真左)があります。 元々は地元の民宿の紹介等をしていたようですが、今じゃほぼ「ガールズ&パンツァー」案内所となっており、ひなびた駅なのに若者達(アニオタ?)が沢山います。 大洗駅は結構立派な建物で、駅名の下にはデッカイ「ガールズ&パンツァー」の顔出しパネル(写真中)があります。
ちなみに「ガールズ&パンツァー」とは女子高生の茶道や長刀の部活のように、第二次大戦の中古戦車を使う戦車道という部活で、高校野球のように全国大会の対戦試合を行なう物語で、主人公達の「県立大洗女子学園」の本拠地が大洗にあるため、「聖地 大洗」と言われる訳なのですね。 駅前にはアニメにも登場するイルカのオブジェ(写真右)があります。
オーシャンビュー大洗正面 料理長お勧めの夕食 展望台浴場休憩所からの大洗夜景!
大洗駅周辺を色々と見学してから、オーシャンビュー大洗へ電話をして送迎をお願いしましたが、直後からポツポツと雨が降りだし、車が到着する頃にはあっと言う間に土砂降りになってしまいました。 豪雨の中10分少々で「オーシャンビュー大洗」(写真左)に着きました。 チェックインして2階の客室へ行きましたが、土砂降りのため窓から海は拝めませんでした。 夕食までは例によって奥さんは温泉に行き私はお昼寝です。
夕食はレストランと思っていましたが、指定されて所へ行くと何と和室の大宴会場で、一番奥にウチらの名前の旗が立っておりました。 休暇村では有り得ないシチュエーションですが、何となく昭和の社員旅行みたいで懐かしい感じです? 座敷なので段々脚が痛くなってきますが、料理(写真中)はどれも美味しく、デザートまで堪能できました。
食事後はいつものように即行で大浴場に行きましたが、1人いた先客は露天風呂にいたので、大浴場の湯船はゆったりと独り占めできました。 大浴場と同様に隣りの休憩所からも、大洗の夜景(写真右)が見渡せ中々良い感じです。
明け方の大洗港! 客室から眺める太平洋 オーシャンビュー大洗の朝食は和食
翌朝は束の間の晴れ間が出たので、大浴場休憩所へ行って大洗港と太平洋の文字通りの"オーシャンビュー"を撮りました(写真左)。 客室は2階のため、窓の外には松の防風林があるため、景色はあまり良くないですが、松の間からは太平洋(写真右)が見えました。
朝食は夕食と同じ宴会場で和定食(写真右)オンリーなので、朝は洋食党の自分としてはガッカリなのですが、これもまた美味しいので許しちゃいます。(奥さんは大満足!) 写真の内容以外にも一応バイキング形式の、焼き魚とウィンナー、サラダ、コーヒー、ジュース等がありました。
オーシャンビュー大洗ロビーにも"ガルパン" ロビーの"ガルパン"その2 オーシャンビュー大洗に隣接する大洗東光台陸橋
翌日は大洗の名所?を散策しながら、大洗市場方面へ寄ってから帰る予定なので、チェックアウトしに1階のフロントへ降りていくと、オーシャンビュー大洗のロビーにも、「ガールズ&パンツァー」のパネルが2枚飾ってありました。(写真左・中)
何となく昭和の香りがする「オーシャンビュー大洗」をチェックアウトして、玄関を出て右に曲がると、「劇場版ガールズ&パンツァー」にも登場する、例の赤い橋(大洗東光台陸橋・写真右)があります。 この橋を渡ると大洗磯前神社の境内の参道に繋がっています。
大洗東光台陸橋から望む太平洋! 大洗磯前神社の参道 大洗磯前神社へななめに登る"あの"参道入口
大洗東光台陸橋の上からは「磯浜さくら坂通り」と太平洋を望めます(写真右)が、この景色も「劇場版ガールズ&パンツァー」に登場しています。
橋を渡って大洗磯前神社の境内から、参道(写真中)を降って「大洗磯前神社 鳥居」前の交差点(写真右)を左折すると、サンビーチ通りへ出ます。 なお、この交差点から斜め登っていく参道も、劇場版に登場していますね。
さて色々と六十過ぎのオッサンが「ガールズ&パンツァー」のうんちくを述べとりますが、別に還暦過ぎてからアニメに填った訳ではなく、昔から小火器や戦車等の軍用品が趣味で、「ガールズ&パンツァー」に登場する戦車達の描写や動作等が非常にリアルに再現されている処が好きで、全作品を観たからなのですね。 このアニメの監修には多くのミリタリー関連のマニアが参加しているので、実車のアニメ化に妥協が無く、リアルな再現に仕上がっていると思います。
大洗岬と灯台 大洗海岸と太平洋 大洗漁港前の「海・山直売センターいきいき」
サンビーチ通りへ曲がると海は目の前で、すぐに海岸沿いの歩道となり、左手の海岸の先に大洗岬があります。 その手前には今は使われなくなった磯浜灯台が寂しく佇んでいます。(写真左) 灯台の砂浜の隣りには大きな岩場が太平洋に突き出ています。(写真中) 大洗の海は砂浜と所々岩場が点在するとても長い海岸線です。
そのまま歩いて行くと大洗漁港に隣接した、鮮魚・干物・海産物、また農産物の直売所、また行列で有名な「大洗漁協直営 かあちゃんの店」などの海鮮お食事処が集まったエリアに出ます。 ここの前に大洗駅行きのバス停があるのでバスを待つ間、その中の「海・山直売センターいきいき」(写真右)で干物や海産物等の買い物をしました。
バス停前のガソリンスタンドにも"ガルパン"だ! 大洗駅の結構狭い売店 大洗の駅弁「ダイダラボウのはまぐりめし」
バス停でバスを待っていたら隣のガソリンスタンドの壁面に、「ガールズ&パンツァー」の主人公達とⅣ号戦車の巨大なイラストが描かれておりました。(写真左) 大洗は本当に町を挙げて「ガールズ&パンツァー」で町おこしをしているんですね。
大洗町の100円循環バスに乗って大洗駅に着いてから、例の狭い売店(写真中)で気動車の出発まで駅弁を買いました。 駅弁ファンの間では、大洗駅は私鉄ながらオリジナル駅弁が充実していると有名です。 当日は「ダイダラボウのはまぐりめし」(写真右)と「絵かき歌弁当 ・三浜たこめし」の2種類が有ったので両方購入しましたが、どっちも880円とお買い得です。 「はまぐりめし」はなんと本物の竹の皮を編んだ籠に入っています。 駅弁は両方ともとても美味しかったです。
帰りは"ガールズ&パンツァー"ラッピング電車! 側面に大きな"ガルパン"新作劇場版のPRが! 帰りの"ときわ 74号"はバッチリ撮れた!
帰りの大洗駅のホームは、来た時と違い人でいっぱいでした。 水戸行の気動車を待っていると、何と「ガールズ&パンツァー」のラッピング列車が入線してきました。(写真左) なるほどこれに乗るために人がたくさんいた訳ですね。 外観ほどじゃないですが内装にも「ガールズ&パンツァー」のキャラクターのイラストが貼ってありました。
水戸に到着してから車輌の側面を撮影したら、秋に公開の新劇場版のインフォメーションがでっかく描かれておりました。(写真中)
今回は大洗の温泉と街並みを始めて訪れましたが、鹿島臨海鉄道や宿泊施設などに、味わいのある昭和の雰囲気を残しながら、アニメのおかげで若い人達がいっぱい来ているという不思議な町でした。 町のあちこちで、確かに"聖地 大洗"を実感しましたが、我々の年代でも何となく面白くて、嫌な感じはあまりしませんでしたね。
帰りは水戸駅のホームに入線してくる、E657系「特急 ときわ 74号」をしっかりと写真に収める事ができました。
Posted at 2017/08/26 07:11:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2017年07月23日 イイね!

フィルム・スキャナー買っちゃいました

フィルム・スキャナー買っちゃいました
ネガフィルムを簡単にデジタル画像に変換できる、フィルム・スキャナーを購入しました!
車が趣味になったのは免許を取ってからですが、中学生の頃から多趣味でラジコンやモデルガン等、色々と浅く広く手を出しておりました。
必然と写真撮影にも興味がありましたが、普通の中学生が高級モデルなど買える筈も無く、親戚から貰った中古の「ミノルタSR‐1」一眼レフカメラで、ヘタなりにラジコン模型やモデルガンの写真を撮っていました。
サンワ 400-SCN024 フィルムスキャナー大学生になるとアルバイトして、当時の最新モデル「Nikomat EL」を購入し、免許取得後は車や自然の風景等の撮影に填っていきました。 現在はデジカメやスマホ全盛ですが、昔から撮りためた「ネガフィルム」は中々捨てられません。
以前からネガをデジタル化したかったのですが、汎用スキャナーは高額で手間も掛かるので躊躇していました。 先日、楽天で「サンワ・ダイレクト」製の「「3200dpi 1400万画素」の小型フィルム専用スキャナー「400-SCN024」を見つけました。 しかも貯まったポイントを使えば \8,000少々と割安なので、迷わず購入しました。 構造的にはフラットヘッド・スキャナーのように端から読込む方法とは違い、デジカメと同じ「1/2.3型 1400万画素 CMOSセンサー」でネガを撮影する、可動部が無いメカなので、2.4型カラー・ディスプレイを見ながらシャッターの感覚で、ボタンを押すと1~2秒でスキャンが終了し、SDカードに記録されるという簡単操作のすぐれ物ですね。
下の写真は手元にあるネガの中から数点をスキャンしてみた物の一部です。  
 霧の中の「日産 レパード・アルティマ」  「日産 レパード・アルティマ」②
これは「レパード アルティマ」で1980年代後半に、美ヶ原方面へ行った時のものです。
左は濃霧の展望台で撮影した写真です。
 「マツダ ファミリア・カブリオレ」①  「マツダ ファミリア・カブリオレ」②
次は「ファミリア・ガブリオレ」で1990年代中頃に谷川岳方面へ行った時のものです。
当時でも約10年落ちの中古オープンカーだったので結構目立ちました。
 「ユーノス プレッソSiエディション」①  「ユーノス プレッソSiエディション」①  
この「ユーノス プレッソSiエディション」がフィルムカメラで撮影した最後の車です。
1990年代後半の新車納車直後に八ヶ岳方面に行った時のものです。
 RC ウォータージェット・ボート  RC 戦車「 M551シャエリダン」
最後の2枚は昔作った趣味のラジコンモデルです。 左は女神湖々畔で自分で開発した、「サイクロン・ウォータージェット・ボート」の噴射テストの写真です。 右は1/35プラモ戦車「 M551シャエリダン」をラジコン戦車に改造し、ウェザリング塗装して実車風に撮影した物です。

掲載写真はスキャナー添付の画像調整ソフトや、フォトショップで補正をしています。 またこれら以外にも色々とフィルム・スキャナーでネガをスキャンしてみましたが、仕上がりは元のネガの状態で左右されます。 ただある程度は画像ソフトで修正出来るので、当時の紙焼きよりもきれいになる場合がありますね。

Posted at 2017/07/23 06:01:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 趣味

プロフィール

「たこ焼き&たこ焼き風餃子作りました! http://cvw.jp/b/775922/40698380/
何シテル?   11/12 06:08
車や模型いじりの好きなオヤジです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

Mamosun ホームページ 
カテゴリ:お勧め
2010/09/02 08:30:50
 

お友達

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

スバル R1 スバル R1
2007年暮のガソリン高騰で、シルビアS15から3年落ちのR1R中古車に乗り換えました。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.