• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

carisma-GTのブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

#74の苦悩

#74の苦悩6月18日(日)

キャンペーンの日だったので、
アルトで作手走ってきました。

キャンペーンだと、台数多いのはわかってたので、アルトにしました。

ところがこの日は曇りで気温も低かった。
カプチーノやランサーで来てたらベスト更新できたかも…

前日、
アルトでサーキット走るために、車高調の緩みのまし締め、車高合わせと、
エンジンオイル交換しました。

広島行ったら、街乗りしてて、油圧低かったのに気づいたので。

練習用はカストロールの10Wー50です。

エボにバッテリーを奪われていたので回復させ、バッテリー触ると追加メーターの電源落ちてたので、接触不良もいい感じにさせました。

#74のエンジンマウント改善のためのタネまきもしました。

さて、当日作手に行ってみると、
キャンペーンの日だったので、
軽@WORKS先輩
あらぶるKY先輩
Moguri先輩
ロッシもどき先輩
T板金大先輩
などボクの知りあいのおにい様方もたくさん来ていて大盛況でした。

ということで、今回はあえて同乗走行用に助手席はつけたまま走行しました。

今回の課題タイムは、
34秒切り。

ちなみに、
#74ぬまじゅんさんベスト:33.7

#149の昨年の5時間パックのタイムは
2名乗ベスト:
①はらしゅん34.393(にっしー)
②にっしー34.870(はらしゅん)
③はっしー34.931(かじやん)
④かじやん34.991(はっしー)
⑤かみけん35.641(かじやん)

ひとり乗りベスト:
①はらしゅん:33.810
②にっしー:34.288
③かじやん:34.303
④はっしー:34.387
⑤かみけん:35.189

ということで、34秒切りしないと、帰って来ちゃダメ。とはらしゅん先生からの指示。

スパ西では、進角レジスタとマウントゴムシートにTE37でぬまじゅんさんのタイムを越えられたので、
今回の作手もぬまじゅんさんのタイムを抜くことが内なる目標です。
助手席つき、リチウムイオンバッテリーなし、街乗りホイールと、軽量化は本気仕様ではないのが、スパ西の時との違い。



まずは10時枠

☆carismaひとり乗り
ひとわくめの最初はひとり乗り。
作手をアルトでドライの中走るのは、昨年の6月の#149の5時間パック以来なので、最初は様子見
慣れてくると、1コーナー全開で行けるし、2コーナーも気持ちよくブレーキで向き変わってアクセル踏んで抜けられる。
3コーナーも全開でいける
トップターンはまだいまいち。マウントと硬いリヤバネが苦しい。
下り左って、作手で一番気持ちいいコーナーだよね。
最終はマウントの餌食に。

スパ西ならば、3つのヘアピン(というかすべてのコーナー)を3速で抜けて、低いギヤを使わずに、マウントへの入力を下げる方法もありますが、
作手の最終コーナーはどうしても2速…

34.0まで出たので、一度ドライバーチェンジ

☆T板金さん&carisma
ボクを助手席に乗せて走ってもらいました。
6LAPしかしてませんが、2名乗で34.1まで出ました。さすが。同乗してるとテクニックの差があることは感じますが、
リヤタイヤの使い方が、パワーのないアルトにしてはアグレッシブすぎる印象。
その分ロスもありそう。

☆carisma&T板金さん
ボクの運転でT板金さんに助手席に乗ってもらいました。
13LAPして、34.3~34.6
タイムは安定してるけど、T板金さんとは0.2の差。
T板金さんからは『思ったより、ちゃんと乗れてるから、いいんじゃない?』的なコメントをいただきました。

☆Moguriさん&carisma
Moguri先輩もアルトに興味津々だったので、乗ってもらいました。
さすがカプチニストなので、パワーのないクルマの乗り方は心得ている印象。
10LAP乗って、ベストは34.4とボクとほぼ変わらず。
4WDもFRもFFも乗れちゃうドライバー憧れます。




11時枠

☆carismaひとり乗り
はらしゅんからの基準タイムを達成できてないので、しばらくひとりで乗りました。
ロッシもどき先輩から、10時枠で3コーナーインつけてないよ。ってアドバイスもらってたので、そこは意識的に走りました。
19LAP乗って、33.796がベスト。
はらしゅんからの課題タイムはクリア。
#149でのはらしゅんベストも突破。
#74でのぬまじゅんさんベストは33.7としか書かれていないので、正確には分かりませんが、33.796のほうが遅い確率のほうが圧倒的に高いので、まだまだ精進しないといけないですね。



☆T板金さんひとり乗り
うまいひとのひとり乗りと、自分のひとり乗りのタイムを比較したかったので、T板金さんに乗ってもらいました。
6LAPでベストは33.507
ひとり乗りでも二人乗りでも、0.2秒~0.3秒程度の差ですね。
意外と少ない。
作手はこの差を詰めやすいコースだと思うので、今後の課題ですね。
レブスピードとか読んでると、プロ(上級者)とアマチュア(ビギナー)の差はブレーキングだ。的なことよく書いてますが、作手はアルトだと減速するところ少ないですもんね。
スパ西だと、距離が広がるのプラステクニックの差が入りやすいので、1秒くらいの差になるのでしょう。



☆Hasshiy&carisma
雨の走行会の時にスピンしたからこんなクルマ乗りたくない。と言ってたけど、乗ってくれました。
8LAP走行で、ベスト35.427
『5時間パックの#149のほうが絶対乗りやすかったよ!なんなんこのガクガク!』と、エンジンマウントのへたりとリヤバネレートの高さに苦情が入りました。

確かに作手でタイム出すなら、跳ねにくいクルマにしたほうが良さそう。


途中、Hasshiyの横に乗ってるときに、チェックランプが瞬間的についていたのですが、
おそらくオイル量が今のでギリギリということでしょう。

オイル交換のときに、2分目までしか入れてませんでした。たくさん入れても撹拌抵抗になるので。というか、オイルがなかった。
次回は、3~4分目くらいまで入れますかね。

☆carisma&軽@WORKSさん
助手席に乗りたいと軽@WORKS先輩が言うので、乗ってもらいました。

本日のヒヤリ




1日を通して、いまだにドライでもスピンしました。情けない。

こんな感じで2枠の走行終了!

では、お待ちかねの!

身近な同期ランキング@作手

①EK9:30.278(20151219)※LSD
②CP9A:30.660(20170616)※純正(ヘリカル、ビスカス、AYC)
③ZC31S白TC:31.596(20170423)※LSD
④EA11R:31.606(20170610)※LSD
⑤ZC31S白:31.887(20160116)※LSD
⑥ZC31S黄:32.010(20170226)オープン
⑦ZC31S黄SC:32.692(20160116)
⑧SE3P:33.090(20161008)▼2Rトルセン
⑨ZF1:33.586(20170430)▼2Rオープン
⑩HA23V銀:33.796(20170618)オープン
⑪HE21S:33.971(20160215)オープン
⑫HA36S:35.268(20161008)オープン

コメント
Nisshiy
ラパンよりアルトバンが速いわけないので、今のNisshiyの腕でZ2☆のラパンに乗れば、もっとタイム出るだろうに…

てぃー.ちゃん
アルトでエンジンマウントやって、作手用にリアバネレート抑えて、TE37なりCE28なり履いたのに、てぃー.ちゃんが乗ると、どのくらいタイム出る?
と嫌らしい質問をしてごめん。
アルトで長距離も走れると思ってるのは、世間でボクだけのようなので、こんな書き方して、ごめんとしか言いようがない。
作手行こう!

シミュ3
新タイヤついた?作手行こう!

Nisshiy
サーキット行こう!作手2月以来走ってないよね?

Hasshiy
16インチのZ2も減らしにかかろう。
ミノルさんのA052とV700の比較も興味深かったよ

あ、別に作手じゃなくても、
幸田でも美浜でもいいけどね。

ということで、
#74で、アルトの練習に作手走ったお話でした。

マウントの改善は早くやりたいなぁ~

ちなみにガレージミウラのHA23Vが、
NAアルトの作手車種別のラジアルタイヤトップで、タイムは32.151!Z2☆の165/55R14だからタイヤは同条件。
1.6秒も何すれば削れるんかな?
エアクリとかのレギュレーションが違うからなのかな?
マウントだけに留まらず、#74アルトを速いクルマに、かつボク自身もレベルアップしていきたいです。

ぬまじゅんさん、
アルジェンタートアルトGTのスピリッツはまだ熱くたぎっておりますよ。

Posted at 2017/06/23 04:14:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | K4-EP | 日記
2017年06月20日 イイね!

6月16日作手フリー ~ボクのエボリューション~

6月16日作手フリー ~ボクのエボリューション~6月16日(金)

Hasshiyの誕生日だったので、有休取ってみましたが、Hasshiyは仕事だったので、
ひとりで作手に行ってきました。

先週はカプチーノで出動し、
日曜はHasshiyと一緒に行く約束してて、アルトで行くつもりだったので、
残る今回のマシンはエボに決定!

前回カプチーノでは暑い初夏到来ですが、ヘッドライトまで外して吸気温を下げて、意地で自己ベスト更新したので、今回も気温が高い時期だけど、エボで自己ベスト更新が目標!

ちなみに今までは、30.698がベスト。
2月に同期4人で行ったときのお話です。


当日、作手に行こうとすると、エボのバッテリー上がってました。
いや、時計とかキーレスは動いてるけど、セルモーターの速度が遅くて、エンジンかかりませんでした。

ジャンプさせる手を考えましたが、リチウムイオンのカプチーノからは不可能、アルトを我が物顔で寮の駐車場から出すのも、はばかられる。
そして何より、ジャンプさせると、ガソスタで再びエンジンかからなくなる可能性が高いので、バッテリーごと交換。
カプチーノから採取して、軽量なリチウムにしようとするも、プラスのハーネスがうまくレイアウトできずに断念。
結局アルトからとりました。
エボ動かすのに、アルトもカプチもバッテリー取られて不動車に。ひどい…

ガソリン入れて、振込して出発!

作手ついて、クルマの準備で40分ちょい…
無駄な荷物多すぎ!



作手の人に、リアシートと助手席とフルバケが置いてあったので、ヒアリングされてしまいました。

今回はクルマの仕様は2月から変更なしで、タイヤの空気圧が高いくらいです。
ヘッドライトも外しません!

13時枠と15時枠を走ります。

13時枠は31スイスポのおじさん2人で1台で走りに来てる人たちと2台。
気温以外は走りやすい♪



最近は気温高くても、屋根を開けてるか、ウインドウネットつけてて、運転席の窓開けてるかで走ってるので、
久しぶりに運転席の窓閉めて走ってましたが暑くて死にそうでした。

エンジンのパワーか、タイヤか、ブレーキか、自分かわからないですが、10分も連続で走れば、30秒台は出なくなっちゃいます。
おそらく、カプチーノ同様、ドライバーの集中力とタイヤでしょう

先週のカプチーノのときは、大回りしないラインで走ることを心掛けて、タイム出してきましたが、
エボだとエボのラインで走らないと、カプチのラインで走ってもタイムは出ません。
1コーナー進入、どんくらいブレーキ踏めばいいかわからん
2コーナーとか、まだまだアンダーだし、
3コーナーもアンダーだし、
トップターンもよくわからん。
下り左と最終コーナーはカプチーノと同じ気分で走れる!

そんなこんなではあるものの、
1枠目ベスト:30.660
自己ベスト更新。



アンダーなので、フロントにキャンバーがもっと欲しいけど、すでにアッパーはMAX

空気圧見ると、
フロント2.8でリヤ2.7だったので、温間2.6に下げました。

15時枠はひとりでした。
貸切♡
旗も気にせず走れます。

2枠目、期待してましたが、タイム出ませんでした。気温も路面温度も、1枠目に軍配。

曇りの日の午前を選ばないといけないですね。

ということで、自己ベストは13時枠の記録止まり。


自己ベスト更新したということで、条件としてはクルマは遅いはずなので、ドライバーの腕でタイムアップしたようで、喜べそうなところですが、
冬はいかにパワーにビビって、アクセル踏めてなかったのかってことですよね。

夏になって、パワーが穏やかになって、
アクセル踏めてるだけで、冬になって速いかどうかはまた別の話…。

とりあえず、毎月サーキット行くようにして、今のアクセル開度とか、気合いを忘れないようにしておきたいですね。


ちなみに気温高い時期のタイムって、何を参考にすればいいかわからないので、
とある年の夏のアルトバッチ獲得者のタイムを見てみます。

ブルーGTさんやNAKA10さんで30.199とボク-0.5秒。
(2017年冬はマシン性能含めて1秒以上差がある。)

ボクが思ったより当時の4Rクラス(2L4WD勢)とは差がないんだね。

1Rクラス(NA FF勢など)とはどうか?
MOMIさん30.5
T板金さん30.8
はらしゅんさん30.8

思ったより差がない。

タイヤはみんなZ2☆や、V700とかなので、大きな仕様差はない?
気温条件が5℃以上違うので(ボクが走った6月16日13時は25℃で、みなさんは8月の30℃オーバー)、同じ日に走って、81やEKに勝てる見込みは皆無です。
助手席とかもついてのタイムなのでは?

4Rクラスで1Rクラスの人並みのタイムを目指すというのは、世間的には、4Rのほうが速いと思われてるかもしれませんが、個人的には有利なクルマ使ってても、この方達に少しでも近づけるのであれば、それはうれしいことです。

とはいえ、気温条件違いすぎるから、こんなので喜んでてもな~

とりあえず自己ベスト更新したので、
ディレッツァタイムアタックも登録してみました。



ちなみに、
今回のエボ、


先週のカプチ、


ともに作手の4Rクラス、1Rクラストップです。今のとこ。

同じクラスで登録してるの、中の人の81スイスポしかいないからですが。

ひとつ不満なのは、ランエボがブーストアップすらしてない、脚とシートくらいのハイパーライトチューンなのに、古いってだけでRクラスになっちゃうこと!
どう考えてもエボ9とかのほうが速いのに、なぜ?
どうせRクラスになるならと思って、助手席もリアシートも外して走ってみましたが、さすがにエアコンは外せません。

でもやっぱり、フロントが重すぎるから、なにかしら軽量化したいなぁ~
フォグなくして1kg
軽量バッテリーで7kg
そのくらいしか、思い付かないなぁ
ついてても使わないから、インタークーラースプレーとか外しちゃう?

タイヤもフロントはディレッツァの3本線が1つも見えなくなりました。



ボーナス入ったら、考えるか。
冬までに、ALTバッチが狙えるくらいまでタイムアップしていきたい‼

2月と6月で、クルマの仕様が一緒でタイムアップできたのは、
#74ショックが一番のトリガー。

#74アルトに乗るようになってから、カプチーノもエボもわずかながらもタイムアップしてきてる。
とはいえドライバーはまだまだショボいので、このまま少しずつでもいいので、階段を登っていきたいです。
この階段の向こうにラピュタがあるのかは分かりませんが。

ブーストアップや新品タイヤ購入は年内実施で、それなりに満足できるタイム出せるようになったら、機械式LSDかなぁ~?まだ先は長そうです。

とりあえず、無料でできる純正キャンバーボルトは、スプリングとタイヤのクリアランスが広がるように起こしてつけているので、寝かせる側に反転させますかね。
タイヤホイールを今のサイズにしたら干渉しちゃってたので、起こしたけど、結局ワイトレつけたから、今度は寝かせたい。

よく計算すると、何故か貯金のペースが狂ってるので、(原因は自動車税に決まってるが)
無駄な出費減らしていかないといけないですね。

しかしタイヤなんかは、ケチってコースアウトしたら、なんでケチったんだ?ってなるので…

貯金目標変更の必要があるんじゃないかと思ってたけど、今年の目標値、カン違いしてました。
アルファロメオ凄いね。入社4年目の若手社員でも夢見れちゃうじゃん?
ま、自分の収入に対して高額だし、そういう意味でサーキット行けないクルマなんて要りません。
サーキットはいつ壊れても後悔しないクルマじゃないとね。

さて、帰宅途中、早々と給油ランプが点灯しました。
寮の近くまで帰って、いつものスタンドで給油。
走行距離206km…(うち街乗りが約140km。)
燃費4.7km/Lだそうです。

やっぱり、練習はアルトでやろう♪

でもランエボも乗ろう。

バッテリーあれやこれやするのも面倒なので、ガソリン勿体ないけど、目的もなく走ってやりましょう。



ということで、有休とって、作手に行って、ほんのちょっとベスト更新した話でした。
Posted at 2017/06/20 21:31:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年06月11日 イイね!

6/10灼熱のALTに挑戦!この勝負もろたで!工藤!

6/10灼熱のALTに挑戦!この勝負もろたで!工藤!まずは、時系列で、おまけから。

6月9日(金)

軽耐久用のタイヤ届いてました。
RE-71Rです。
初めてブリジストンタイヤ買いました。(チームのタイヤだけどね。)
はらしゅんとHasshiyに運んでもらいましたが、重たいらしいです。いや、ディレッツァとたいして変わらん気が…
はらしゅん、Hasshiy運搬ありがとう♪

新品状態でのミゾもたぶん☆と同じレベルだよね。


その後てぃー.ちゃんとお出掛け

先週、カプチのスタビリンクのボールジョイントのブーツが破けてるのを発見しました。
スズキに行って、カプチーノのスタビリンクの値段確認
高い…。(個人の感想です)
値段だけ聞いて、検討します。と言い残し、ディーラーをあとに。

晩御飯はジョイフルでしたが、ジョイフルじゃないこともあった気が…。
てぃー.ちゃん、忙しくてもこれからもボクと遊んでくれるとうれしいです。
ボクもクルマ以外の趣味も欲しいですが、FFとFRと4WDと3台あるだけでも、使いきれてないので、趣味増やせる容量は限られてますね。

月見ましたが、ピンク??って感じでした。満月だったけど。

けんかみの家にホイール取りに行きました。
20時半ごろに着いて、ホイール受け取って、立ち話してたら、23時半でした。

立ち話で時間がこんなにたってしまうなんて、ボクらもいつの間にかおばさんになってしまったのね。

半袖で話すには寒かったので、寮帰ってすぐお風呂。

てぃー.ちゃんとNisshiyも居ました。

Nisshiyも素敵なアイテムを手に入れたようだったので、楽しみですね~
タイヤもそろそろ買いません?

でも新しい趣味に投資するのに、今あるものを手放すって、なんか残念だなぁ~

軽の維持費なんてたいしてかからないんだから、あったら便利だと思うけどね。

2輪なんて、新車でもたいして高くなくね?

ボクもアプリリアRS4 50とか欲しくなっちゃうなぁ
http://www.goobike.com/web/search/spread.php?stockbike_id=8201023B30161119002&baitai_name=iphone&gclid=CMrP8dSRtNQCFZKCvQod5T4DsA

http://www.scs-tokyo.co.jp/aprilia/rs4_50_fullpower.html

結局、 50ccだと、ビミョーだよね。
みんなと出掛けられないし。
免許ないから、排気量アップもできない。
でも免許とるかと言われたら、少なくとも教習所に金は払えないな。
取るなら一発でしょ‼

さて、ここからが本題。6月10日(土)
作手に行ってきました。

選んだ相棒はカプチーノ
エボごめんよ。

目的は、先日組み替えたリヤアームの効果、つまりアライメント変化でのタイムの伸びを確認して、ALT夏バッチ獲得できる見込みを得るため。

夏バッチ期間は7月の海の日~9月の秋分の日
10日の愛知県(名古屋)の最高気温は、29.6℃とそれなりに暑く、
今日の条件でカプチーノのバッチ基準タイム31.7に届けば、夏バッチの見込みあり。
届かなければ、見込みなしということで、更なる対策を検討しなければいけません。

今回は、前回の5月の作手の結果をフィードバックして対策を盛り込みました。

低速コーナーのアンダーは、フロントのキャンバーを増やして(1.2°→2.4°)対応。
以前はもともと2.4°にしていましたが、フロントレートアップ(8キロ→14キロ)に伴いフロントブレーキロックしやすくなったので、減速~ターンインを重視してキャンバー起こしてました。

でもそれは冬のお話。
夏の今は、カプチーノは猛烈にパワーがない。
ブースト1.3狙いで、タービン100%使ってるのに…。
加速が鈍いし、速度が乗らない。

大げさに言えば、ブレーキなんて踏まないで、アクセルオフだけでもいいくらい。
ってことで、夏仕様はまず、フロントキャンバー寝かせました。

次、パワーがない件。
フロントもリヤもトーが今まで強くイン(2~3mm?)だったのを、
弱くイン(1mmくらい?)に持っていきました。

リヤのトーは先週いじりましたが、フロントはスパナ買ってきて終わってたので、3/4回転くらいさせました。

ランエボはフロントトーアウトまでやってるけど、カプチーノはリヤ駆動の軽なので、ほぼゼロくらいが理想かな?

リヤはトーアウトになると、限界低くなりそうなので、ややトーインが理想。

で、フロントキャンバー増して、リヤのトーインが減らされたので、オーバーになることは読めてたので、リヤのキャンバーはちょっとだけ増やしておきました。

一般道で、奥に見える赤信号を確認して、アクセルオフしたときの、
惰性での進みっぷりが段違いにいいので、効果的なのかも。

さらにパワー不足対策として、
4月、5月はタルガトップで走ってたのを、フルオープンで走りました。
パラシュート効果と、低重心化が狙い。
2月は屋根開けると寒くて、ドライバーが集中できないので、クローズドで。
4月以降暑くなってくると、ドライバーが集中できるように、屋根開けてました。
4月、5月はリヤウインドーに車載カメラを吸盤でつけてましたが、今回はフルオープンにするために、ロールバーにテープで直接貼りました。



パワーがない件については、もうひとつ新たな試みをしました。

お金をかけずに、タイムアップする方法を考えていて、
作手本気組の人たちのクルマを思い浮かべて、
ある81は徹底的な軽量化を
ある31は目玉をダクトにして…

あるやんけ、ちょうどいい方法が!



で、コレ。この状態で走ります。


クラピカ…悪く思わないでくれ

走ったのは、15時枠と16時枠。



パワー感はあんまり変わらず。

アライメントは分かりやすく、1~2コーナーでオーバー出やすい。
特に1コーナーの進入が速すぎると、姿勢崩れてもうダメ。
リヤのトーイン減らしたのが、高速コーナーのスタビリティにもろに効いてる。
それ意外は狙い通り。

高速コーナーのスタビリティ確保で言えば、カーボントランクとGTウイングのコンビとかにしたいんだけどなぁ~

今の羽根重すぎるし。
トランク色剥げとるし。
見た目大事じゃん?

あとは、暑かったので、
連続走行しても、タイム期待できないことが、体感できました。

ピット入って水かければ、数アタックはできるものの、
カプチーノみたいなクルマでも熱の影響って大きいですね。
エンジンもあるけど、タイヤの影響がデカイ。もちろんボクの集中力も。



で、結果。

本日のベスト
15時枠で31.606!
16時枠のほうが、遅かった。31.684…



気温23℃でしたが(15時枠スタート時は26℃)
自己ベスト(旧31.657)更新しました!



そして、ALTバッチ基準タイムもこの暑い6月時点でもクリア!



今日走ってみた感触としては、1~2コーナーの間とか、大回りして、ボトム上げるよりも、小回りで距離稼いだほうが、タイム的にはいいみたい。

ってことで、動画はこちら。



自己ベスト更新できたので、タイム表示に夢中だったのを言い訳にしちゃいけないけど、次の周盛大にスピンして、しかもなんも対処できてないって、相変わらずのダメっぷりを発揮。

自己ベストは更新できても、ドライバーはなんも進歩してない…。

今後のタイムアップ策
・リヤのキャンバー増
・ガーニーフラップ的なものをつける?
・空気圧の見直し

キャンバーを夏仕様と冬仕様で考えかたを変えたように、空気圧についても考え方を改めたほうがいいかも。

やはり、軽いボディに195/50R15履いてるカプチーノとはいえ、1.6狙いは極端すぎ
タイヤがたわみやすい状況は、タイヤ発熱も促すので、連続走行には向かないはずだし、もちろんパワーロスもある。
空気圧は上げていきたいけど、そうなると跳ねちゃうので、減衰セッティングはやり直し。
高速コーナーなら空力でごまかせるだろうけど、トップターン2コ目は厳しい。
もちろん、ここだってタイミングで一発でアタックしてタイム出るなら、1.6のままでもいいけど。

検討すると言って、放置したけど、夏バッチは取れそうな見込みってことで、
とりあえず、スタビリンクどうするべきか、悩んじゃうな。
目標未達なら、すぐ買うんだけど。
しかし、グリスが雨で流れてボールが金属接触して磨耗して脱臼とか、あり得る話だ

自己ベスト更新できて、タイトルも『もろたで!工藤!』にしましたけど、なんだかんだでHasshiyのタイム(31.596)には0.01秒未達。

カプチーノには、アライメント適正化とか、タイヤのZ3化とか、まだやり残していることがあるので、9月には夏バッチ期間の間にHasshiyのタイムを抜き返せることでしょう。

しかし、ヤツが本気でA052とか履いてきたら、もう打つ手がない…
ドライバーを成長させるしかないですね。

カプチーノのほうは、195/50R15のZ2☆の左フロントはもう交換の時期です。



NS-2RとかAR-1とかV700とか、考えはしたものの、懐事情と性能を考えると、
たぶんダンロップのディレッツァZ3を買うと思います。

14インチは185/60R14とか履いてみたいんだけどなぁ。
夏はコレでも、タイム狙えるんじゃないかな?10mm細くて、軽くて、直径も195/50R15より小さいはずだし。

※アライメント、なぜまだとらないのか
ボクなりの考えを少し書きたいと思います。

アライメントが運動性能にとって、非常に大切なことは、ボクも理解しております。
例えば、ノーマルで一般道を走るクルマであれば、メーカー推奨値に合わせておけばいいですし、
アルトのように調整機構の少ないクルマなら、フロントキャンバーつけてトーゼロにするくらいでしょうから、車高が決まれば、やるのに何の間違いもないでしょう。

カプチーノは違います。
メーカー推奨値はノーマルでの推奨なので、車高もパワーもタイヤサイズも走行ステージも違います。
調整機構もアーム交換で(改取りました)
フロントもリヤもキャンバー、トーがいじれます。

もちろん、さほどマイナーないじりかたではなく、100馬力で195はよくあるチューニングなので、チューニングショップでノウハウもあるでしょう。

でも、ボクのカプチーノ
オーナーはボク
チューナーもボク
ドライバーもボク

どういうステージを走って、街乗りとの比率はどうで偏磨耗はどのくらい許容できて、高速コーナーでどうしたくて、低速コーナーでどうしたくて、駐車の時の重ステはどのくらいまで許容できて、
今後のクルマの仕様はどのタイミングで何をどう変えるのか、タイヤとボディの干渉はツメ折するのか車高上げるのかタイヤ細くするのかホイールオフセット見直すのかキャンバーで逃げたいのか、キャンバーで逃げるなら今後もラウンド型のタイヤを履くのか、スクエア型なり205なりを履く可能性はあるのか…

そして何より、自分の腕がどのレベルなのか、オーバー出やすいクルマでもコントロール出来るのか、スピンしちゃうのか、コースアウトしちゃうのか、
だったらどのくらいまでが許容で、どのくらいからがNGなのか。
じゃあいつまで今の腕のままなのか。

アライメントお願いして、クチで説明できる自信はない。
メーカー推奨値もいらない。だってそもそも195はキャンバーつけなきゃ入らん。
だったらプロに任せるか。普通はそうだろう。でもおまかせセットで走って、もう少しここのコーナーでこうしたいから、もう少しこうしたい…
って思った時に、いやでもお店がこれを薦めてるんだから、他の部分でネガがあるんだろうなって、試さなくない?

ボクはそれを試したい。自分の感覚で、思うようにやっていきたい。

一応今のところ、目視測定のセルフアライメント調整(モドキ)でも、エボもカプチーノもタイムアップはしてきてる。
ちゃんとまっすぐ走る。

思考錯誤して、自分でここぞってとこを見つけて、それを測っておいて、左右のズレみたいなのを、微修正するくらいで、その後はそこの値に合わせにいければ。

思考錯誤っていっても、何をどっち向きに回せば、何がどのくらいどうなるかって、分かりきってるんだから、
普通にやってれば迷子にはならない。


もちろん理想は、
プロが調整して、自分で乗って、注文があればまたちゃんとしたお店で取り直してもらって、また乗って…。
ってなるのだけどね。

せっかくアライメントとか車高調とか、いじれるならいじりたいよね。


おまけ①
会社の自分トコの後輩というか、シミュ3の後輩にカプチーノ乗りやら、カプチーノ好きやらがいるらしいけど、
carismaさんのカプチーノがぶっといタイヤ履いてて、サーキット行きまくってると話題になってるらしい。

ってのを先輩から聞きました。

少なくとも彼らの夢を壊すようなカプチーノ乗りにはならないようにしとかなきゃなぁ~

カプチーノ、
ある程度綺麗に乗りたいとサーキット行き始めてから初めて思いました。
内装剥いであるのは、スパルタンに見えなくもないけど、
・フロントバンパー割れてる
・トランク色剥げてる
・パワーウインドースイッチがプラプラしてる
カッコ悪いよな。

見た目ももうちょっと意識しようかな~

NCECとか、Z33とか
カッコいいもんなぁ~
Kei WORKSはスパルタンに見えるけど、
カプチーノってみすぼらしく見えるんだよな~


おまけ②

作手平日貸切夏のキャンペーンのチラシが届いてました。

夏のALTバッチ期間、
平日の1H、2H、3Hの貸切が安い!
といっても、6台以上参加しないと、フリー走行より高いですが…。
キャンペーン期間中に会社が平日休みなのは、盆休みしかない。

9月になって、季節良くなって、ALTバッチ狙えるくらいの時期に走りたいなぁ
と思ったら、そこはすでに走行会計画があるので、やはり現実味ないなぁ。


先の話をしたあとは、次回予告!
6月18日(日)2輪4輪バリューの日
今月からは暑いので、しばらくカレーがないみたい。

ドライの予報なので、
アルトのマウント対策したのを作手に持ち込みたかったんですが…
マウントまだ準備出来てないや。

早くしないと本格的な梅雨が来ちゃう‼
週末で雨じゃなくて、シミュ3の時間がとれて、フリー走行走れる日なんて本番までないかもね。

#74油圧もチカチカしてるけど、そろそろエンジンオイル交換したほうがいいのかな?

天気も悪くなさそうだし、キャンペーンなので、Hasshiy誘って、アルトで作手行ってみようかな。
コスパ考えると午前3時間かなぁ~

カインズゴムシート&進角レジスタで、ぬまじゅんさんベストにどこまで迫れるかなぁ~♪

タイヤは街乗りホイールそのままかな~



軽自動車乗りの人は、排気量別も登録しましょうよ。


ということで、6月の暑い時期、使い古したタイヤでも、
自己ベスト更新しましたなブログでした。

Enjoy the New Limit
Posted at 2017/06/11 22:12:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年05月29日 イイね!

ぶらりひとり旅 5/27~5/29

ぶらりひとり旅 5/27~5/29ちょっと修正します~

失礼しました。


更新して、一度取り下げて、再度復活させます。
きっと更新の画面で新しく出てこないので、誰も読まないでしょうから、相変わらず、好き放題書いてます。
ごめんなさい。


4月は走れば結果もついてきていたのに、
とうとうタイム更新出来ずに、伸びなくなったcarismaです。

5月の軽耐久でも、#74で練習してるにも関わらずチーム平均を下げてしまってるし…

4月までは暇さえあれば、サーキットに行ってたのに、サーキット行っても、練習にはなるけど、暑くてタイムは出ないので、ちょっと気分転換。

最近は、
Hasshiyもタイム出ないからか、コソ練のほうがいいのか、誘っても来ないし、
シミュ3はタイヤ変わってないし、
Nisshiyは4輪じゃないほうばっかりだし…

って、誰も遊んでくれないので、
ひとりで遠出してみました。
月曜に有休も取れたので。

就職してから、クルマで遠くに出掛けたのは、
東はディズニー(千葉)
北は雁が原(福井)まで。

あんまり遠出はしません。

今まで行ったことない西方面に行こうかな?


で、相棒選び。

候補は当然3台。

①三菱ランサーGSRエボリューションⅥ
高速走行★★★★☆
乗り心地★★★★☆
ノイズ★★★☆☆
エアコン★★★★★
燃費★☆☆☆☆
積載性★★★★☆
燃料代だけが問題…
あとはオーディオにipod繋げられないので、カセットテープいっぱい持っていかないと、飽きちゃう。
※CPエボは2000年式でもカセットテープですよ!

②スズキカプチーノ
高速走行★★★☆☆
乗り心地★★☆☆☆
ノイズ★☆☆☆☆
エアコン☆☆☆☆☆
燃費★★☆☆☆
積載性★☆☆☆☆
エアコンないし、車内で寝るのも大変。スペースないし、遮音も遮熱もレベルが低い。
燃費もビミョー。
コイツはなしだろ…長距離ドライブにはいいとこなし
唯一180km/hオーバーが出るクルマ。出せないけど。

③スズキアルトバンVP
高速走行★☆☆☆☆
乗り心地★☆☆☆☆
ノイズ☆☆☆☆☆
エアコン★★★☆☆
燃費★★★★☆
積載性★★★★★
乗り心地と音うるさいのが、長距離で疲れちゃうよね。100キロ出すのに5速で何回転なんだ?このクルマ…
燃費はソコソコだけど、(やはり実家の33モコがエネチャージだから、燃費よくて、次がハスラーMT、やはりR06Aには燃費もトルクも勝てん。)エボやカプに比べりゃ圧倒的によくて、レギュラー対応なので、燃料代は安い。

ってことで、アルトに決定!
★が多いのってエボじゃないの?って思うじゃん?
燃料費が安いかどうかが何より大事なの!

目的地はとりあえず、大学時代、一緒に自動車部時代を過ごし、一緒に部活辞めた友達に会いに行くことにしました。

高速代は払いたくないので、とにかく下道で!

ってことで、コレ



土曜、朝7時
レギュラー満タンにして、乗り心地と背反の空気圧も2.6に高めて、長距離ドライブの準備万端。
スタートです。

静岡、愛知くらいは知ってるので、予想通りの通過時間。
三重あたりからは走りなれてませんが、順調に通過。奈良、京都はあっという間で大阪はちょっと渋滞しんどかったけど、たいしたことなし。
兵庫長い。ずーっと兵庫やった。
岡山に入ったときが、トリップメーター400km。近くまで来たつもりだったのに、残りの岡山と広島でまだ200kmあるのかと絶句。

道中、あまりの坂ののぼらなさに進角レジスタを町乗りでも使ってやろうかと思ったくらいでしたが、
大阪~兵庫のスイスイ走れない道では、エアコンが効いて、クラッチの軽いアルトで来て大正解でした。

ちなみに広島の18?号までの1号23号25号2号とか走ってる分には、アルトの乗り心地の悪さは特に感じませんでした。

とはいえ、12時間とか運転してると疲れもするので、福山のスーパー銭湯で風呂。
なかなかよかった。リラックス~



その後、夜は86の峠紹介にも出てくる
さざなみスカイラインってとこの、星の見える展望台でおねんね。



けっこう勾配がきつくて、道幅も余裕ない感じ
#74アルトだとのぼりで2→3にシフトアップして、パワーバンド外すから悲しい。
せめて#149とおんなじようなトルク両立のマフラーが欲しい…。

1往復だけして、寝ます。
でも、完全になめてた。
寒い。たまたまクルマにレーシングスーツ積んでたので、着てみてなんとかしのぐ。

寮からさざなみスカイラインまでで、ちょうど600km。
アルトは30Lタンクなので、無給油でここまで来れるのは、さすが。
エボもカプチもハイグリのままで、航続距離600kmなんて走ったことない。



翌朝、5時出発

展望台から下ってるとヘアピンからの立ちあがりで、加速しなくなり、燃料偏ってるな~と思ったら、麓まで降りるまでの間に、まっすぐな道でも加速しなくなり、ついにはエンジン停止してしまいました。この日の走行4km…

とりあえず、応急手当で使用済み携行缶がクルマにあったので、そのなかに残ってたカスを投入。
携行缶振ったらちゃぷちゃぷは言ってたけど、入った量は1Lあるかないか…
30Lタンクが602kmで完全に止まったので、燃費は20km/L
走れるのはだいたい20km…

この間に、ガソリンスタンドを探さなければいけない。
日曜の朝5時…
呉の野呂の麓から20km…

とりあえず、何L残ってるのか分からないので、ガソリンマップでスタンドを探す方法はとらずに、とにかく予定通りの道を走っていき、スタンドを探す。見つからなくて、止まってしまったらJAFを呼ぶ策戦です。

で、たまたま24時間のセルフのコスモ発見!
しかも安い!
携行缶にも汲みたかったけど、お店の人が表に居ない時間だったので、あきらめました。
ってことで、広島まで片道3,634円です。
安くね?
定員4人乗りよ?(今回ひとりしか乗ってないけど。)

気を取り直して、TSタカタサーキットへ。
誘ったけど、大学時代の友達は用事あるからって、来てくれませんでした。
某自動車メーカーに就職して、NCロドに乗ってるっていうから、久しぶりにいろいろ聞きたかったんだけどな~

駐車場につくと、封筒出しておいてください。と言われて、見学なんですけど…と答えると、えっ?あ、じゃあこちらに。って感じでした。

こんな軽の商用バンでディレチャレ戦えるわけないじゃん!なんと思ったんだろ?

県外というか、中国地方じゃないとこのナンバーだったからかな?

ではでは、ディレチャレ及びタカタについて軽く書きます。
結果はボクのブログで書くべきではないので、書きませんが、話の流れで推測できるので、ご了承ください。

最初の練習時間の計測NGが多すぎる。
向きとか注意事項知らせないのか?

クラス1
昔見たレギュレーションだと、VTEC勢しか勝ててなかったけど、今はいろいろ出てるね
しかしロドじゃ厳しいか。

クラス2
もうS2000しか勝てなくない?
86やNCロドも出てるけど。
練習から分切り続出。レベル高いな。

クラスによって、セッション1で受かる台数は少ないので、セッション2を走るか走らないかで作戦たてるのが違いますね。

クラス3
後付け過給機のクルマも増えたね
86とかS2000とか

クラス4
エボの圧倒的シェアでうれしい。
速くて壊れにくいのは、エボでしょ。





CPエボに295♪


リヤバンパーはエボ4用の方が、空気抵抗よかったりして。
なんかカッコいい。

ディレチャレだけあって、
ダンロップの方もいたので、Z3についても聞いてきました。

carisma『軽耐久で今までZ2☆を使っていたんですけど、次のタイヤにZ3を検討しています。Z3って発熱が良くなった分、対摩耗性についてはどうですか?』

ダンロップさん『開発時にとったデータでは☆と同等です。でも走らせ方によっては減り易くなったと感じる場合もあるかもしれません。とはいえ、大きな差はありません。』

carisma『初期のグリップについてはZ3が上だと思いますが、タレていったときのタイム変化はどうですか?タレるとZ2☆と同等のレベルになっちゃいますか?』

ダンロップさん『初期の差のまま、それがずっと続くイメージです』

あとは、こちらでコスト増額とグリップを天秤にかけてどちらかを選ぶって感じとのこと。
どう?

セッション1のときに、大井さんが言ってた言葉で印象に残ってるのは
『ひとのタイム気にしてても、自分のタイムは伸びない』
ってことかな。

昼休み中、コースウォークに参加しました。
タカタもお勉強。
解説聞きながら、作手やスパ西のあのコーナーもタカタのこのコーナーみたいなイメージかな?って想像しつつ。



連続ヘアピンというか、S字なのかしらないけど、5番のクルマはやはりいいライン。



セッション2以降は結果に関わるので省略。

クラス4のセッション2くらいで、ついに話しかけられてしまいました。
これについては後程。

表彰も省略。

表彰まで終わったあと、帰ろうとしてたら、あるひとりのエントラントの方から、なんか改まって、『応援来てくれてありがと♪』とか言われちゃいました。

ボクがただディレチャレ見に来てたって客観的事実だけで、ボクが応援したいのは、自分だって思ってるなんて、考えが甘いかもよ?

ボクは別に彼を応援しになんて行けてなくて…
ボクが行ったところで、彼のパフォーマンスを上積みすることなんてできませんからね。

分かりきってることだけど。

『またカッコ悪いところを見られてしまった…』
って、言ってたけど、カッコ悪くなんてないよ。
(ボクがカッコよさについて語ったところで、キモがられて終わりでしょうが…。)

限られたひとにぎりの人しか立てない舞台で、超一流のバックアップを従えて、(主従関係は逆?)立派な戦いぶりでした。

結果は順位より個人的には数字の訳が気になってますが。

わかってたけど、やっぱりそーゆーことなのね…。

それでもFK2を凌げてるのは、さすがだと思いますが、そういう話じゃないんだよね
頭文字Dのカプチーノ坂本と同じような面もあるのかな?と思わなくもないですが、そこは否定する気ありません。
追記に書きましたが。

あとは、自分の力不足な面も否定できないかな。
わざわざ600km先まで片道12時間かけて行ってるのに、何も出来なかったというより、しようとしなかった…。

ボクが出る幕はないと判断したし、ボクじゃ何かしようとしても効果なかったか、逆効果になってただろうけど。


言いにくいのは理解出来てたので、深くこっちも突っ込まなかったけど、
『かじやん、金持ってんだから、自腹でも応援きてよ!』くらい言ってくれてたら、ボクも堂々と観戦に行けましたけどね。
しかしコソコソしてて損した。

makitaspeedさん、会場にいたにも関わらず、ごあいさつに伺わず、すみませんでした。




今回行きも帰りも、広島までの約600km×2をアルトで高速使わずに下道オンリーで走りました。

高校の数学の先生が、私立入試か模試かの時期に、翌日に解説をするために、生徒たちが受けた色々な大学向けの問題を1日で膨大な数の大学分を解いてきていました

ある同級生が、先生はなんで1日でこんなに問題が解けるんですか?
って聞くと、返事は、
私は数学が好きだから数学の先生になりました。数学が好きなので、問題を解いていると、ご飯を食べることも、寝ることも忘れてしまいます。でも、私は数学にエネルギーをもらっているので、疲れません。だから、こんなにいっぱい解けるんです。

というものでした。
実際は栄養や休息なんて数学からはもらえてないけど、好きだから苦じゃないんでしょ?

ボクにとっては、クルマはそれ。(クルマだけじゃないけど。)
どうしても欲しくって買ったエボやカプチに比べ、#74のアルトはよその人が買って、#149より速いチームが出来るのを阻止するために買ったもの。

動機的にあまり愛着が湧いてなかったので、一夜を共にしてみれば、ボクの気持ちもかわるかなぁ~と思ってね。

遅いので、速度計測されないで行き帰り出来るのはメリット。

出発前に計画を話すと、
アルトで広島までフル下で行くとか、バカなの?って言われそうだったので、あんまり言ってませんでした。

高速代は軽だと片道1万円。
好きなクルマに6時間じゃなく、12時間も乗れて、1万も浮くなんて、ラッキー♪
じゃない?

ま、バカと言われても、反論できません。

土曜の朝7時に出発して、
月曜の朝7時に帰りつきました。
ちょうど48時間。
走行距離は、1,266km
消費したガソリンは約64L
だいたい7,400円くらい

ボクの打てる策のなかで、一番安いのがコレだった。

ここで、高速代2万がケチれるようになれば、きっと親のスネかじらずに、エリーゼ買えるだけの貯金が出来ますよ(冗談ですよ!)

もしまた、タカタでイベントがあるときには、アルトで突撃しちゃおうかな?
来年はどうなるか、まだ全然分かりませんね。
とはいえ、軽耐久も軌道に乗って、ディレチャレタカタも終わったので、そろそろカプチーノALT夏バッチ対策に移らなければ…
ボクもそろそろ正式に『お客さん』にならないとかな?


なんか、もやっとして、言い足りないことあるけど、結果については書かないので。
以上!


【追記】

以前もみんカラに書いたかもしれませんが、
ボクはカペタ好きです。
(読んだの最近(数年前)ですが)

でもカペタやナオミに憧れを持ってる訳じゃありません。
好きなキャラはノブ。あとは桐谷さん。でもボクってノブじゃないんですよね。
登場人物として、居ないかな…。

せめて、桃太郎くらいではありたい

【追記2】
Nisshiyから、今後のマイカー戦略について尋ねられました。

まず、ランサー、カプチ、アルトの3台持ちは少なくとも年内は継続。

今はアルトのNNE仕様への戦闘力アップが優先。

2番目はカプチーノのALT夏バッチ対策。
気温20℃で0.2秒届きません。
クルマの仕様は大きく変えずに、車高やアライメントなどを詰めていくことと、熱対策の実施で、なんとかやっていきたい。
あとはドライバー責任だもんね。テクニックとラインで縮めるしかないね。

ランエボは何かと後回しにされちゃうからねぇー

4台目はMTで乗り心地いいクルコンついてるクルマに乗りたいと言ってたけど、アルトで広島まで行けた実績があるので、4台目は不要でした。

ボクが快適なクルマを買う時は、助手席に乗ってくれる人が現れたときかな。
一生来んだろな。

【追記3】
ボクはスポーツできるクルマに乗りたくて、快適性を備えたクルマは乗せてもらえばいいって思ってますが、
人の価値観の話で逆もなしじゃないなと今回思いました。

でも、アルト買ったのは間違いじゃなかったよ。

【追記4】
今回の経験で、彼もまたひとつ強くなるでしょうが、彼だけじゃない。
高いレベルで戦う彼とバックアップするチューナーさんを身近で見てきたあのコにとっても刺激的な日々だったことでしょうね。

あぁまた置いていかれる。
Posted at 2017/05/29 10:00:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年05月23日 イイね!

スパ西軽耐久2017年第2戦

スパ西軽耐久2017年第2戦5月21日
スパ西の軽耐久に参加してきました。

これまでは、耐久がある月に必ず#149耐久アルトでスパ西にフリー走行行って練習してたのですが、
今回は初めて練習なしです。

勝って兜の緒を締めよ

あまあまです。

今回はタイヤも新品は購入せずに、すでに3時間×2+αの耐久をこなした、これまでの使い回し。

あまあまです。

ボクの個人的な遊びなら、フロントタイヤ交換検討するレベルですが、耐久アルトはみんなでお金出しているクルマなので、贅沢は言えません。
今後の戦略もあるし、速いドライバーが乗れば、それでもタイムはちゃんと出るので、言い訳でしかありません。

前回クラス優勝したので、ウエイト20kgつむけど、
その分、バッテリーやホイール軽量化する手も打てますが、アライアントのバッテリーもリヤにTE37も使わない。

あまあまです。

なめてるの?

これも戦略のひとつです。

さて、事前の配布資料見てた段階で、今回のピット割りから、NNBにエントリーしそうなのは、
#149
#45
#150
この3台のみ。

#150についても、おふるのタイヤに、快適車高調という、初戦と同じスペック…

ここには負けないとして、#45との一騎討ち!

ただし、ちょっと分が悪いかな?

と思ってました。
フェイスブックチェックを怠ったのがいけませんでしたね。

天気は晴れの予報だったので、クルマの仕様も変更せず。

ドライバーのオーダーは、
予選:はらしゅん
1:けんかみ
2:carisma-GT
3:Nisshiy
4:てぃー.

ボクが決めました。

みんな今までやってこなかった順番ってことで。

前日整備で、20kgのウエイトを検討。
これまでと消火器の位置を変更して、消火器をつけたまま、助手席がつけられるようになりました。
レカロのセミバケとシートレールで約18kg

かなりの重量ですね。(-_-;)
ぬまじゅんさんから、今ついてるものを重りにする作戦をアドバイスもらっていたので、ボクはその方向で考えていましたが…。
はらしゅんくんには彼なりの考えがあるはずなので。ま、ボクが容認したのにも、今後の展望を考えてのものですがね。

前日整備で、今回は洗車を念入りにやってもらいました。

さて当日。やはりよい天気♪



7時発で、準備は余裕もって出来て、ウエイト測定も狙い通り助手席とリヤのシートベルト、ボルト類でクリア出来ました。

今回は
ノーウエイト654kg
ウエイト21.5kg追加で675.5kg
でした。ガソリンは3/4程度

噴霧器がないこと以外はパーフェクトですかね。
エアゲージ、はらしゅんありがとう☆

準備完了して、GT耐久はアライメント浜松のチームを応援してましたが、SCのタイミングとピットインのタイミングで総合2位とのことでした。

アライメント浜松は凄いチームですが、開幕戦から2戦とも優勝を逃しているので、次は勝っていただけると、ボクも嬉しいです。

ボクも生半可なことはできませんね。

と言いつつ、今回アルトのタイヤについては、直前まで悩みました。
軽いけど目が2分山のTE37か
重いけどまだ6分山のA-TECか

もともとは、TE37で走るつもりでしたが、
今回、受付してエントリーリストを見てみると、NNBクラス5台

去年も今年の第1戦にも出ていなかった、#7と#138が増えていました。


フェイスブックは事前にチェック!

どのくらいレベルの高いチームなのかわからないことに加えて、
#7はZ3新品
#138や#45は71Rの新品を履いているようでした。
我々#149と#150が使い古したZ2☆

これで、オレら勝てるのか??

主催にタイヤホイール交換は、車検や重量測定したあとにしてもOKか確認。

チームで話し合い

結局、目のないTE37のまま走りました。
なかなか決断できないでいたので、ボクからはTE37でタイヤ使いきりを推しました。
これも今後の展望を考えた上での話です。

長いようで短かった昼休みも終わり、15分間の練習と予選です。

練習はけんかみ、予選ははらしゅん
5分経過でピットイン指示出しましたが、ピット入れるタイミングがベストより1周遅く、はらしゅんは練習なしでアタックとなりました。

それでもしっかりとNNBクラストップをいただいてくるはらしゅん。
予選は今のとこ、はらしゅん出しとけば無敵です。

それでいて、ギヤの選択もここはシフトアップしないとレブるとか、ここのコーナーはシフトダウンしたほうが速いとか、ちゃーんと見てるのが、凄いトコ。
予選はたったの3lapしか走れてないのにね!

予選タイムは1'10''662で総合で17番手。
同じマシンレギュレーションのKNN(NNEを含める)だと、4番手。
#55ビートと1.6秒差。
KNNの新規格NAのなかでは3番手。#10のアルトと0.9秒差。

この差、どう見ます?

第2戦としては、文句なし‼



いよいよ決勝のスタート!

ロッシもどき先輩、Moguri先輩、あらぶるKY先輩が観戦に来てくれていました。写真ありがとうございます☆

ローリングスタート、けんかみは初めてだと思いますが、ちゃんと後続に抜かれずに走っていきました。
やるねぇ~

序盤で開幕戦と同様に#6と#45を前にだし、#138にも抜かれ、クラス5台中3番手へ。

予選では初出場の#138と#7の本当の実力がはかれなかったので、警戒していましたが、やはりでした。

はらしゅんと相談して、プッシュ出しとこうか、辞めとこうかの判断をして、
#150との車間はつまらず、#45や#138との差が広がらないように、けんかみに頑張ってもらってレース30分が経過。

ここで黄旗そしてSC。
はらしゅんから、準備OKか確認され、急遽予定より早めにピットイン。

けんかみからボクへ。

義務ピットでボクにドライバーチェンジしてからコースインし、そのラップでSCがいなくなり、最初の義務ピットを効率よく稼げました。

はらしゅんくんのよい采配。

ボクにドライバーチェンジしてからは、
はらしゅんには11秒で!と言われてましたが、全然タイムが出ずに、自分の実力のなさをまた思い知らされました。

出走前に、すぐ後ろに、ほぼ1周差の#45アルトが2台後ろにいるから、SCが解除されたら、絶対に抜かされずに振りちぎれ!とチームオーダーが飛んでいたので、指示タイムよりもかなり遅く、昨年の最終戦の思い出が甦ってきました。

今回のクルマの仕様は重量変化とフロントタイヤがグリップしないことが変化点で、あとは気温が高い。
挙動としては、まったりしていて、S15シルビアがS14シルビアになったようなイメージです。(運転したことないですが。)
アンダーも出るし、アンダー消そうと思うと、オーバーも出る。出るけど唐突に出ない。
なかなかコントロールの懐が深く、FFを練習するには面白い仕様でした。
タイヤの角が丸いとか、空気圧が低いってのは、限界のその先にとっていいフィーリングになるので、練習するには悪くないですね。

とはいえレースなので、そんなに悠長なことも言ってられません。
はらしゅんの求める11秒には遠く及ばず、PUSHの指令が飛んできます。
マシンの声はよく聞き取れはするものの、こんなにドライバーの意思を受け付けないクルマを速く走らせるには、どうしたらいいのか…
ボクにはまだピースが足りません。

FFのアルトの限界を超えた挙動をコントロールできる自信が必要ですね。

ボクが走っている間はほぼクリアラップで走れる時間もあって、比較的走りやすかったです。

そうこうしているうちに、黄旗が出現!2ヘアで23番のアルトがコースアウトしてました。

もう十分に走ったので、ホームストレートで帰りたいの合図をはらしゅんに向けて発します。

ボクの気持ちを察してくれて、次のラップでピットインOKの指示を出すはらしゅん。ピットがOPEN表示になるとすかさずピットインして、ボクの走行は終了。

3番ドライバーのNisshiyへ委ねます。

ボクの走行中、同じNNBクラスのクルマに抜かれることはなかったものの、抜いたのは#7と#150のみで、#45や#138とは差がついてしまっているかもしれないと思っていましたが、どうやらほぼ1周差だったのが、半周差程度まで縮まっていたようでした。

とはいえ、ボクもSCのタイミングでピットインしたので、その半周縮まった分はまた1周差になったとのことでした。
(情報元:はらしゅん)

リアルタイムインフォメーションボードでは、我々#149がトップではあるものの、義務ピットの回数はわからないため、敵チームのほうが義務ピットをすでに終えている可能性もあり、油断できません。

Nisshiyは終始安定した走りで、コンスタントにタイムを稼ぎ、そつなく仕事をこなします。

そして、最終ドライバーのてぃー.ちゃんへ。

自らスロースターターと言うので、出てすぐに、他のKNNチームと競っていたので、PUSHサイン出しました。

てぃー.ちゃんが走り出してしまえば、うちのチームはすべての義務ピットが終わるので、

このタイミングでリアルタイムインフォメーションボードをチェック!

この時点でNNBクラストップなのを確認!

それでもPUSH出してました。てぃー.ちゃんの実力が高いのは、わかってるのでね。

そろそろ優勝者コメント考えとこうか、って言ってたけど、レース中に勝ちを確信しちゃダメだよって言われて、てぃー.ちゃんを信じつつ待ってました。

快調に走りきり、チェッカー!

決勝後重量測定も679.5kgと問題なくクリア!
(HA23Vカタログ車重630kg+ガソリン分20kg+ウエイト20kgで670kgが#149の最低重量)





第2戦ベスト
はらしゅん1'10''662(予選)
けんかみ1'14''161(lap13)
carisma-GT1'12''029(lap52)
Nisshiy1'11''921(lap84)
てぃー.1'11''834(lap131)



↓carisma-GTベスト(はらしゅん編集ありがとう☆)


ベストタイムだけ見ると、
3月の練習や開幕戦では、0.5秒程度離されていたNisshiyやてぃー.ちゃんに追いつくように、#74で練習してきてる効果が出て来て、今回0.3秒まで半減出来てるのかなぁ?
と期待しちゃう部分もありますが、
走ってる最中と直後は自分のふがいなさを感じてました。

ということで、大先輩のパクりでタイム表









見ればわかると思いますが、平均ラップは、
てぃー.ちゃんよりNisshiyのほうが良く、ボクの平均ラップはチームの平均ラップよりも遅い。

これまではベストタイム出す練習に集中して、グリップしないタイヤで走ったり、ウエイトつんでコントロールしにくくすることなんて考えてませんでした。
雨で、アルトとカプチーノで作手も走りましたが、雨は唐突なオーバーが出てコントロールが難しいですが、タレたタイヤは狙ったラインとずれるけど、コントロールの領域がある。
そんなタイヤの条件でも練習したいなぁ。

まだまだ成長しなきゃですね。

走行後のフロントタイヤはトレッド面の外よりは剥離してる部分もあり、戦いの激しさを物語っていました。(写真撮っとけば良かった)

これで狙い通り、次は新品タイヤですね。タイヤで何を買うべきか、悩むところもありますが、他のチームやはらしゅんくんの意見聞いて、銘柄は絞れてきました。

第3戦は#149に戦闘力持たすために、ウエイト降ろしたいので、今回2位でもいいなぁ~と実は思ってましたが、
2連勝できたので、次は40kgのウエイトです。

戦闘力アップのために、練習しますかね。



晩御飯はみんなで一番カルビに行って焼き肉~☆


今回の勝因は、前日にてぃー.ちゃんとかつやに行ったことかな?
いや、SCのタイミングと義務ピットのタイミングをうまく合わせられたのが、今回の勝因でしょう。
SCのタイミングと義務ピットのタイミングが重要だと直前に教えてくれた先輩に感謝です。



今回のNNBクラス優勝は、第3戦目に向けての序章にすぎない…

次回に向けての話は、限定公開のブログで書こうと思います。

頭文字Dの埼玉連合のカプチーノのときの話で、秋山渉(86レビン)の台詞にこんなものがあります…
『こわいよなーつくづく…
頭のいい奴が本気になると…』

勝って兜の緒を締めよ
ですね。



最高のチームで、最高な夢を見たいと思います。
Posted at 2017/05/23 21:18:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | K4-EP | 日記

プロフィール

「平日から夜更ししてマウント作りパート2」
何シテル?   06/20 22:27
carisma-GTです 小3でイニDアニメを見てクルマに目覚め、 小4でイニD10巻を読んでランエボの凄さを知り、 それ以来ランエボ一筋で十数年・・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

整備記録 リヤキャンバー加工・オイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/06 08:42:39
車両総重量測定実施(コーナーウエイト測定) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/08 07:52:23
2016年10月2日オートランド作手ALT 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/08 01:17:43

お友達

エボ/GAG/カプチ乗りな方も、そうでない方でも、どうぞよろしくお願いします。

気軽に誘ってみてくださいな♪
43 人のお友達がいます
makitaspeedmakitaspeed * MOMIMOMI
ななやん@改名ななやん@改名 抹茶味抹茶味
ムーミン5ムーミン5 はらしゅんはらしゅん

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューション ランサー (三菱 ランサーエボリューション)
エボ6も登場から15年以上経ってしまいましたが、 まだまだ現役↗ 長く大事に、かつエボ ...
スズキ カプチーノ カプチ (スズキ カプチーノ)
中学生くらいのころからカプチーノは好きでした。 しかし、まさか購入まで至るとは当時は考 ...
スズキ アルトバン アルジェンタート アルトGT (スズキ アルトバン)
K耐久東海シリーズ練習用 運転練習用兼部品開発実験用 SNMP:1'09''947(2 ...
スズキ ギャグ GSX-R50 (スズキ ギャグ)
遊びゴコロをフルカウル。 “羊の皮を被った狼”と称される三菱のハイテクセダンとは 正 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.