車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月23日 イイね!
スパ西軽耐久2017年第2戦5月21日
スパ西の軽耐久に参加してきました。

これまでは、耐久がある月に必ず#149耐久アルトでスパ西にフリー走行行って練習してたのですが、
今回は初めて練習なしです。

勝って兜の緒を締めよ

あまあまです。

今回はタイヤも新品は購入せずに、すでに3時間×2+αの耐久をこなした、これまでの使い回し。

あまあまです。

ボクの個人的な遊びなら、フロントタイヤ交換検討するレベルですが、耐久アルトはみんなでお金出しているクルマなので、贅沢は言えません。
今後の戦略もあるし、速いドライバーが乗れば、それでもタイムはちゃんと出るので、言い訳でしかありません。

前回クラス優勝したので、ウエイト20kgつむけど、
その分、バッテリーやホイール軽量化する手も打てますが、アライアントのバッテリーもリヤにTE37も使わない。

あまあまです。

なめてるの?

これも戦略のひとつです。

さて、事前の配布資料見てた段階で、今回のピット割りから、NNBにエントリーしそうなのは、
#149
#45
#150
この3台のみ。

#150についても、おふるのタイヤに、快適車高調という、初戦と同じスペック…

ここには負けないとして、#45との一騎討ち!

ただし、ちょっと分が悪いかな?

と思ってました。
フェイスブックチェックを怠ったのがいけませんでしたね。

天気は晴れの予報だったので、クルマの仕様も変更せず。

ドライバーのオーダーは、
予選:はらしゅん
1:けんかみ
2:carisma-GT
3:Nisshiy
4:てぃー.

ボクが決めました。

みんな今までやってこなかった順番ってことで。

前日整備で、20kgのウエイトを検討。
これまでと消火器の位置を変更して、消火器をつけたまま、助手席がつけられるようになりました。
レカロのセミバケとシートレールで約18kg

かなりの重量ですね。(-_-;)
ぬまじゅんさんから、今ついてるものを重りにする作戦をアドバイスもらっていたので、ボクはその方向で考えていましたが…。
はらしゅんくんには彼なりの考えがあるはずなので。ま、ボクが容認したのにも、今後の展望を考えてのものですがね。

前日整備で、今回は洗車を念入りにやってもらいました。

さて当日。やはりよい天気♪



7時発で、準備は余裕もって出来て、ウエイト測定も狙い通り助手席とリヤのシートベルト、ボルト類でクリア出来ました。

今回は
ノーウエイト654kg
ウエイト21.5kg追加で675.5kg
でした。ガソリンは3/4程度

噴霧器がないこと以外はパーフェクトですかね。
エアゲージ、はらしゅんありがとう☆

準備完了して、GT耐久はアライメント浜松のチームを応援してましたが、SCのタイミングとピットインのタイミングで総合2位とのことでした。

アライメント浜松は凄いチームですが、開幕戦から2戦とも優勝を逃しているので、次は勝っていただけると、ボクも嬉しいです。

ボクも生半可なことはできませんね。

と言いつつ、今回アルトのタイヤについては、直前まで悩みました。
軽いけど目が2分山のTE37か
重いけどまだ6分山のA-TECか

もともとは、TE37で走るつもりでしたが、
今回、受付してエントリーリストを見てみると、NNBクラス5台

去年も今年の第1戦にも出ていなかった、#7と#138が増えていました。


フェイスブックは事前にチェック!

どのくらいレベルの高いチームなのかわからないことに加えて、
#7はZ3新品
#138や#45は71Rの新品を履いているようでした。
我々#149と#150が使い古したZ2☆

これで、オレら勝てるのか??

主催にタイヤホイール交換は、車検や重量測定したあとにしてもOKか確認。

チームで話し合い

結局、目のないTE37のまま走りました。
なかなか決断できないでいたので、ボクからはTE37でタイヤ使いきりを推しました。
これも今後の展望を考えた上での話です。

長いようで短かった昼休みも終わり、15分間の練習と予選です。

練習はけんかみ、予選ははらしゅん
5分経過でピットイン指示出しましたが、ピット入れるタイミングがベストより1周遅く、はらしゅんは練習なしでアタックとなりました。

それでもしっかりとNNBクラストップをいただいてくるはらしゅん。
予選は今のとこ、はらしゅん出しとけば無敵です。

それでいて、ギヤの選択もここはシフトアップしないとレブるとか、ここのコーナーはシフトダウンしたほうが速いとか、ちゃーんと見てるのが、凄いトコ。
予選はたったの3lapしか走れてないのにね!

予選タイムは1'10''662で総合で17番手。
同じマシンレギュレーションのKNN(NNEを含める)だと、4番手。
#55ビートと1.6秒差。
KNNの新規格NAのなかでは3番手。#10のアルトと0.9秒差。

この差、どう見ます?

第2戦としては、文句なし‼



いよいよ決勝のスタート!

ロッシもどき先輩、Moguri先輩、あらぶるKY先輩が観戦に来てくれていました。写真ありがとうございます☆

ローリングスタート、けんかみは初めてだと思いますが、ちゃんと後続に抜かれずに走っていきました。
やるねぇ~

序盤で開幕戦と同様に#6と#45を前にだし、#138にも抜かれ、クラス5台中3番手へ。

予選では初出場の#138と#7の本当の実力がはかれなかったので、警戒していましたが、やはりでした。

はらしゅんと相談して、プッシュ出しとこうか、辞めとこうかの判断をして、
#150との車間はつまらず、#45や#138との差が広がらないように、けんかみに頑張ってもらってレース30分が経過。

ここで黄旗そしてSC。
はらしゅんから、準備OKか確認され、急遽予定より早めにピットイン。

けんかみからボクへ。

義務ピットでボクにドライバーチェンジしてからコースインし、そのラップでSCがいなくなり、最初の義務ピットを効率よく稼げました。

はらしゅんくんのよい采配。

ボクにドライバーチェンジしてからは、
はらしゅんには11秒で!と言われてましたが、全然タイムが出ずに、自分の実力のなさをまた思い知らされました。

出走前に、すぐ後ろに、ほぼ1周差の#45アルトが2台後ろにいるから、SCが解除されたら、絶対に抜かされずに振りちぎれ!とチームオーダーが飛んでいたので、指示タイムよりもかなり遅く、昨年の最終戦の思い出が甦ってきました。

今回のクルマの仕様は重量変化とフロントタイヤがグリップしないことが変化点で、あとは気温が高い。
挙動としては、まったりしていて、S15シルビアがS14シルビアになったようなイメージです。(運転したことないですが。)
アンダーも出るし、アンダー消そうと思うと、オーバーも出る。出るけど唐突に出ない。
なかなかコントロールの懐が深く、FFを練習するには面白い仕様でした。
タイヤの角が丸いとか、空気圧が低いってのは、限界のその先にとっていいフィーリングになるので、練習するには悪くないですね。

とはいえレースなので、そんなに悠長なことも言ってられません。
はらしゅんの求める11秒には遠く及ばず、PUSHの指令が飛んできます。
マシンの声はよく聞き取れはするものの、こんなにドライバーの意思を受け付けないクルマを速く走らせるには、どうしたらいいのか…
ボクにはまだピースが足りません。

FFのアルトの限界を超えた挙動をコントロールできる自信が必要ですね。

ボクが走っている間はほぼクリアラップで走れる時間もあって、比較的走りやすかったです。

そうこうしているうちに、黄旗が出現!2ヘアで23番のアルトがコースアウトしてました。

もう十分に走ったので、ホームストレートで帰りたいの合図をはらしゅんに向けて発します。

ボクの気持ちを察してくれて、次のラップでピットインOKの指示を出すはらしゅん。ピットがOPEN表示になるとすかさずピットインして、ボクの走行は終了。

3番ドライバーのNisshiyへ委ねます。

ボクの走行中、同じNNBクラスのクルマに抜かれることはなかったものの、抜いたのは#7と#150のみで、#45や#138とは差がついてしまっているかもしれないと思っていましたが、どうやらほぼ1周差だったのが、半周差程度まで縮まっていたようでした。

とはいえ、ボクもSCのタイミングでピットインしたので、その半周縮まった分はまた1周差になったとのことでした。
(情報元:はらしゅん)

リアルタイムインフォメーションボードでは、我々#149がトップではあるものの、義務ピットの回数はわからないため、敵チームのほうが義務ピットをすでに終えている可能性もあり、油断できません。

Nisshiyは終始安定した走りで、コンスタントにタイムを稼ぎ、そつなく仕事をこなします。

そして、最終ドライバーのてぃー.ちゃんへ。

自らスロースターターと言うので、出てすぐに、他のKNNチームと競っていたので、PUSHサイン出しました。

てぃー.ちゃんが走り出してしまえば、うちのチームはすべての義務ピットが終わるので、

このタイミングでリアルタイムインフォメーションボードをチェック!

この時点でNNBクラストップなのを確認!

それでもPUSH出してました。てぃー.ちゃんの実力が高いのは、わかってるのでね。

そろそろ優勝者コメント考えとこうか、って言ってたけど、レース中に勝ちを確信しちゃダメだよって言われて、てぃー.ちゃんを信じつつ待ってました。

快調に走りきり、チェッカー!

決勝後重量測定も679.5kgと問題なくクリア!
(HA23Vカタログ車重630kg+ガソリン分20kg+ウエイト20kgで670kgが#149の最低重量)





第2戦ベスト
はらしゅん1'10''662(予選)
けんかみ1'14''161(lap13)
carisma-GT1'12''029(lap52)
Nisshiy1'11''921(lap84)
てぃー.1'11''834(lap131)



↓carisma-GTベスト(はらしゅん編集ありがとう☆)


ベストタイムだけ見ると、
3月の練習や開幕戦では、0.5秒程度離されていたNisshiyやてぃー.ちゃんに追いつくように、#74で練習してきてる効果が出て来て、今回0.3秒まで半減出来てるのかなぁ?
と期待しちゃう部分もありますが、
走ってる最中と直後は自分のふがいなさを感じてました。

ということで、大先輩のパクりでタイム表









見ればわかると思いますが、平均ラップは、
てぃー.ちゃんよりNisshiyのほうが良く、ボクの平均ラップはチームの平均ラップよりも遅い。

これまではベストタイム出す練習に集中して、グリップしないタイヤで走ったり、ウエイトつんでコントロールしにくくすることなんて考えてませんでした。
雨で、アルトとカプチーノで作手も走りましたが、雨は唐突なオーバーが出てコントロールが難しいですが、タレたタイヤは狙ったラインとずれるけど、コントロールの領域がある。
そんなタイヤの条件でも練習したいなぁ。

まだまだ成長しなきゃですね。

走行後のフロントタイヤはトレッド面の外よりは剥離してる部分もあり、戦いの激しさを物語っていました。(写真撮っとけば良かった)

これで狙い通り、次は新品タイヤですね。タイヤで何を買うべきか、悩むところもありますが、他のチームやはらしゅんくんの意見聞いて、銘柄は絞れてきました。

第3戦は#149に戦闘力持たすために、ウエイト降ろしたいので、今回2位でもいいなぁ~と実は思ってましたが、
2連勝できたので、次は40kgのウエイトです。

戦闘力アップのために、練習しますかね。



晩御飯はみんなで一番カルビに行って焼き肉~☆


今回の勝因は、前日にてぃー.ちゃんとかつやに行ったことかな?
いや、SCのタイミングと義務ピットのタイミングをうまく合わせられたのが、今回の勝因でしょう。
SCのタイミングと義務ピットのタイミングが重要だと直前に教えてくれた先輩に感謝です。



今回のNNBクラス優勝は、第3戦目に向けての序章にすぎない…

次回に向けての話は、限定公開のブログで書こうと思います。

頭文字Dの埼玉連合のカプチーノのときの話で、秋山渉(86レビン)の台詞にこんなものがあります…
『こわいよなーつくづく…
頭のいい奴が本気になると…』

勝って兜の緒を締めよ
ですね。



最高のチームで、最高な夢を見たいと思います。
Posted at 2017/05/23 21:18:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | K4-EP | 日記
2017年05月19日 イイね!
暑い壁に阻まれる。~カプチーノALT夏バッチに向けて~5月14日

カプチーノで作手走ってきました。

の前に、前置き。
前日の土曜日、
Hasshiyとモンスポに行きました。

31スイスポターボの車検の代車が1.8L81スイスポで、乗ってみたかったので、モンスポまで運転させてもらいました。



NAの排気量アップって言うと、はじける高回転の牙を抜く代わりに、全域でトルクアップするというイメージでした。

ボアアップならピストン体積増えるので、同じ条件なら、重量増えるから?
ストロークアップなら、ピストンスピードの関係ですよね?

ま、でもチューニングショップの高価なエンジンだけあって、高回転もなかなかのものでした。
いいね。
レブリミットいくつか知りたかった。

スイスポも81はもちろん、31も走行距離がかさんで、10万キロなんてとっくに過ぎたってクルマも多いでしょうし、エンジンの中身やっちゃうのもいいよね。
高いけど…

HasshiyはA052反対されたこと、気にしてたようでした。
とりあえず、今持ってるZ2☆2セット(31ホイール、先輩の16インチ)を気温が低くなるまでの間で使いきるまで練習して、タイム出る季節にはZ3使って、更なるタイムアップ策としてA052を計画してるとかしてないとか。

全部使いかけだけど、1年で3セットも使いきるだけサーキット走って、さらに1セット買うなんて…

かなり走り込むつもりなんでしょう。
ちなみに彼は街乗り用に、CE28のSドラ持ってるので、街乗りじゃ減らないです。

今のターボ付きのエンジン壊れたら、1,900ccのターボとか出来ますかって聞いてた…。



ボクなんて、全然ガチやんじゃないやん。彼を見習わなくっちゃね。


我々#149院生チームはクルマゾだから、手に負えないのを好むのに対し、

学部生チームは逆に現実見過ぎてるよね。
なんなの?さとり世代なの?

クルマに必要なのって、心地よさじゃなくて、刺激でしょ!

ボクはまだ心がガキなので、マイカーは刺激的なクルマで、サーキット以外に出かける時には、乗せてもらえればいいかな。
なんてね。

クルマは嫁でも家政婦でもなくて、彼女ですよ。ボクにとって一番近いのはね。

ま、ボクの価値観を他人に押し付けはしないですが。
そもそもが、移動手段であるはずの自動車を、同じ道でグルグル何周も走らせるなんて、余剰の極みであって、…

さて、話がそれましたが、4月にHasshiyにALTの身近な同期ランキングのスズキ車部門1位の座を奪われたので、リベンジしに行ったのですが、Hasshiyを抜くどころか、ベスト更新もできませんでした。

走行は10時と12時の2枠。どちらも気温20℃で、先月のベスト0.001落ちが出たときと比べると3℃差。

クルマはベスト出すつもりで準備してました。
前回からの変更点
・インタークーラーのホースをアルミパイプへ
・バッテリーを鉛からリチウムイオンへ
・ワイパー外し
・3点式ベルト外し

前回から約10kgの軽量化です。

1枠目
基本的には、突っこみ過ぎのアンダーが多かった。
下手くそ。
前回のカプチーノは、2日前にスパ西で#74アルトで9秒台出してた。
タイヤを転がす走りを念頭に走るように身についていた?
それに対して今回は、3週ぶりのサーキット。

速度上げれば、タイム出ると思ってる悪しき例…

フロントキャンバー減らしたんだけど、またつけようかな?

10時枠ベスト:31.891

2輪枠で1時間休み

12時枠
突っこみ過ぎをなくすように、ブレーキ踏むこと、アクセルオフをして、ラインを重要視。
アンダー出すと、結局フロントタイヤの抵抗で速度落ちるので、やはり効果はある。

それでもベストタイムは31.870止まり

気合い入れて準備したのに、残念…



この気温で31.7が出なかったので、ALT夏バッチは黄色信号点灯中です。

現状手元にある対策可能なものだけでは、夏バッチ取れそうにありません。
走行後インタークーラー出口のアルミパイプ触って見ましたけど40℃はありそう。冬ってどうなんだろ?
エアクリに風当たるようにダクト引いたとして吸気温下げても、ブースト1.2で圧縮したら結局同じ?

パワー出ないなら、アライメントと腕とラインで0.2秒縮めるしかないですね。

タルガトップで走ると、パラシュート効果?で影響あるのかな?
フルオープンのほうがマシ?屋根閉めるべき?

さて、12時枠ですが、RX-8のおにいさんも走っておられて、いろいろお話させていただきました。

吸排気ノーマルで、やってるのは脚とタイヤ・ホイールくらいで、なおかつタイヤはアジアンという、リーズナブルな仕様
軽量化もなし

それでベストタイム31.0とのことでした。

カプチーノにも興味持ってもらえたようで、いろいろ尋ねられました。

フルチューン?

ピストンもエキマニも触媒も変わってないし、
ワイドボディでもないし、ギヤ比も変わってないし…

一見、快適性を犠牲にしているように見えるかもしれませんが、
素のカプチーノも快適性なんて、今時のクルマに比べれば無いに等しいので、カーペットはぐって、クーラー取っ払っても、悪影響はほとんどありません。

2台持ち…いや、3台持ちだから成せるワザ?
今年になって、カプチーノって、サーキット行く日以外に乗った記憶ないなぁ…

さて、31.0のエイトのおにいさんのクルマ、タイヤはナンカンNS-2Rでした。



ドリ車がフロントにNS-2R、リヤにNS-2履いているイメージしか持ってませんでした。

エイトのおにいさんによると、今の季節だと、走り続けてるとタレてタイムは出なくなるけど、タレるまでの間のグリップは、かなりのもののようです。

値段は安い。

減りはTREAD WEAR 80なのでね。
とはいえ、作手2時間走った直後に見ても綺麗でした。

ちなみにTREAD WEARは、摩耗指数で、数字が小さいと減り易いということを表す数値

日本の規格で売ってるタイヤには、表示義務がないため、国内専用タイヤには普通ついてません。

ちなみに
TRACTIONとかtemperatureはアルファベットで表されます。
AとかBとかAAとか

TREAD WEAR80ってのは、Sタイヤ並の数字

よく減るってのは、よくグリップするってことらしい。(トラクションはアルファベットでの表記なので、AAばかりで細かい差がわからず)

NS-2Rには、80と120と180とあるらしいですが、サイズによってラインナップは異なります。

また、見た目が同じなので、コンパウンドの違いみたいですね。

他のメーカーでの、RとRRとRSみたいなイメージなんですかね?

参考までに、ネットのうわさだと、
AD08Rは180 AA A
R1Rは140 AA Aまたは200 AA A
595RS-Rは140 AA A
V720は200 AA A
V700は50 AA A

ちなみにRX-8でタレて後半グリップが乏しいのなら、ボクのランエボにはこの気温じゃ履けません。

ってことで、使ってみるならカプチーノですね。

ちなみにNS-2Rに関して、オートウェイで日本に輸入しているものは基本は120。
TREAD WEAR 80のラインナップがあるサイズでオートウェイで販売してるのは、
195/50R15
205/50R15
255/35R18
265/35R18
の4種類。

ナンカンNS-2R(TREAD80)195/50R15
→7,690円送料別
ナンカンAR-1(TREAD80)195/50R15
→8,020円送料別
Z3 195/50R15→10,470円税別

ポイントはAR-1も安いという点。
AR-1も実はアリなのでは?



というのも、カプチーノは今の195Z2☆を履き始めたのが昨年2月。

2月1回
11月1回
2月3回
3月1回
4月2回

作手やスパ西を8回は少なくとも走って、4分山くらい?あと1年弱は持ちそう。
タイヤなんて鮮度が命なのに、2年も使いたくない

ってことで、Z2☆より早く減るSタイヤにすればいいんじゃない?
ってアドバイスもらったんですよね。

AR-1ならZ3より安いし、タイムアップも狙える?
AR-1は当然作手でもSタイヤに認定されちゃうので、カプチーノのALTバッチ基準タイムは31.7→31.0になっちゃいます。
タイヤ替えただけでZ2☆から0.7秒も縮まるのかな?

とはいえ、安くて0.7秒分グリップするのであれば、ライフが短くてもボクは歓迎です。
冬195カプチーノはタイヤが温まらないので、温まりの早いコンパウンドがいいですね。

とはいえ、まだZ2☆がなくならないので、購入できません。

リヤキャンバー増やして205とか入るかな?そこまではさすがに必要ないかな。

問題は夏バッチ。
正直厳しいです。
9月中旬が涼しいといいなぁ~

あと詰められるのは、
アライメントくらい?
エキマニ、触媒みたいな高価なパーツは採用しないつもりなので、
カメラをロールバー固定にして、タルガトップを辞めて、空力で稼ぐか…
目玉ほじくって、フレッシュエアで冷却するか…
タイヤ新調するにしても、14インチ6Jだから、Z3の175/60R14か185/60R14だなぁ…
もっとライフ短くてもいいので、作手でSタイヤ認定されなくて、強烈にグリップする14インチのタイヤないですかね~
V700は高いので買わない方向で。

あとは腕?
2コーナー進入がボクは特に下手くそ。
あとはトップターンと最終でもタイム落としてるっぽいよ。
ロスしてるのはわかってるけど、2ヶ月で改善させる策がよく分かんない。



諦めるかぁ~

☆番外編☆
エイトのおにいさんから、カーペットもなくて、パワーウインドースイッチもブラブラしてて、こんなクルマ、女の子乗ってくれます?って聞かれちゃいました。

こんなのに乗せるわけないじゃん!
ボクだってそのくらいの常識あるよ?

3台持ちですからね☆

と言いたいところですが、
1つは助手席エアバック外してインパネがぽっこりしてる羽根つきの目つき悪いセダン
1つは乗り心地が悪い商用軽の上に、74の表示が目立つ恥ずかしいクルマ。

3台とも女の子乗せられるクルマじゃないのが、残念…

ま、彼女のクルマ、ボクが運転するとかでいいんじゃないの?

やっぱり、お金に余裕があれば、4台目はスイフトスポーツの黒の6MTとかをノーマルで乗っていたいです。
ノーマルでも走れるMTでクルコンつきで運転が楽で楽しい安いクルマといえば、スイフトスポーツかな。

次期型期待してますよ!スズキさん!

とはいえ、スイスポ買うほど金は余ってないですが。
ボクのクルマの助手席に乗ってもいいってコが現れたら、すぐ買い増すけどね。
そのコとボクの趣味が合うなら、なんでも。残念ながら、そうは言ってくれないので。


以上、作手で敗北した話でした。

SHU@8さん、お世話になりました。
またよろしくお願いします。

近いうちにエボでも作手行こっと。

では、ボクはタイムアップしなかったので関係ないですが、4月に自己ベスト更新したコ2人いるので、反映させます。

身近な同期ランキング@作手

①EK9:30.278(20151219)※LSD
②CP9A:30.698(20170226)
③ZC31S白TC:31.596(20170423)※LSD
④EA11R:31.657(20170218)※LSD
⑤ZC31S白:31.887(20160116)※LSD
⑥ZC31S黄:32.010(20170226)
⑦ZC31S黄SC:32.692(20160116)
⑧SE3P:33.090(20161008)▼2R
⑨ZF1:33.586(20170430)▼2R
⑩HE21S:33.971(20160215)
⑪HA36S:35.268(20161008)

仕様差フィルタの参考として、
今までは後付け過給気のみ表記してましたが、機械式LSDの装着とハイグリップラジアルじゃない表記を追加してみました。

エボもとっとと機械式LSD入れたいなぁ~
Posted at 2017/05/19 18:17:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | カプチ | 日記
2017年05月13日 イイね!
スタンプ捺印は、「TEAM DIREZZAスタンプカード」もしくは「ALTポイントカード」のどちらか1個となります。

えっ?

ま、当然といえば、当然。
サーキットだって、ダンロップだって、商売ですもんね。

そこで、どっちが得か考えた。

単純に考えれば、ディレッツァのほうが得。ポイント10ポイントでいいんだもん。

ボクのクルマは、エボもカプもアルトもみんなダンロップだし。

ALTポイントカードは月に1回、毎月スタンプなので、12回。
でも12回走ると、カードの下段のほうも計測器無料が貯まる。

ってことで、どっちが得かはビミョー。

少し場合分け。

ディレッツァスタンプカードが得な人
・年10回とか20回とか、同じコースをフリー走行で走る人
・年12回は走るけど、ALTバッチシーズンに集中するなどで、毎月コンスタントには走れない人

ALTポイントカードが得な人
・毎月必ず作手を走る人
・ダンロップタイヤじゃない人
・年に10回も走らない人(貯まらなくてもスタンプの数に応じて割引券になります)

ちなみに年間12回以上毎月コンスタントにダンロップで走る人だと…

年に12~19回ならALT
年に20~23回ならディレッツァ
年に24~29回ならALT


なのかな?

■結論
どっちも得‼
走ったもん勝ち☆

ボクの場合は、ALTポイントカード貯めるのを目指して、毎月コンスタントに作手行きたいと思います。

クルマのチューニングにお金をかけても、
アルトかカプチーノかランサーかのどれかのタイムしか伸びませんが、
ドライバーの腕が上がれば、アルトもカプチーノもランサーも全部速くなる可能性があります。

ALTポイントカードは12月につくって、4月までで8回走行なので、毎月1回をこのまま続ければ、あと7ヶ月で7回プラスで15個下のポイントがたまります。追加であと9個たまれば、さらに追加で走行無料券になります。

あと7ヶ月で9個追加は厳しいですね。
月に2回が5回、月に3回が2回ってこと。

達成するための作手の案
5月2回
6月2回
7月3回
8月2回
9月2回+走行会
10月2回
11月2回
12月上旬1回+下旬走行会

ポイント貯めようとして、年に24回も作手に行こうとすると、変なことになりますね。

さすがにここまでは3台持ちといえども行かないだろうなぁ~

奇数月はアルトで必ずスパ西を走るわけだし…

夏のALTバッチ期間もあんまり行かないだろうし…

ってことで、
走行会とは別に月に1回作手練習は続けます。

とはいえ、ランエボ、カプチーノ、#74アルトの3台持ちで、月に1回だと、1台当たり年に4回しか走らないってのは、少ない。
ランエボとカプチーノは、作手がメインコース。
なおかつ、サーキットに行くときくらいしか、出番がない。
(レギュラーで燃費のいいアルトが現れたので、足の座はアルトが獲得。)
そんなんで、3ヶ月に1回乗って、満足するわけない!
やっぱり最低月に1回は、乗りたい。
乗るならサーキット行きたい。
だったら走行料金が安い作手?

あと7ヶ月で14回。(アルトは別)

5月2回(エボ、カプチ)
6月2回(エボ、カプチ)
7月3回(アルト、エボ、カプチ)
8月2回(エボ、カプチ)
9月2回+走行会(アルト、エボ、カプチ)
10月2回(エボ、カプチ)
11月2回(エボ、カプチ)
12月上旬1回+下旬走行会(エボ、カプチ)

こんなのこなせるのか?

☆エボ
5月今の実力チェック
6月エアクリ交換効果確認
7月ブーストアップ効果確認
8月ALTバッチ夏チャレンジ
9月ALTバッチ夏チャレンジ
10月新タイヤチェック
11月ALTバッチ冬チャレンジ仕様選定
12月ALTバッチ冬直前確認

☆カプチ
5月本気仕様でベストタイム更新
6月雨練習
7月ALTバッチ夏チャレンジ
8月ALTバッチ夏チャレンジ
9月走行会
10月新タイヤチェック
11月ALTバッチ冬チャレンジ仕様選定
12月走行会

☆アルト
7月マシンチェック
9月雨練習

エボ、カプチでのスパ西はしばらくはいいかな。
まずは作手に絞ろう。
とはいえ、Hasshiyや軽@works先輩からの誘いには乗ります。

そんな感じ。
去年までがチャンス時期のはずで、全く敵わなかったけど、ボクの読みだと今年いっぱいはチャンスがありそうなので、
今年が勝負ですね。

12月までに、
・夏でも冬でもタイムが出て、乗りやすいクルマをつくる
・FFでもFRでも4WDでも恥ずかしくない程度に乗れる腕を身につける
(恥ずかしくないってのが、曖昧な目標だけど。)

カプチーノは同期スイフト勢に負けないようにしなくちゃね。
今後、とあるスイスポにインタークーラーやらA052がつく計画が浮上している様子なので、厳しい戦いになるでしょう。
どっちがガチヤンかわかんなくなってきてるので、まずいですね。

☆5月
13日アルト重量測定(リアシート背もたれ、リアシートベルト、荷室トリム、他機種のスペアタイヤなど)
14日作手カプチ
20日アルト耐久準備
21日スパ西軽耐久
有休作手エボ
27日予備日
28日予備日

☆6月
3日スパ西#74チェック会?
4日予備日
10日作手候補
11日
17日作手候補
18日
24日作手候補
25日


4月は
作手2時間1回:8,600円
スパ西2時間3回:6,850円×2+7,850×2+8,850×2
作手走行会1回:8,000円
クイック浜名レースパック2回:5,000円×2+1,000円

サーキットへ支払ったお金だけで、4月は74,700円

さすがにコレを続けていけないので、
コスト効率のいい練習をしないといけないですね

ってことで、やはりスパ西ではなく、作手を重視。
サーキットへの支払いは月4万でやりくりしないと、
クルマの維持・メンテナンス代
パーツ代
貯金
生活費
ってそれぞれの配分考えていったときに、成り立たなくなっちゃうので。

他人には、貯金があったって幸せになれる訳ではないとか言ってますが、
ボクは貯金目標は死守します。

・3台とも乗る
・練習はおろそかにしない
・貯金は減らさない。

ちなみに頭文字D5巻で、真子ちゃんは
『いいクルマはお金もってれば買えるけど、テクニックはお金出しても買えないものだと思うから…
わたしは高い外車とか乗ってるヒトより国産車でもイザっていう時のテクニック持ってるヒトのほうがずっとステキだと思います。』
っておっしゃってます。

ここ数ヶ月は走ることを重視してきましたが、ロガーや動画も揃ってるし、ガムシャラに走るんじゃなくて、目的意識を持って走るようにしないといけませんね。

『結局うまくなるための近道なんてのはないのさ…
常に目的意識をもって考えながら地道に走り込むしかない…
場数と経験の量が自信と技量を作る…』

by文太


練習はおろそかにしない。
目的意識をはっきりさせる。

ですね。

☆おまけ☆

自動車税の請求が届きました。
2Lおじさん4.5
軽乗用おじさん1.3
軽自家用商用おじさん0.6
みんな13歳以上のおじさん…
6.5万くらい

Posted at 2017/05/13 08:22:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年05月07日 イイね!
GW実家帰ってて、また戻って来ました。
東京住んでたころは飛行機でバビューンだったけど、
電車&新幹線ってしんどい…
九州なので、指定席取らなくても座れましたが。
たぶんクルマだと、もっとしんどい…
でもクルマでも帰りたいな。
MTかDCTかAMTでエアコンとクルコンついてる乗り心地が普通に乗れる燃費2桁いくスポーツカーが欲しいな。買わないけど。

①ハスラーのタイヤとホイール交換しました。

タイヤサイズのせいか、エナセーブからSドラに替えたせいか、

今までだと乗り味がドタバタしてたのが、
どっしりするようになった

と表現したらいいのかな?
大人なハスラーになりました。

185/55R15

クルマ好きじゃない人に薦めるつもりはありませんが、

ボクは気に入ってます。

HA23Vのアルト5MTに乗るようになってから、
MR31Sハスラー5MTに乗ったのが、今回のGWだったのですが、

R06Aってトルクモリモリですよ。

何も装備ないHA23Vよりも150kgくらい重い車体で家族4人でフル乗車なのに全然坂登って行くね。

R06Aって、7,000rpmしか回らないけど。

HA36Vアルト5MT、気になるね。

エンジン、ギヤ比についてはそんなとこ。



②ハスラー運転してて気になるのは、Gの滑らかさがボクの運転にはない点。

ハスラーって、重心高くてバネレートはそんなに硬くない

ま、別にごく普通のノーマルのクルマなんですが、

普通の交差点曲がるとき、
ステアリングを急に切ると、グラッと大きく唐突にロールする。
すると、後部座席から苦情がくる。
紙コップに水入れるよりも、繊細なセンサーですね

ランサー、カプチーノ、アルト

3つもあるくせに、いけないのは、全てサーキット仕様。(※表現が難しいのですが、足が硬いのが、サーキット仕様、柔らかいのが非サーキット仕様というわけではないとは思ってます)

ランサーF16R14+5
カプチーノF14R6+3
アルトF8R8

街乗りの速度域でロールなんて感じとれていません。

その点、ハスラーは普段乗りでロールの立ち上げ方と表現したらいいのかな?
ターンインのノーズの入れ方を学べるいいクルマ。

ここの領域って、ボクの予想違いでなければ、タイヤと路面の間のμが低い、積雪路とかだと顕著に差が出そう。

谷口信輝か誰かが言ってました。タイヤのグリップは田んぼと同じ。
田んぼに入って、足が底につくまでは蹴れない。
タイヤもサスペンションが縮んで、タイヤがたわんでから初めてグリップが出せる。って。

カプチーノなんかは街乗りの速度域ではロールしないようなレートなので、一気にステアリング切っても、ついてきてくれますが、

当然普通のクルマはそうはできてない。
カートならサスペンション縮まないし、タイヤもほぼつぶれないけど。

ハスラーで雪の上を走るときに、スッとステアリングを切るか、ジワーッとステアリングを切るか、
やってみれば、たぶん顕著な差が出るのでは?

ボクは、雪の道路走った経験なんて、ほぼないし、
足の柔らかいクルマにも乗ってない。
豆腐の配達もしてない。

Z3とか、タイヤに荷重かけようがかけまいがグリップするタイヤに頼れるのであれば、困らないかもしれませんが。

雨の日、雪の日に運転する可能性もありますもんね。

純正足のままで乗るMTのクルマがあればなぁ。
買わないけど。
スイスポがいいかな?

③ハスラーにタイヤ・ホイールつけると、当然ですが、予測通りタイヤ・ホイール欲しくなって、ヤフオク見てたら、気に入るホイールが安くあったので、買ってしまいました。
タイヤもそのうち注文予定。
安いヤツ。
ノーマルフェンダーでいけそうなヤツ。

今回も期待?しなくていいですよ。

④GWの間に小物を購入しました。
まずは両面テープ。
ランエボのブーストメーター、コラムカバーに両面テープでつけられてたんですが、とれちゃってたので。

2つ目、アルミテープ
バンパーの裏とコラムカバーの裏に貼ってみようかな?

3つ目、AUXケーブル
カプチーノでiPod聞くときにはUSB使ってたんですが、
アルトがCDとAUXのみの対応のため。
しかし、iPodわざわざ入れ換えないとダメなのか…

4つ目、スマホにAUXさして使えるイヤホンマイク、着信受けるボタンと音量調整ダイヤルつきのもの

なんか去年の9月末からずっと買おうって言ってて、5月になってやっと買いました。お待たせしました。
トライアルで700円くらいで買ったのに、ルミエールで400円くらいで売ってた。

たぶん、そろそろボクなんかやらかすと思います。今年の開幕戦がなにもなくいってたので。

走りながら会話する自信ないなぁ~
作手とかで同乗走行中に、同期乗せててもなんもしゃべれないもんなぁ。
スパ西だとストレートでしか話せないかも。聞くのはたぶんできる。聞こえれば。
いつか使ってみよう。



そんな感じで、いつも通り連休はまったり過ごしました。

今年のGWもずっと実家帰ってましたが、
特に用事があるわけでもないので、
次の盆休みは、スケジュールちょっと考えようかな?
とはいえ、ボクはあんまり相性よくない?ので、控え目にしときましょうかね。

今年入ってから、暇さえあればサーキット行くような生活してましたが、
9日間の休みをハスラーで誤魔化せないこともないけど、やっぱり自分のクルマに乗りたい。ランエボなんて、全然乗ってないもんな。

【おまけ】
映画見ました。コナンとワイスピ
コナンは百人一首の話でしたが、
ボクが気に入ってるのは、コレかな?
玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
    忍ぶることの よわりもぞする
Posted at 2017/05/07 21:55:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家のクルマ | 日記
2017年04月30日 イイね!
エンジンオイル、何使う?さて、4月は気の向くままに走り回ったcarismaです。

アルトとカプチーノは、晴れた日に2回はサーキット走ったので、エンジンオイル交換してもいい頃かな?

カプチーノは作手で122℃まで油温上昇。
アルトは余裕。

で、エンジンオイル、何を入れたらいいかな?

まずカプチーノにはこれまで、
totalの10w-50を入れています。
理由はエンジンとタービンやったときに、これを薦められたから。

今まで使ってて、特に問題ないため、カプチには今後もこれ、使っていきたいと思います。

カプチ用にTOTALをペール缶で買ってるので、ランエボにもカプチーノと同じオイルを入れてます。

ボクにはよくわからないですが、ランエボも特に問題なさそう。
エボも今後もTOTALにしようと思います。

悩みの種は#74アルト。
こいつに10w-50は硬い?

ぬまじゅんさんも10w-50並みのNAの軽自動車とは思えない硬めのオイル使われてたと思うんですが、オイルの影響じゃないかもしれませんが、
#149のほうが、高回転のフィーリングがいい。8,000rpmまですっきり回る。

今から暑くなる時期だし、ホームセンター級を入れないといけないほどビンボーでもないので、それなりのものはいれたい。

#74と一緒にぬまじゅんさんからもらった高級品のオイルは、第3戦で使いたいので、今回は使いません

ってことで、候補は2つ
①#149と同じTRUSTのF2 0w-40

②カプチーノと同じTOTALの10w-50

デルタはまだ使えないかな。
違いの分からない男なので。

お金のこと考えると、

②かな~

部品代はケチらないけど、パーツで追い付いた"彼"を追い抜くために、パーツに金をかけて速くなる手法をとりたくはないので、硬いオイル入れとこうかな。

第2戦終わったら、#149と#74のエンジンマウントやりたい…
Posted at 2017/04/30 22:02:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「いつも本番の日は早くに目が覚めてしまう…。ワクワクで今夜はもう眠れませんねzzz」
何シテル?   05/21 04:34
carisma-GTです 小3でイニDアニメを見てクルマに目覚め、 小4でイニD10巻を読んでランエボの凄さを知り、 それ以来ランエボ一筋で十数年・・...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
整備記録 リヤキャンバー加工・オイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/06 08:42:39
車両総重量測定実施(コーナーウエイト測定) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/08 07:52:23
2016年10月2日オートランド作手ALT 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/08 01:17:43
お友達
エボ/GAG/カプチ乗りな方も、そうでない方でも、どうぞよろしくお願いします。

気軽に誘ってみてくださいな♪
43 人のお友達がいます
ツッカンツッカン * 抹茶味抹茶味
てぃー.てぃー. D540D540
ぼーまんぼーまん T板金T板金
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ランサーエボリューション ランサー (三菱 ランサーエボリューション)
エボ6も登場から15年以上経ってしまいましたが、 まだまだ現役↗ 長く大事に、かつエボ ...
スズキ カプチーノ カプチ (スズキ カプチーノ)
中学生くらいのころからカプチーノは好きでした。 しかし、まさか購入まで至るとは当時は考 ...
スズキ アルトバン アルジェンタート アルトGT (スズキ アルトバン)
K耐久東海シリーズ練習用 運転練習用兼部品開発実験用 SNMP:1'09''947(2 ...
スズキ ギャグ GSX-R50 (スズキ ギャグ)
遊びゴコロをフルカウル。 “羊の皮を被った狼”と称される三菱のハイテクセダンとは 正 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.