• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年08月28日

占い・・・

耕運機が畑等を耕す機械なのに対し、トラクターは主に運搬や積載、掘り込み、埋め戻し等をおこなう機械です。
ではこの二つが共存するかと言うと、実際はあまりそうでは有りません。

近年、耕運機は管理機と呼ばれるタイプのものがほとんどで、耕運作業に特化いて居る訳ではなくなりました。
一方のトラクターも、アタッチメントをつければ耕運作業を行なえる為、両者を併用する必要性はあまりなく、じぶんの管理する畑や田んぼの規模によって、所持する道具を決めると言うのが一般的なあり方となって居ます。

現在、日本ではこの二つの機械の住み分けが顕著になっています。
農家は、その広大な面積の農場を力強く、そして手早く耕運する為に、トラクターを所持しているケースが多いそうです。
では耕運機は排除の方向で進んで居るのかというと、そうではなく、よりコンパクトに、より使いやすく、よりお求め安くといった方向に進化して居るやうです。

その一環として、ガーデニングや家庭菜園を行いたいと言う人向けに、小型の耕運機の開発がおおいに進められて居ます。
一方のトラクターは各メーカー、本格的な農業に対応すべく、多機能、多眼的な方向へと進化し、主に外国への輸出に力を入れています。
海外の広大な土地で使われる事を想定して作られているので、狭い日本の土壌には会わなくなってきているんですね。

耕運機は寄り日本的な機械へと、トラクターは海外向けの機械へと徐々にシフトチェンジして居ます。
ただ、あくまでも其れは全体の傾向なので、実際に購入を検討する行き掛かりは、どちらが自己の用途に則して居るかをしっかりと判断していきます。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2011/08/28 08:15:16

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

早い者勝ち??
シュピーゲルさん

富士夕景と紅富士
nanamaiさん

ヨーロッパな街並みと
Studio-Aoさん

毎日更新・・・
ペリー2011さん

☆☆☆本日はクラウン コーティング ...
C-CLINICさん

大掃除にもどうぞ!
ウッドミッツさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

saitoneです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる