車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月13日 イイね!
ログイン画面が出やがった…! 以前、ブログの末尾で後日報告するとぬかしておきながら、今頃になって報告します。つまり忘れていたのですが(笑)

ハイタッチ!driveの走行を終了させると、時々こんな画面が登場します。それも長距離を移動した後に! これが出ると悔しくてねえ…!

走行終了後、この画面が出るとどうなるか? どんな操作をしても走行が終了できなくなります。で、仕方なく再度走行を開始すると「新たに走行を開始しますか?」のメッセージが出て、「はい」を押すと走行が始まり、前回の走行は強制終了?されます。その前に走行した分のハイタッチやCP緑化のデータは残りますが、走行距離が「0km」に! せっかく走行距離が4桁に達してもこれだから、走行距離ランキングに登場できないのです。この症状が出始めた頃はショックでしたが、今や「ふん。またかよ」と一瞥して終われる大人になれました(苦笑)

あと、ハイドラ中に何の前触れもなくCPが消滅することも。最近はこんな現象が目立つので、ハイドラの緑化活動をするときは、必ず事前にハイドラ画面のスクリーンショットを確保します。

右や左の旦那様…この症状の解決方法をご存知の方、いらっしゃいませんか?
Posted at 2017/01/15 06:20:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | ハイタッチ!drive | 日記
2017年01月13日 イイね!
大型車のはなし -新車の回送篇-久しぶりに、大型車ネタを作りました。今回は、新車の回送について。

予め申し上げておきますが、ここで言う「新車の回送」とは、メーカーの工場からナンバー登録されるまでの間の輸送の事です。

タイトル画像は、道の駅「越後市振の関」で目撃した日野・プロフィアの回送車両です。

メーカーの工場で生産されたばかりの新車は、顧客の待つ現地までは公道を走れるナンバープレートが付いていないので、当然ながら公道を自走で回送できません。乗用車であれば車載車に積載して、また遠隔地や海外であれば船で航送して現地まで回送されますが、トラックやバスなどの大型車はそのサイズと重量ゆえ、車載車に載せるのは殆ど不可能。だからほぼ100%の車両が自走で回送されます。尚、「エルフ」「キャンター」などの小型トラックは専用の車載車に数台載せて輸送されます。少しでも多くの台数を載せるため、通常ではあり得ないほど前後に傾け輸送されますが。

まずは、トラックから。トラックは三菱ふそうや日野といった商用車メーカーで生産されますが、そこで作られるのはシャシのみで、荷台や特定の作業をする装置を作るのは架装メーカーであることは随分前に紹介した通りですが、そのため商用車メーカー→架装メーカー間の回送が発生します。その回送の過程が、タイトル画像の姿ですね。皆さんも、こんな姿で走っている大型トラックを見たことがありませんか? 仮ナンバーを取得してシャシ・フレーム上にスペアタイヤやリアバンパーをまとめ、キャブは基本塗装のみの姿で、架装メーカーまで回送されます。

この回送ですが…私達運送屋から見れば、こんなに恐ろしくて辛い運転はありません。特に日野車の回送…!

大型車の架装メーカーは全国に点在する事は以前紹介した通りですが、ここでは、商用車メーカーとその商用車メーカー指定の標準ボデーを架装する、系列の架装メーカー間の回送に限ってお話しましょう。いすゞや三菱ふそう、UDトラックスから出荷された新車は、同じ関東エリアにある系列架装メーカーまで回送されますが(UDは系列メーカーを持っていないので、事実上の標準ボデーを日本フルハーフに作ってもらっているようです)、日野自動車は他社とは事情が異なります。日野の工場は社名通り日野市に工場がありますが、メーカーの標準ボデーを作る架装メーカーはトランテックス、この架装メーカーの所在地は石川県白山市! すなわち、他社とは比較にならない程の長距離を回送します。私はつい最近まで小諸市在住でしたが、すぐ近くの国道18号を回送される日野の大型車を頻繁に目撃しました。国道…!? そう、約600kmに及ぶこの距離を、基本的に一般道で回送されるのです! 登録前の新車ゆえ、ETCの設置ができない→割引ゼロの高速料金がかかるのが理由と思われますが。
しかもそれだけではなく、荷物どころかボデーさえないので重量が後輪に殆どかからず、後輪のグリップがまるで効きません。だから悪天候や冬の凍結路を、こんな状態で走らなければならないのです。しかもこのルートには、碓氷バイパスや北陸の親不知などの難所が多数あるうえ、冬季は豪雪地帯や-20℃に達する酷寒地(軽井沢)の通過を強いられます。それも、新車装着のノーマルタイヤで!! 私はこんな恐ろしい仕事、できません。これを運転する某社の皆さん、心から尊敬します。
私の会社に出入りする協力会社のドライバーさんから聞いた話ですが、積雪路を走っていた時に上記の新車が走っていて、目の前に突然現れた工事個所を発見したもののスリップして全然止まれず、偶然あった脇道に無理矢理突っ込んでやっと停まった場面を目撃したと言っていました。


バスの回送について。



暗い写真で申し訳ありません。これは北陸自動車道・名立谷浜SAで目撃した、ふそうの新車です。わかりにくいですが、仮ナンバーを付けて回送中の姿ですね。深夜に仕事で上信越自動車道を走っていると、仮ナンバーを付けた神奈川中央交通や小湊鉄道、初めて聞くバス会社…主に関東方面に向けて出荷される完成車が回送されるのを、頻繁に目撃しました。どの回送車も制限速度は絶対厳守、傷はもちろんの事、できるだけ虫が付かないようソロソロと走っています。
バスの場合は、二次架装を受ける場合や特装ベース車の場合を除けば、工場出荷時点で完成車なので、トラックほどの怖さは無いかもしれません。でも…回送先によっては過酷なようです。北陸の工場から回送先の九州まで、一般道で回送されたという話も聞きましたから!

輸出用のバスについて。輸出されるバスは大部分がシャシのみで輸出先でボデーを架装するので、仕向け地によってはシャシを組み立てた状態で輸出されることが要求されます。その場合、港までシャシのみの姿で回送しなければなりませんが、その場合は平屋建て?のトレーラタイプの車載車に載せて回送されます。以前北関東自動車道を走っていた時、日野のバス用シャシを積載したトレーラ車載車を目撃しました。古河の工場に送り込まれる輸出用のシャシでしょう…左側に、バルブ用みたいなチャチなハンドルを付けた姿が印象的でした。

昔のバスの新車回送について。現在はバス車体の架装メーカーまでは、エンジンやアクスル、運転席周りの部品がバラバラで商用車メーカーから(あるいは部品メーカーから)送り込まれ、架装メーカーでボデーを含めて組み立てられて完成車になりますが、かつては商用車メーカーで↓の状態まで組み立てられ、伊勢崎や北陸に岐阜、または北九州などにある架装メーカーに送り込まれていたそうです。自走で!


以前紹介したボルボのバス用シャシです。商用車メーカーが作るのはここまでです

昔、北陸方面へトラックの定期便を走らせていた長老の話です。富山や金沢を走っていると、↑の姿で公道を自走するバス用シャシをよく目撃したと言っていました。トラックと違い、ボデーどころか運転席剥き出しの姿でですよ! だから夏場はともかく、冬は地獄だったらしい。運転手は運転席周りに菰(こも)やムシロを巻き分厚い防寒着にタオル等で目以外を完全に覆い、吹雪の中を回送していたと聞いた時には、絶句しました。その過酷さは、想像を絶しますね。防寒対策もさることながら、万一何かと衝突した時には…!?

最後に、私が目撃した大型車の回送です。大型車というより特大車ですが。仕事で東北自動車道の栃木IC付近を走っていると、向こうの方から東京空港交通のバスが走って来るではありませんか。ははァ宇都宮系統だな、と思っていたら何やら車体の幅が広い…何と羽田や成田の空港内専用の特大ランプバスではありませんか! 


再利用の写真ですが、これが公道を走っていたのです!

本来は公道を走れない、全長13m×車幅3mのオーバーサイズ車ですが、仮ナンバーを付けて先導車付で走っていました。宇都宮の架装メーカーとユーザーの間を回送されていたものと思われます。滅多に見られない場面を目撃出来て大興奮、お蔭で溜まっていた眠気が全て吹っ飛びました(笑)

以上です。このように、新車の回送だけでもいろいろとあるのです!
Posted at 2017/01/15 06:13:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大型車の話 | 日記
2017年01月08日 イイね!
耶馬渓に行くには、このルートがお勧めそれが、福岡県の広域農道「京築(けいちく)アグリライン」です。

タイトル画像は、新日本三景の一つに選ばれ、そしてハイドラーにとっては重要なCPでもある「耶馬渓(やばけい)」です。ここは幅の狭い洞門で、信号により交互通行の区間なのです。
ここは写真の場所だけでなく、案外広い範囲でこんな渓谷が広がっていて、見応え満点。近くを訪れる機会があれば、是非訪問してみて下さい。


北九州市の方から向かうのであれば、東九州自動車道を利用するのが最も手っ取り早いルートでしょう。それもいいけど、私はこの高速道路にほぼ並行して通っている京築アグリライン(以下、農道)が気に入りました。


青いトレースのラインが、その農道です。「枝分かれ」の部分は、ハイタッチ!driveのチェックポイント緑化のために立ち寄ったものです


マップでは、消え入りそうなほど目立たない線で、発見しにくいルートですが、実際には…


こんなに立派な道路! 写真はこの農道の数少ない、信号のある交差点です


いくつも連なる山間部を横断するルートなので、アップダウンが多いです


トンネルも多いのですが、これがやたらと立派! 道幅は充分にあり、照明もきちんと整備され、入口には凝ったレリーフまであります。ハンパな国道なんかより、よほど立派ですね


実際に走ってみると、信号は殆ど無くて交通量は少ない…どころか、まるで走っていません。途中にクランク状の右左折があるものの、ちゃんと道案内の看板があるから迷う事は無いでしょう。農道が終わって県道102号に入ると道幅が狭くなり、曲がりくねった隘路が若干ありますが、それ以外は極めて快適なルートです。特にマツダ・ロードスターをはじめとする屋根の無い車で走るには最もふさわしいルートだと思いますよ。ハイドラの面では、沿線にダムCPをはじめ「大富神社」「天地山公園」など意外と多く、それらを緑化しながら走るといいですね。

ただ山間部を走ることもあり、沿線にはコンビニをはじめとする店舗は一切ありません。トイレのために立ち寄る場所さえ無いので、ご注意を。


是非使っていただきたいルートです。




おまけ


この農道を走る時に乗ったのが、写真の三菱・ミラージュ(レンタカーなので、画像は未加工)です。正直言って、ハリボテっぽいこのデザインはあまり好きではありませんが、意外や意外、中身は魅力的でした。シートは座面の形状が良くて疲れなかったですし、ステアリングは重すぎず軽すぎず丁度いい感じで、特にミッションの設定が好み! 速度が落ちれば落ちる程エンジンブレーキが効く設定で、ブレーキペダルを強く踏み込まなくてもきちんと停まってくれました。案外、隅に置けない車です。
Posted at 2017/01/08 05:23:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 交通情報 | 日記
2017年01月08日 イイね!
あの車に似ている新型車先日、スズキの世界戦略車「スイフト」がフルモデルチェンジしました。

フロントマスクを見て「あれ?」と思いました。どこかで見た顔つきじゃありませんか。一体何の車だったか…と考え込み、あ~わかった! 我らがプジョー「RCZ」の後期顔じゃありませんか!

似ているものの、406→7代目カリーナみたいな「パクリ」は感じません。この程度なら、大して気になりませんがね。むしろ全体のエクステリアは初代っぽい印象ですね。

そして…このMT仕様の充実ぶりは何なのでしょう! 殆どのグレードにMT仕様の設定があるなんて、マニア心をくすぐられます。やるじゃありませんか!!


あと、もう一台。



これってIMV車!?…と、一瞬思ってしまいました。

最近、みんカラの広告にやたらと登場するトヨタ・ルーミーについて。しつこいな~と思いつつ見ていると、どこかで見たことのある顔じゃありませんか。

う~ん何だっけ!? としばらく考え、あ~思い出した! それが↓です。



大黒ふ頭で目撃した、トヨタ・アバンザです。日本では生産も販売もされない、ハイラックス(ピックアップ・トラック)と同じIMV車ですね。ダイハツが開発・生産した車らしいですが、特にベーシックグレードがそっくり。そのうち、こんな顔がコンパクトカーの顔になるのかな!?

そして…他のダイハツ生産車同様、この車もスバルにも供給されるそうですが、その車名にびっくり。なんと「ジャスティ」ですって! これ、私が小学生の頃にスバルで売っていたコンパクトカーの車名で、地味な2BOX車でしたね。地味ながら、世界中で販売されていた車だそうです。個人的には、この車で一番のサプライズがこのスバルでの車名でした。でもジャスティよりも「ドミンゴ」の方が似合う気もしますが(笑)
Posted at 2017/01/08 05:08:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月31日 イイね!
謹賀新年皆様、明けましておめでとうございます。

昨年の同じブログで「異動になるかも」と書き込んだら本当に異動になり、松本市に引っ越す羽目になりました(苦笑) でも「これで当分の間異動の内示に怯えなくて済む」と、ある意味ほっとしてもいますが。

今年は公共の乗り物だけでなく、うちのP嬢と共に遠く…それも走行距離が4桁キロ級のドライブをしたいです。そうそう、タイトル画像の場所にも探検に行きたいな~っと!

もちろん、ハイタッチ!driveにも力を入れます。相変わらずCPの緑化数の割にバッジが少ないですが、バッジをもう少し増やしたいですね。松本市に引っ越してから始めた「名古屋撃ち」も、継続します。CP緑化活動の全体としては今までより明確な方向性を出すつもりで、今年は「都道府県」のバッジ獲得を目指すことをメインに活動します。

色々と書き込みましたが、今年もよろしくお願いします。
Posted at 2017/01/01 03:02:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@けろさん 長野の方は、スズキの車が置いてありました。もしかしたら、スズキの店舗に変更するのかもしれませんね。 」
何シテル?   09/18 12:20
シラ切り雀です。何とぞよろしくお願いします。 ●お友達申請について。ブログのコメントやメッセージ等で何度かやりとりを経てから申請願います。いきなりの申請は...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
ここんとこの緑活 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/20 06:26:03
【ハイドラ】((;゚д゚))ス、スゲェ【限りなく神】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/14 08:24:21
ハイドラ攻略マップ 全国版 (β) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/12 02:17:49
お友達
27 人のお友達がいます
ミルクマンミルクマン マル運マル運
HF.HF. atsu3223atsu3223
chintachinta kazkaz
ファン
30 人のファンがいます
愛車一覧
プジョー 208 三代目P嬢 (プジョー 208)
現在、私が乗っているのは208AllureのMT仕様で、2015年4月上旬に納車されまし ...
プジョー 308 (ハッチバック) 二代目P嬢 (プジョー 308 (ハッチバック))
2台目のプジョーは、308のPremium(MT仕様)で、2009年7月末~2015年4 ...
プジョー 307 (ハッチバック) 初代P嬢 (プジョー 307 (ハッチバック))
初めて買った輸入車です。回した分だけきちんと回ってくれるハンドリングにばっちりの安定感、 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
必死に貯めたお金で買った、初めての新車です。本来は「シビッククーペ」が欲しかったのですが ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.