• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

loveopenの愛車 [マツダ ユーノスロードスター]

ロードスター・間欠ワイパーシステムの改修 (№2)

カテゴリ : 外装 > ワイパー > その他
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間1時間以内
作業日 : 2010年10月30日
1
今日は、部品材料と工具が揃ったところで、配線の作製と可変抵抗器(ボリュウム)の加工です。

まず、配線にギボシを電工ペンチで取付けます。長さは、可変抵抗器の取付け位置により、調整してください。

NAのハンドルコラム・カバーは肉厚で内側に補強のリブ(骨)が少ないので、取付け位置はかなり自由です。
2
次は可変抵抗器(ボリュウム)の加工です。可変抵抗器(0~250KΩ)の抵抗値を0~145KΩまでに制限する加工です。

可変抵抗器の裏カバーを外し、中の回転子のストッパーに適当な針金をハンダ付けし可動範囲を制限します。

中央の針金が制限用の銅線です。これを裏カバーにハンダ付けします。

3
制限用の銅線を裏カバーにハンダ付けしたところです。

イモ付けになりましたが、ストッパーとして取れなければ十分です。外からは見えないし。

ここで、仮に裏カバーを留めて、テスターで可変抵抗値の確認をしてください。抵抗値が150KΩ以上になるとその部分ではワイパーが可動しなくなります。
4
制限用の銅線のハンダ付けが終了したら、裏カバーを本留めします。

次は、可変抵抗器(ボリュウム)の端子への固定抵抗器と配線の接続です。可変抵抗器の中央と左側の端子にハンダ付けします。そのときに、配線にヒートチューブを予めかぶせておきます。(ヒートチューブとは、ビニールのチューブでヘアドライヤーやライターで加熱すると縮み接続部の絶縁と補強をするものです。)

私は、中央の端子に固定抵抗を付けましたが、どちらでも結構です。

ワイパー全体の回路は当然極性がありますが、この付加する回路に極性はありません。
5
可変抵抗器(ボリュウム)端子へのハンダ付け終了後、ヒートチューブを加熱して縮ませ完成したものです。私は、いつもライターで加熱しています。


次回は、いよいよ、スイッチ・コンビネーションのワイパー基板の加工です。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ウォッシャーノズルからお漏らし

難易度:

23年間お疲れさまでした!

難易度:

ワイパー交換及びゴム交換

難易度:

ワイパーアーム 塗装

難易度:

エアロデザインワイパーに交換

難易度:

NA6CEワイパーロッド錆防止

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「休日の楽しい車のお話の会・・・・・ http://cvw.jp/b/798285/38456159/
何シテル?   08/28 10:10
NAのオーナードライバーになった英国の田舎暮しにあこがれるCOUNTRY暮らしのloveopenです。よろしくお願いします。 NAに乗って、オープンエアに...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

2 人のお友達がいます
Koji GSⅡKoji GSⅡ ブラックリバーブラックリバー

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
楽しい1号車・・・Gリミ 1994製 オーナードライバーになって、当然不満はまったくあ ...
スズキ パレット スズキ パレット
楽な2号車・・・パレットG 2008製 主に雨天、買い物用の経済的な実用車です。NA8 ...
スズキ バンディット250 スズキ バンディット250
2010、11月に不動車を譲り受け、修理・タイヤ交換をして、2011春から第3の乗り物と ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.