• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

loveopenの愛車 [マツダ ユーノスロードスター]

方向指示器の配線修理

カテゴリ : 電装系 > その他 > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2015年06月07日
1
以前からある板金修理箇所の錆びの防錆塗装中に、前照灯の下部にある方向指示器の配線被覆が剥けて銅線がむき出しになっているのを発見、しかも両方の配線被覆に損傷がありました。
まだ断線には至らない程度でしたが、さそっく補修をしました。

これは前照灯のベゼル(ライトのプラスチックカバー)が出し入れ時に接触して被覆が損傷したと思われます。
2
配線カプラを外す方法が分からない上に固着していたので手間が掛かりましたが、やっと外れたので、粘着絶縁テープで配線を包んで、一応終了しました。

このタイプのカプラーは、ロックタブの下に細いマイナスドライバーを差し入れてロックを外しながらカプラーを抜きますが、長い経年で固着しています。
3
念のため、接点復活材をスプレーしてカプラーを差し込んだ上からビニールテープを貼り、ベゼルとの接触予防としました。

これで、当分の間トラブルは無いでしょう。
高齢車には、断線しないように時には、点検することが必要のようです。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

北海道の冬にはこれがないとね!

難易度:

リトラ不調の修理(モーターでした。)

難易度:

ワイパーモーターオーバーホール

難易度:

パワーウィンドウ モーター&レギュレーター交換その2

難易度:

パワーウィンドウ モーター&レギュレーター交換その1

難易度:

クラッチ・レリーズ・シリンダー交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2015/06/08 17:43:46
カプラが固着し外す際に苦労されたようですね?
私もコンビネーションランプのソケットを交換する際に、
カプラが固着し外す際に苦労しました。
しかし、カプラをドライヤーで暖めると簡単に外れました!
特に経年劣化している場合は無理に外すのは禁物です。
プラスチック部品の固定部は暖めると容易に外れます。
参考になれば幸いです。
コメントへの返答
2015/06/08 18:41:44
ご教示ありがとうございます。

考えれば、固いものは全て温度を上げれば柔らかくなるものですね。

高齢車ですから、これからも固着はあるでしょうから、次回から活用させていただきます。

しかし、この様な修理もロードスターの楽しみです。

プロフィール

「休日の楽しい車のお話の会・・・・・ http://cvw.jp/b/798285/38456159/
何シテル?   08/28 10:10
NAのオーナードライバーになった英国の田舎暮しにあこがれるCOUNTRY暮らしのloveopenです。よろしくお願いします。 NAに乗って、オープンエアに...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

2 人のお友達がいます
Koji GSⅡKoji GSⅡ * ブラックリバーブラックリバー

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
楽しい1号車・・・Gリミ 1994製 オーナードライバーになって、当然不満はまったくあ ...
スズキ パレット スズキ パレット
楽な2号車・・・パレットG 2008製 主に雨天、買い物用の経済的な実用車です。NA8 ...
スズキ バンディット250 スズキ バンディット250
2010、11月に不動車を譲り受け、修理・タイヤ交換をして、2011春から第3の乗り物と ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる