• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

く まのブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

今度はC220dステーションワゴンでございます。

出張もようやくというかついに終盤です。

今回は
日本⇒フランクフルト⇒ブレーメン⇒ミュンヘン⇒ケルン⇒ミュンヘン⇒日本
というゴチャゴチャな移動でございます。

現在ケルンで滞在しており、訪問先があるため
ここでもレンタカーを借りることにしました。

当初電車で済まそうかと思ったのですが
1日借りるのも4日借りるのも料金同じくらいという意味不明な料金設定に
やられて通しで借りることにしました(;´∀`)

で、今回も日本で乗れないオペルのアストラを予約していたのですが・・・
「ブランニューのメルセデスCでいいですか」とのオファー。
まあ、拒む理由もないので承諾したところ
ご対面となったのはC220dステーションワゴンだったという流れです。

ブランニューと言っていたのは、まだ1000キロほどの新車だったためでした(汗)
伝票にも「ノーダメージ」と書かれており、付いた傷はすべて自分の責任なのが
苦しいところです。

さて、お借りしたC220dですが比較的質素な仕様で
内外装はエレガンス仕様?で布シート、ベージュウッドのパネル
シートスライドのみ手動(笑)、キーレスゴー無し、バックカメラ無し、ディストロニックなしという
いかにもドイツ的な感じですが、日本人としてはレーダークルーズとレーンキープが欲しいところです。

エンジンは前回のジュリアよりパワーが劣りますが感覚では同等です。
音はアイドリング付近が少しノイジーですが、走行中はジュリアよりさらに静かです。
タウンスピード領域でのレスポンスはよく、9ATも相まって
思いのままに走れるのはさすがだと思います。
アウトバーンの無制限区間では180キロ以上が苦しいかなといった感触でした。

ボディの剛性感はさすがで、軽快なジュリアに対して重厚感がありますが
現行Cクラスは「アジリティ」を前面に出しているので
それほど重厚という訳でもありません。
乗り心地は至って快適で、腰があるサスペンションで安心感があります。
アジリティを謳うだけにステアリングの反応はベンツとは思えない程キビキビしていて
アウトバーンでは車自体はドッシリ直進したがるのに対しステアリングが
やや繊細でナーバスさが感じられました。
勿論ジュリアに比べると至って普通です(笑)

ブレーキにについては、絶大な剛性感でさすがとしか言いようがありません。

ということでかなりビーエム寄りになったなあというのが正直なところです。

あとはナビがどうにも使いにくいのと、カップホルダーが無いのが絶句です。
センターコンソール前側のリッドを開くとただの空間だけで
ペットボトルを入れると倒れます(笑)

ひとまずこんな感じです(;´Д`)
Posted at 2017/11/19 16:24:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月15日 イイね!

ドイツでジュリアに乗りました

ドイツでジュリアに乗りました日曜日から毎年恒例?のドイツ出張に
来ています。

最初はフランクフルト経由でブレーメン。
2泊してミュンヘンに来た所です。

ミュンヘン空港と目の前のヒルトンは
新型A8の関係者向けトレーニングらしく
至る所に広告があり、ホテルのエントランスには
常設のブースと実車の展示があります。

街中も新型A8がウジャウジャ走ってました。
何台か連なってたので多分関係者かなと思います。

昨日の午後ミュンヘンに到着して
郊外の取引先に向かう際に使うレンタカーを
お安いオペルアストラで予約していたのですが
受付カウンターの金髪女性が
「アルファロメオでも良いですか」と仰るので
ミトかジュリエッタかなと思い承諾して
クルマを引き取ったら何とジュリアでした。
恐るべしSIXTレンタカー((((;゚Д゚)))))))

慌てて伝票を確認しましたが
お値段そのままでした( ;´Д`)

という事で、お借りしたジュリアですが
コレならば半日だけ借りるのは勿体ないです( ;´Д`)

今回の車両はディーゼルでしたが
音はかなり静かな部類で
ターボラグが気になるシーンもありますが
動力性能は十分です。
ただ、アウトバーンで無制限区間になると
流石に心許ないです( ;´Д`)

アイドリングストップが付いてますが
復帰時にブレーキホールドされないらしく
坂道などでブレーキをリリースすると下がってしまうのは
怖かったです。

乗り心地はモードを問わず快適で
フラット感もあります。
ボディ剛性が高いのですが軽快感が強く感じます。

ステアリングはセンターの遊びが少なくかつクイックで
最初はヒョコヒョコ鼻先に落ち着きが無いフィーリングで
神経を使いましたが、慣れると落ち着くみたいです。

ハンドリングはとにかく鼻先が軽く
グイグイと向きを変えたがる印象ですが
リアの安定感はしっかりありますので安心感あります。

ただドイツでは標識を読み取る機能がと
ヘッドアップディスプレイが無いのが辛かったです。

室内は3シリーズに準じたスペースで
完成度は高いと思います。
質感は良くも悪くも3シリーズと良い勝負かなと思います。

ATは8速で申し分無く
固定式の巨大な金属製シフトパドルがその気にさせます。

という事で、いきなり出てきた感がありますが
思いの外完成度は高く
ハイパワー版の動力性能を受け止めるだけの
キャパシティを感じましたが
あのパワーでFRとなるとどう料理されているか
気になる所ではあります。
Posted at 2017/11/15 17:56:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月04日 イイね!

ロド追加のおはなし

昨日はライブ中継(笑)だったため簡素な内容でしたが
補足でUPいたします。

昨日の最終目的地だった、中津川にある「カフェ アドレナリン」ですが
元々名古屋市内にあったお店で、当時友人と夜に入り浸っていたお店でした(;´∀`)

で、お店を出るとロードスターが2台増殖(笑)

地元が同じエリアの方々でしたので、しばし談笑させていただきました。
ミーティングをちょいちょいやっているそうなので
タイミングと天候が合えば参加したいです♪

で、勿体ないですが嫁様の雲行きを気にしながら退屈な高速道路で
サクッと帰宅。
「あれ、もう帰ってきたの?」ってオイ!

気を取り直して、仕入れてあったメータフードを交換します。

いきなりですが、フードが外れた状態です。
フードを破損しないか毎回ドキドキしながら細心の注意を払って作業しています。

で、オリジナルフードとズームエンジニアリング製フードです。

奥がオリジナル。
良く見るとオリジナルの方がステッチが目立たないようにルートを「攻めて」いると思います。
作るの大変でしょうね・・・(;´Д`)


新しいフードをはめ込んで完了。
これで、破損したら後がない恐怖から解放されました(;´Д`)

ふとセンターコンソール部を見たら、まだ交換したばかりのカーペットに何か付いてます。

ホコリか何かかなと手でつまんだら、カーペットのほつれでした( 一一)
劣化、早すぎます(涙)

最後の仕上げに、細かいけど地味に気になってたココ。

センターコンソール部の吹き出し口は新品交換しましたが
両サイドの吹き出し口はオリジナル(笑)なので、年数なりのチリが積もっております。


ウエットティッシュをドライバーに巻き付けて隙間をお掃除して完了。


ということで、昨日の作業は完了しましたが
解決したはずのセンターコンソールカーペットが新たな煩悩になってしまいましたOTL
Posted at 2017/11/04 11:35:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月03日 イイね!

久々ロド

早朝、子供の部活動の送り迎えがあり
嫁様が不機嫌だったので、私が出動して送り届けて
気持ちよく(?)ロドで送り出してもらいました( ;´Д`)

あてもなく走りますが、目的地は欲しかったので
カフェに行くことにしました。
近かったので程なくして到着。


モーニング頂きました( ;´Д`)


時間がまだあるので何となく走ってたら
ここまで来てしまいました( ;´Д`)


嫁様に怒られないように
急いでゆっくり帰ります(笑)
Posted at 2017/11/03 12:17:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月30日 イイね!

LS500h F Sport乗りました。

物珍しさラッシュも少し落ち着いたようなので
味見してきました。

次の予約が入っているので30分程度で
人員が少ないのでお一人でどうぞと
放り出されました(^^ゞ

試乗車はLS500h Fスポーツでサンルーフと
デジタルインナーミラーが装備されていました。

いきなり走り出しますが、やはりTNGA車に共通した低さが感じられます。
LSの場合は低さが「屋根が低い」圧迫感につながるので
何とも言えないところです。

LC500hと共通らしいパワーユニットはLSでは疑似音が加わり
何となくLS600hを連想させるサウンドになっており
LC500hほど物量の少なさを意識する寂しさは感じられませんでした。
ただ、疑似音が常に出ているので邪魔臭く感じられるケースもあります。
Fスポーツ以外では疑似音がないのかもしれないので何とも言えません。

また、ミッションの疑似ステップ変速も違和感なく
大柄なLSを至って軽快に走らせます。
大きく踏み込むと、エンジンが盛大に回りますが疑似音のおかげで
苦しさを感じずに済むケースが多い印象です。
高速道路で踏み倒した場合などは物足りなくなるかもしれません(笑)

乗り心地はモードを問わず快適そのもので、Fスポーツとはいえ
全く問題ないと思います。

ハンドリングについてはこれまた軽快感が前面に出ていて
ステアリング操作に対して軽快に鼻先の向きが変わります。
剛性感も問題のないレベルですが、ヒシヒシと剛性感を感じるタイプではありません。
シートに出来も試乗レベルでは問題ないと思います。
結局のところプリウス以来TNGA車には低重心、軽快といった共通のテイストが
これからのトヨタ車のテイストになるようです。

動力性能面ではもちろん不足はありませんが
やはり早くツインターボ車に乗ってみたいというのが正直なところです。

LSを見送って後悔したのかという点については
今のところ7シリーズにしてよかったというのが率直なところです。

あと自動運転関連ですが、全速クルーズの制御は気になりませんでしたが
ステアリングアシストについては、明らかに控え目で自分で操作をしないと
簡単にはみ出してしまうレベルにあります。

他には自慢の巨大ヘッドアップディスプレイに全速クルーズで追従している際に
カーブでもカーブ方向のイラストと前走車のイラストが表示され
ちゃんとカーブでも方向や前車を認識していると伝わり安心感があります。

デジタルインナーミラーは試してみましたが、明るすぎて眩しくて
ジャマな印象でしたが、設定で追い込めるのでまだまだ未知数です。

標識を読み取る機能がトヨタとしては初めて装備されましたが
なかなかしっかり読み取っており、速度超過すると標識マークが赤くなるので
なかなか実用的だと感じました。

オーディオは標準で、FMラジオで試してみましたが
残念ながら試乗中の範囲では「残念」としか言いようのないレベルの音質でした。
マークレビンソンでどの程度向上するのかは気になるところです。

ちなみに、ホームオーディオの世界で「マークレビンソン」と言えば
「レビンソン」(最後のソンにアクセント)と呼ぶのが通例ですが
レクサス車のマークレビンソンについては「マクレビ」と省略するケースが多いです。

ホームオーディオマニアの方に「マクレビ」というと怒られてしまいますのでご注意を・・・(笑)
Posted at 2017/10/30 20:15:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「10日ほどお出かけします」
何シテル?   11/12 19:41
試乗が趣味みたいになっていますが、自分のクルマに対する判断基準をそれなりに保つためと、対応いただく販売店様の都合も考えながら一応購入の可能性も念頭に置いて乗って...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

メタボ予備軍からはじめるロードバイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:18:52
 
VOLVOLVO!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:18:00
 
VOLVOLVO!! みんカラ版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:17:18
 

ファン

84 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
なぜかNXからRX。 200tはNXで体験済みだったので 今回は450hのFスポにしま ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
20プリウスからの乗り換えです。
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
19年のブランクを経て再びNAロドのつもりが M2 1001に巡り合い即決してしまいまし ...
レクサス NX レクサス NX
ノーマル維持が基本ですが、どうなることやら。 NX200t FスポーツAWD 外装  ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.