• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Blueflexのブログ一覧

2017年06月26日 イイね!

クルマ遊びに貴賎なし

クルマ遊びに貴賎なし昨日も、福井のオートパーク今庄に「ダート4時間耐久レース Rd.3」に参戦してきました。



前回のRd.2では、僅か1.5時間で、まさかのチーム内の2台が接触で共にリタイアという不憫な結果でしたから、今回は、「次にバトンを繋ぐ」がテーマでした。笑

いつもの様に前夜祭がメインイベントで、定宿の料理旅館の絶品料理で盛り上がります。



やはり、ビールや地酒二升を飲み干し、みなさんグロッキーでした。笑

レース当日は、今まで最大数の19台が参加で盛り上がってきました。
プロのダートやラリードライバーやら今回初めてダート走行をする方やら、盛り上がってきました。



ブリーフィングの時から小雨がぱらつき、まさに泥んこ遊びになりました。







我々のチームは、前回リタイヤでしたから、9、10位スタートでした。






最近は、レーシングカートやサーキットで色々な練習をしてコツが身についてきたメンバー2人が第1スティント(10位)→第2スティント(5位)を繋いでもらいます。







途中から順位を徐々に上げ、最後の80分を第3スティントとして追い上げ、276周をまわり、3位表彰台をゲットしました。

実は、クルマに少し故障があり、低速がフケずにモッサリしていましたが、よかったです。







この様に数千万のポルシェやCupカーじゃなくても、廃車寸前のサクシード、ヴィッツ、スターレットでも、少しの安全装備で楽しく耐久レースをしながら、技術の向上ができます。

















どけだけクルマをぶつけたり、横転させても、サーキットのような深刻さは無く、皆さんニコニコして、助け合って、良い雰囲気です。

たくさん色々なフィールドで経験を積み、滑りや危険回避の練習をしながら、仲間と楽しみながら遊ぶことは貴重な経験です。

まさに、”クルマ遊びに貴賎なし”








あと、2戦残りはありますが、現在シリーズ第4位です。

こんなクルマ遊びも、十分に楽しめますよ。


Posted at 2017/06/26 15:03:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月02日 イイね!

カートトレーニング!

カートトレーニング!いつもサーキットやダート、雪上を走っている仲間と一緒にカートも楽しんでいます。







当初は、箱車の技術上達のために定期的にトレーニングしていたレーシングカートですが、



以前の125ccのRotax Max Evoから175ccのIAME X30 SuperにE/Gを載せ替えてから、かなり良い練習になっています。



世界の第一線のカートドライバーが乗っているだけあり、体感でF3並みのハイパワーを乗りこなす技術や体力もケタ外れに必要です。

フレームのシートステーが破断したり、ステーブラケットが割れたり、シャフトにヒビが入る程の破壊力も未経験の激しさです。

ハイグリップタイヤも、磨耗があまりに激しく30周で交換になってしまうので、師匠の判断で持ちのいい耐久用のタイヤに変更。
これがまた、難しいんです。ハイグリップタイヤだとグリップで如何に楽に運転していたかが?が分かります。耐久用タイヤに替えてからは、タイヤの滑りやグリップ、クルマの動きを感じながらのドライブで練習になります。

もちろん、ドライバーの方も、半端ない加速や最高速、ハイグリップタイヤのGや過激なブレーキングで、顎関節や頚椎にも痛みが走ります。オマケに、歯を食いしばるので、マウスピースをしていても、奥歯の詰め物が砕けるほどハード!



しかし、このようにハードでも乗れば乗るほど、新たな走りのヒントが閃き、走りの技術を上達出来るんです。

昨日は、リアタイヤを取り付けるハブが疲労で外れ、2回転スピン!ホイールは、コース外まで2〜3回跳ねながら放物線を描いて100m近く飛んでいった。







長い経験のカートの師匠もカート場も、初めての出来事だったみたい。

毎回、コンマ数秒の短縮しか成果はないですが、自分が打ち込める趣味を持てることに感謝です。





自分の子供ぐらいの年齢の若手プロドライバーと一緒に練習できることも、感謝。







私みたいなオジさんが打ち込む姿を見せることも、彼に何か刺激になればと思います。

日本で代表と言われる”プロレーシングドライバー”になるような目標をもって成長して欲しい。



来週は、久しぶりに鈴鹿でフォーミュラを乗るので、また楽しみです。






Posted at 2017/06/02 21:36:22 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月04日 イイね!

今年初のダートレース

今年初のダートレース今年も、福井県南越前町のオートパーク今庄まで「ダート4時間耐久レース 第1戦」に参加してきました。

メインは、レースじゃなくて前夜祭の宴会ですが…笑笑

気の合ったメンバーと美味しい料理とお酒で、ワイワイガヤガヤ。



部屋に戻ってもワイワイガヤガヤ。

地酒2升やビールなどを飲み干していました。

当日は、朝から16台の参加車が集まり、ドライバーもだんだんと増えてきました。









我がチームは、サクシードとヴィッツの2台体制。



私の乗る2号車 サクシードは、ドライバー3人で4時間を乗る計画で、1人80分づつ乗ります。



今回のコースは、高速コースで路面μの低い悪路を走りますが、土埃が舞い上がり出すと前が見えなくなり危ないので随時散水車がコースイン!
路面に散水してヌルヌルに、もっと滑りやすくなります。



この路面μの低い中、レースをするとかなりの運転技術の向上が図れます。
ブレーキング、コーナリング等サーキットと操作は同じですが、より限界時の練習が効果的に出来ます。

ですから、みなさんスピンしたり、クラッシュしたり、ひっくり返ったり…汗







どんどん参加台数が減っていきます。





途中まで上位の中で接戦が繰り広げられ、スタートから2時間40分(トップから3周遅れの5位)に3番手ドライバーで私に引き継いでからは頑張って何台も抜き、残り30分の時点で1位まで順位を上げましたが、

最後の5分でパンク!





タイヤ交換のためピットインして、残り2分でコースインして何とか4位(247周)でチェッカーを受けました。







戻ってきたら、クルマはドロドロボコボコ。








しかし、レーシングカーやスポーツカーではなくノーマルカーですがちゃんとレースをでき、達成感が高く、かつ技術向上にもなり、懐にも優しいイベントでした。

いつもの通り、温浴施設で砂埃を流し、地元の郷土料理の越前そば屋で舌鼓を打ち、帰路につきました。



Posted at 2017/04/04 01:24:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月03日 イイね!

次期992は、ターボばかり。

次期992は、ターボばかり。急に車サイト各社から2019年に発売される8代目次期911(開発コード名:992)のスパイショットが掲載されましたね。

明らかにポルシェAGが誘導、情報提供しているのが、”みえみえ”ですが。笑

それよりも、びっくりしたのはそのデザインと今までNAとお決まりのGT3までが全てターボ化されるという情報です。

今までは、C2やC4、GT3は、NAエンジン、
Turboは、ターボエンジン。と概念が決まっていました。しかし、これが、991前期からダウンサイジングターボとNAエンジンの技術的課題でポルシェAG創業時からのこの概念が混乱しています。

オマケに、C4は、Fr.モーター+Rr.ターボE/GのAWDハイブリッド!←ホイールベースを拡大











ボディーはよりデカくなり、ホイールベースも拡大、アルミとスチールのハイブリッドボディーは、やはり弱かったようで、より高剛性化するみたい。

タイヤも、20〜21インチの大径サイズ!

991Rでシャーシー制御が高度化されましたが、この電子デバイスも導入されるみたい。

Carrera2は、ダウンサイジングターボ!

Carrera4は、Frモーター、Rrターボ!

ターボは、もちろんターボ!笑

GT3も、何故かターボ!爆

結局、ターボばかりになっちゃいます。笑笑
違うのは、パワー差だけ。笑

992からは、”ポルシェターボ”は無くすのかな?←無くさないから、紛らわしい。

もう紛らわしいから、お客さんのパワーや予算で、松、竹、梅や甲、乙、丙、丁やココイチみたいに1辛、2辛、3辛、4辛にしちゃえば良いかと。

C2は、1辛で380ps。

C2Sは、2辛で435ps。

C4は、3辛で380ps+モーター。

GT3は、4辛で525ps。

ターボは、5辛で500ps+モーター。

ターボSは、6辛で600ps+モーター。

みたいに。笑

もう、グレードによる上下がなくなった。
お客さんが、パワーや仕様による差でどれかを選ぶだけ。

それでは、991前期のGT3 E/G載せ替えのリコールは、やはりカネをかけて解決したけど、次期は低コストでリスクの少ないダウンサイジングターボにしたとか考えられないですね。

992でそのリコール費用を回収しないといけないのでしょうね。爆










もう、911は、ナローから引き継がれてきた良きアイデンティティを継承したクルマでは無くなった気がします。

時代背景に流されたポリシーのない営利主義のクルマになっていったような…

リアのテールランプと可変フードのデザインも、何かヘン。笑






実車は、それなりにデザインは纏めていると思いますが、どんどん大きく、どんどん重く、どんどんハイパワー化しています。

空冷ポルシェの小振りで、軽くて、キビキビ走る合理的なパッケージは捨ててしまったのかな?

ポルシェAGは、彷徨っているなぁ〜〜
ボクスター、ケイマンやカイエンやパナメーラ、マカンなどの車種が増えたから、共通プラットフォームにして原価を下げ、911は売れなくても良いのかな?

やはり、初心忘るべからず。

残念ながら、ポルシェ博士の”スポーツカーメーカー”として創業したポルシェAGの企業ポリシーは薄まりつつあるようです。

私にとって、残念な次期992の情報でした。


Posted at 2017/02/03 02:27:16 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年02月02日 イイね!

新旧RSで奇跡のツーリング。

新旧RSで奇跡のツーリング。先日、997.2GT3RSと73Carrera RSでツーリングに行ってきました。

この2台、ポルシェの歴史を代表する空冷&水冷911 RSなのです。

製造は、1973年と2011年で38年の隔たりがあります。

この40年の間に、大きくなり車重も増え、水冷化エンジンになり、パワーやトルクも増え、電子化デバイスが増えました。

しかし、時代は変化しても、乗ってみると、きびきび走り、運転してめちゃくちゃ楽しいのは2台の良き共通点です。

基本通りの運転をしないとうまく乗れないのも、ポルシェの良さです。











いまでは、73Carrera RSは、海外のオークションでは●億超え!






大半は、盆栽のように保管している個体ばかりで、快調に走れる個体は少ないと思います。

一方、997.2GT3RSも、究極のGT1系ユニットを積んだスチールボディの最終形です。

















ツーリングして、美味しい食事をして、温泉を満喫しました。

やはり、メーカーが本気で情熱を注いで開発したクルマは、いいものです。
Posted at 2017/02/02 19:34:29 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@ゆーき。 早く見切りをつけて、返品された方がいいかと…」
何シテル?   07/07 00:21
Blueflex
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

VW,Audiのこだわりチューンならここ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/20 08:08:07

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ RS3 アウディ RS3
RS3スポーツバックは、アウディのモータースポーツ部門を担う子会社・アウディスポーツ社( ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
〔997 GT3 RS 3.8 Mk.2〕 『911GT3RS3.8』は、ポルシェ ...
BMW M5 BMW M5
BMW M5 SMGをモディファイ。 Brembo GTキットに、タコ足、マフラー、N ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
バサルトブラック・メタリックの996TTを楽しんでいます。 4WD+TURBOの高速 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.