• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年02月18日

なんか991GT3が大変らしい

なんか991GT3が大変らしい もう、海外の情報を集めている方は、ご存知だと思いますが、

この数週間の内で、イタリアで3台、スイスで2台の991GT3が車両火災を起こしたようです。

Porsche GT3 drove on the A1 highway towards St.Gallen. When the driver perceived strange noises from the engine area, he left the highway. On the Wilerstrasse the driver stopped the car. He saw leaking oil and smoke is in the rear engine. A short time later the Porsche caught fire.



僅か60kmの納車間もない991GT3が、E/G付近から異音が発生した直後に、油圧低下、チェックランプがつき、道路脇に車を停止して、すぐに車両火災が起きたようです。(2月5日)
直ぐに、ドイツ シュツットガルトのポルシェAGのエンジニアが、火災の発生したイタリア ナポリのディーラーまで火災車両を確認に来たようです。

I am the administrator of Porsche Club Campania, an Italian porsche club.
A member of our Club last Saturday was near Avellino, in the south of Italy, his gt3 was really new, just 60kms. First the warning LOW OIL PRESSURE in the display and after few seconds his GT3 was burning.
The gt3 DESTROYED is now at the PORSCHE CENTER NAPOLI and this morning an engineer from Stuttgart came here to see the car. It is the 5th gt3 in Europe that burned with the same problem. It seems that Porsche already know where is the problem but I don't know if the dealer will be able to fix the problem. I will keep you updated.

急遽、ポルシェAGは、生産を中止し、原因究明をして、対策処置が取られるまで、販売もしないと2月12日に公式見解を出しました。



ポルシェAGでも、最優先事項となりました。

991 GT3 official Porsche Announcement:
Effective immediately and until further notice, delivery of any new 2014 911 GT3 units must be suspended. This Stop Sale action is being taken in order to investigate a quality issue that potentially exists with the engine of the subject vehicles. While additional details are not readily available, please know this matter is of the highest priority in the Porsche organization.

一年前から、この車を首を長くして待って来ている方や、予約をして納車を待たれている方、今まで約500台納車され、この車の良さに感動されているオーナーの方々も沢山います。



タイプ997から991になり、エンジンから、PDK、プラットフォーム、足廻りなど、全て新設計。
産みの苦しみなんでしょうが、最近のポルシェは、発売の発表が早すぎて、発売前の品質管理や耐久力試験が足らずに発売に至っている気がします。



昨年末にも、原因は公表されていませんが生産が止まっており、E/Gバーツのチタン化や4WSシステム、電子システムの改良がされた噂もあります。

実際、私の乗っている997.2GT3RS3.8もバリオカム アクチュエータの故障が相次ぎながら、リコールにもなっていません。GT3RS4.0は、生産途中から、対策品が付いています。
今は、またその再対策品が出ています。笑

他にも996ではインタミ問題もあり、何年もたった最近になってやっとリコール発表した次第です。

タイプ997GT3よりハイパワー、高回転のE/Gには限界があり、設計変更したのでしょうが、ハーモナイズドバランスや金属破断や金属疲労などの基礎的力学の限界が打開されていません。以前は付いていたクランクダンパーも取り払われ、バリオカム機構の装着や高回転化を意識しているのが判ります。

997.2GT3から991GT3へは、レブも8500rpmから9200rpmに上がり、パワーも430psから475ps/8250rpmへと向上していますが、この辺りが技術の限界なんでしょうね。

991GT2や991ターボの様に高回転まで回さずにハイパワーの出るターボエンジンの方が、これからはいいのかもしれません。





991GT3は、いい車に仕上がっている様子なので、ドライビングして楽しい車に仕上げて欲しいと思うのは、世界のポルシェオーナーの願いだと思います。









フェリー・ポルシェの格言である
「最新のポルシェは、最良のポルシェ」

であって欲しいものです。

追記:
ポルシェの最新型スポーツカー「911GT3」が欧州でオイル漏れによる車両火災を相次ぎ起こしたとして、ポルシェジャパンは21日、国内で購入した約40人に使用中止を要請した。また国土交通省に対し、原因が究明されるまで販売店にある新車販売も停止すると報告した。
 同社などによると、イタリアとスイスで今月、エンジン内部が破損しオイル漏れによる火災が発生した。けが人はいなかったが、独ポルシェ社は20日付で「原因究明には時間を要する」とのコメントを出した。
 日本市場には今月にデビューしたばかりで、価格は約1860万円。これまでに約40台を納車したという。

追記:
“Safety is a number one priority at Porsche, and the company takes its responsibility seriously. After engine damage occurred in two vehicles in Europe and the vehicles then caught fire. Porsche decided to inspect all 785 delivered vehicles worldwide.”

販売した785台全てを回収して、バラして検査するようです。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2014/02/18 15:02:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

【ハピクロドレコン2017】ユーザ ...
ハッピークロイツさん

報恩謝徳
正吾のお父さんさん

ナナガンでの思い出
酒盛りさん

秋のドライブ記録
Studio-Aoさん

ダイソーしばり...de!! DI ...
ぽにょっちさん

最初で最後のおのろけブログw
マタさん

この記事へのコメント

2014/02/18 17:15:35
991gt3も買おうかな?
って思うときもあるんですけど

リコールとかの対応が理解できないので
何か買う気に成らないんですよね

未だに古いのを乗ってるってのも良くないんですけどね

コメントへの返答
2014/02/18 18:11:11
私も991GT3RSは、魅力的で迷っていますが、997.2GT3RSのアクチュエータのバラしたエンジンを見ていて、何故か買う気になりませんでした。
2014/02/18 17:17:56
こちらで見てよく分かりました(笑)
なんせ英文全くあきまへんので( ´艸`)
コメントへの返答
2014/02/18 17:25:27
インタミ問題やアクチュエータの原因をみていると、ハイパワー、高回転の限界という気がします。
ただ、車両火災は命に関わる問題ですから、キチンとした対応を待ちたいですね。
2014/02/18 18:22:16
深刻ですねw

きっちり原因究明して安心して乗れる車に仕上げてもらいたいですね。

モデルチェンジのサイクルが短すぎるんでしょうか?
コメントへの返答
2014/02/18 18:33:31
サイクルの短さよりも、文中最後に書きましたが、高回転化、高出力化、バリオカムなど複雑化し過ぎの点、技術の耐久力試験の期間が足りない点の二つが問題だと思います。

サーキットで安心して走れる様になるのも、あと3〜4年はかかるんじゃないでしょうか?

2014/02/18 18:39:34
直6の限界を超えてますよね。997でもバランス崩していて、結局水冷は996がベストという話もちらほらありますからね。私がほしいのは、996RSですが、格好は997RSがいいのがつらいところです。
もっとも購入できませんが...
コメントへの返答
2014/02/19 10:23:31
たけ39さんと同感です。
996GT3RSは、軽くて乗りやすいですね。

やはりデザインは997の方がいいですが、私が海外のポルシェチューナーやオーナーと情報交換して、997.2GT3RSの課題を対策してきました。
997GT3RS4.0ぐらいが、E/G性能の限界なんでしょうが、
この事は、ポルシェAGもちゃんと認識していて、991を新設計したと思います。
しかし、耐久力試験期間が短すぎが原因だと思います。
次の戦闘機は、996RSみたいですね。笑
2014/02/18 18:45:53
ポルシェは「「最新こそ最良」と思っていましたが、
車両火災は人の命に係わりますので、しっかり原因を究明してほしいですよね!
それこそがポルシェを愛するすべての人々の願いと思います。
コメントへの返答
2014/02/18 19:05:34
全く同感です。
自動車メーカーにとり、一番の問題は命に関わる車両火災です。
ポルシェを愛するオーナーにとって、早期の対策、解決が望まれますね。
2014/02/19 18:59:47
最新のポルシェは、最良のポルシェ そう願いたいですね。

私もインタミ問題で、ロット違いからリコール対象に入っていないので、少々不安を持っています。

〇菱のような体質にならないことを願っております。ポルシェは小さい頃からのあこがれであり、今後も憧れる存在であってほしいものです。
とにもかくにも、信頼できるメーカーであってくれ!
コメントへの返答
2014/02/19 19:52:17
コメありがとうございます。
今回の991GT3の件は、◯菱の内容とは全くレベル、内容が違うと思いますが、

991Carreraでも、かなりいい車に仕上がっていますから、GT3は別格にいいのでしょう。

時間はかかっても、原因究明と対策をしてもらいたいと願います。
2014/02/19 23:01:56
これを機に、そろそろ、高回転 高出力より軽量小型化に技術の粋を集めて各社競争する!とか!
現実的な走りを楽しむには’73カレラのサイズ位までにもどして!で、今の技術を駆使して1Ton位に仕上がったら面白いやろうな!
コメントへの返答
2014/02/20 01:33:06
衝突安全基準や競合車種との絡みがあるので、今の流れになっていると思います。
991GT3は、フラッグシップなんで車としては魅力的だと思います。
小型車が欲しい方は、ボクスターやケイマンがあるので…。
2014/02/20 19:36:56
インタミの件で、被害者オーナーにオーバーレブが原因ですとかいってる営業がいるのを知っているので笑っちゃいますよ。
シングルロウ、デュアルロウすらわからないで仕事してるわけですから。。。
といいつつ、また997かケイマンか996買おうかなと思っています。(笑)
コメントへの返答
2014/02/20 20:03:06
ポルシェだけでなく、基礎のあるメカは稀ですね。私も詳しくないですが、「あれ?」という説明や技術、モノ売りだけのshopを見かけます。
ポルシェは、難しいですが乗って楽しいクルマですから、いいですよ!
2014/02/21 23:00:31
初めまして。
購入できる立場ではございませんが、年を追うごとに顕著なコウトダウンやデザイン変更はイメージダウンを促進している気がします。
SUV、5ドアを生産していることでもメーカーの名前は同じですが造っている車は全く違うと認識しております。
株主や経営軍にとって空冷時代の優雅なコストの掛け方は許されないものなんでしょうね。
コメントへの返答
2014/02/22 09:36:22
コメありがとうございまする。
GT3は、フラッグシップカーなので、それなりの開発資金はかけているとは思います。

ただ、プラットホームやE/G、PDK,4WSなど新機構を今回一変にやりすぎ、耐久試験が足らなかったように思います。

ポルシェの歴史は、今までレースで開発してきたので、まったく新しい水冷直噴E/Gの安定化には時間がかかるという事のようです。
2014/02/22 19:27:35
はじめまして。イイネ!から失礼します。
ポルシェ・ユーザーとしては複雑な心境ですよね…。
しかしながら、これを機会に反省し、改めて安全最優先に舵を切って欲しいと望むばかりです。安全こそ最も大切な性能ですからね。メーカーを温かく見守っていきたいです。
コメントへの返答
2014/02/22 19:46:21
私も空冷の356から半水空冷の997までポルシェを数台所有し、E/GのOHなどをしてきて、その構造や特徴を把握しているつもりですが、

やはり、新型水冷直噴E/Gでは、最近のハイパワー化、高回転化し過ぎて、耐久力や組み付け精度、制振技術などが解決できていないと思います。

時間がかかっても、キチンと対策してもらいたいと思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #RS3 サイドボックス修理 http://minkara.carview.co.jp/userid/802284/car/1362598/4504457/note.aspx
何シテル?   11/09 19:49
Blueflex
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

AUDI A1 デイライトなどコーディング施工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 21:46:27

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ RS3 アウディ RS3
RS3スポーツバックは、アウディのモータースポーツ部門を担う子会社・アウディスポーツ社( ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
〔997 GT3 RS 3.8 Mk.2〕 『911GT3RS3.8』は、ポルシェ ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
964 C2をベースに、RSパーツ、E/Gパーツ、Rufパーツ、スペシャルプログラム、ラ ...
BMW M5 BMW M5
BMW M5 SMGをモディファイ。 Brembo GTキットに、タコ足、マフラー、N ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる