• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年08月11日

ポルシェ991ボディと4WSと電子制御の謎

ポルシェ991ボディと4WSと電子制御の謎 最近のポルシェ991や718、918等のアルミ合金とスチールの接着リベット工法ボディについて、メーカーの説明とは裏腹に、実際とは違う一面があるようです。






991は、クルマが997から肥大化し、ホイールベース、トレッドの拡大、エンジンの搭載位置のミッドシップ化(後駆動軸よりE/Gが前方化)して、より安全でトラクションアップを狙い、開発されました。

これを今までのスチールだけで作ろうとすると車重がアップし、走行性能も悪化し、燃費も悪化し、軽量化と乗り味を変えたくなかったので、スチールとアルミ合金素材の接着工法でボディが作られています。

アルミ合金のリベット接合は、衝突に弱く、バラバラに破壊されます。それで、接着工法と組み合わされています。
背景には、スチール鋼材の原価の高騰もあり、アルミの原価と変わらなくなってきている事もあるようです。

●航空機の接着工法については、こちら

●軽量化を進める自動車メーカーについては、こちら

●軽量多機能化に貢献するアルミニウム合金の接合技術については、こちら

997ボディと比較して、991ボディは、14%軽量化、ねじり剛性は、25%アップ、溶接ポイントが半分になり、その代わりに接着剤で接合ポイントが120m以上に及びます。
それにより、0箇所のリベットポイントも2,000箇所になりました。






メインキャビンがスチール製モノコック、前後のオーバーハング部がアルミ合金製で、航空機と同じリベットと接着剤での接着技術で接合しています。

先ずは、メーカーサイトでの説明より引用

●継続的な開発。
軽量ボディとその修理においても同じです。

創造性は、ポルシェのひとつの大きな特徴です。つまり私達には、ボディショップにおいても立ち止まるという言葉はないのです。ここは、テストを積み重ねた洗練かつ軽量なスチールボディからマルチ素材ミックスと呼ばれるものまで、ポルシェが独自のボディシェルの連続生産を開発した場所です。異なる特徴として、軽量スチールボディが主にスチールとアルミニウムのコンポーネントを使用しているのに対し、マルチ材料ミックスのボディシェルはアルミニウムやカーボンなどさまざまな素材から構成されています。そのため、構造はいっそう複雑になっており、それは修理においても同様です。また、ボディシェルが先代モデルより約14%軽量化された現行の911(タイプ991)*によって示されるように、車両重量は大幅に軽減されています。それでもなお、私達は1gの削減を追求し続けています。では、マルチ素材ミックスはあなたのボディシェルの修理においてどのように関係するのでしょうか?
あなたが必要とするものに、私達はお応えします。私達はこれを“lightweight repair expertise”と呼びます。




●私達がポルシェ車を修理する際、数量は意味を成しません。
品質こそ、最も重要です。

車が損傷した場合、新しい車両テクノロジーはそれに適した新たな診断および修理作業を要します。新しい材料とアセンブリー方法によって、修理もよりチャレンジングなものになります。従来のスチールボディの場合、診断はストレートニングベンチのゲージで実施されましたが、マルチ素材ミックスボディは極めて低い測定許容差のためデジタル測定されます。溶接も、主要だった組み立て方式ではありません。徐々に接着接合とリベット固定に代わりつつあります。





911(タイプ991)*の例:タイプ997に比べて、溶接ポイント数が約50%減少しています。2,000ヵ所以上のリベット固定が(タイプ997:0)、120m以上の接着接合(タイプ997:12m)とともに使用されています。


このような極めて複雑な構造に対し、車両の設計および製造者以上に適切に修理を行える人がいるでしょうか?つまり、私達が専門技術において不足しているものはありません。ポルシェ車の修理において、60年以上にわたる豊富な経験を備えています。そして、私達が現状に満足することはありません。

構造コンポーネントに使用されている接着剤の硬化を確実にするため、全てのポルシェ ワークショップはサーモスタットを備えています。










実際、991Cupカー、991GT3、カレラなど、最近のポルシェは、全てこの工法で製造されています。

しかし、軽量化、高剛性化は達成されていますが、サーキット走行によるボディの経年変化の早さ、やれも酷いようです。
事故をしたら、その度合いにもよりますが、衝突時のアルミ製オーバーハング部の破損が酷く(衝突安全基準もあり)、キチンと直らないこともある様です。

991Cupカーも中古車が出てきていますが、シェークダウン時から、ボディが柔らか過ぎで、脚のセットも最弱にしています。レース内でも事故時もこの工法がネックで破損が酷く、規定値まで直しきれない話をよく聞きます。






ナンバー付きのGT3やGT3RS、カレラなどの一般車両も、新導入の4WSと変な電子制御のお陰で、当初から足が柔らかめのセットで限界時はピーキーな挙動を見せます。
サーキットでは、かなり危ない。
硬いセットができないのも、この為もあるようです。












事故時もCupカー同様に前後オーバーハング部が簡単に曲がり、規定値までなかなか直しきれない様です。長穴加工で、アライメントだけ合わせた修理車両もあるみたい。汗






























今やBMWやBENZ、アストンマーチン、アウディ、フェラーリ、ランボルギーニ、国産などメーカーにより素材の組み合わせや接着または溶接工法が違いますが、これらを考慮してクルマの選択をしないと、経年劣化や事故時の修理回復性に大きな差がある様です。

この点までよく研究しましょう。

アウディやNSX等のオールアルミ製の溶接工法のスペーススレームは、強いことが分かってきました。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/08/11 01:06:31

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

F-Typeのアルミボディ
JOH_Jagさん

アルミ→スチール
N (エヌ)さん

997.2GT3RS完成形!
Blueflexさん

【第3回】Jaguar F-Typ ...
JOH_Jagさん

20150721
びよんたさん

超お宝の356Aスピードスターの売 ...
バスタブさん

この記事へのコメント

2016/08/11 07:49:53
なるほど…

991型の中古車等は要注意ですね^^;
コメントへの返答
2016/08/11 08:35:54
ウラ話のあるあるですが、良さの裏には悪さもある様です。

やはり、技術革新の定着と普及、改良には、時間がかかります。
2016/08/11 11:09:55
991のリベットなどは普通のリベットなどと違い
打つのに特殊な機械が必要で、非常に高い機械です。

また水冷に成ってからのポルシェのボディは非常に柔らかく
経年劣化で応力が集中する所にクラックが入ったりします。

991のカップは今年はPCCJで走らせてるので良く知ってますが
非常に華奢で車体側の寿命は短いですね。

ポルシェのボディを散々見ましたが 最強は930ですね
あれは半永久的に乗れるボディです。
私が知ってる範囲で最強に経年劣化に対して強いのはNSXです



コメントへの返答
2016/08/11 11:48:51
お久しぶりですね〜。

よくご存知で〜〜。笑

やはり、930〜964の頃のボディは、強いです。水冷になって996は弱かったですが、997では改善されてきました。

私が乗っている997RSや997Cupは、ハイパワーになってもあの剛性ですから930以上に強いと思います。

最近の991ボディは、時代の流れかもしれませんが、かなり弱い。
オマケに、アルミや複数のスチールの接着だから、元の規定値まで直っていないことが多いようです。
991Cupなんか、最初からボディが柔らかいから、減衰も最弱です。

NSXは、強いボディで修理体制もしっかりしていますね。
2016/08/11 11:12:21
なるほど〜〜

大変、勉強になります。
991は進化しているのでしょうけど、なんとなくどれに乗っても乗り味がポルシェっぽくなかったので好きになれなかったんです。
今思うと、うまく言えませんが、スチールボディーの乗り味というか、独特の感じが自分に合っていたのかもしれません。

930も、356も自然に入ることができましたし。

目からウロコでした!
コメントへの返答
2016/08/11 11:34:32
私も、356からいろいろ乗ってきて、991からは全く食指が動きません。

991RSや991Cupなど色々なお話を頂きますが、感動しないというか、乗っていて楽しくないんですよね。

ですから、私は997RSや997Cupで止まっています。笑

同じく最近のBMWも同様のアルミ接着ボディですが、楽しくないですね。

メーカーも、あまり拡大化せず、楽しいクルマ作りを維持して欲しいです。
2016/08/11 20:11:52
なるほど、お勉強になります。

新しい物を作るのが一番儲かると思うのですが、無理を承知で言わせて貰えれば…NSXみたく愛車を永く維持する仕組みを作って欲しいです。(^^;;
コメントへの返答
2016/08/11 20:21:28
全く同感です。

ホンダが偉いところは、NSXをアルミボディで作る際に、事故時のボディ修理のセンターをちゃんと作ったり、定期的にメンテするリフレッシュプログラムまで整備した点ですね。

ポルシェは、ディーラー任せで、その指定の板金屋でやるので、ボディ開発技術は素晴らしくても、修理技術が実際の破損状況に及ばなかったようで、規定値まで直っていないことがあるようです。

また、アルミの接着工法は、航空機では主流ですが、航空機は衝突は無いですからね。

経年変化だけは実績がありますが、あらゆる路面状況を走る自動車と安定した大気を飛ぶ航空機では、差がかなりありそうです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[パーツ] #A1スポーツバック UFS / アンダーフロアスポイラー http://minkara.carview.co.jp/userid/802284/car/2078343/8760825/parts.aspx
何シテル?   10/10 19:45
Blueflex
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

AUDI A1 デイライトなどコーディング施工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 21:46:27

ファン

157 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ RS3 アウディ RS3
RS3スポーツバックは、アウディのモータースポーツ部門を担う子会社・アウディスポーツ社( ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
〔997 GT3 RS 3.8 Mk.2〕 『911GT3RS3.8』は、ポルシェ ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
964 C2をベースに、RSパーツ、E/Gパーツ、Rufパーツ、スペシャルプログラム、ラ ...
BMW M5 BMW M5
BMW M5 SMGをモディファイ。 Brembo GTキットに、タコ足、マフラー、N ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.