• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2012年08月31日 イイね!

6の次に出るモノ

6の次に出るモノ 全貌を出し渋っていたマツダ6のセダンがやっとこさモスクワMSで公開された。

 全体を見ると、サイドビューが思っていたよりもシンプルで個人的には好みのデザインだ。

 肝心のエンジンではディーゼルが公開されなかったのが意外だけれど、ガソリンではやはりフォード系のV6は外されて、新設計の2.5L直4が追加された。

 意外なことに2.5Lには6MTの設定が無くて、スポーツ系エンジンというわけでは無さそうだ。アイドリングストップと例のキャパシタのセットは2.5Lにしか設定が無いようで、どっちかというとエコエンジンの設定かな。
 
 まぁ、個人的に興味があるのは2Lガソリンの方で、こちらには6MTが設定されており、6ATよりもMTの方が少しだけ燃費がよいというデータ。日本国内のモード燃費だと、お受験対策が進んでATの方が良くなるのだろう。ATでもMTでも6段もあれば、4ATのモンデオよりも高速燃費が伸びるだろうことは確実だ。

 車幅は1.84。まぁ、1.82のモンデオで困らないところなら困らない程度の差だろうか。

 ちょっと探した程度では車重が見つからない。SKYBODYの軽量化で2L 直4で乾装1.4トンを切って来たらすごいのだけれど、流石にそれは無理としても2.2Lのディーゼルで1.5トンを切ってもらいたい。個人的にはCX-5はディーゼルFFの排気量と重量をもう一寸頑張って欲しかったと思っている。

 アテンザセダンの2Lガソリンが、モンデオからの乗り換えではベストな選択の一つというのは鉄板だ。ただ、気になるのはクーペの噂が更にハッキリしてきたこと。AUTOCARによると、2014年中。 う~ん、消費税増税前に出てくるかどうか、微妙な線だ。

 来年6月に最低限の整備をしてモンデオを車検継続してクーペを待つか、それとも割り切ってセダンを買うか。まずは国内のセダンの販売開始と1月のデトロイトショーを待ってみたいと思う。


 話はそれるけれど、F30ディーゼルに6MTがあったなら、10年以上40万キロ乗り潰す生活も考えてはみるのだけれど、流石に500万以上を乗り出しで用意するのが懐事情的に厳しい。8段あるからATでも長く永く乗るならF30の320dは良いクルマだろうなと思うけれど。しかしながら、アテンザディーゼルとF30では乗り出しの価格差は200万円は有るだろう。リッターバイクの新車が買える差額と思えば、なかなか後者を選びづらいところだ。


***追記***
 重量発見
G2L6MTで1340kg!!
G2L6ATで1370kg
G2.5L6ATで1410kg

 これは軽い!!素晴らしい走りが期待できそうだ。
  
2012年08月23日 イイね!

Cセグハッチ再考

Cセグハッチ再考 新型のオーリスが出てきた。
 当然6MTのRSモデルの装備、価格設定に期待していたのだが、やはりというか、サイド+カーテンエアバッグはオプションだった。

 どうやらCセグの5ドアは背が低くなるのが世界的なトレンドのようで、ゴルフ7も車高を下げてくるとの噂だし、アウディのA3もベンツのAクラスも新型は背が低い。このオーリスもその波にしっかり乗っているところがトヨタは流石だと思う(イヤミではなく)。

 しかし、オーリスRSにサイドエアバッグを付けると、もうちょっとガンバって86の中間グレードにした方が、+200ccの余裕も増えるし、後々処分するときにもたとえ廃車状態でも査定ゼロにはならないw、とも悩みドコロ。


 そんなこんなで、トヨタのHPで新型オーリスの仕様と装備を見ていて、MTに対する拘りの熱は冷めてきて、国産Cセグハッチバックの候補は・オーリスRS → SX4に変更でいいや、という気持ちになった。

 なぜSX4なのか?

 タイトル写真を見てもらって判るように、スバルXVよりひとあし早く『クロス系』のMCをしているのに、全く話題に上がらないところが不憫で不憫で・・・(笑

 しかし、モデル末期とはいえ素が良い車両。8個もスピーカーのあるMDオーディオが付いてきて、各種安全装備とエアバッグはフル装備。キーレスもイモビもオートエアコンだって付いて、さらに4WDだとシートヒーターや後席ヒーターダクトはもとより、基本的な4WD性能も文句なし。これでお値段税込み1,896,000円のモノグレードですよ。他に欲しいのはマットと冬用のタイヤセットくらいで乗り出せて、買うとなれば多少の値引きも期待できると思えば1.5LのCセグハッチでイチバンお得な車両じゃなかろうかと。


 といってもネックは4AT

 あとは、4WDになると5L減って45Lの燃料タンクだなぁ。燃費リッター13キロと見ても500キロちょいの走行で給油を考えないとならない。日帰り700キロは当たり前の使い方としては、悩ましいところ。高速だけならもっと伸びるかな?個人的には600キロは余裕でクリアしてもらいたいのだけど、となると高速燃費でリッター15かぁ。行けそうかな?

 重ね重ね残念なのは、修ちゃん体制になってWRCプロジェクトがご破算になり、SX4のスポーツモデルが国内でも海外でも出なかったこと。海外ではディーゼル+6MTが有るけどWRCイメージとは無縁。FIATの方が売れてるとか聞くし。もしあのままWRC続けていて、SX4SPORTSなんてのが出ていたら・・・と、悔やむのはやめにして、現実を見ましょうか。



 個人的な話で恐縮だが、高校に入学した当初、電車通学の供にSONYのWALKMANを買いに電気屋へ行った。ところが、いざ店頭で並んでいる商品を比べたら、デザインはイマイチでプラスチッキーだけど機能(つまみやボタンやランプ)が満載で、少しお安いAIWAの製品を買ってしまったのを思い出した。

 あれは、むき出し5本のイコライザーのスライドスイッチがとても邪魔だった(笑

 SX4は、『まさにスズキ・・・』という車種ではあるけれど、MTに拘る気持ちを捨てて、道具として6年使い倒すならこの選択も悪くはない、かな?


あ、そうそう、皆さん忘れているかもしれないけれどこのクルマ、イタルデザインなのですよ。
2012年08月20日 イイね!

遠距離走行

遠距離走行 この木曜夜~月曜朝にかけて、カミさんクルマのシャトル(ガソリン車)で名古屋方面に出てみた。

 走行距離1800キロほどのうち、1600キロ近くは運転したのだが、お盆分散と不景気?で、交通量が思ったほどでなくて助かった。インターナビで助かったところもあるし、うざかったこともある。

 伊勢から名古屋に向かう金曜夕方には、高速が鈴鹿~四日市のあたりで大渋滞。しかし、シャトルが生産された地元(シャトルは鈴鹿製作所製)だからか、ナビは高速を降りて裏道を駆使した下道ショートカットで適切な指示をしてくれて、特に酷い渋滞で止まることなくスムースに名古屋に帰れた。このあたりはさすがの機能だ。

 しかし、リアルタイムの交通情報を反映させるのにはデメリットも多いようだ。

 日曜の夜に一宮でカレーうどんを食べた帰り道、宮城へ戻るのに中央道を使う道を推奨してきた。(行きは東北道~首都高~東名1を利用)、たしかに、一宮から中央は直ぐに入れると思ってナビにしたがったのだが、これが大失敗。

  恐らく交通情報と渋滞情報に併せての推奨だったのだろうが、東名から長野道~上信越道~北関東道~東北道に出る道はアップダウンも激しくウネウネしていて、オートクルーズを使ってもストレスと疲れが溜まる。そこに、何を考えているのか、途中でリルートを繰り返し、あげく岡谷から高速を降りて一般道の山坂道を100キロ近く走って小諸まで抜ける下道を走れと指示してきた。たかだか15分の短縮のために・・・



 これは無視してぐるっと高速を走り続ける道を選んだが、長野道の区間では何度も何度も”高速を降りて下道を”行くように指示を出すナビの音声にイライラが募った。走行中は操作も出来ないし、そもそも操作の仕方も良く判らない。おまけにカミさんは助手席で爆睡中。


 東北道でも、白石ICで降りるのと村田ICで降りるのとで頻繁にルート指示が変わったのもしんどかった。確かに白石ICで降りると4号線の下りで通勤渋滞に遭うので、村田から降りて山道を走った方が早いかなとは悩むところなのだけど、それを100キロ以上南の郡山あたりを走っているときから5分に1回位の頻度でリルートを繰り返し、その都度「ルートが再設定されました、*分の短縮になります」としゃべるのはやめて欲しい。

 リアルタイムの交通情報を反映してリルートするのも良いけれど、よほどのことがない限り最初に設定したルートで固定したほうが個人的には気が楽だ。

 正直、インターナビはハンドルにナビ音声カットボタンが必要だ。

 まぁ、そんなこんなで、自分の次期営業車にはカーナビを絶対に付けないぞ、と改めて思った次第。


~~~旅行の話~~~

 金曜は夫婦で伊勢神宮に行った(ついでに、厄払いもうけた)が、土日はカミさんが仕事だったので、自分は終日フリー。ということで、土曜は名古屋でプラネタリウム+科学館を満喫。日曜は独りシャトルを出して各務原に行って楽しんできた。

 各務原は10年ほど昔に休館日にあたって泣いたことがあっての初訪問。ここには飛鳥(タイトル写真)が有るのが有名。
 個人的に勘違いしてたのが、T2-CCVはここにあると思ってたのだが、あれは自衛隊の実験団がまだ保有しているので、岐阜基地でしか公開していないみたいだ。T2はブルーのが1機あった。



 やはり104は格好良いね。地上から聞くJ79はうるさかったなぁ。


ところで、



 写真を使った方が良いと思うのだが、肖像権の問題かな?



~~~追記~~~
 インターナビの音声のボリュームは、ナビ本体でしか変更できなく、そのメニュー階層も結構深い。ステアリングのスイッチでオーディオのボリュームを絞ってもナビ音声は連動しないので、走行中にナビ音声のボリューム変更は難しい。

おまけで104の細かいところ。

 AOA用の検出ユニット。機首右横に付いてある方(左側は、先の写真のコックピット脇下に映ってます)。たしか三沢の屋外展示機では外されていたと記憶。要は、実際の進行方向と機首の迎角を検出するユニット、Angele Of Airflow。シンプルな形状でその役割を果たすのが素晴らしい。これでマッハ2の熱と衝撃に耐えられるのだから、材料はなんなのだろうか。この時代ならステンレスかな。
Posted at 2012/08/20 15:08:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2012年08月13日 イイね!

独りの夜は・・・

 カミさんは夕方のフェリーで北海道へ旅立ったので、一人ビールを飲みながら、ダラダラと夕飯をつくり、
(メニューはドライカレー、にんにくの芽炒め、鶏肉からあげ、キャベツ)、スカパーをつけると、ちょうどWSBKが始まった。

 2012年シルバーストーンのレース1は大荒れ。赤旗になっての再レースも混乱続き。
最終ラップの最後の最後でもドラマが。

 1分ほどのダイジェストですが、ぜひとも見ていただきたい。



 いやぁ、面白かった。

 ちなみに、青山選手は13位完走扱い。

 レース2も楽しみだ。さて、もう一缶いくか(止める人も居ないので・・・)


追記:レース2はフルウェットで転倒者続出。カワサキのBAZがトップに立ったら転倒。
直後に赤旗終了のグタグタなレースだった。


 しかし、ヤマハが撤退して芳賀選手も居ないWSBKは見所が少ないなぁ。
モトGPはロッシがヤマハに復帰で2年契約…うーむ、マシンの開発費減っても勝てるか、ヤマハ?
Posted at 2012/08/13 21:12:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2012年08月11日 イイね!

お約束の錆

お約束の錆 モンデオMK3のボディは、サスガに欧州Dセグの下に位置するだけに、結構な厚さの鋼板と厚い塗膜とで被われている。のだけれども、どうやら右後のドアの下側だけは、錆が発生しやすい部位として有名なようだ。

 うちのもタイトル写真の通り、錆がある。といっても、購入前からココが錆びるのを知っていたので、たまにグリーススプレーを吹き付けていた。写真はグリースを拭き取ったあとなので錆がモロに見えているだけで、購入からの3年ではそんなに進んでいないと思う。

 ココの部位は、おそらくドア内の排水用ドレン穴からの水が滴ってきて錆びるのだろう。他の3枚のドアはなぜか錆びないようなので、この右後ドアだけ形状が芳しくないのか、下地処理がイマイチなのか。まぁ、よほどのことがない限り大きな問題にはならないと思うけれど、欧州のフォーラムでは、ココの錆自慢が流行したことがあったようで、穴が空いているのまでお披露目されていた。

 MK3にお乗りの皆さん、一度くらいココを見たこと有りますか?


 さて、うちのモンデオは走行距離が伸びていないどころか、殆ど乗っていないので、ディスクローターは錆びるは鳥糞で汚れてるわで、ちょっと可哀想になってきて、軽く洗車したのだが、全体のお疲れ感はあまり変化しなかった。バンパー周りの修理が適当だからだな。

 胸に手を当て冷静に考えれば、高速道を法定速度以下で巡航している時の燃費の悪さとATのかったるさくらいしかモンデオに対して大きな不満は出ないのである。チョイノリで燃費が伸びないのは、どんなクルマも一緒(HV除く)だし、年に2万キロ走らないのなら下手な中古車に乗り換えして苦労するより『モンデオ2年続投』ということも考えることしばしば。

 だって、クーラーも良く効くし、抜けてきているダンパーだって新品に交換するまでの文句があるわけでもないし、エンジンマウントだってまだ我慢の範疇。なにより、年式遅れを感じさせないキネティックデザインは未だ健在だ。

 ただまぁ、信頼性(突発的な故障など)を考えるとボチボチ悩ましいのも事実。それだって、インテークマニホールドのバタフライを取っ払えばリスクは一気に下がるんじゃなかろうか。


 悩ましいのは、消費税の税率変更が決まったので、将来クルマを買うには余計なコストが発生してしまうところ。そういう意味で、来年3月までの一部新車で収得税が軽減や免税されるところは、チャンスとも言える。

 しかし、営業車にアテンザクラスが必要なのか?ということも考えドコロ。ゴルフ1.2もモデル末期で安くなりそうだし、すこし全長短いクルマにしても良かろうに。

 コンパクトといえばスズキだけど、スプラッシュは少し小さすぎるしCVTだから・・・と思って鈴木のHPを見ていたら、4ATで減税が付かないけどSX4が安全フル装備で安いのに気がついた。SX4いいね!とときめいたら、パリで次期モデルが出てきそうな感じなのだな。マガジンXでスクープされてたホイルが5穴のモデルかな?

 エスクードは値段考えればとてもバーゲン車両なのだけど、排気量と重量が自主規制枠外なのと、5MTではサイドエアバックが付かないのが残念だ。スイフトもMTだとエアバッグが付かないのは何でデスかね?
 まぁ、某社のHDDナビ付けないとサイドカーテンエアバッグが装備できないよりは良心的 :p

 と鈴菌に感染するかどうかの瀬戸際にいたら、仕事の電話が。年内に広島へ仕事で行くことになりそうだ。アテンザ作ってるのは山口県だけれど、やはりマツダ地獄?

結局のトコロ、決められない止まらない次期営業車選びでございます。
Posted at 2012/08/11 13:36:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記

プロフィール

「マツダのハッチバックコンセプトはアクセラ(3)?6の新型のコンセプトは出てこないのかしら。」
何シテル?   10/12 10:24
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.