• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2013年03月28日 イイね!

杉花粉は無慈悲な春の女王

杉花粉は無慈悲な春の女王 ボンネットに杉と書いて、「花粉」と続けるか、「真理」と書くかで悩んだところで、あほくさくなって写真を撮った。

 文字が書けるくらいまでの汚れを放置していると、心が痛む。昼休みに、洗車することにした。



 前回から投入した、水道を繋がなくても使える高圧洗浄機。結局は水を汲むのが面倒なのでホースを差し込んで水道から水を供給しながら使うことになる。バケツ独立型の存在意義は・・・有るのです。

 全体を水で濡らした後、バケツにカーシャンプーをそのまま投入。ノズルからは良い案配の泡付き洗浄液が出てくるので、左手のスポンジでこすりながら全体をシャンプー洗車。そのうちバケツは真水で置換されていくので、しばらく洗っているとノズルから出るのはすすぎ水になる。セルフのコイン洗車機ならシャンプーコース5分600円というところが、自分の納得行くまでやれるのだ。

 バケツ一体型だから出来るこの切り替え、これはとても便利だと思う。思わせて。

 適当に20分くらい格闘していたら、きれいになった。



 暖かくなってきてリヤ窓スモークの気泡が目立つが、最初のオーナーがやったディーラー施工だと思う。が、こんなモノなのか? 冬は目立たなくなるのだが、夏はバックミラー越しでもうっとうしい。

 ドアを開けて細かいところを掃除したいところだったが、これにて時間切れ。運転席のドア周りのみ掃除しておいた。


 ん?

 

 昆虫の糞が・・・orz

 ボディ磨き、ワックスなどは、6月の車検の前にやることにします。

~本日のまとめ~
 ・ゴルフ7のテザーサイトで、インテリアにMTのシフトノブが見える。ディーゼル+MTの暗示?
 ・アテンザのディーゼル6MT、アルミを17インチに下げられないんだ・・・残念
 ・ニューヨークショーもシボレーの例のコンパクト2台は姿を現さず・・・残念
 ・WRCメキシコを見て、ポロの2枚ドアにしびれる。日本に持ってきてほしい。
Posted at 2013/03/28 13:56:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2013年03月23日 イイね!

たまには

たまには金曜の夕方から、東京ビックサイトでモーターサイクルショー見てきました。

H、S、Kの国産3社は展示に勢いを感じたんだけど、贔屓のY社が・・・
3気筒エンジンをポツンと展示されても、ねぇ。



にしても、新しいオートバイを見ても、あんまときめかないんだよねぇ。歳かしら。
最新のレーサーはときめくんだけど。

ちなみに、300枚撮っておねーさん映ってたの4枚(笑 タイトル写真は貴重な1枚です。
たまにはこういうのも写真にしないと、

さて、今回35mmのレンズ1本で行ったけど、近すぎて全体が映せないから離れると人が前方に割り込むの繰り返しだった。屋内の撮影だともう少し広角のレンズが欲しいなと思った。だけど、周りの人はすんごい長いレンズを付けている。カメラの世界はわからん・・・
Posted at 2013/03/23 11:31:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2013年03月17日 イイね!

ディフェレントエンジン

ディフェレントエンジン 前回は独逸Cセグで悩んだわけだけど、冷静に考えれば考えるほど、VW新設計の1.4エンジンは運用コスト的にとても魅力的である。というのも、2気筒停止で高速巡航燃費が大きく伸ばせるからだ。

 自分の乗り方の場合、高速道+流れる一般道が7割、市街地が3割という案配。

 気筒停止の1.4Lエンジンで1万キロ走るうちの7千キロはリッター18km程度、それ以外の3千キロがリッター12kmと想定すると、
 1万キロ走行での燃料消費は389L+250L=639L(推算燃費15.7km/L)となる。

 モンデオで推算すると、高速燃費が11.5km/L、市街地燃費が8.5km/Lだから、609L+353L=962L(推算燃費は10.4L/kmとなり実値と遊離していないので、この推算は健全) 1万キロごとの走行でハイオク満タン5回分の燃料費が上乗せされているわけだ。(年にすると10回分) 

 個人的には新型A3の3ドアにラブコールを送っていたわけだけど日本導入は不明なので、夏に入ってくるゴルフ7を次期営業車の新車部門の基準車両に設定した。

 新車で買って5年で10万キロ、燃料費の差が積み上がるのも営業車としては重要な点である。

 たとえば、ゴルフ7と新型フォーカスが同等の乗りだし価格で5年間同等の維持費用としても、年々積み上がっていく燃料費差を埋めるだけの満足感をフォーカスが上回っていなければ、冷酷にゴルフ7を選択せざるを得ない。2Lのエンジンを積むフォーカス、自分の使い方では1万キロでの推算燃費は12km/Lに届くかどうかだと思う。ゴルフ7とフォーカスで、1万キロあたり200Lの差、満タン3回以上の差になる。

 そうなると、V40の価格付けは、安全性にベクトルを振り、かつ1.6Lエコブーストを積んできた部分を考えると、非常に理に適った設定だと思う。恐らく素のゴルフ7に程々の豪華装備を積み上げていくと、V40と変わらないかそれ以上の乗り出し価格になる。それに2台の燃費差は2LNAエンジンよりはグンと縮まるだろう。それで数々の安全装備を手に入れられるとすれば、ITガジェット好きならばV40は魅力的だ。 私個人的には操作と安全性の多くをクルマに委ねることが出来るかどうかと言えば難しいけれど。 パッシブセーフティが整っていれば、アクティブセーフティーの必要性をあまり感じないという考えは古いのかもしれないが。

 そしてマツダ6の2Lスカイアクティブ。馬力やトルクになんら妥協すること無く、レギュラーガソリンで燃費も伸びるDセグメント。そして本年中にはマツダ3も出る、こちらの仕様と販売価格も気になるところ。(デザインはあまり期待できなさそうだけど)


 他には、BセグながらルーテーシアRSが日産の1.6L過給エンジンにデュアルクラッチの6ATを積んでやってくるハズ。設計の古くなったポロGTIと比べると、価格帯次第では信頼性の高いルノーというのも、悪くない。

 ゴルフ7が夏に出るからこそ、モンデオの車検延長を決めたようなものだ。やはりターゲットは消費税のあがる直前の来年度末。それまでに悩ましいクルマが多数出てくれそうで、ありがたい。

 フォーカスに1.6Lや1Lの過給エンジン、もしくは2Lスカイアクティブが積まれていたとしたら・・・と幾ら望んでも叶わぬ願い、だ。


本日のまとめ(ではない?)
 ・A3の3ドア、もしくはシロッコで2気筒停止の1.4Lエンジンが欲しい
 ・暖房が効くまで遅いのと排気系のメンテコストを考えると、ディーゼルはちょっと避けたいかな。
 ・ゴルフ7売れるんだろうなぁ、売れている車種に乗るのはちょっと嫌なんだよなぁ。
 ・とりあえず新車で5年整備丸投げできるのを買えば、オートバイの整備時間が取れるハズ。これ重要。
2013年03月14日 イイね!

プラスチック・エイジ

プラスチック・エイジ 小さなモノからコツコツという音は消えたのだが、どうもトランクルームか後ろの足回りから、異音がする。特に足が揺れているというタイミングでは無くて、揺れた後のぶり返しで何かがこすれているか揺れているような音がしているように感じられた。

 最初はトランクに入れているモノかな?と、とりあえず下ろせるモノは下ろしてみた。




 しかし、これだけ荷物を無くしても異音は消えなかったが、スペアタイヤ分軽くなったので、気持ち軽快になった。

 ここではたと気がついた。リヤシートを倒してトランクスルーにすればイイじゃない!
 しかしそれでも聞こえてくる異音の感じが変わらないので、車体下なのだろう。タイヤ2本を伸ばしている状態では判らなかったが、サスが沈んでいる状態で確認すれば何か判るかも?左右のスタビライザーのマウント部分かなぁ、などと思いながらタイトル写真のように後ろを持ち上げた。

 はい、再利用


 余談だが、この傾き具合がWRCでジャンプを決めた後の着地の状態に見えるので、少し格好いいと思って写真を撮っておいた。まぁ、このアングルで着地したら、そのあとフロントバンパー半分は無くなると思うけど。(ラトバラ状態)

 で、足回り・・・大丈夫そう。燃料タンク周り・・・前回確認した状態から変化無し。マフラー周り・・・マフラーは左右に派手に揺れるけど、振れ切っても干渉している感じも無い。

 どこだ?



 見つけた。右後ろの裏カバーがプラプラだ。何か部品が足りないからプラプラ状態になっているように見える。リヤに泥よけ無かったっけ?と左側を確認するが、こちらも泥よけは無し。 入手した時は何か付いていた気もするんだが、たぶんバックや雪道で飛ばしたんだろう。

 とりあえず、こいつをテープで仮止めして多少は揺れないようにして、当分乗ってみることにしよう。

 外装のプラ劣化は、どうしようもない。乗り倒すクルマの宿命でもあるし。そもそも、見えるところではないし。


 さて、今回気になったのはこちら。


 スペアタイヤの16インチ鉄ホイル、つや消し黒塗装仕上げが格好良い。付いてるタイヤはミシュランのパイロットプライマシーで205/55の10部山。 このまま未使用なのは勿体ないなぁ。
Posted at 2013/03/14 15:41:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2013年03月12日 イイね!

営業車への扉

営業車への扉 ジュネーブショーの展示車があらかた紹介された。

 個人的に気になるのは、BセグベースのシティSUV(死語)軍団。

 フォード、プジョー、シトロエン、ルノー、フィアット、VWと、魅力的な車種が勢揃いだ。個人的にはラプチャーのドア下の黒とオレンジの色の切り替え部分が好きだ。シトロエンのはC4ベースだから一クラス上かな?

 さて、BセグベースのSUVといえば、一応ジュークが火を付けたらしいが、元祖はやはりHR-Vだろう。自分がはじめて買ったのはこいつの1.6LでFF、もちろん3ドア仕様。車体が結構大きく見えるので誤解されがちだが、HR-Vのベースはロゴだった。FFのリヤサスなんて簡素な作りでバタバタするホンダセッティングだったから、ガソリンが減ってくると乗り味が悪くなるんだよな。荷室に120キロくらいの荷物を積んで走った時は気持ちよかったけど。
 それでも、かろうじて100馬力を超えるシングルカムのフツーのエンジンを5MTでがんがん引っ張って、軽い車体のおかげで気持ちよく走れた。目線が高いので先がよく見えて運転も楽だった。

 3ドアは運転席の前後位置がちょうど前後ホイールのど真ん中。夜の峠道で遊んでいたら、ライトのレイアウトが同じ205セリカと間違えられたのは良い思い出だ。もちろん燃費も良好で満タンで700キロ走った記憶もある。

 とにかく、3ドアのHR-Vは楽しいクルマだった。ホンダが近々出すと噂されているFIT派生のSUV車には、あの楽しさがあるだろうか?


 話が脱線したが、個人的に気になるのは、ルノーとフォードの2台
・ラプチャーが日産設計のエンジン+CVT以外の変速機で日本に導入されたら・・・
・フォードが1L3気筒エコテック積んで6MTまま日本で導入されたら・・・
と、思わなくも無い。

 しかしながら、個人的な趣味で言えば、最低地上高がちょっと高くて、キャビンは薄くて4シーター、3ドアなクルマが欲しい。

 P1800オマージュのV40が5ドアだし、メルセデスのAクラスもコンセプトは3ドアだったのに出てきたのは5枚ドア、欧州でも5ドアだけが設定されている車種が増えてきているので、1シリーズだってFFになる次は3ドアがどうなるかあやしい。ドアが少ないから安くて壊れる部分が減る、という感覚で3ドアをほしがる人は欧州でも減ってるのかな。ドアが多いと不便と感じる自分は、少数派なのだろうか? 最近のデザイナーは、後ろのドアのハンドルをどうやって隠すのかに躍起になっているんだから、デザイン的にはドアは少ない方が良いのだろうに。


 イヴォークは大きすぎるし自分の予算と使い方では高級車過ぎる(というか、買える身分では無い)。ペースマンは値段と中身が悩ましい。この手のSUV3ドアクーペが人気にって、CセグやBセグに降りてくるのを待つしか無いのかも。


~本日のまとめ~

 BRZのアウトバックが出たら、次期営業車に即決

 あと、マツダ6のクーペでディーゼル車も、待ってます。



 本文中ではS社のSX4について触れていませんが、何もトピックが無くてデザインがアレは駄目でしょ。イタルデザインを持ってかれた弊害なのかもしれないが、レジーナを提案した会社のデザインとは思えない。残念。

プロフィール

「マツダのハッチバックコンセプトはアクセラ(3)?6の新型のコンセプトは出てこないのかしら。」
何シテル?   10/12 10:24
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.