• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

好茶点のブログ一覧

2011年09月07日 イイね!

菅前首相に聞く

菅前首相に聞く2011年9月6日付けの中日新聞一面に非常にショッキングな内容の記事が掲載されていた。


3.11東京電力福島第一原発の事故発生当初、菅前首相が首都圏壊滅の危機感を持っていたことを明らかにしている。


独占インタビューとのことで、全国まではこの内容は報道されていないと思いますが、こんな衝撃的な事実は記録するべきであると思い、ここに全文を転載させて頂くことにしました。


事故1週間「背筋寒く」

菅直人前首相が本誌の単独インタビューに応じ、福島第一原発の事故発生当初の自身の動きや危機感、「脱原発依存」宣言に至る背景などを語った。一問一答は次の通り。
(聞き手=東京社会部・加古陽治、政治部・宮尾幹成)

菅前首相一問一答

不信
― 第一原発が大変なことになると、最初に感じたのはいつか。
 「最初の最初だ。電源が喪失し、冷却ができない。それが何を意味するか分かっているから、『こりゃ大変なことだ』と思った」
 「まず電源ということで、電源車を持って行けと。はじめはヘリコプターで運ぼうと思って重さとか寸法を測ったらどうしても運べない。陸路でかき集めた電源車を持っていき、つなごうと
思ったらホースが届かない。ずーっと、そういう状況に追われていた」

― その中で、なかなか正確な情報を把握できない。
 「きちんとした報告が入ってこない。水素爆発もそうだ。『格納容器内は窒素で満たされているから、水素爆発なんてあり得ない』と、原子力安全委員会は言っていた。それがドーンとなった」

― ヘリで現地に行ったのは、そういうじれったい状況をなんとか打開したかったから?
 「原子炉の状況を一番分かっているのは東京電力だ。だが、東電は現場と本店でツークッションになっていて、ベント(排気)が始まらない理由が正確に伝わってこない。それで現場の責任者ときちんと話をしようと考えた」

― 十五日に東電本店に乗り込むのは、第一原発から退避するという話が一番の原因か。
 「十五日の午前三時ごろ、海江田万里経産相(当時)から『東電が撤退したいという意向を示している』と。(第二原発と合わせ)十基の原発と十一個の核燃料プールを放置したら、何時間か何十時間の間に原子炉やプールの水は空となり、どんどんメルトダウン(炉心溶融)し、放射性物質が放出される。清水(正孝)社長(当時)を呼んで聞いたら、はっきりとしたことを言わない。それで本店に統合本部をつくった」
 「撤退なんてあり得ない。撤退したら今ごろ、このあたり人っ子一人いなくなっていたかもしれない。まさに日本が国家として、成り立つかどうかの瀬戸際だった。(旧ソ連)チェルノブイリ事故の何倍、何十倍の放射性物質が出ていたかもしれないんだから」

― 統合本部の設置が分岐点だったと。
 「本部を立ち上げ、海江田大臣と細野豪志首相補佐官(当時)を張り付けたことでグリップが効きはじめた。米国との関係もそれからうまくいくようになった。心配してくれたが、こちらにも情報がないから伝えられない。それで、隠しているんじゃないかと疑念を持たれた。統合本部に米国の専門家にも来てもらい、不信感がなくなった」

転換
― 一番危機感を持った時期は?
 「最初の一週間だ。東京に人っ子一人いなくなる情景が頭に浮かんで、本当に背筋が寒くなる思いだった」

― そういう経験を踏まえての脱原発依存宣言だったと。
 「3・11前は、安全性をしっかり確認して原子力を活用していくスタンス。私自身『日本の技術なら大丈夫』と思っていたが、3・11を経験し、考えを変えた。円を百㌔、二百㌔と広げる中に人が住めないとなったら、日本は成り立たない。十万、二十万の避難だってすごく大変だが、三千万人となれば避難どころではない。そのリスクをカバーできる安全性は何か、と考えた。それは、原発に依存しないことだと」

― 中部電力浜岡原発だけ、運転停止を要請したのはなぜか。
 「浜岡は特に地震の可能性が高いとの研究結果が出ている。ほかの原発も3・11前と同じような基準でいいとは思わないが、浜岡は特別だと考えた」

― 九州電力玄海原発の再稼働直前に安全検査の導入を打ち出したのはなぜ。
 「経産省原子力安全・保安院は、私の知らないところで、保安院だけで判断するという従来のやり方を取ろうとした。私は『それでは国民の理解は得られない』と言った。経産省はかなり意図的にやっていたと思う」

― 核燃料サイクルや高速増殖炉もんじゅについての考えは。
 「根本から再検討する段階に来ている。徹底した議論を出すしかない」

総括
― もう少し見届けたかったのでは?
 「与えられた条件の中で、やるべきことはやった。特に原発事故については、かなり進んだと思っている。再生可能エネルギー特措法案や原子力安全庁もできたし、そういう意味では3・11以降の課題の大きなところはスタートが切れた」

― 福島県の人たちにはどんな気持ちを。
 「本当に申し訳ないと思っている。『(汚染された廃棄物を一時保管する)中間貯蔵施設を福島県内に』との方針は、三月十一日に首相だったものの責任として言った」


以上、原文のまま転載。


菅前首相は、多くの批判を浴びながらも恐らく日本の危機を最も強く感じ、自分でなければ未来を変えることができないと首相でいなければと考えていたのだろう。


その場の経済ばかり考える多くの人間たちから、邪魔な存在として菅前首相は引きずり降ろされてしまった。


自○党が造った原発、自○党が管理してきた原発であるはずなのに、これまでの無責任な態度には呆れかえるばかりだ。


もし、あの時日本の首相が菅直人氏でなかったら、今の日本は存在していなかったかも知れない。


そんな日本国の大恩人に対し、私は心から感謝の念でいっぱいです。


「菅直人前首相、あなたの行いは後世まで語り継がれるほど立派だったと思います」


「ありがとうございました。本当にお疲れさまでした」







↑クリックで拡大

Posted at 2011/09/07 01:47:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | ひとりごと | ニュース
2011年09月04日 イイね!

生きるということ

生きるということ現在、台風12号が強い勢力のまま四国・中国地方をゆっくりと北上しています。

TVのNewsで局所的な大雨で水害に遭われておられる地域の映像が流れるのを見るたび、被害が大きくならないようにと願うばかりです。




最近、大きな災害のNewsを目にすると思うことがあります。


「生きるっていうことの意味ってなんだろう?」


単純に考えると「生きる」って、個である生命体が与えられた命を全うすることなんでしょうが、はたしてそれが個々の生命体が生かされている本当の意味なのだろうかと考えさせられてしまう・・・



その答えは自然の中にあった。


「生きる」とは、「未来」を守ること。


「未来」とは、子ども達へとつづく「種」の保存・・・


そのために必要な「知恵・知識」の伝承・・・


また健康な「種」を守るための良い環境作り・・・



それは、子どもの居る、居ないに拘わらずその大きな目的の為に個々は存在し生かされているということ。


そんな単純なことも、経済という魔物に傀儡された人間は忘れてしまっている。


こんな世の中だからこそ観て考えなきゃいけないヒントとなる映画の上映が9月1日より始まった。


『ライフ 命をつなぐ物語』


この素晴らしい映像に込められた「地球という生命体の未来」を守る大切さを、是非、世界の政治家や財界人、化学者の方たちにも見て戴き、気づいて欲しいと願っています。


まだ、今なら間に合う・・・と。。


関連情報URL : http://onelifemovie.jp/
Posted at 2011/09/04 01:07:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 情報 | 音楽/映画/テレビ
2011年08月23日 イイね!

心に残るあの名曲

なんか無性に聞きたくなった2曲。

せつない恋心に揺れる女性の心理状態を絶妙に歌にしている。

2曲とも小室哲哉氏の作品だが、単なるJ-POPと言えないレベルのクオリティだ。


『恋しさと せつなさと 心強さと』 篠原涼子



『I'm Proud』 華原朋美 with T.komuro



小室、華原コンビネーションの「I~」シリ-ズの最高傑作。
低音域から超高音­域へと流れるように連続する美しいメロディーライン、
その美しい流れを壊すことのない絶妙のブレス、
その完成度の高さは美しい芸術品に触れているかのようだ。

芸術といえる程の音楽を聞かせてくれる小室氏の復活を願って止まない。


Posted at 2011/08/23 01:57:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | music | 音楽/映画/テレビ
2011年07月23日 イイね!

Love Story は突然に・・・

Love Story は突然に・・・何から伝えればいいのか分からないまま時は流れて

浮かんでは消えていく、ありふれた言葉だけ・・・


不安定な心の毎日に自我を見失いそうになってしまった時、

心を震わせてくれるような素敵な彼女と出会った。






「どうした?元気ないな~、声に。」

・・・・そうですか?

「8月31日の小学生みたい・・・なんか、東京にイヤな事でもあるの?」

・・・・いや~、いやな事っつーか、ちょっと不安なのかなぁ~、、

「どうして?」

・・・・そりゃ、やっぱ不安ですよ、愛媛から一人出てきて、東京で何やるか分かんないし、、

「そんなの、何があるか分かんないから元気出るんじゃない!」

・・・・そう云うもんですか。。。

「大丈夫、笑って、笑って!」

「今、この時のために今までの色んな事があったんだって、そんな風に思えるように。」

「だからね、バッチ付けて!」

・・・・バッチ?

「その日その日の思い出を、ピッカピカのバッチにして胸に貼って歩いて行くの!」

「・・・ね!」

・・・・はい。。

「元気?」

・・・・あ、なんか1学期の終業式の小学生みたい~!

「ん、行こ!」

・・・・はい!



こんな気持ちにさせてくれる、とびきり素敵な彼女がもうすぐ私のもとにやってくる。


  

伝説という名のバッチを胸に付け、友情という名の極上の靴に履き替えて・・・






Posted at 2011/07/23 01:06:58 | コメント(6) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2011年02月03日 イイね!

節目。

節目。今日は節分ですね。


好茶点も、豆まきをしました。


この一年の間に知らず知らず忍び寄った、鬼(魔)を豆(魔滅)を撒くことで追い払い、福を迎い入れようという行事ですね。


昔から魔を祓うには大きな声で大きく手を振りかざすのが良いということで、私も大きな声で「鬼は~、外~!」と家の奥の部屋から順番に窓を開けては鬼を追い出すように大声で豆をオーバーハンドで撒いていって、最後は玄関から全ての鬼を追い払ってから、玄関の外に立ってアンダーハンドで「福は~内~!」と少し小声で二度ほど福をお迎えしています。


今年も、エリーと二人で豆まきしましたが、エリーは日本の伝統行事にすごく興味があるようで、目を輝かせながら豆まきしている様子は本当に楽しげで、見ている私も嬉しくなってしまいます。


毎年のことですが、豆まきが終わると家中豆だらけで、まずは豆拾いを二人で競争します。


「あ~、八が拾って食べてる~!」「八、食べちゃダメ~!」と、大騒ぎ。


そして、掃除機を掛けてスッキリしたあとは、歳の数だけ食べるんですが、二人ともお腹が一杯で食べれません。


理由は、この直前に食べたエリー特製「恵方巻き」です。


今年は自分で作るって言って、ささっと七本も作ってしまいました。


初めて作ったにしては上出来だと思います。


今年の恵方は南南東ということで、早速二人並んで丸かじりです。


約3分程で一本食べきりました。


私は「う~ん、旨い!もう一本!」と続けて2本目も一気に食べて、結局つまみ食いも含めると2本半食べました。


エリーはさすがに1本半でお腹一杯という事で、二人で4本食べちゃいました。


残りは切って食べやすくして明日の朝食で食べることにしました。


そんな我が家の節分ですが、今年は日本の節分と台湾の旧正月が一緒の日になったので、台湾の家では農暦(旧暦)のお正月をお祝いしているんです。
「新年快楽!」



そんな節目の日に、皆様にお知らせしなければならないことがあります。


お店にご来店頂いた一部の方々は、ご存知のことと思いますが、来たる2月27日(日)を以ちまして台湾茶藝館「好茶点」を閉店することとなりました。


2008年3月1日に開店して以来いろいろな方々がご来店頂き、素敵な出会いに感謝すると共に、くつろぎの空間づくりを心掛けてきましたが、諸事情により、やむなく終止符を打つこととしました。


現在の「好茶点」のスペースは3月1日よりエリーの漢方エステルームを拡大することが決まっています。
ホクロでお悩みの方は一度ご覧になってみてください。⇒アトリエ詩絵里


今後このブログの更新は殆ど出来なくなると思いますが、エリーのブログで私どもの近況もお知らせできると思いますので、よろしければご覧下さい。
エリーのブログ


皆さま、これまで「好茶点」を可愛がって頂きまして、誠にありがとうございました。


そして、みん友の皆さん、お付き合い下さいまして本当にありがとうございました。


また逢える時まで、・・・「再見」



Posted at 2011/02/04 03:06:16 | コメント(7) | トラックバック(0) | 好茶点 | 日記

プロフィール

「華色に、心ゆらして待つ光」
何シテル?   11/13 13:55
2008年3月から2011年2月末まで台湾茶藝館「好茶点」を開店していました。 昔の名前で出ています。 どうぞよろしくお願いいたします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:ブログランキング
2010/09/14 22:01:06
 
気まぐれブログ 
カテゴリ:嫁ブログ
2010/08/16 00:05:49
 
漢方クリームでホクロ除去 
カテゴリ:嫁ブログ
2010/08/14 23:34:21
 

お友達

いらっしゃいませ~。好茶点に興味をお持ち頂きまして、ありがとうございます。
クルマの話から、日常のささいな事までワイワイとお話しできたら幸いです。
42 人のお友達がいます
show_300Bshow_300B * カナブン330カナブン330
ワルめーら@Terryワルめーら@Terry クラビクラクラビクラ
七郷七郷 白い壱百式白い壱百式

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
BMW318iというのは4気筒エンジンなんです。 BM好きの方に言わせると、廉価版のよう ...
ボルボ V70 ボルボ V70
プジョー405ブレイクからの乗り換えで、世界一安全なクルマとしてVOLVO V70を選択 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
私が免許習得後、初めて所有したクルマ。 通称「ケンメリ」スカイライン1800GL。 20 ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
愛車2代目はチェイサーSGS、2ドアハードトップ(黒)でした。 このクルマは、当時人気俳 ...

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.