• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

そーとめのブログ一覧

2017年06月10日 イイね!

170605富士ドリフトコース

6/5月曜は休みとってTKくらぶ 富士ドリフトコース走行会にスタッフ参加でした。

この日は、暑さ対策は万全だったものの、意外と寒くて(走ってると、暑いのですが)いい一日でした。

全体的には大きなトラブルなく終わったと思うので良かったです。
ボンネット半開き、ドア半ドア、ガソリンタンクのふたが半ドア、とか、半開きが多かったので、ちゃんとしまってるか確認しましょうー。走っててドア開いたら意外とビックリすると思うので。

走行は一日黄色クラスに混じらせてもらってました。
左、右共にストレート。
左はストレート後しっかりおしりで走ることと、コースイン辺りを車速上げること、
右はストレート後の振り出す位置をちゃんと奥にすることと、一番奥の右→左→右を白線内で繋げたいってことが今のところ目標。

あとは前々日にかったGoProのロールバーマウントのテスト。
正直すごいぶれる。いままで天井にサクションカップマウントだったんですが、振動をかなり拾うのでそのままだとぶれぶれ。つけ方を工夫しないと・・・。
あとは幌の骨と当たるという微妙な干渉。

・左回り



・右回り



目標は、まだまだって感じ。
特にこの日はストレート後の最初の振りが小さい感じ。もっと大きく振って滑っていきたい。
左回りのコースイン辺りは、左→右→左の、左→右で前まではブレーキ踏んでたんですが、アクセルオフにしたらいい感じにつぎの右→左で車速がのることがわかりました。ちょっと楽。ただ左でちゃんとハンドル回さないとスピンする・・・。

右回りの奥のほうは、最初の右で流しすぎずにもっとはやく左に切り返せば白線内でもっと飛ばせるんだろうなーと思いつつまだ出来ず。

そんな感じ!

終了後はご飯は食べずに西ゲートでガソリンを入れて、道志道経由で帰宅しました。10時位には家につけたのでよかった。鹿も出なかったし。

セブンのアイスカフェラテ(黒いカップの甘いやつ)が全国的にアイスカフェオレ(甘くない)に変わってしまって寂しい。まぁガムシロいれればいいんですが。


ついに現実に追いついた!

次回は6/23本庄と6/25富士ジムカーナドリフト練習会に参加予定です。
Posted at 2017/06/10 18:04:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月09日 イイね!

170528 本庄サーキット走行会

5/28はTKくらぶ本庄走行会にスタッフ参加でした。

代表TKさんが居ない中、時間管理等が大変(特に最初・・・)でしたが、なんとかなったかな・・・。

この日はグリップの同乗希望が多数、という話だけ聞いて行きましたが、
結果的には5ヒート目までは同乗してましたw最後の1本だけ自分の車で走行。

この日はなんだか珍しい車種だったのでメモ

・ポルシェボクスター 
996? 2.5L MT 左ハンドルで本庄ではやや不利?(右コーナが多い)2.5NAかな?とは思えない感じのエンジンの元気さ。あとヨーロッパ車に多いシフトノブが刺さってるだけのタイプで久々に抜けてしまいました。
オーナさんはメリハリある運転できてたのでオーバースピード気味で脱出のアクセルが遅くなってしまっていたのがもったいない感じでした。


・スイフトスポーツ
ZC31S 5MT 運転させてもらったら、ターボついてた。家にもあるのですが、あきらかに低回転でトルク大。タイヤも215 Z2だったのでグリップも○。
LSD無し車だったので、きっちりターンインしないとせっかくのパワーがもったいない感じなので、しっかりターンインしてフロントタイヤを両輪接地させていく感じで。オーナさんもそこは難しそうにチャレンジしてました。
ちなみに、LSDつけたら?とは言わない派です。ないならないなりの走らせ方があると思うし、ない状態でいろいろ思考錯誤しておけばLSDつけたときの有難みがすごい分かると思う。

オープンデフのFR車でエンカキしたいです、って言われたら、つけた方がいいかもって思いますが、できないことはないです。
自分の車も前ビスカスでしたが、1/20くらいの確率でできてました。良い感じの幅がせまいので難しいですが。そのあとトルセンに載せ変えたらすっごい簡単で拍子抜けした記憶が。


・インテグラ
DC1?ってB18B? SIR的な?違うのか?タイプRじゃない方です、がエンジン速かったです。ブレーキも効くし、足も柔らかいのでちゃんと走らせないといけない。この車が運転させてもらった中では一番難しくて勉強になりました。
タイプRは、足もかたくて反応もよくてい良いタイヤはいてることが多いので、のってて楽です。てきとーでもそれなりのタイムでちゃう。
個人的にはイスがノーマルで凄い普通のシートだったので、そこは変えた方が走りに集中できるかなーと思いました。あの車を上手く乗れたらどんな車でものれそう。


・マーチ
K12 3ドア 5MT SR12 黒 という珍しさMAX感。
車もしっかりしていて運転しやすかったです。オーナーさんと色々話しさせてもらって面白かった。71Rはいててグリップ感○。
コースを広く使うって意外と難しいのかもしれない。アウトインアウトってよく言うけど、ちゃんと進入でアウトいっぱい使えてるかって、再確認しないと。インはちゃんとみんなつく(つけないときもあるけど)出口のアウトもわりとギリギリ狙っていく方多い。本庄の最終は典型的なアウトインアウトなのですが、進入でアウトいっぱいによってなくて、出口が厳しくてウレタンバリアいっぱいまで行ったり、曲がりきれてないのにアクセル踏んでリヤが出ちゃったりするともったいないなーと思います。


・インプレッサ
GDB WRX STI フレームレスミラーがついてて後ろが見やすい。
インプレッサは基本車がしっかりしてるので、運転しやすくて好きです。四駆でずるいなっていつも思います。
オーナさんはしっかり縁石も使って走られてたので良かったです。たまにオーバスピード気味なので、本庄ではもっと後半の脱出メインで侵入するとどうかなーと思いました。


そんな感じで色々運転させてもらったり、横乗せて貰ったりして楽しんでました。
最後1本だけ自分の車で走れそうだったので、1本で50秒台いってやるぜーと意気込んでいったのですが。



51.6くらいで撃沈。
暑かったから!って言っとこう。
あと最後に乗ったインプさんの感じでいってしまった感も・・・あんなに反応よくないしタイヤも食わないんだった・・・と

本庄はそろそろ2000周くらいしているっぽいので、あらたな気づきが欲しい感じだなー。TC2000の最終みたいな漁夫の利ミラクルはないだろうか。


次回 6/5 富士ドリフトコース編に続きます。
Posted at 2017/06/09 21:40:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月30日 イイね!

170519 本庄ドリフト練習会

あと2回分!
ってことで5/19はTKくらぶ本庄ドリフト練習会でした。

この日は晴れて暑かった。
コースは2017年コース2で、逆走です。

この日は前日に洗車したら、助手席側のミラーが取れるという事件がありました。
調べたらみんなとれてる。M5x60くらいのねじと、ナット2個と、ちょっと大きめのワッシャーと接着剤があれば治ります。

この日のリヤタイヤは155/65R14からスタート。



ドリフト久々(嘘)すぎて、なんかすぐまわるんですけど。
あとなんかサイド効かないんですけど。

1コーナ逆走を3速逆振りの練習と、電光掲示板裏のいつものロングサイド→シケインまでのつなぎを練習しよう!という意気込みだったのに。

とりあえずサイド効きにくいまま、AMは練習。このタイヤ減らないし。
お昼くらいにやっとやっつけました。

そんなこんなでTKさん走行をみて、掲示板裏の左→右→左 の右がすごい短く走ってて車速が高くてかっこいいと思って、練習。



3周目くらいは、そこそこ早くなったような・・・進入流して真っ直ぐが見えた時点でもう加速に入ってもいいって感じ。角度つけすぎると遅いし、つけないと戻っちゃう。難しい。もっと車速を上げたいけど、そうすると滑ったグリップになってしまう。

1ヘアの逆振りもそこそこ間に合うようになったきがする。もっと練習しよう。3速逆振り練習できるコースってあんまりないんだよなー。このコースはやりやすい感じにコースがなってる。

最後は純正コース。タイヤなくなるとやだから、シケインはやらない方針で
1と2と3だけ。


お決まりの如く、3コーナでタイヤ終了。いつもここから。

以上!

土曜日はオイル交換して、塗装が割れたとこにシール貼って、後のサイドマーカ割れてたのを買ったので変えて、梅雨に備えてガラコしました。うーん。エアコンが欲しい。

次は5/28本庄 同乗ばっかり編に続きます。


Posted at 2017/05/30 20:30:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月29日 イイね!

170513 日光走行会

こんばんは。

ちゃんと日記をかかないせいで、リアルに現実がおいついてないですが
5/13はTKくらぶ 日光サーキット走行会にスタッフ参加でした。

この日は、雨。というか朝からどしゃぶり。もうそれはそれは一日ウエットでした。
いくつかレッカーもありましたが、無事終わったのかな。

この日は、晴れても雨でもいいように、前のコペンさんで履いてた4年もののDL Z2を履いていきました。サイズは軽サイズだけど。

本庄では
165/55R14 Z2        :50.636
185/60R14 HIFLY(\2000) :50.534
と、純正サイズに肉薄しているコペンタイヤですが、日光はどうかなーと思って履いてみました。雨だったけど。

でも雨だとさすがにコンパウンドがいいと食う感じで結果的には良かったです。
タイム的には51.067っていう、よくわかんないタイムでしたが。ドライの6秒落ちくらい。
一番速かったインプさんが47秒台くらいで、ドライだと41秒くらいと思われるので、そんなもんかなーといったところ。



そして雨でタイヤがへらないのをいいことに、そのままフロント4kにしてドリフトも走行させてもらいました。



ハイグリップってすごい。雨で滑っていっても戻る。
すーーーーーーっていって、最後にぐっって食う。逆にやりにくいんですけど。
滑らせるのは怖くなくてよかったですが。


そんな感じで帰りにフライングガーデンで爆弾ハンバーグを食べて帰りました。
最近はやってるらしい。ありすぎてあんまりいかなかったけど。

ビッグボーイとか、さわやかとかと同じ感じだけど、なぜかさわやかのがおいしいと思う。テーブルの滑って楽しいし。

次回は5/19本庄ドリフト練習会編に続きます。
はやく現実に追いつかないと。
Posted at 2017/05/29 21:46:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月27日 イイね!

サーキット走行への準備(装備、車両)

こんにちは。
この記事はサーキット走行に初めて行きたい!という方向けです。
とりあえずやった方がいい、準備したほうが良い、当日何するか?を書いときます。


①走る日を決める

 サーキット走行は、予約が必要な場合が多いですので、走る日を決めましょう。
 雑誌やインターネットで近くのサーキットの走行できる日を確認できます。
 走行形式は

 A:サーキットのフリー走行で走行する。
 B:走行会に申し込んで走行する。

 の2つのパターンが多いと思います。
 ざっくりメリットデメリットがあると思うので書いておきます。
 初めての場合は、まずそれぞれ見学してみると雰囲気がつかめていいと思います。

 Aの場合
  メリット
   ・当日行けば走れる場合が多い
   ・朝だけとか、午後だけとかで好きな時間に走れる。
   ・料金的に安くなることもある。
  デメリット
   ・クラス分けがない場合が多いので、タイムに差が大きい人と一緒に走ることもある
   ・毎回違う人と走るので、意識の差で追い越し追い越されがやりにくい時がある。
   ・車両や装備の規定が走行会よりも厳しい場合がある
 
 Bの場合
  メリット
   ・全体でのミーティングがある場合は、ルールや走る心構えを聞ける。
   ・クラス分けされている場合は、同じくらいの経験、タイムの人と一緒に走れる
   ・同じクラスは同じ人と走るので、お互いに配慮しやすい
  デメリット
   ・参加するにあたって申し込みが必要
   ・一日朝から夕方まで時間が掛かる場合が多い
   ・料金はそれぞれです

 走る日を決めたら 申し込みやフリー走行は予約等をしましょう。
 自分は、走行会を主催してるTKくらぶの走行会によく参加してました。
 今はスタッフもやっています。


②装備を準備する

 走る日を決めたら(決める前でも大丈夫です!)サーキット走行への準備をしましょう。 
 サーキット走行するにあたって、申し込みした走行会や各サーキットの走行規定を読んで、必要なものを準備します。

 ざっくりは次の3点
  A:ドライバーの装備
  B:車の準備
  C:そのた持ち物の準備
 が必要です。

 ○Aドライバーの装備
  サーキット走行するにあたっては、大抵
  「ヘルメット、グローブ、長袖長ズボン、靴」
  が必要です。
  肌の露出がないようにします。
  万が一の事故でガラスなどが割れた際に肌を守るためです。

 ・ヘルメット:
  フルフェイスかジェットヘル 耳が隠れるものを準備してください。
  工事用や、原付用などの耳が出るタイプは不可です。
  値段はいろいろですが、安全のためにフルフェイスを推奨します。
  バイク用でも大丈夫なところが多いので近くのバイク洋品店で
  実際被ってみて買うことをオススメします。
  規格が JISとか、SNELL、等いろいろあります。

 ・グローブ:
  レーシンググローブのような指先まで隠れるもので、ハンドル操作をしてすべりにくいを選びましょう。
  一般的なドライビンググローブのような指がでているものは不可です。
  レーシンググローブ、カートグローブなどで検索すると出てきます。
  軍手は滑って危ないです。

 ・長袖長ズボン:
  サーキットの規定などによっては、レーシングスーツ(燃えない素材で出来ている)が必要な場所もありますが、基本的には普段着ているものでも大丈夫だと思います。
  動きやすい格好にしましょう。走行後は暑いので、夏は半そでになれるものがお勧め。
  サーキット走行時は作業することもあるので、つなぎを着ている方も多いです。
  女性はストッキングでは薄くて危ないですのでズボンをはきましょう。 

 ・靴:
  靴はかかとがあって運転しやすいものを選びましょう。
  スニーカーが運転しやすいと思います。
  ドライビングシューズやレーシングシューズでももちろん可です。
  ヒールや底が厚い靴は運転しにくく危険です。

とりあえず初めての方はヘルメット、グローブを準備することが多いと思います。

自分は 2輪用フルフェイス(SNELL M2000)、レーシンググローブ(SPARCO、OMPの一番安い奴)、ワークマンのつなぎ、かかとが丸いスニーカー で走行してることが多いです。


○B:車両の準備

サーキット走行では、車に大きな負担が掛かります。車両はちゃんと整備しておきましょう。
具体的には「ブレーキ部分、タイヤ部分、エンジン関係」の3点です。

 ・ブレーキ部分
  サーキットでは止まれないと非常に怖い+危ないですので、
   ①ブレーキパッドの残りがしっかりあるか
   ②ブレーキフルードが古くないか
 をチェックしましょう。
 やり方がわからない場合は、ディーラ、整備工場、詳しい方に聞いて確認しましょう。

 特にブレーキ関係は純正だとサーキット向きでないことが多いので、初めてでも
  ①はサーキット向けのブレーキパッド(耐熱性のいいもの)に変える
  ②はブレーキフルードも耐熱性のいいもの(DOT4)に変える
 などをしたほうがいいと思います。
 
走れないのは困るだけですが、止まれないのは非常に危ないのでしっかり確認、準備しましょう。

自分は パッドはACRE 700C、フルードはWAKOS BF-4を使っています。
スポンサーされてるわけではないので、なんでもいいのですが、値段の割りに良い感じだと思って使ってます。


・タイヤ部分
 タイヤも、走っていて滑ったり、パンクしたりすると危ないので
  ・タイヤの溝がしっかりのこっているか
  ・見た目でおおきな傷、ふくらみ、釘が刺さっている等の異常がないか
  ・空気がきちんと入っているか
  ・ホイールを止めてるナットがきちんと締まっているか
 を確認しましょう。
 
 これも自分で見たり、お店でチェックしてもらう等して確認しましょう。
 
 サーキット走行では、ドリフトするときのリヤタイヤ以外はそこまで減ることは無いと思いますが、雨が降ってきたり、走行の負担で傷からパンクしたりすることもあります。怖いですし危ないですのでチェックしましょう。

特にグリップの良いタイヤにしないといけない、ということは無いと思います。
スタッドレスでもちゃんと走れば走れます。最初にはおすすめはしませんが。


・エンジン部分
 サーキット走行では、想像通りエンジンにも負担が掛かりますので
  ①エンジンオイルがちゃんと入っているか、古くなっていないか
  ②冷却水やそのほかのオイルもしっかり入っているか
  ③漏れがないか
  ④オイルを入れたりするところの ふた がちゃんと締まっているか
 を確認しましょう。
 
 とくに③④はしっかり確認しましょう。
 サーキットでは少しのオイル漏れでも、大事故に繋がってしまいます。(オイルがある路面はとても滑る)
 自分も、一緒に走る方にも迷惑をかけてしまいます。ふたは外れると、オイルが漏れてきます。

あとの①②は、しっかり走る+壊さないために重要です。
エンジンオイルは走行の前には交換してもいいと思います。 


○その他のもちもの

走行するにあたっては必要なもの、あるといいものを書いときます。

 ①必要なもの
  ・申し込み書など
  ・はんこ
  ・ガムテープ(計測器を付ける等に必要)
  ・ビニールテープ(ゼッケン、テーピングをする等に必要)

 ②あるといいもの
  ・ホイールのナットを締める工具(純正品か、トルクレンチ推奨)
  ・タイヤの空気圧を計るゲージ
   (サーキットを走ると空気圧が変わり(上がり)ます。
    計っている時に空気を抜けるものがオススメ)
  ・汚れても良いタオル(オイル量のチェック、テープを張るときに拭く、窓を拭く等に使う)
  ・ビニールシート(荷物を下ろすので汚れない+雨降ったとき用)
  ・着替え、タオル(走行すると汗をかなりかきます)
  ・お昼ご飯、おやつ、飲み物等(暑いときは水筒など、工夫しましょう)

 ③あると楽(しい)
  ・折り畳みのイス(走行はつかれるのでイスがあると良いです。日傘もあると涼しい)
  ・メモとペン(走行の記録をつけると役に立ちます!)
  ・雨具(雨が降ってくることもあります)
  ・その他もっている工具等

そんな感じで準備しましょう。
最初から全部必要なわけではないですので、必要になってからでも大丈夫だと思います。走行会によっては貸し出し工具があったり、お昼が出たりなどあるので確認しておきましょう。

前日までに貴重品以外はちゃんと車に載せて起きましょう。
たまーーーに、ヘルメット持ってくるの忘れました!っていう方もおります。
走れないので注意しましょう。


③サーキット走行当日にすること

 当日は、
  ・まずは荷物をちゃんともったか点検する
  ・そして安全にサーキットに向かう。
です。

寝坊した場合でも、急いで事故を起こしたら大変ですのでゆっくり行きましょう。サーキットに行けばいくらでもスピード出せますので飛ばす必要は全くないです。違反で捕まるともったいないです。

着いたらピットに車を止めます。場所が決まっていることもありますので各走行会、サーキットスタッフの指示に従います。

次にやることがあります。
 A:受付をする
 B:車両の走行準備をする
です。

 ・A:受付
   各走行会、サーキットスタッフの指示に従って行います。
  いろいろ指示があると思いますが、わからないことは聞きましょう。

 ・B:車両の走行準備

  やることは
   ①車の中の荷物を下ろす
   ②ゼッケンを貼る、テーピングなどをする
   ③車両の準備でもやった
    「ブレーキ部分、タイヤ部分、エンジン関係」
    のチェックをもう一度確認する

です。少し詳しく書きます

 ①車の中の荷物を下ろす
  サーキットでは、急加速、急ブレーキなど前後左右におおきなGがかかります。
  荷物をのせていると飛んでいったり、動いてしまったりするので
  固定されていない荷物は基本的に下ろします。
 
  下ろす場所は、車を止めた場所の後の方におくことが多いです。
  他の方に迷惑にならないように、1台の中で収めましょう。
 
  ・下ろした方がいいもの
   トランクの荷物 (工具、イス、着替えなど)
  車内の荷物
    (置いてあるクッション、
     カップホルダーのペットボトル等(転がってペダルのしたに挟まると危ない)
     フロアマット(ペダルにひっかかると危ない)

  ・下ろさなほうがいいもの
   貴重品(いつも身につけて管理しましょう。部外者に盗難されること多いです)
   電子機器など
   (車内のグローブボックスや、サブトランク等、動かない場所にしまう等)

 ②ゼッケン等を貼る
  ゼッケンを渡される場合は、指定の場所に貼ります。
  四角いゼッケンは、4辺をしっかり貼ります。
  (スピードが速いと剥がれてコース上に落ちて他の方の迷惑になります)
  ライト類のテーピングは必要であればします。

 ③車両の準備
  車両の状態を今一度確認します。
  危険からは自分で身を守る、他の方に迷惑をかけないで
  楽しむためにしっかりしましょう。


あとは、講習や、ドライバーズミーティングがあれば聴講します。

そのあとはいよいよ走行、ヘルメット、グローブ、長袖長ズボン、靴、を装備して、しっかり楽しみましょう!

走行するときは、最後まで走りきって、お家に帰るために無理しないようにしましょう。

・いきなり全開にしない。車がどのくらい止まれるか、曲がれるか、加速するか、をチェックしましょう!
・普段できない全開加速を楽しみましょう!
・コーナは最初はしっかり減速してしっかり曲がりましょう。すこしずつチャレンジ!

そんな感じで次回もご参加をお待ちしていますw
Posted at 2017/05/27 18:07:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@motsumotsu とってもいけそうですね!」
何シテル?   12/29 07:40
コペンとロードスターでその辺走ってるそーとめです。 よろしくお願いします。 TKくらぶのスタッフやってます。 本庄、日光、富士、筑波などに出席してます...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター ゆのちゃん (マツダ ユーノスロードスター)
2012年2月10日 岩手で買ってきました。 下回り割とさびてる。エンジンそこそこ元気。 ...
ダイハツ コペン こぺんさん (ダイハツ コペン)
2009年6月に中古で購入。52285キロ。 2010/7 75000キロ。 2012/ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.