• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

555レプソルベルグのブログ一覧

2017年10月28日 イイね!

あの日あの時(後編) -ラリージャパン2007から10年-

LEG3@いよいよ最終日です。

この日の朝は、前年と同じくリエゾン観戦からスタート。


いやぁ~やはり選手と間近に挨拶を交わせるのは良いですねぇ。( ´∀`)
向こうもリラックスしてるし。

とはいえ、この日はSPの開場時間に合わせて行動しなければならないので、リエゾン観戦はPWRC勢あたりまでとし、途中で切り上げて臨時駐車場→シャトルバスに乗り換え一路SPを目指します。

そして、開場時間に合わせて行動した理由は…ズバリ、セレモニアルフィニッシュを間近で眺めるためです。
思えば、これまでのラリジャパ観戦でセレモニアルフィニッシュを満足に見れた事は一度も無く、特に前年@2006は手だけ伸ばして撮影するのが精一杯で、ポディウムに割と近いポジションに居ながら生で観れないという、とても悔しい思いをしていました。
ならばいっそのこと、最終日はフィニッシュ観戦に的を絞り、SS観戦は全て捨てSP開場と同時に良好な場所を確保してやろう…ってなワケです。
…えぇ、1年越しでの”リベンジ”です。(笑)


SPゲートが開場すると同時に、他のブースには目もくれず一目散にポディウムのある方向へ突進!
おかげで、個人的に狙っていたポジションは何とか最前列を確保出来ました。(σ゚∀゚)σ
ともあれ、”作戦その1”は見事に成功です。d(゚∀゚d)

開場からしばらくすると、ポディウム周辺だけでもこの人だかり。
これでもまだ朝の8時ぐらいなんですが、考えている事は皆さん同じようです。
いやぁ~やはり早めに行動して正解でしたわ。( ´∀`)=3

ってなワケで、早くもこの日の準備は完了。
あとは、ゴールまで終日SP内をブラつくだけです。(笑)

まずはコチラへ足を運んでみました↓

WRC好きな方でしたらご存知の方も多いかと思いますが、ラリジャパ2007開催の約1ヶ月前、主に1990年代のスバルWRCで活躍してきたコリン・マクレー氏が不運なヘリコプター事故で急逝。
同氏のかつての栄誉を称えご冥福を祈るため、記帳台がスバルブースに設けられていたので、ささやかながら私も一筆記入させて頂きました。


ついでにグッズ類も物色。

予算がそんなに無いので、1/64ミニカーを2台購入。

会場割引か何かで、確か市販価格よりも安値で購入出来た記憶があります。
もちろん、現在も我がミニカーコレクションの一環です♪

また、これとは別に2種類の1/64ミニカーが当たるガチャポンもあり、500円/回とリーズナブルだったのでチャレンジ。

もちろん2回行い、見事に2種類ともゲットです♪

あとは、LEG1の際にじっくり眺められなかった展示車を中心に見て回ります。




シトロエンのブースではC4WRCのカードなんぞ配布していたので、勿論頂きました♪


こちらの三菱スタリオンは、翌年に映画撮影で使用するラリーカーのようです。


9時過ぎぐらいになると、何やらメカニックサービス付近が賑やかになってきたので、様子を見に行ってみました。

それにしても、今こうして眺めても凄いギャラリーの数ですねぇ。
他のイベントとは比較にならなさそう…。

どうやらセクション1~2間のサービスタイムに入る所らしく、チーム員やメカニックさんが準備作業にとりかかっているようです。

ん?という事は、ラリーカーや選手がやって来る事になるだろうから、これは記念写真やサインを頂ける絶好のチャンスかも??( °∀°)

えぇ、即断即決で待ち構えましたよ…しかもスバルワークスの前♪
さすがにワークスの中でも人気No.1と言って良いほどのチームですから混雑も半端なかったですが、このチャンスを逃すワケにはいきませんので、頑張りました!


まずはスバルワークスのエースドライバー、ペター・ソルベルグ。
マシンから降りるやいなや、観戦エリアからは一斉に「ペタぁ~♪」と叫ぶファンが多数。
その期待に応えるためか、何やらチーム員やメカニックと打合せ後は、真っ先に観客エリアへ向かってくれるではありませんか!
いやぁ~さすがファンサービス旺盛な名選手ですね♪


小生の方へ向かって順番に差し出されたグッズ類にサインを行ってくれます。
(大勢のファンが殺到する中必死で撮影したので、相当ブレてますけどね…^^;)
よぉーし、オレの所まであともう少し!

…のはずだったんですが、どうやら次の作業時間が迫ってきたらしく、残念ながらあと一歩手前の所でモーターホームへ去ってしまいました…。
いやぁ~あともう2,3人後だったのに…悔しいなぁ。orz

今度はNo.3ドライバーのチェビー・ポンズ選手がサービスイン。
こちらも何やらチームと打合せしていましたが、フッと目が合った(ような気がしただけかも?)ので気を取り直して声掛けしてみたところ…おぉ~今度こそニッコリ笑ってコチラへ真っ直ぐ向かってくれるではありませんか!( °∀°)



無我夢中で手元にあったチケットか何かの裏面を必死に(?)差し出し、今度は見事にサインゲット♪
ついでに片手を差し出したところ、握手もして頂けました。(((o(*゚▽゚*)o)))


これぞ人生初の、ラリー選手から頂いたサインです。
いやぁ~凄い人混みでもみくちゃでしたけど、嬉しかったですね。\(^o^)/

やがてスバルワークス全車とも次のステージへ向かったため、メカニックサービスは急に閑散としてきました。
これ以上ココに留まっても仕方ないんで、再びSP内をブラついてみます。

フォードワークス


ストバート・フォード


世界の人


再びスバルブースへ足を運ぶと、LEG1で見たインプレッサWRC2007展示車の運転席ドア窓が開放されているようです。



すかさずコクピット内をパチリ♪


ついでに助手席側からも。


別途展示されていたインプレッサ555@1996年仕様と比べると、(規定の差異もありますが)パドルシフトの採用、助手席インパネの廃止(ラリコンは別途収納されたのかな?)、ハンドブレーキの大型化、はたまたスイッチ類の中央寄せ&低位置化etc…マシンが大きく進化しているのが素人目でもよく分かりますね。


そして、再びフォードワークスのサービス付近をうろついていると…何だか人だかりを発見。


おぉ~マーカス・グロンホルムでないの。( °∀°)

今年のラリジャパでは、先のLEG1でマシンを大破した影響で修理も追いつかず、残念ながらリタイヤしました。
で、競技には再出走せずサービス内を徘徊していたところ、ファンサービスで即席サイン会に応じているようです。
もちろん、小生も迷わず人だかり内に入ります。

コチラもタイミングが結構ギリギリでしたが、何とかマーカス氏のサインをゲット♪

いやぁ~これまたツイてるなぁ。(((o(*゚▽゚*)o)))

そして、そのマーカス氏と丁々発止なチャンピオン争いを続けていたセバスチャン・ローブもこのラリジャパではリタイヤ。
チームの車で移動する場面に遭遇したので、すかさず手を振りカメラを構えたところ…


後部座席手前に座っていたコ・ドライバーのダニエル・エレナ氏と目が合ったのでパチリ。

向こうも気づいたらしく、カメラ目線で手を振ってくれました♪

そしてそして、いよいよこの日の最大目的であるセレモニアル・フィニッシュ。


最前列を確保出来た効果は予想以上に大きく、障害物無しで堂々と眺められます!









早朝のリエゾン観戦を途中で切り上げた代わりに、セレモフィニッシュは最終車まで見届けました。
もちろん、過酷な長丁場を戦い抜き完走したクルーやチームにも大拍手です♪

最後に物販ブースへ足を運んでみると、売れ残りグッズの特価セールを行っているようだったので、安そうなものを物色してみました。

WRC映像のVHSビデオテープです。
今やDVDやブルーレイが主体なご時世ですので、テープは思いの外特価。
とりわけ、興味深い時代のものを購入。

映像はDVDにダビングし今でも時々鑑賞していますが、さすがに画質はイマイチです。(^^;
でもまぁ、我がラリー好みの中でもストライク世代なので良しとしましょう。(笑)

帰り際、何となくVIP駐車場に目をやると、どうやらラリーレプリカ車らしきマシンが数台いますね。
今年も同乗体験走行会でもあったんでしょうかね?


こうして我がラリジャパ観戦も終了。
十勝でのWRC開催はこの年が最後となってしまいましたが、年々観戦内容がエスカレートしている影響か、この4年間を振り返るとやはりこの2007が一番充実していましたね。
翌年からはホストタウンを道央地域へ移行することになりましたが、ここで得た観戦ノウハウも道央へ活かすのでありました。

…ってなワケで、次回のラリジャパ観戦記は来年をお楽しみに。(笑)
(まだ書く?)

最後に、今回の収穫品をパチリ♪

う~ん、毎度のことながら、やってることが今と変わっていない…(^^;
Posted at 2017/10/28 22:47:20 | コメント(5) | トラックバック(0) | ラリージャパン | 日記
2017年10月27日 イイね!

あの日あの時(中編) -ラリージャパン2007から10年-

10年前のラリジャパ回想記@LEG2からです。

この日は終日陸別サーキット内のSS観戦。

昨年と同様、最前列で観戦するため早朝からゲートに並びますが…無情にも昨夜からの雨がいっこうに止みません。(T_T)
かといって、折角の国際的なイベントだし、雨を理由に観戦しなかった事をあとで後悔するのもイヤなので、濡れるのを我慢してひらすら待つのでありました…。

やがて開場となり、皆それぞれお目当ての観戦ポイントを目指しますが、当然ながら観戦エリアの地面もびしょ濡れ。
そんな中、唯一地面がアスファルト舗装されているのがDエリアの道路脇でして、ここなら泥汚れは回避出来そうだし、会場入口からもそれほど遠くはないので、今回はここに陣取りました。






残念ながらSS開始後も雨は止まず写真もダメダメなものばかりでしたが、それでも世界を闘うWRカーの豪快な走りっぷりはこの目で見る事が出来ましたね。(*^-')b

車体の前後が切れていますが、コチラのマシンドライバーは、なんとあのユホ・ハンニネン!
いやぁ~こんな所でもその後のトヨタWRCドライバーとなる方と遭遇していたんですねぇ。( °∀°)


陸別サーキット内のSSは一日2回走行してくれたので、1本目のSS終了後は各種アトラクションを見るため、Fエリア近くの交流広場へ足を運んでみました。
幸い、雨も止んだことだしね♪

各種物販ブースをはじめ、この年は往年の旧車なんかも展示されていました。
もちろん、旧車好きとしては昼食よりもこちらが優先です。(笑)

プリスカ


TE27スプリンタートレノ


TE37カローラレビン


アルピーヌ・ルノーA110 プロトタイプ


ロータス・ヨーロッパTC


インプレッサ555 GC8
…一応旧車に分類されるのかな。^^;

オーナーさんと少し話させて頂いたんですが、交換部品は旧車が故に殆ど流通していないため、旧車オーナーさん同士で部品の回し合いを行い、持ちつ持たれつの精神でみんなで愛車を長持ちさせているんだそうな。
いやいや、友好的&涙ぐましい努力ですねぇ~。

2本目のSSは志向を変え、別な観戦エリアから眺める事にしました。

大半の撮影スポットは既に他の観客さんが押さえていましたが、そんな中でもCエリアのジャンピングスポット付近に僅かなスペースを見つけたので、迷わずそこに陣取りました。
いやぁ~これはツイてるなぁ♪

そして、この日2本目の陸別SS

雨こそ止んだものの、空がどんより曇っている影響で光量が少ないため、写真の出来具合はココでもダメダメでしたわ。orz
そんな中でも、まともに(?)撮れた分なんぞ少々↓



たまには後方からの眺めも少々。


まだPWRC勢の途中あたりでしたが、これまでハマってきたリエゾン途中の渋滞も計算に入れ、残念ながら途中で会場を後にしました…。

帯広市内に着いたのはもう19~20時近く。
さすがに日没後にSPに行っても真っ暗で何も見えないだろうし、早朝からの行動で眠気もMAXに達してきたので本日はここまで。
一路宿へ向かいます。

昨年まではLEG2夜は車中泊にしていたのですが、さすがに加齢とともに車中泊が苦痛に感じてきたし、この派手な貼物車では周囲からジロジロ見られ落ち着いて寝れないと思い、ホテル泊を選択。
幸い、かなり以前から予約を入れていたので何とか確保出来ていました♪
お祭り開催期間中ということで料金が通常時よりもやや割高でしたが、午前中ずぶ濡れになった衣類や荷物を乾かすには最高の場所なので、結果的にはホテル泊にして大正解でした。(^0^)

疲労が蓄積していたのもあってか、この日は早々に就寝したような記憶があります。
…もう若くはないし、やはりホドホドな行動が良いのかもね。(^^;

LEG3へ続きます。
Posted at 2017/10/27 22:46:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | ラリージャパン | 日記
2017年10月25日 イイね!

あの日あの時(前編) -ラリージャパン2007から10年-

さて、今年もこの季節がやって参りましたね。
(って、自分で勝手に決めているだけですが…^^;)
今日で開催からちょうど10年になるラリージャパン2007の回想記録なんぞ書いてみようと思います。
また単調なダラダラ長文になることが予想されますが、宜しければお付き合い下さいませ。

観戦はこの年もLEG1から開始。
仕事でまとまった休暇が取れなかったのもありますが、この当時はLEG0(ラリーショーやセレモニアルスタートなど)を観戦するなんて発想すら無かったため、今思えば随分勿体無い事をしたもんですが…競技初日から現地に居られるだけでも良しとしなきゃぁね♪

例年WRC開催時に足寄市街で発生している大渋滞を回避するため、この日の昼間は北愛国サービスパーク(以降、SPと略します)~足寄市街手前にてリエゾン観戦、夕方はSP脇の特設会場でスーパーSS観戦、というプランを設定。

幸い、リエゾン区間途中にある利別という地区にラリーパークが設けられていたため、その敷地内駐車場にクルマを駐め、眺めの良好な歩道にてひたすらラリーカーが来るのを待ちます。

現地に着いた時はちょうど競技車がSS→SPへ向かう時間帯でして、待機して間もなくコースカーが到着。

00カー@エボⅩ


0カー@GRB

確かこの年はランサーエボリューションシリーズではエボⅩ、インプレッサWRXでは初のハッチバックモデルとなるGRBが新発売されて間もない頃で、それらをいち早くラリーに採用したコースカーも注目の的だったような記憶があります。

トップカテゴリーでは、これまたNEWマシンであるシトロエンC4WRCが登場。


2号車のドライバー、ダニ・ソルド氏とも一瞬目が合いました!(((o(*゚▽゚*)o)))

いやぁ~前年のラリジャパでリエゾン観戦の醍醐味を覚えて以来、すっかりハマってますよ♪

そして、当時王者だったセバスチャン・ローブのライバル、フォードワークスのマーカス・グロンホルムもやって来たのですが…

あ゛ぁ~ものの見事にフロントが大破しちゃってます。(>_<)

どうやら陸別オフロードサーキット内のステージを走行中、観戦エリアD~E間の樹木だったか土嚢にヒットしてしまったようです。orz
…えぇ、ラリーファンの間では”マーカスの呪い”と呼ばれている、あの位置です。

これでチャンピオンシップを争う上ではセブ氏が俄然有利になったワケですが…ラリーは最後まで何が起こるか分からないもの。
RJ2007では、まさにこの後の展開がそうでしたね。
(尤も、この当時は順位やシリーズポイントなんて全く気にしておらず、目の前をWRカーが颯爽と通過するのを見るだけで十分でしたけどね。^^;)

今度はSP→再びSSへ向かうマシンを狙って観戦。

0カーは前述のGRBに加え、なぜか昨年まで0カーを務めた鷹目GDBも立て続けに通過。

どうやらGRBに万が一マシントラブルが発生した時に備えた”代打”のようです。

セバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ(シトロエンC4WRC)


前:ミッコ・ヒルボネン/ヤルモ・レーティネン(フォードフォーカスWRC07)
後:ダニ・ソルド/マルク・マルティ(シトロエンC4WRC)


ペター・ソルベルグ/フィル・ミルズ(スバルインプレッサWRC2007)


前:マンフレッド・ストール/イルカ・ミノール(シトロエンクサラWRC)
後:ヤリマティ・ラトバラ/ミカ・アンティラ(ストバートVKフォードフォーカスWRC06)

今やトヨタWRCのエースクルーである2人とこんな所で遭遇していたんですねぇ。
この当時は想像もしていなかったなぁ。

海外勢を見送ったあたりからマンネリ化してきたと同時に、SPの様子も見たくなってきたのでリエゾン観戦はここまで。
一路SPを目指します。

単純に、SPへ行くには競技車と反対方向へ向かうので、移動途中は多くのラリーカーとすれ違う事になり、お互い手を振りながらの運転となりました。
さすがに運転中なので写真はありませんが、こうした選手とのやり取りが多く出来るのがラリーの魅力の一つと言えるでしょう♪

ラリジャパではSPへマイカーでのアクセスが出来なかったため、近郊の特設駐車場にマシンを駐め、シャトルバスに乗り換えての移動です。
SPも入場券が必要なのですが、SS観戦券を持っていればSS開催日に限り入場券購入は不要なので、そのまま通ります。

SP内へ入ると…おぉ~多くのイベントブースが設けられているじゃありませんか。( °∀°)
とりあえず、コンセプトカーが展示されているブースを中心に写真撮りまくりです=3


写真を見てて気づいたのですが、スズキSX4@WRワークスカーの投入予告フレーズがマシン背後に掲げられていますね。
これまた、スズキがトップカテゴリーに参戦するなんて想像もしてませんでしたわ。(^^;

コチラは本物↓

1996年サンレモラリーに参戦したスバルインプレッサ555WRCです。

コクピットもGr.A当時の姿がそのまま残っていますね。
この写真では見づらいですが、ステアリング奥にはF1でお馴染みのパドルシフトが組み込まれているようです。

時間があればもっと見たかったのですが…ここでいよいよ本日のスーパーSS開場時間となったので、一路観戦エリアへ向かいます。

とりあえずは見ごたえありそうな場所を無事ゲット。


競技車がやって来るまでまだ時間があったので、何やら前座とばかりにラリーレプリカ車がコース内にご登場です。

どうやらアトラクション企画か何かで、ラリーレプリカ車によるパレードランのようです。
個人的には、何年か前のラリホで陸別サーキット内を走行しただけですが(藤丸アタックを除きます…笑)、こうしてラリー振興に華を添えるのもまた良いものです。(^^)

もしかすると、この中にも貼物組合員が居らしたのかもしれませんね♪

と、ここまでは順調だったんですが…空からは何やら冷たいものが落ちてきたでないの。

えぇ、見事に雨が降ってきましたよ。orz
おまけに時刻は17時近くになり、10月下旬の北海道ではもう日没の時間。

ってなワケで、本番競技で撮影した写真は真っ暗&雨でレンズが滲みまくり…。
高機能デジ一眼なんぞ所有しておらず、こんな写真ぐらいしか撮れませんでした。(TT)




SP内もこの有様…┐('Д`;)┌


会場内には立派な屋根付き建物なんぞ少ししか無いのでSP徘徊はとっとと切り上げ、次のステップへ移動です。

翌日は早朝からの行動を予定していたので、駐車場へ戻った後はマイカーでそのまま陸別を目指しました。

えぇ、昨年と同じく町内にある公共施設がラリジャパ観客宿泊用に無料開放されたため(予約制ですが)、それを利用させて頂きました。

移動途中は前述の足寄市街を通過せねばならないのですが、もう21時近くになっていてラリーカーも全車通過した後だったので、大渋滞にもハマらず悠々と(?)通過出来ました。
いやぁ~マイペースで思いっきり運転出来るって素晴らしい!( ´∀`)

陸別へ着いたのは22時頃。
とりあえずチェックインを済ませ、駐車場の都合か何かでマイカー情報を申告する事になったのですが、そこではラリーの事をあまりご存知無さそうな受付担当係さんとこんな会話が行われました。

受付:「では、念のためお車の特徴を伺っていますので、車種を教えて下さい。」
私:「インプレッサです。」
受付:「うーん、インプレッサのお客さんってなぜか多いんですよねぇ…。では車色を教えて下さい。」
私:「青です。」
受付:「うーん、青いクルマでお越しのお客さんは多いんですよねぇ…。ではナンバーを教えて下さい。」
私:「●◎-△✕」です。
受付:「うーん、そのナンバーのお客さんって何故か多いんですよねぇ…。では他に何かお車の特徴ってありますかね?」
私:「(内心、ラリー観戦なんだからその特徴は多くいて当然だろうと思いつつ)、外観はラリーカーに似せたシールがペタペタ貼ってありまして、(555とREPSOLデザインが目印でして…。」
受付:「??」
私:「御覧頂いた方が宜しいかと…」
受付:「ですね。では見せて下さい。」
私:「(マイカーを指差して)アレです。」
受付:「…なるほど。納得しました♪」

う~ん、ラリーをご存知無い方へのマシン説明が、思いの外大変だという事を勉強させてもらったひとときでしたわ。(^^;

…とまぁ、そんなこんなで長かったような短かったようなLEG1も無事終了。
翌日も朝早いんで、とっとと持参した寝袋に潜り込むのでありました…zzz。

LEG2へ続きます。
Posted at 2017/10/26 00:06:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | ラリージャパン | 日記
2017年10月23日 イイね!

カートオフに行ってきた

えーっと…既に何人かのみん友さんが投稿されていますが、先週の日曜日は有志のカートオフ会に参加してきました。

きっかけはコチラ↓

今年4月のオートテストに参戦した際、会場内にあるカートレース場の走行券を参加賞として頂いたのですが、どうやら今月末が有効期限とのこと。
カートに乗るのは、幼少期に遊園地でゴーカートに乗って以来ですが、折角頂いた走行券ですし、人が集まればそのままオフ会にもなりそうなんで、参加することにしました♪

さっそく会場へ到着すると、かわねこさん美瑛番外地さん、アニキと…えぇ、いつものメンバーさんが集まっていましたよ。(笑)



まずは参加受付を済ませ、カート走行上の留意事項を映像で学習。
基本、バトル競技ではないので、他のマシンとは距離を空け、ヘルメットやグローブなどしかるべき安全装備を装着する等の説明を受けました。

で、コースの空き具合をみて、さっそく皆で出陣の(?)用意です。


ちなみにカートコースはこんな感じ↓




固定コース区間もありますが、パイロン等で任意にコースを設定できる区間もあるらしく、Aコース~Jコースみたいな具合で、計10種類ぐらいあったような気がします。
この日は確かGコースだったかな??

ちなみに、今年1月と2月は此処でスノーラリーなんぞ開催していました。
いやぁ~今思えばよくコース設定出来ましたね。( °∀°)


あの時はスノーどころか全面結氷の”アイスラリー”でしたが、さすがに今回はそれより滑らずに済みそうです。(笑)

今回のカート走行は計12周。
まずはコースを覚える&体をマシンに慣らすため、最初の2~3周はF1でいうフォーメーションラップの如く、ややゆっくり目に走ります。
さすがにオンボードカメラが無いので走行中の写真はありませんが、いざ走ってみるとハンドルはパワステ非搭載の、いわゆる”重ステ”だし、コーナー進入速度が速いとキツイ横Gが首に掛かったりするので、これが結構難しい!

それでも数周目ぐらいからはだんだん慣れてきて、F1の走行シーンを思い浮かべながらのドライブでした。

ちなみに、自分の後方はかわねこさんが走行。
ランデブー走行のつもりでしたが、そこはやはりモータースポーツ!
コーナー進入のブレーキング時など、テール・トゥ・ノーズっぽい場面では、何となくバトルっぽい雰囲気になっていた…かも?(^^;

走行後、計測タイムを見てみるとこんな感じでした。

うーん、最初の3周と4周目以降が、見事にクッキリ分かれているタイムですね(笑)
我が最速タイムは36秒台(この日のランキングで暫定7位)のようですが、中には30秒台で走るスプリンターさんもいらっしゃるようなので、これはかなり奥が深いのかも(((( ;゚Д゚)))

いやぁ~終わってみればあっという間の12周でしたが、やってみるとなかなか面白いものです♪
さすがに北国は積雪シーズン突入なので次回は来年になりそうですが、機会があればまたチャレンジしてみたいですね。( ´∀`)
Posted at 2017/10/23 23:52:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ全般 | 日記
2017年10月03日 イイね!

久々に入荷

…と言っても、毎度の事ながらリサイクルショップで見つけたワケあり中古品ですけどね(^^;


まずはコチラ↓

「三菱ランサー・エボリューション6.5 サファリラリー仕様」です。
モデルはどうやら2001年のようですが、2001年とくれば三菱が長年活躍してきたグループA→WRカーにスイッチした年でなかったですかね?

エボ6.5にはWRカー仕様は無かったような記憶があるんですが、通常のエボⅥをトミ・マキネン仕様に進化させた「6.5」ですので、グループAと言えどもWRカー並みの性能を所有していたのかもしれませんね。


お次はプジョー。


206WRCのモンテカルロ仕様で、たぶん2000年頃のものだと思われます。
クルーはパニッツィ兄弟。


今度はスバル。
インプレッサWRC2006ラリー・ジャパン、新井さん仕様。

ドライバーさんは、当時のデリケートなWRカーの操作ぶりに苦戦されていたようですが、こうしてミニカーで眺めていると、それを忘れさせてくれる程の外観です。
しかも、コチラは造りが精巧で有名なHPI製!

ついでに当時撮影した写真も探してみましたが…こんなのしか残っていませんでした。(^^;



ともあれ、新品ではとても購入出来ない"高嶺の花"なので、中古品ながらもこうしてゲット出来たのはホントに幸運でした♪


最後にランチア勢。

デルタHF4WD 1988ラリー・モンテカルロ、ブルーノ・サビー仕様。


デルタHFの活躍ぶりは、個人的には90年代前半の印象が強いのですが、グループAが運用された80年代後半から活躍していたようですね。
デザインも王道のマルティーニカラーで満足です♪


そして…今回一番の収穫はコチラ↓

ストラトスHF コンセプトカーです。
しかも、これまたHPI製!

デザインがアリタリア航空カラーな所をみると、たぶん1977~1978年頃のマシンをモデルにしていると思われます。
コンセプトカーなので、ゼッケンをはじめイベント独自のデザインはありませんが、それでも往年の勇姿が詳細に再現されているのは素晴らしいですね♪


(↑の写真はちょいとフライングですが…^^;)

いずれもワケあり品につきかなりの破格で販売されていたので、ついついこんなに購入してしまいました。
おかげで、我が家計が赤字デス(^^;

さて…今月はどこで節約すっかな(苦笑)
Posted at 2017/10/03 00:51:31 | コメント(6) | トラックバック(0) | ラリー | 日記

プロフィール

「@れいぽん さすがご決断が速いですねぇ~って、私もですが(笑)」
何シテル?   11/12 16:28
長らく旧車スポーツカー(AE86)に乗っていましたが、ラリー好きが高じてインプレッサを購入し、レプリカしました。 ラリージャパンは初開催以来毎回、ラリー北...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

ラリー・レプリカ車・旧車スポーツカー好きな方、その他趣味が合いそうな方、歓迎です。
メーカー・車種は問いませんが、実際にお会いした事のある方、コメント等やりとり歴のある方に限らせて頂きます。

社会常識の無い方、お誘い頂いても長期間交流の無い方は、抹消させて頂く場合があります。m(_ _)m
64 人のお友達がいます
モーリス☆☆☆プロドラ02Cモーリス☆☆☆プロドラ02C * 美瑛番外地美瑛番外地 *
優希(ユイエル)優希(ユイエル) * 通りすがりの正義の味方通りすがりの正義の味方
せっきぃ(555せっきぃ(555 しろこしろこ

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
ラリー好きが高じ、レプリカしたくて2006年に購入しました。 モデルはWRCラリー・モン ...
ルノー その他 ルノー その他
モータースポーツの名門に憧れて選定しました。 色がF1マシンっぽいので、F1仕様にプチレ ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
軽量FRスポーツカーに憧れ、14年間で11万km乗りまくりました。 パワーこそ今ひとつで ...
三菱 ミラージュ 三菱 ミラージュ
人生初のマイカーでした。 モータースポーツに興味があって購入し、少しずつチューンする予定 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.