車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月18日 イイね!
第4回国際スポーツ雪かき選手権を見てきましたよ。皆さん こんにちは。2月18日、「雪かきはスポーツだ」を
合言葉に今年も小樽マリン広場(第3号ふ頭多目的広場)
にて「第4回国際スポーツ雪かき選手権」が行われました。

これは雪国において重労働である雪かきをスポーツと捉え、
冬の厄介者の雪をゲーム感覚で楽しむという趣旨のもので
今年で4回目の開催となりました。
今日の小樽はとっても風が冷たく、日中の最高気温氷点下
6℃と寒一日でしたが会場は熱気に包まれていましたよ。



↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


今年で4回目となるこの大会、12ヶ国(日本・インド・ニュージーランド・オーストラリア・
バングラデシュ・ポーランド・ネパール・ナイジェリア・アメリカ・カナダ・イギリス・中国)
から、27チーム169人が参加しました。
午前中は、参加者全員で、市内でのボランティア除雪を行いました。










午後からは、第二競技「スノーショベリング&ムーブトライアル」…1チームにスコップ2本、
スノーダンプ2台が与えられ、1.8×0.9×0.9メートルの雪のブロックをスコップで崩し、スノ
ーダンプで10m離れた地点に運ぶタイムを競う種目です。


海保チーム 大会4回目にして初の暴挙?雪のブロックを根元から倒し、スノーダンプで
一気に運ぶ作戦です?


一度ではやっぱり無理ですね。今度は二分割に。






大きな塊を運んで、5分10秒でゴールです。凄いですね。


日頃から身体を鍛え上げている、海保職員でも、きつそうですね。


ゆるきゃら「運がっぱ」も応援していましたよ。


参加された、皆さんは晴天の中、固くなった雪に苦労しながら雪かき選手権を
楽しんでいました。
初参加の地元小樽消防チームは8名で参加。日頃の訓練を生かしてスノーショベリング&
ムーブトライアルを3分台でダントツ1位通過しました。









第三競技「スノーマン・コンテスト」芸術的センスが問われる競技?








会場にユニークで、大小様々なスノーマンが次々と姿を現しました。



小樽ジャーナルさんの動画です。


sp kentさんの動画です。

当日の大会結果等はこちらで

みんからの皆さん 是非、来年は挑戦してみてはいかかですか?





今回のBGMは、アメリカン・ハードロックバンド、ナイト・レンジャー(NIGHT RANGER)です。
1983年の二作目のアルバム「MIDNIGHT MADNESS」よりRock in Americaです。
ハードロック史上屈指のツインリードギターバトル。ブラッドとジェフのギターソロも
物凄くメロディアスでサビも最高に盛り上がりますね。
文字通りの、アメリカン・ロックです。

Posted at 2017/02/22 19:09:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
2017年02月18日 イイね!
2月18日の塩分補給 巡視船「そうや」母港釧路へ向け出港皆さん、こんにちは。2月18日この日は、灰色の雲の合間
から朝日が差す寒い朝を迎え、日中の最高気温は氷点
下6℃と、一昨日、昨日と比べたら温度差のある真冬日と
なった我が街小樽です。
16日に今期のオホーツク流氷調査を終え、小樽港へ無事
帰還した巡視船「そうや」が、18日に母港釧路へ向け出港
するという事で出港の模様を鼻水垂らしながら見て来まし
たよ(笑)



↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


小樽港第二埠頭へ行ってみると、既に本船 出港の準備に取りかかっていました。




船首側の2番ロープがレッコーされていましたよ。


煙突から排気が出ました、SEMT ピルスティク 12PC2-5 V400ディーゼルエンジンが
起動しました。






船首側では、航海科の乗員が、ウインドラス(揚錨機)の準備等、出港の配置に
ついていましたよ。






出港支援のタグ「たていわ丸」がやって来ました。船尾にタグラインを取りました。










ホーサーがレッコーされ、「たていわ丸」(3,600PS)にゆっくり船尾を曳航され離岸開始です。
休日出勤お疲れ様です。Kちゃん休みだったのかな?








錨鎖を巻揚ながら、後進で進んでいきます。ウイングにいるのは航海長でしょうか?


抜錨が完了しました。








港内中央で、「たていわ丸」に船尾を押されながら、左に回頭していきます。
アンカーもベルマウスに納まったようです。


船首が港口に向きました。タグラインはレッコーされ、本船前進へ嵌脱装置が入ったようです。






「右帽触れー」の号令がかかり、ロープ取りの本部職員と、お別れですね。




スローで航行し小樽港を後にしました。


前日までの荒天の為、小樽沖はまだ荒れていました。


いつもの 祝津パノラマ展望台へ。今日も熱心な塩分濃い目のコアな方々です。






結構ガブっていますね。砕氷型の船形では、ガブられたら 結構辛いですね。
巡視船「そうや」は津軽海峡を経て母港釧路へ向け、針路をとりました。

この日、午後からは、第4回国際スポーツ雪かき選手権を見に行く事にしましたよ。






今回のBGMは、僕がロック界でもっとも愛するボーカリスト、グラハム・ボネットに
よるバンド「Graham Bonnet Band」です。
2016年に発表されたアルバム「THE BOOK」より「Dead Man Walking」です。
グラハム原点回帰を色濃く印象付けるメロディックなクラシックソング
走感を出した熱く爽快なHR/HMナンバー。古臭いだけではない今も
感じさせるのが印象的です。
Posted at 2017/02/21 22:01:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年02月16日 イイね!
2月16日の塩分補給 巡視船「そうや」流氷調査を終え帰港皆さん、こんにちは。2月16日、この日は、朝から薄曇りの
空から弱い日差しが差し、日中の最高気温もプラス7℃と、
3月下旬の気温となった、我が街小樽です。

そんな天候の中、今月11日から、15日までの期間中、第1
管区海上保安本部(小樽)と北海道大学の研究者が、同
本部の巡視船「そうや」(3,100t)にてオホーツク海での合同
の流氷観測を終了し、この日無事小樽港へ帰港しました。
私用そっちのけで、入港の模様を見てきましたよ。


↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


AISにて「そうや」の位置を確認すると、既に祝津沖で漂泊している事を確認し、
急いで祝津パノラマ展望台へと、クルマを走らせました。


祝津沖で、舳先を北に向け漂泊している「そうや」。本当は祝津沖を留萌方面から
南下してくる姿を撮影したかったのですが・・・・残念でした。




その後、針路を小樽港へ向け、航行し始めました。


自分も小樽港へ向かいましたよ。






「そうや」が港口へ進んで来ましたよ。


港内では、入港支援作業をする、タグボート「たていわ丸」が待機しています。






赤白燈台の間を抜け、港内へ進入してきました。








「たていわ丸」が船尾へ回り込み、タグラインを取っているようです。
船首側には、航海科の職員が配置していますね。


ブリッジ上には調査に同行したテレビ取材クルーが、入港時の撮影を行っている様です。






港内をゆっくりと、第二埠頭接岸岸壁へ向かっていきました。








接岸岸壁へゆっくりと近づいて来ました。既に投錨され、船首側のホーサーは、岸壁の
ビットに取られ、ホーサーを巻き込みながら、接岸開始です。








「たていわ丸」に船尾を押して貰いながら、接岸完了です。
船首2番ロープも取られました。






「たていわ丸」が、入港支援作業を終了し、帰って行きました。 お疲れさまでした。


船上のヘリ甲板では、ヒービングラインの仕舞作業でしょうか。




「そうや」は10日午後に小樽港を出港。日本海を経て宗谷岬を回り、11日午前、
オホーツク海で最初の観測地点の枝幸沖北東約48キロ海域に到着しました。
辺り一面、しっかりとした流氷が形成される前の”ハス葉氷”と呼ばれる薄い氷が
海面に漂い、同本部海洋情報部の職員は早速、観測機器を海中に下ろして海水
の塩分濃度や水温、流速を測定。北大の研究者は、バスケットと呼ばれる箱状の
クレーン移動装置に乗って海面近くまで接近し、海水や氷を採取したそうです。








今年は、昨年に比べ、流氷の南下も早く、氷海での砕氷航行が多かったのでは?
船首側のアイスベルト部の塗装も 出港前に比べ、だいぶ剥離しているようです。


合同観測は、1983年から毎年この時期に行われています。今回、同本部海洋情報部の
職員が連日、船舶の航行安全情報を発信するため、流氷分布などの観測業務に当たり
ました。同本部海洋情報部では、「今年の流氷は、南下の開始が早かったが、現在の
流氷の広がりは平年並み」と説明。ヘリで確認した流氷の分布を示した観測図は、同
本部の、海洋情報センターのホームページを通じて見ることができます。


本船は、18日母港である釧路へ向け出港の予定です。
出港の模様も頑張って見てきますよ。





今回のBGMは、英国の偉大なるロックバンド、クイーン(QUEEN)のギタリスト、
ブライアン・メイ(Brian May)です。
1992年のソロアルバム「BACK TO THE LIGHT」より「Driven by You」です。
かなりポップですが、良い曲です。ブライアンのメロディーセンスが光りますね。
ギタリストとしてだけでなく、ブライアンも凄いヴォーカリストですよね。
Posted at 2017/02/21 19:45:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年02月14日 イイね!

↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


北海道の皆さ~ん ようやく あのコラボ商品が 各地の店頭で購入できるようになりましたよ~。




では PPAP風に











I have a RibbonNAPOLIN~











I have a Katsugen~










アーン!









RibbonNAPOLIN Katsugen!

RNKG

北海道限定ドリンク、リボンナポリン×ソフトカツゲンの夢のコラボ

ソフトカツゲンは雪印メグミルクが製造するロングセラー乳酸菌飲料で、2016年に発売60周年を
迎えた道民のソウルドリンク(1956年に瓶入り「雪印カツゲン」として発売)。一方、リボンナポリン
はポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社(本社:愛知県)の炭酸飲料で、2011年に100周年を
迎えました(1911年に「ナポリン」として発売)。

2017年は、リボンブランドのキャラクター「リボンちゃん」誕生60周年。昨年に60周年を迎えた
カツゲンとはほぼ同時期に還暦を迎える縁もあり、共同企画商品として開発することとなりま
した。
Posted at 2017/02/14 12:02:17 | コメント(4) | トラックバック(0) | 地域の話題 | 日記
2017年02月11日 イイね!
雪あかりの路19 カトリック小樽教会富岡聖堂・小樽市庁舎 皆さん、こんにちは。2月11日、雪あかりの路も残すところ
2日となり、自分にとっては勤務の関係で、見る事が出来
るのは、この日が最後となりました。

この日、向かったのは カトリック小樽教会富岡聖堂です。
ここは、小樽の高台に建つ、献堂80年を超えたゴシック
様式の教会です。
赤い屋根と八角堂の鐘楼の美しい姿は市民に長年愛され、
小樽市歴史的建造物に指定されています。


↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。
















小樽商大の学生たちに地獄坂と呼ばれる商大通りを上っていく途中、道路から奥まった
ところに建つカトリック小樽教会富岡聖堂。
正面中央の赤い八角尖塔とその上の十字架がピクチャレスクなゴシック様式の教会です。
毎回、人気の写真スポットになっていますので、たくさんの人が撮影に来ていましたよ。
ここは、このイベントでは外せない場所ですね。


















小樽市庁舎、まず訪れる人もいないであろう、隠れたスポットなのです。
昭和初期の典型的な庁舎建築。地元の実業家土肥太吉の寄付により建てられたそうです。

中央の大きな車寄せのある玄関を中心に左右対称。ベージュ色のタイル貼り外壁に、
車寄せ部分とそ の周辺は茨城産の花崗岩積みとし、玄関上部の壁面に6本のコリント
様式を模したキャピタル(柱頭)を持つ飾り角柱を立てています。内部は中央階段の
正面は鮮やかなステンドグラスが飾られ、重厚な雰囲気です。
小樽市指定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り3階建てです。






今回のBGMはジューダスプリーストのボーカリスト、"メタルゴッド”ロブ・ハルフォードです。
2009年のソロアルバム「WINTER SONGS」より「WINTER SONG」です。
意外にもロブは、以前からこういうアルバムを作りたいという考えを持っていたそうです。
ロブの歌のよさが光る70年代風バラード。バラードでの感情表現に関してはこのアルバムが
ロブの全盛期かもしれない。
Posted at 2017/02/13 18:55:32 | コメント(5) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
プロフィール
「目が覚めて、窓のカーテン開けたら 朝焼けでした。」
何シテル?   02/22 07:04
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳まで神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
お友達のお誘いについては現在受け付けていません。
申請されても、お断りしていますので、ご了承ください。


18 人のお友達がいます
ロンロン三世ロンロン三世 人も車もポンコツ人も車もポンコツ
マッソウマッソウ legacybpflegacybpf
コルアートコルアート R321R321
ファン
193 人のファンがいます
愛車一覧
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
今から26年前、20代横浜にいたころ乗っていたクルマです。S60年式です。720ロングか ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.