車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月23日 イイね!
28さんぽ 今年も北国の春を感じに出かけました。皆さん こんにちは。サクラ前線も本州の最北端付近迄
北上し、今週中には北海道の南端に到達するのではと
思われます。道央圏も4月29日頃の開花予想です。
北海道のサクラ前線は、4月の道南にはじまり、5月を過
ぎ、6月初めまで、北へ東へと進んで行きます。

さて、過日16日、朝からお天気も良かったので、今年も
市内の公園でミズバショウ、ザゼンソウが見頃と思い
北国の春の訪れを感じに出かけましたよ。



↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


向かったのは、市内でも有数のサクラの名所 長橋にある「なえぼ公園」です。
600種類以上の昆虫や、60種類以上の野鳥、約3,000本のエゾヤマザクラが
咲き乱れ、自然生態観察公園として、市民に親しまれています。




日曜日の午後、園内を散歩する家族連れも多かったですよ。お花見のスポットとしても
市内でも有数の場所で、サクラの時期はお花見客で混むんですよ。






園内を流れる小川沿いの遊歩道を歩きながら、向かったのは、




ミズバショウの池です。規模的には全然小さいですが、楽に見にいけるので(笑)








ミズバショウはサトイモ科の多年草。ここの群落は毎年この時期に花を咲かせます。
白い円形の花びらのように見えるのは、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる葉が変形した
もので、本当の花はその中の黄緑色の部分。葉の形が牛の舌に似ていることから
別名ベコノシタとも呼ばれるそうです。
毎年見に来ていますが、今年は雪融けが遅かったのか、まだ小さく感じましたね。


ミズバショウの咲いている池から、遊歩道を園内奥へ進んで行きます。


そこには小さな湿地帯があります。ザゼンソウ群生地に到着です。






和名の由来は、花の姿を座禅を組む僧侶に見立てたものだそうで別名を
達磨草(ダルマソウ)ともいうそうです。
水芭蕉ほど大きくなく色も地味なのでちょっと目立たないんですが、ザゼンソウだけが
生えている湿地っていうのも珍しいそうです。






園内の遊歩道脇の水溜りには、カエルの卵が一杯でしたよ。




サクラの蕾は まだ固そうでした。


なえぼ公園を後にし、次に前から行ってみたかった市内某所へ。


小川沿いの湿地帯で、知る人ぞ知る、小樽市内でも有数のミズバショウの群生地です。






画像では、表せませんが、市内でもこれだけの群生地はないと思います。
来て良かったと思いました。


でも この看板を見たときは 寂しいい思いがしましたね。
この地をに大事にされている方がいるのにね。こういう場所はいつまでも残したいですからね。




この小川の湿地帯には、マガモもやってくるようで、番いの鴨がいましたよ。






川底の餌を食べているようですね。近くまで寄っても逃げませんでした。
ヒト慣れしてるのかな?

北国の原野を彩るミズバショウの花々の光景。春の訪れを感じた日曜日の午後でした。


その後は、いつもの祝津へ行き






くどいようですが、出港した らべんだあを 撮影して。




積丹半島に落ちる夕陽を撮影して 一日が終わりました。





今回のBGM・この一曲はイギリスを代表する、エレキ・ギター・インストゥルメンタルバンド
ザ・シャドウズ(The Shadows)です。自分も大好きなバンドです。
1966年発表の「Spring is nearly here・春がいっぱい」です。
べンチャーズ、スプートニクスと共に世界の三大エレキ・バンドであるシャドウズのヒット曲。
「日本人の春を変えた」と言われる永遠の名曲で春にピッタリな曲だと思います。
因みにQueenのBrian May、彼はシャドウズを見てギターを弾き出したそうです。
また、VOXのAC-30といえばBrian Mayだが、このアンプはもともとシャドウズの
リード・ギター、Hank MarvinがVOX社に特注した物だそうです。彼は30W以上の音量
は難聴になると直感し、現在でも30Wのアンプを使っているそうです。
Posted at 2017/04/23 07:59:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
2017年04月18日 イイね!
4月11日の塩分補給 漁業実習船「北鳳丸」寄港皆さん こんにちは。今日は低気圧の影響で、強風による
横殴りの雨が続き、各地で電柱が倒れ、屋根のトタンが剥
がれるなどし、春の嵐となった我が街小樽です。

過日、4月11日、北海道教育庁渡島教育局実習船管理室
所属の漁業実習船「北鳳丸」(664トン)が小樽水産高校専
攻科漁業科(1学年7名と2学年6名)の航海実習の生徒を
乗船させる為小樽港へ回航しました。
今回も本船入港の模様を、飽きもせず見てきましたよ(笑)


↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


今日もいつもの祝津パノラマ展望台から追っかけてみました。この日は、雲の合間から
薄日のさす曇り空で、日中の最高気温は13℃でしたが、風が冷たく感じた一日でした。




先日今期の夏の営業を開始した、小樽水族館の名物「トドのダイビングショー」
昭和34年から続く、トド達の豪快なダイビングが眼下に見えます。




海上に目を移すと、小樽港へ向かう「北鳳丸」の白い船体が見えました。




高島岬、日和山灯台沖を航行し、小樽港へ向かいます。




ロシア・ウラジオストックのInderton社の自動車運搬船「NEKSU」 (974トン)とスライドです。
本船はかつて、ダイハツ自動車の内航専用船だった「ダイハツ丸」の後身です。
小樽や、舞鶴等からロシア・ウラジオストックへ日本の中古車を運んでいます。


小樽港を目指し、高島茅柴岬沖を航行していきます。自分も小樽港へ向かいます。








本船は 前日夕方函館港を出港し、本日午後、小樽港へ到着しました。








波の穏やかな港内で、防舷材の準備等 入港の準備作業を行っていました。






防舷材を準備後 船を反転させ接岸埠頭へ向かってきました。






船上には、本船乗組員と函館より乗船している、黄色の安全帽をかぶった、函館水産高校
専攻科機関科2年生の姿も見えます。






投錨を行い、船の行き足が止まりました。これより スラスターを使用し岸壁へ寄せて
行きます。




船首、船尾の舫いロープが取られました。


ウイングでは、船長が接岸の指揮をしています。






ロープを巻き、張りあわせをしながら 接岸して行きます。






接岸完了です。 タラップが架けられ係船が完了しました。








北鳳丸 5代目(ほくほうまる 北海道教育庁渡島教育局)
総トン数 664.00トン  全長 63.60m 幅 10.20m 深さ 4.05m
主機関 ディーゼル2,200PS 速力 15.94ノット 最大搭載人員 74名
竣工 平成13年 3 月 9 日 室蘭 楢崎造船の生まれ
船籍港 函館市
本船は若竹丸に続く大型実習船で、船内学習機能の充実と生活環境の改善をコンセプトに
21世紀に即した最新鋭の実習船として建造され道内の小樽水産高校、函館水産高校、
厚岸翔洋高校が共同利用する実習船です。
水産高校の漁業実習船として「若竹丸」と共に サンマ資源調査実習 浮魚類資源調査
実習 航海、運用、通信及び機関等の実習、海洋観測及び生物の調査・研究等で活躍
しています。
本船は全国の水産高校の漁業実習船としては、海友丸(698t県山口・福岡・長崎共同運航)
若竹丸(666t北海道)についで3番目に大きな実習船です。


本船は毎年この次期、小樽水産高校、函館水産高校両校の専攻科の生徒を乗せ
約40日間の航海や機関実習を行っています。今年も乗船実習は、中央水産研究所
(横浜市金沢区)の傭船による太平洋沖の北上期浮魚調査を函館水産高校専攻科
機関科1、2年生と合同で行うそうです。


本船は、北海道の公船の為ファンネルマークは北海道章です。


船首の漁業実習甲板と、魚倉。




船尾には資源調査用のトロールネット用のスリップウェイがあります。


ブリッジは 操船実習を行う事から 充分な広さを確保しています。







本船の漁船登録番号、無線用船舶呼出符号(コールサイン) IMO国際登録番号
ナンバーです。漁船登録番号は各都道府県が配布し、必ず船体に標示しなければ
なりません。






実習生が乗船していきました。実習生の父兄が見送っていましたよ。
これから 船内で乗船式が行われるようです。専攻科漁業科では、三級海技士
(航海)の資格取得を目標としてる為、1年 4 ヶ月の乗船実習を行う必要があるそうです。




本船は4月12日 函館へ向け出港していきました。その後4月14日函館水産高校専攻科
1年生を乗船させ函館を出港し、4月16日午前10時に横浜港へ入港し大桟橋に接岸しました。
今週21日10時、調査海域へ向け横浜港を出港し東京湾を南下します。
5月17日(水)まで37日間の調査実習だそうです。元気に帰ってきてほしいですね。
出港当日は、水産大学校(山口県下関市)の練習船「天鷹丸」(1,020t)とそろって出港する
予定です。






今回のBGM・この一曲はスウェーデン出身のギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーン
(Yngwie Malmsteen)です。
1988年のライジング・フォース名義でのアルバム「ODYSSEY」より「Heaven Tonight」です。
ボーカルのジョー・リン・ターナーのポップセンスが前面にでた曲。イングヴェイらしくない
ナンバーですが聴きやすくて好きです。でもギターソロはやっぱ凄いですね 。

Posted at 2017/04/18 22:34:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年04月14日 イイね!
4月10日の塩分補給 室蘭出張編 室蘭海保巡視船艇皆さん、こんにちは。いつも沢山のイイね&コメントを
頂きまして有難うございます。
昨日は、季節はずれの雪と強風により、冬に逆戻りし
寒い一日となり海自艦の一般公開も諦めてしまいました。
今日は一転、青空の広がり最高気温も16度と穏やかで
温かい春らしいお天気となった我が街小樽です。

4月10日 海上自衛隊試験艦「あすか」の出港を見届け
た後、折角室蘭まで来たので室蘭海保の巡視船艇も見
て行こうと思い、係船地へ向かいました。


↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。






「鉄の街」室蘭の象徴、白鳥大橋を渡り室蘭港西3号埠頭へ向かいました。




まずは 昨年9月に稚内海保より転属となった大型巡視船「れぶん」PL-72です。








PL72 「れぶん」 第一管区海上保安部 室蘭海上保安部所属の大型巡視船です。
いわみ型巡視船の2番船 公称船型 1,000トン型巡視船

排水量 約1,250総トン 全長 92.0メートル 全幅 11.0メートル 深さ 5.0メートル
船質 船体:高張力鋼及び軟鋼 上部構造:アルミ合金 
機関 ディーゼル×2基、2軸(8000PS) 速力21ノット以上
三菱重工下関の生まれ 平成26年1月30日就役 

本船は老朽化した、1000tしれとこ型巡視船の代替船として計画された大型巡視船です。
平成25年から27年の間に6隻が建造されました。
本船は建造費を抑えるため、ヘリコプター甲板を装備せず、兵装は、はてるま型巡視船
と同じMk 44 ブッシュマスター II 30mm機関砲、遠隔放水銃を装備しています。
遠隔放水銃を装備する大型船が室蘭に配属されるのは初めてでした。


本型の水線下の形状はごく通常の船の型式の排水量型で、船質は高張力鋼と、前級
くにがみ型巡視船と同仕様で、従来の船型に戻っています。
また船首はバルバス・バウ形状を採用し、自力出入港を考慮しバウスラスターを2基
装備しています。


本船の主要兵装である、遠隔放水銃とMk 44 ブッシュマスター II 30mm機関砲。


遠隔放水銃の放水能力は20t/minとも言われています。


30mm機関砲は、チェーンガンといわれる機関砲です。
アメリカのアライアント・テックシステムズの製品です。口径は30×173mm。発射速度は
毎分200発。最大射程は艦載型で5100m。米空軍のAC-130Jや米海軍の一部艦艇、
それ他の国の装甲戦闘車などで採用されています。
恐らく日本製鋼所等の国内メーカーがライセンス生産しているのではと思われます。




上部構造はアルミ合金製です。船橋の配置は前級くにがみ型とほぼ同仕様で、
船橋に指揮機能を集約しています。船橋にて機関の操縦監視を行う、機関管制盤配置、
操舵室の後方にはOIC(Operation Information Center)室が配置され、通信区画や武器
管制区画が設けられています。




ブリッジ天蓋に装備された、遠隔監視採証装置(前)とFCS射撃指揮装置 (30mm機銃用)(後)
最近の火器兵装は目標自動追尾機能型の為、よく目にする装置となりましたね。
遠隔監視採証装置はレーザーレーダーを使用した監視装置で、レーザーを照射し目標の
スキャンを行い、夜間における通行船舶の監視を行うことが出来ます。

従来その役割は赤外線監視装置が行っていましたが、遠隔監視採証装置はより分解能が
高く探知距離も長くなっています。




煙突は曳航時の後方視界確保の為、左右2本に分離する方式を採用しました。
本型は、陸岸曳引力45トンという、極めて強力な曳航能力を備えています。




アンチローリングタンク(減揺タンク)。タンク上には曳航時の影響を考慮してか船尾灯と
停泊灯が設置されています。






高速警備救難艇が両舷に、高速複合警備艇が1隻搭載されています。


恒例のパチリ。



続いては、巡視艇です。室蘭海保には、CL20メートル型すずかぜ型巡視艇(ひめぎく型)
が3隻配備されています。CL166「こざくら」、CL167「えぞかぜ、」CL171「ちよかぜ」です。
3隻全て暖房を強化した北方型として建造されています。

総トン数:23トン 全長:20.0 m 全幅:4.30 m 深さ:2.30 m 喫水:0.88 m
主機関:ディーゼルV型12気筒4サイクルディーゼルエンジン(MTU or MAN)×2基
推進器:スクリュープロペラ×2軸
出力:1,820PS 速力:30ノット 船質:高張力鋼 乗員:5名
老朽化した巡視艇の代替えとして、目下鋭意建造されている巡視艇で、既に160隻
以上が建造され、現在も同型巡視艇の”量産記録”を更新し続けています。




「こざくら」CL166 平成23年3月就役 長崎造船の生まれ。




「えぞかぜ」CL-167 平成23年3月就役 長崎造船の生まれ。先日苫小牧海保より転属してきた
ばかりの巡視艇で、第一管区初の女性船長が乗船した船としても有名です。




「ちよかぜ」CL171 平成23年3月就役 墨田川造船の生まれ。




室蘭海上保安部には、「監視取締艇」と呼ばれる小型艇も配備されています。
「ぽおらすたあ」SS36
総トン数:4.7t: 全長:8.0m 最大幅:2.8m 深さ:1.5m 船質:FRP
主機:ディーゼル1基、1軸 出力:200馬力 速力:30kt
拳銃等の船舶を使った密輸を阻止する為に導入された監視取締艇
密輸船側に察知されないよう、市販されているボートに監視取締艇としての艤装を
施しています。原型はヤンマーディーゼルの小型クルーザーFZ-27B







同岸壁に係船されていた、北海道警察札幌方面室蘭警察署の警備艇「むろしお」 
港内警邏や密漁の取り締まりに使用されています。




帰りは伊達、洞爺湖経由で小樽まで帰る事に。途中有珠PAでちょっと休憩。


有珠山、昭和新山、羊蹄山、ニセコアンヌプリ 駒ケ岳が眺められましたよ。


有珠山


昭和新山


「蝦夷富士」羊蹄山


今じゃ外国人だらけのニセコアンヌプリ


駒ケ岳


国道230号線沿いの洞爺湖の見える 「サイロ展望台」にも寄りました。
この場所は約28年ぶりに訪れました。






久しぶりに見た洞爺湖の眺めです。綺麗でしたよ。




羊蹄山を眺めながら、京極経由にて帰りました。





今回のBGM・この一曲は、現在も精力的に活動している アイアン・メイデンです。
1982年の3rdアルバム「The Number Of The Beast」魔力の刻印より「RUN TO THE HILLS」です。
この疾走感、まさに爽快の一言、ブルースの声に張りがあってとてもカッコよく
サビの突き抜けるようなハイトーンもいいですね。そしてなんと言ってもベースとドラムかな?
Posted at 2017/04/14 19:26:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2017年04月12日 イイね!
4月10日の塩分補給 室蘭出張編 試験艦「あすか」出港みなさん、こんにちは。4月10日の塩分補給のつづきです。
午前中は快晴に恵まれ気温も11度と温かくなった室蘭で
した。
午前中試験艦「あすか」の一般公開で、本艦を充分
堪能した後は近場でお昼御飯を済ませ、午後からの
出港を見るべく、接岸先の崎守埠頭へ戻ってきました。
今日はクルマの中にU・W旗を忍ばせてきたので、見送
り時に使ってみようと思っていました。



↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


室蘭港旗振男現る(笑)




接岸埠頭へ戻ると、甲板上は各部の乗員が整列し、出港の準備に取りかかるところでしたよ。


ウイングに艦長の姿も見えました。右の方が艦長です。






錨が、吊錨の位置へ降ろされます。




主機起動です。右舷機ガスタービンに火が入りましたよ。




続いて左舷機も火が入りました。






舷梯が揚収されましたよ。


出港の準備が整い、タグボート待ちとなりました。


??? 回答旗が揚がりました。こちらがU・W旗を持っていたからなのでしょうか?








出港作業を行うタグボートがやってきましたよ。東京湾でお馴染みの 海洋興業の
子会社北洋海運の 摩周丸3,400PSです。もう一隻は おーきっどです




1番、3番舫がレッコーされました。今日は函基の隊員が舫い取りです。


2番舫いがレッコーされ、タグがスローで引いて行きます。




舫いロープの仕舞作業です。全て人力です。


ラッパの音と共に「出港用意」の号令がかかりました。




艦首尾をタグに引かれながら、離岸していきました。








帽振れ~!今度は小樽にきてね~。










U・W ご安航を祈ります。








試験艦「あすか」は 次の寄港地へ向け室蘭港を後にしましたよ。






今日のBGM・この一曲は、リッチー・ブラックモアが率いたバンド「レインボー(Rainbow)」です。
1995年発表の復活作。STRANGER IN US ALLより「Black Masquerade」です。
これこそRAINBOWといえる様式美で、リフ・メロディ・展開すべてが申し分ない
素晴らしい楽曲です。リッチー曰く「Voのドゥギーはディオとジョーの中間」らしいです
伸びやかな声は良いと思いますが、前任のVo達に比べて印象が薄いと感じましたが。

Posted at 2017/04/13 00:04:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2017年04月11日 イイね!
4月10日の塩分補給 室蘭出張編 試験艦「あすか」一般公開みなさん こんにちは。4月10日、前日の強風もおさまり
雲の合間から青空の広がる朝を迎えましたが、まだ空
気はヒンヤリの我が街小樽です。

この日は今年度初となる海上自衛隊の試験艦「あすか」
の一般公開が有ると言う事で、先週に引き続き、太平洋
側の室蘭港へ行ってきましたよ。
試験艦「あすか」が函館以北へ来航するのも久方ぶりで、
自分も98年の9月に見て以来、19年振りに本艦を見てきま
したよ。


↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。




札幌で塩分濃い目のlegacybpfさんと合流し、道央道をひた走り、一路室蘭へ。
平日は、千歳空港以南は高速道路も空いてますね。


約、1時間40分で、室蘭港崎守埠頭へ到着です。






この日はお天気にも恵まれ、絶好の塩分補給日和でしたよ。駒ヶ岳も綺麗に見えました。




本日お目当ての、海上自衛隊、試験艦「あすか」ASE6102です。






平成4年度予算計画による、くりはまASE6101 950t(2012年除籍)に次ぐ海上自衛隊
2隻目の試験艦です。将来、護衛艦に搭載される艦載装備の試作品の性能試験を
主任務としています。

試験艦「あすか」ASE6102
基準排水量: 4,250t 全長:151.0m 全幅:17.3m 深さ:10.0m 吃水:5.0m
主機関:COGAG方式、LM2500ガスタービンエンジン×2基2軸推進
出力:43,000PS 最大速力: 27ノット
乗員:70名+試験要員100名
兵装:Mk.41 mod.17 VLS×8セル 3連装短魚雷発射管×1基
搭載機:ヘリコプター1機搭載可能
就役:1995年3月22日 住友重機械工業 浦賀造船所の生まれ

本艦は、海上自衛隊の自衛艦隊に属する開発隊群に属し、新たに開発された
武器から塗料まで、新システムや装備品、改良装備等を実際に装備して各種
実用評価試験を行う専用艦です。この手の艦は世界でも希少な艦なのです。




早速 乗艦してみましたよ。




1甲板中央上には、護衛艦等ではお馴染みの、三連装短魚雷発射管があります。
これは、最新式の12式短魚雷の試験用に68式3連装短魚雷発射管より更新された
HOS-303型です。




ブリッジへ向かいます。途中、煙突前の現在は撤去された推進用ガスタービン発電機が
収められていた推進発電機室の上を歩きます。デッキ上の蓋は発電機整備時の部品
の搬出入用のマシンハッチです。


見上げると、本艦の特徴でも有る、垂直の艦橋構造後壁から、パゴダ状のレーダー機器室
とマスト迄が見ることが出来ます。




かつて建造時より装備していた、射撃指揮装置3型(FCS-3)試作機のアクティブ・フェイズド
・アレイ(AESA)アンテナを4面配したレーダー機器室。試験終了後、FCS-3試作機の部品は
ひゅうが型護衛艦の2隻に転用されており、現在は塞板が取り付けられています。


本日、同行した塩分濃い目の仲間、legacybpfさん。


艦橋(ブリッジ)です。




操舵コンソール。今の艦では当たり前ですが、操舵と機関操縦を一人で行えます。
これらも本艦での実証試験があったからの採用です。


港内や、水道などを航行する際、海上交通センターや、曳船等他の船舶と交信
する際に使用する国際VHF無線機。




艦橋前壁の航海計器。操舵コンソール前がメインマグネットコンパスです。


レピーターコンパス。これはジャイロコンパス(転輪羅針儀)の従機です。


右舷テーブル?この区画正式な呼び方があったと思いましたが思い出せないです。


左舷チャートテーブル(海図台) GPSプロッターの海図台です。
どれをとっても 造船マン時代に扱っていた装備なので非常に懐かしかったです。




艦橋から、艦首方向。新アスロック(後の07VLA)07式垂直発射魚雷投射ロケットの
運用試験の為に装備されたMk.41 mod.17 VLS(8セル)この実証試験後、ひゅうが型
DDHに採用されました。 近い将来また試験運用するらしいです。






寄港前から気になっていた、最近艦橋前に取りつけらた、新艦対艦誘導弾発射筒架台。
寄港前に発射筒は取り外されたそうです。

 


まだまだ アップしたりないですが、艦橋はここまでとします。




艦内のラッタルは、他の艦艇では見られない一方通行型です。
メーカー等の試験要員の乗艦機会も多いことから、通常は一方通行のラッタルを二列並行の
階段にしています。そのため水密ハッチの面積も大きいですね。




また、これら要員に配慮し、艦内出入口には、これも艦艇では珍しい避難経路を示す
誘導灯が設置されています。




本艦は、海自艦初の女性自衛官が乗艦した艦です。その女性士官居室です。


1甲板構造物基部のリベット補強部。今では珍しい補強ですが、目的は、
防衛機密ということで(笑)


ガスタービン発電機室 本艦は新造時から、主機にはCOGLAG方式を採用した、
電気推進方式を採用していましたが、実証試験が終了した為現在は撤去され、
推進力は機械室のガスタービンのみで航行しています。


グラビティダビット上には、11m作業艇が両舷に装備されています。




煙突側面の機械室排気ダクト。




煙突背面の主機吸気デミスタ。


燃料洋上補給用プローブパイプ 通称ラッパ管。




後甲板は ヘリコプターの運用ができる発着甲板となっています。個艦のヘリは
ありません。また、ヘリコプター着艦用拘束装置や、移動用レール等は装備は
されていません




格納庫。SH60クラスのヘリ1機が格納出来ます。通常は試験機材の設置や、
調整、荒天時の試験要員の待機等、多目的に使用されています。


格納庫上のヘリコプター着艦用水平指示機




後部デッキクレーン。資機材等の揚荷に使用されます。






一通り見学後下艦し、艦尾2甲板を。赤いタンクはガソリンタンクです。


前壁には補助アンカーが見えますね。


以前この場所にあった、魚雷撹乱用の曳航装置は撤去されていました。






現代艦のような、ステルスの思想がまだ確立されていなかった頃の、垂直に聳え立つ
艦橋構造。自分はこのスタイルが大好きです。


艦首へ 本艦の特徴でもある遮浪甲板型のステム


艦首にバウドーム状のソーナー(QQS -X X )を新造時から装備している為、
投揚錨の際の、損傷を防ぐためと、航行時の砕波発生によるノイズ干渉を
小さくする目的で、砕波を後方で発生させるように、艦首を鋭く前方に突出
させています。


QQS-XXはシリンドリカル・アレイ(艦首バウドーム送波器)と艦底に長大なフランクアレイ
(受波器)で構成された対潜用ソーナーで後に01式水上艦用ソーナーとして採用され、
ひゅうが型DDHに搭載されました。


レーダーマスト。レーダースキャナーは3台装備され 上から航海用 対水上捜索用
対空捜索用となっています。マストトップの踊り場に数年前には潜望鏡捜索レーダー
が取り付けられ試験をしていた時期もありましたよ。


航海用 OPS20  (上)日本無線製の2次元レーダー。海上における遭難及び安全に
関する世界的な制度(GMDSS)に対応しており、海上自衛隊の自衛艦に航海レーダー
として搭載されています。 


対水上捜索用 OPS -18 こちらも日本無線製の2次元(探知用・距離方位測定用・捜索用)
レーダー。


対空捜索用 OPS -14 三菱電機製の2次元長距離捜索用レーダー。


艦橋上にはアクティブ・フェイズド・アレイ(AESA )が装備されていたレーダー機器室。




恒例のパチリ・オン・室蘭 
汚いクルマでごめんなさい。この時期、雨が降るとすぐ汚れてしまいます。




お昼は 近場のお店で簡単に済ませ午後の出港に備えました。安くて美味しかったですよ。

出港編につづく





今回のBGM・この一曲は、米西海岸におけるアメリカンHR/HM系バンドの先駆者
として知られる大好きな「Y&T」です。
1981年の「Y&T」改名後の3rdアルバム 「EARTHSHAKER」アースシェイカー より
「Hungry for Rock」です。
躍動感あふれる気合十分のド正統派のハードロックです。剃刀のごとく硬質な
ギターリフがなんともカッコいい です。

Posted at 2017/04/13 00:03:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
プロフィール
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳まで神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
お友達のお誘いについては現在受け付けていません。
申請されても、お断りしていますので、ご了承ください。


18 人のお友達がいます
legacybpflegacybpf * コルアートコルアート *
辰よし辰よし マッソウマッソウ
人も車もポンコツ人も車もポンコツ 白煙課長白煙課長
ファン
207 人のファンがいます
愛車一覧
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
今から26年前、20代横浜にいたころ乗っていたクルマです。S60年式です。720ロングか ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.