• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たけぱのブログ一覧

2017年06月19日 イイね!

○○が力入れすぎ

○○が力入れすぎ今年のル・マン終わりました。
なんとなく、自転車ロードレースみたいな展開で、これももちろんレースでした。
上位陣がこけた後、逃げ状態になったLMP2を追う本命エース。
ゴールまでに間に合うのか?というハラハラの展開には本職サッシャ(忙しすぎ)が似合うかなと思いましたが、現地コメンタリー(特にピット)は頑張ってましたね。

終わってみれば予選まではトヨタの完全優位みたいな感じでしたが、「一台だけ2秒」も速いってのは普通ではない状態でした。
実際にレースペースでは微妙にトヨタが速い程度でポルシェのプレッシャーから逃げ切れるほどのギャップは作れなかったと思いました。

ポルシェ自身もトラブルが頻発してました。
予選で2号車に発生したヤツが決勝で1号車に出たりしたんでは?とか単純に思ったりしますが、コストキャップの影響はあると思っていて、トヨタのペースを脅威に感じて隠し玉を投入した結果信頼性が落ちたっていうのは、いかがでしょうか。

さて、タイトルの○○には何が入るでしょうか?



レース前のトヨタの広告攻勢、異常でしたよね。
今年の中継、なんで24時間?現地で中継?アンバサダーがちょくちょく登場。
明らかにトヨタ、しかも本社のおカネが投入されているように見えますね。



でも今回の参戦では実戦部隊はTMG(とオレカ)のヨーロッパに主導権があるはずですが、日本サイドが口を挟むようになると、何らかの影響が出ることもあるでしょう。



中には傑物もいらっしゃるので本社が力を入れてもうまくまとめ上げたケースもありますが。

気付いていらっしゃる方も多いかと思いますが、ワタシ、トヨタはあまり好きではありません。
なんでかというと、前述したような雰囲気を感じることが多いから、だと思います。



でも、この時代のこの人たちは本当に応援してました。
この人たちのDNAは最早無いのかな。



どうせカネつかうならトムスにオペレーションさせる3rdカーにしたらいいのにね。
また2位かもしれないけど、そうじゃないとねぇ・・・。
Posted at 2017/06/20 00:19:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | ルマン | 日記
2017年06月11日 イイね!

エントリーリストを見て

エントリーリストを見て徒然と。

1. LMP1はどっちだ?



FSWのイベント用トランスポーターのポルシェとトヨタ。

シルバーストンとスパでの結果を受けて、今年のル・マンはトヨタが優勢であることは明確。
テストデーでのタイム差も昨年の状況を逆転しています。
ただ、ポルシェはまだまだ隠し玉を持っているんじゃないのだろうか?とPジャパン方面の誰かさんは言っているようでした。
過去の実績というのは現実にも影響を与えることが出来るのかも。

2. LMP2のドライバーがスゴイ



 今年からLMP2に移行したレベリオンとLMP2よりも速くないバイコレス。

最早有名ですが、LMP2のドライバーが豪華なラインアップです。
LMP1が無くなってもタイム差も少なくなったしACO的には無問題?。
あとはコンストラクターの制限を撤廃すればプジョー復帰のおぜん立てオッケーか?(オレ、もう少しスーパーマシンのバトルを見たいぜ)
さて、ドライバー。セナ・プロとピケのレベリオンをはじめ、元F1ドライバーはワンサと出場していますし、平川選手やローゼンクビストなどの有望若手組なども注目です。
問題はマシンの見分けが難しいこと 笑

3. ヤン

 ヤン違い失礼。しかし彼もすでに”あの”クルマでル・マンデビュー済み。

ヤン、二人出場します。
ヤン・マグヌッセン(43)、まだ若いね。今年もコルベットで出場です。
ヤン・ラマース(61)、LMP2に乗ります。LMP2相当に速いけどやっぱりスゴイな。
ちなみにラマースの#29ネダーランドにはバリチェロも乗ります。

4. 51vs71




第三ドライバーを加えて増々激化するAFコルセのバトル。
特に51のサポートドライバーは”あの”ルーカス・ディ・グラッシ。
別件ですが、ベルトリーニ、#83に派遣されています。

さて、予選が楽しみです。
Posted at 2017/06/11 22:43:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | ルマン | 日記
2017年06月03日 イイね!

これはヤバい イクス氏来るの巻

これはヤバい イクス氏来るの巻これをヤバいと言わずに何をヤバいというのか。
WECで走った時以来かも、”あの”ジャッキー・イクスさんが来日&FSWでデモランだぜ!見逃せないぜ!
と、いうことでもちろん行ってきましたよ。
今日の富士スピードウェイですが、ワンメイク祭りというのをやっていたのですが、申し訳ないが、ほとんど見ておりません・・・。



一応、予選は見ることが出来ましたが・・・。

小学生のワタシをレース小僧へと誘った956&イクスさんなのでご容赦くださいませ 笑

さて、レジェンドポルシェ達、到着した頃にはこんな姿でした。





カウルのない状態の936-77と956をじっくりと観察することが出来ました。
ま、普通のおじさん(パスをもってない人)はピット内には入れないのでここから見るだけでしたが、リヤビューがイイですよね。
某クルマ雑誌から転職された方と少しお話することが出来ました。
楽しいお話をさせていただいてありがとうございます。



この時のお話もさせていただきました。
この時はドライブされたので、今回も走らせるのですか?と聞いたのですが

 「走りませんよ、もう社員だから 笑」

そうか、これは開発しているエンジニア自身が開発ドライバーを兼ねることをお話されたことが伏線だったのですね 笑

そんなこんなで、ヒーローの登場を待ちわびるおじさんたちの前についに登場!!



やたらカッコイイおじさんが登場しました。
ムサイおじさんたちに囲まれて申し訳ございませんでした 笑
とても丁寧にサインをしてくださいました。



83年当時のポルシェワークスドライバーヘルメットのポストカードにサインをしていただきました。

さてデモラン♪
どこで撮影をしようかな?と考えていましたが、写真を撮るならやっぱりダンロップコーナーかな、ということで。



前触れもなく乾いたとぐろを巻くフラット6ターボのエンジン音♪



956はショートWBでスタイルがすごくイイのです。
ちなみにこの956、'83年ニュルブルクリンクで走った#005ということです。
あのデレック・ベルのオンボードビデオに出てきて

 「速いね~でもこっちはビデオを積んでるから」

とコメントしている時に追い抜かれたクルマそのもの!
当時もドイツはタバコ広告禁止でロスマンズ→レーシングとなっています。
もひとつ、#005までが空冷エンジンなのは本当だった、とのこと。
(ファンも確認済み、らしい)



この白ヘルは誰? 笑



感無量。

ぽっち参戦ですが、フル回転です。動画もあります。



微妙な音の違いも聞けると思います。

さて、もうすぐル・マン。
ピットにはこんな方もいらっしゃっていました。



ビショフさんとどんな話をしてたんだろう・・・。
787Bの時、イクスさんはマツダスピードのアドバイザーを務めてくださっていたんでした。



結構イイと自画自賛。
Posted at 2017/06/03 21:58:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | WEC | 日記
2017年05月31日 イイね!

レースにないはずのもの

インディでの佐藤琢磨の勝利、素晴らしい感情・感覚を与えてもらいました。
今までスポーツの劇的瞬間って悲劇性もあるものが多くって、負け犬根性とまでは言わないまでも、完全な勝者の立場になれるってことは本当に気分がいいということがわかりました♪

で、レースは続くのでいつまでも余韻に浸っている訳にはいきません。
と、言いつつもF1モナコGPのハナシ。
フェラーリが久しぶりに勝ったらしく、勝者はベッテル。
確かPPはライコネンのはずで、前回の泣き顔少年に頑張ると誓ったんだろう。(勝手な妄想。本当は知らないけど。)
でも、ライコネン本人にモティベーションが高まったのは事実で、PP獲得に至ったのだと思う。
NHKのBSでやってるメジャーリーグニュース内でF1の映像ニュースが流れるのですが、表彰台の二人を見て、「またか・・・」と思ってしまいました。
90年代までのレースだったらヤバいね。

さて、本題。
レースにないはずのもの、レースレポートで非常に多く見かけます。
特にレース関係者のコメントが多い、と思う。
これからはこういうことをいう人は良く覚えておくことにしよう。

例えばここでレーサーとして憧れるコメントをしているのは誰か

特にネットのニュースになると見出しの相乗効果でげんなりする。


そんな中に、エリック・ブロードレイが亡くなった記事があるのを思い出した。
ローラの最後のあたりは酷いことになってましたけど・・・。









他にもあったと思うけど、ざっと見つけられたのはこのくらい。

色々とお世話になっていたんですね。
ありがとうございました。
Posted at 2017/05/31 00:48:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2017年05月29日 イイね!

2017インディ500!!

書かずにいられないですね。再放送を見ながら書いてます。

佐藤琢磨、インディ500で優勝!!!です。
もう40歳なんですね。レースを始めるのが遅かったので、レース歴20数年ですが、若者と同じくらいのキャリアになってしまうのかもしれないですが。

私自身が見た彼のレースはWEC富士(クライハマー、バゲットと組んでた15号車)が最後で、なかなかライブで応援することもできないのですが、ついにやりましたね♪



こんな写真しか見つからなかったけど、本当におめでとう。
まだ頑張ろうって気持ちになった。
Posted at 2017/05/30 00:14:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォーミュラ | 日記

プロフィール

「70年はついにポルシェ念願の初優勝♪
そして、マックイーンつなぎ 笑」
何シテル?   06/24 17:02
たけぱです。よろしくお願いします。 気軽にコメントお願いします。 クルマのみならず色々楽しいことをアップできたらと思います。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 308 (ハッチバック) プジョー 308 (ハッチバック)
良いクルマに巡り合えました
アルファロメオ GTV アルファロメオ GTV
過去所有のGTV。2008年に購入。 147に乗っていた経験からTSであればそれほどメン ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
2001年に横浜で開催されたmuseo alfa romeoにいったことがきっかけで購入 ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
だいぶ記憶から薄れてきたGDB。 とにかく硬い乗り心地で、首が痛くてたまらなかった。GC ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.