• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

skyfiroのブログ一覧

2012年11月18日 イイね!

天文施設見学のススメ(゜∀゜)

先日の胎内への訪問は目的が他にあった。
星を撮るという趣味がエスカレートすると、どうしても巨大な望遠鏡や
それなりの「聖地」へと足を踏み入れたくなるw

車で言う「サーキット」であり、鈴鹿、筑波そんな感じだw

新潟県の平野って実はかなり星を見るぶんには都合が悪く
あっちこっちから町の光が邪魔してていわゆる「光害」がひどい。
町の光があればどうしても露光中に光を拾ってしまうので
不自然なグラデーションとなって写真に現れる。

なので、山間地で光害の無い真っ暗なコンディションで撮ってみたい・・・・・・・

というわけで、胎内へやってきた。
予報は雨w
どうにもならないが、聖地巡礼wを兼ねて、
「大人が作った本気の望遠鏡」でも見学してこようか・・・・w

県内で有名な天文台?というかこういった施設は知ってるだけで4つあるが
ここはかなり本気モードらしい。

胎内自然天文館


施設そのものは非常に小さい建物で無機質なコンクリ。
でもまぁ、デザイン性も一応考えてあるようで少し面白い形をしている。
入り口からいきなり猛烈な星の写真。

「あーなんかこんなの子供のころによく見たな」的な写真だらけ。

2Fの受付へ行くと暇そうな受付嬢が渋々と手続きをするw
300円払ってチケットをもらう。
んー、暇そうだw

店内?にお客は誰もいない。

なんだか双眼鏡がいくつもあって、片っ端から覗き込んでみる。

おw
明るい。
強烈に明るい。
雨が降っていたが、雨粒が見えるほど鮮明。
遠くの雪山もとても鮮明に見える。



んー、こんなのが何個も山の峰に向かって構えてるw
ちなみにこいつ一本で軽一台分w(゜∀゜)

そんなのがゴロゴロと何本かある。

好きなように見て好きなだけ観られる、これは楽しいw


とまぁ、ブラブラ遊んでたら、
メインの望遠鏡との対面。



口径60センチ反射望遠鏡の巨大な望遠鏡。


でけぇ。

まぁ、国内最大と言えば「兵庫県立西はりま天文台」の2m望遠鏡が最大らしいが
60センチとはいえかなり迫力がある。

2m望遠鏡一度拝んでみたい(゜∀゜)

8mの昴なんて拝むことはないだろうから、国内最大ってのもいつかは(゜∀゜)

望遠鏡ってただの筒でしかないんだけど、それを支える土台(三脚w)
の作りは建物と一体化してて、星を自動追尾出来るメカニカルな仕組みになってる。
もちろん、主砲の向きによって扉が開く仕組み。

そう、なんかの宇宙映画のロボキャラみたいな・・・・



是非とも、赤や金で装飾してほしい(゜∀゜)


とまぁ、実際にこいつで星を観察することは出来なかったが
この施設周辺の環境が非常に良いので、空が晴れた日にはここで撮ってみたい。

自宅から2時間かかるが、聖地といえるだけの収穫はあったかなw





でもって、この前日、近くの山のぼって星撮ってみた。

ずっと星撮ってからというもの、オリオンを良く撮ってたんだが・・・



お?良い感じだ。

思い切って135mm望遠全開で撮ってみた。
ピント合わせが難しい・・・。



キタキタ(゜∀゜)
M42。

ずっとコレが撮りたくて何度も何度も撮ってたんだが、ここまで鮮明に撮れたのは
初めてで、雨上りの澄んだ空気のおかげでもある。

切り取ってみた(゜∀゜)



若干流れてるが、ようやくここまで撮れるようになったw
んー、やはりM42は美しい。


ほんっと星ブログになっちまったな・・・・(゜∀゜)
Posted at 2012/11/18 19:59:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2012年11月17日 イイね!

かつての戦場を訪れた・・・・・



新潟県の下越地区にある胎内周辺。
風倉駐車場。

最後にドリったのが恐らく5年前で、BMWにて非力ながらも遊んで終了した想い出の場所。
かつてピーク時には何十台と集まり、某雑誌(オプション)だかの取材もあったっなw

あんな車やこんな車を作って
間瀬に行く前に練習積んでからって人達をここで育成していたw(なんだそれw)
いわゆる、巨大な駐車場で、貸切にして好き放題ドリフトごっこを行う場所。
破格の場所代なので、一人当たりの負担額が非常に少ない。一日一人2000円ほどw

3速にぎりぎり入る程度なので速度的には100キロ出るか出ないか。
広さもコースめーいっぱい使えばかなり大きいが、左側と右側で分けて練習する。

まぁ、あまりにもひどいマナーのありさまで、市のほうから
「頼むやめてくれ」という状態となり、事実上貸切を禁止された経緯がある・・・。

とにかく、爆音マフラーが目立ち、複数台で追っかけっこをするが為に
猛烈なスキール音と猛烈な悪臭wや事故などで近所からクレームの嵐だったようだ。

毎週土日ほぼ99%予約で埋まるほどの大人気な練習場所だった為に
色々と問題があった。

自分たちは極力マフラー交換車は遠慮してもらって、走行会終了後には
ひたすらタイヤのカスを拾って竹ぼうきで履くという徹底ぶり。
まぁ、そんな徹底してても他の人たちがルール無視することでなんの効果もなかった訳だが・・・・。

まぁ、色々とお世話になった駐車場。

あんだけ騒いでた人間が

まさか、ハイブリッド車で訪れるとは思わなかった・・・・・・。



年を取るってこういうことかもしれない・・・・。
Posted at 2012/11/17 21:28:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 滑走講座 | 日記
2012年11月12日 イイね!

家の周りの紅葉見に行紅葉(゜∀゜)

くだらないダジャレ乙w


そろそろというか、完璧に紅葉シーズン。
各地ではかなり見頃になってるようで^^
夜景派としては、「ライトアップされた紅葉」に魅力を感じるんだが
なかなか天気や都合で撮りに行けない。

自宅の庭w


近くの神社で・・・

ひどいw
牛じゃねぇってw



猛烈に黄色いんだが、黄色だろうか?w



とりあえず、葉っぱが枯れる寸前の様を撮ったw
時間ができたら、「紅葉+星」なんてのも面白いかな^^


Posted at 2012/11/12 13:57:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2012年11月07日 イイね!

新潟市内とか撮ってみた(゜∀゜)

カメラを手に入れてからというもの、天気の良い日(星が見える日)
時間が空いた時なんかはほとんど家に居ないw
なんか、車やってた時の「峠走っとります」的なw
年とって、車がカメラにかわっただけで、基本的にアクティブである(゜∀゜)

基本的に「夜景」「星景」が撮りたい人なので、夜行性w
三脚担いで、カメラ持って適当にパシャパシャ撮る。
ただそれだけで、あっという間に時間が過ぎる・・・・・中毒だ・・・w

で、今回は一応「ちょっとした都会」を撮りたくて新潟市内へ出かけた。
「都内ならどこ行っても絵になる」なんてそんなの甘えであるw
ありえないほどの巨大なビル。
確かに絵になるw
わかってるが、地元のアレ的な良さを撮りたいなんてのも

カメラ小僧の中2病の一種である(゜∀゜)w


カメラって勉強すればするほど迷子になる気がして、どうも構図だとかの
勉強をしていないw
なんとなく「良い絵だな」ってのをよく見て分析して、
配置がどーのだとかそういうのをいっぱい頭の中に覚えておく感じで
撮ってるもんだから、ほとんどが「トンデモ構図」しか撮れないw

朱鷺メッセ(゜∀゜)


シャッター4s
F4.5
ISO400
焦点18mm

新潟を代表するビル。
当初この展望台で下界を撮ろうとしたんだが
どっかの会社が貸切してて入れなかった^^



シャッター2.5s
F4.5
ISO400
焦点18mm

曇りで星ほとんど見えず(゜∀゜)



シャッター4s
F4.5
ISO400
焦点18mm

緑ぽいガラスの感じが結構ツボw



シャッター2s
F5
ISO200
焦点56mm

ご存じ「万代橋」
古めかしい感じが結構ツボ。



シャッター13s
F3.5
ISO200
焦点18mm

なんとなく見上げてみたかったw

で、あまりにも暴風な為場所移動(゜∀゜)
とある池に。



シャッター20s
F3.5
ISO200
焦点18mm


白鳥だかなんだかガーガーうるさい中撮影w
あたりは真っ暗なんだが20秒も開いてるとこんだけ明るくなる。
船の感じが結構ツボ(゜∀゜)



シャッター20s
F3.5
ISO200
焦点18mm

なんかさみしい感じ^^



シャッター6s
F3.5
ISO800
焦点18mm

オリオンをバックに(゜∀゜)

まぁ、よくわからんのだ。
何が悪いか何がいいのか、さっぱりw

色の具合が迷子ちゃんなので、狙った色になってるかわからんw

RAWで撮ってるので色々調整できてしまうので、
なおさら迷子ちゃん(゜∀゜)

ちょっと迷ってるんだが、RAWでPC現像してその技術を高めて
「加工オンパレードな絵」を作るか、カメラがJPGに変換する能力だけで
絵を作るか?で意見が分かれると思うんだ^^

車に例えると

「ノーマルで乗るか、改造車で乗るか?」の違い。

根本的にノーマル派なんだがw
「いじれるから」といってドツボにはまっていく可能性大w

Posted at 2012/11/07 17:03:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2012年11月05日 イイね!

赤道儀の威力(゜∀゜)VixenGP2ガイドパックS使ってみた^^

人が手回し手動でクルクルと回して神経使って撮ってるのに
「エコカー補助金がキャッシュバックしてきた(゜∀゜)ニヤリ」とか言って
VixenGP2ガイドパックSとかいうちょっと本気出してる赤道儀買いやがった・・・

同時期に星写真にはまった36歳魔法使い君w

んー、いきなりすぎというか・・・・w
確かにコレらの機械ってバカみたいな値段がするけど
中途半端に安いもの買って失敗するより、みんなが使ってる定番
買っておけば間違いないと・・・まぁ確かにw

正直星の写真ってカメラの性能(センサー等)がある程度決まってしまうので
EOSkissが5であろうがx6iであろうが微々たる差でしかない。
細かい点で違ってくるが、フルサイズ一眼ではない為撮れる絵はほとんど同じ。


後はレンズ次第(゜∀゜)w


だから、ベースは同じで、あとは赤道儀の能力次第で撮れる絵がまったく
変わってくる。
最高級一眼カメラで赤道儀がプアだと星を追えないw
逆に、赤道儀がしっかりしていると、ある程度の一眼カメラなら
ちゃんと撮れる(゜∀゜)

とはいえ、赤道儀のセッティングが非常にややこしく
北極星なんて見えない状態で・・・・って無理があるw



んー、こんな感じの星を追っかける機械w
モーターが入ってて超低速で動く。
重量は半端なく重い。

で、

本来RAWで現像したかったんだが、
PC入れ替えした為に、内臓グラボの具合が変わってしまい
モニタの色が行方不明w
さっぱり黒なのか赤なのかわからんので、
EOSからの直接JPGファイルをそのまま貼るw



ぐはっw
なんぞコレ。
(たぶん白っぽい感じだと思われる)

月が出てくる前に山影に隠れかなり良い感じの条件だった。
天の川が横切ってるはずw

写真のど真ん中からちょい右上に

なんらかの銀河ぽいものが見える。
みなさんご存知のアンドロメダ銀河らしい^^

ちなみに、

ISO1600
F3.5
シャッター60秒
18mm

という条件。
ISOあげすぎw

極軸合わせとかもほとんど適当だったけど、
1分追って、流れがわからないほど追えてるw

さすがお高い赤道儀は違うね^^


ためしに5分あけてみたけど、やっぱり流れたw
軸が合ってないので仕方ない^^

とまぁ、とにかく月が出る前にちゃっちゃとやってちゃっちゃと帰ってきたので
たいして枚数撮ってない。
とにかく色々失敗して、経験積むしかないんだなと^^

とにかく寒い(゜∀゜)
ひたすら寒い(゜∀゜)

テントもっていこうか・・・・w
Posted at 2012/11/05 01:21:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | 日記

プロフィール

「ドローン検定 http://cvw.jp/b/812254/38981004/
何シテル?   12/10 00:25
車バカはどうやら引退らしいw でも、それなりに色々いじる。 若干、内容にブレがあるが基本的にメンテやDIYがダイスケ。 こちらでは一応車メインでネタ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

DIY派、熱意ある方求む
9 人のお友達がいます
mistbahnmistbahn * てぇかむてぇかむ
siyatasiyata チキンチェリーチキンチェリー
研兄ロバⅡ研兄ロバⅡ d_e_p_ad_e_p_a

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
車検取った。 んーやっぱり乗りたい車が見つからないので・・・・ しばらくコレで(゜∀゜ ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
これからはドリ車は左ハンドルじゃ!って気合い入れて買ったIS。 あまりの非力さにタイヤサ ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.