• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

尻木宇豚堂のブログ一覧

2017年10月28日 イイね!

東京モーターショーに

東京モーターショーに行ってきました。飽きもせず二輪メーカーの展示ばかり見てきました。










正面入り口でなく東ゲートから入りました。

そんな混んでなくスムーズに入れました。お、ここは二輪メーカーが集中してる東7号館から近くていいぞ。


■ホンダ

モンキー125とカブ125

モンキー125はモノサスのグロムがベースだけど二本サスです。カブ125は初代C100風デザインで中身は最新メカ。いわばネオレトロです。色もキレイ。どちらも完全なショーモデルで市販の予定はないそうですが、市場の反響しだいでは売り出すかも、だって。

歴代のカブたち


ネオ・スポーツ・カフェ・コンセプト

おー、カッコいい。
今回はコンセプトモデルを出し、11月のEICMA(ミラノショー)でこれの市販版であるCB1000Rを発表するらしい。
また、このコンセプトで250と125(日本以外は300と150)を出してCB-Rシリーズにするんだって。

ゴールドウイング

フルモデルチェンジで新フロントサスや7速DCTが付きました。

CRF250ラリー

18年モデルのニューカラーです。

ライディング・アシスト-e

「倒れないバイク」です。アシモの技術を応用してるとのこと。今年1月にNC700Sにこのシステムを搭載したモデルを発表しましたが、今回はガソリン車じゃなくて電動バイクです。より未来っぽくなった。

佐藤琢磨選手が今年のインディー500で優勝したマシン

本人出演のトークショーもやってました



■カワサキ

Z900RS

今回のモーターショーの最注目モデルです。昔のZ1風デザインですが、中身は最新のマシン。スタイルよりも性能を重視し、あえて二本サスにしなかった。おかげで後ろがスカスカしてるけど「カッコだけのバイクじゃないよ」ということなんでしょう。12月1日発売。123万円(税抜)。ちょっと高いけど、これは売れそう。予約も相当数入っているんじゃ?

Z900RSのカスタムモデル

奥のは排気管4本出し。タンクのデザインは昔のカワサキワークス風か?

カスタムパーツでダミーの二本サスが出そう(笑)
きっと誰かやるに違いない。

ニンジャ400と250


新しいフレームとエンジンで400と250共通の車体です。ざっくり言えば、違うのは排気量だけ。あ、リアタイヤのサイズが違うな。
400は現行のニンジャ300の後継機種。パワーは33.4KW(45PS)でヨーロッパではA2免許で乗れます。

カワサキは紙パンフレットではなくWEBパンフ。

今はこういう時代。ヤマハでもやってた。


■ヤマハ

XSR700

MT-07のバリエーションモデルで2年前にヨーロッパでデビュー(生産はフランスのMBK)。今年11月に日本版が発売になります(日本版は生産も日本の磐田)。いま、一番気になっているモデルです。ステップが自分にとっては良い位置にあって、ブレーキング時に踏ん張りやすそう。ポジションはアップライトで自分の好み。シートはタンデム部が小さく短いので、荷物が乗っているとブレーキング時に腰を引いたら干渉しそう。荷物が多い場合はサドルバッグがいいでしょう。このあたりは来シーズンにレンタルバイクで確認したいと思います。

YZF-M1

MOTO-GPマシン。#46はロッシ号。またがれます。フロントブレーキのディスクはカーボン。ブレーキライニングの素材を円盤にしたような見た目です。

リヤカウルにオンボードカメラの取付部が


NIKEN(ナイケン)

前回のモーターショーで発表されたMWT-9の、より市販版に近いショーモデル。MT-09の三気筒エンジンです。来年発売されるみたいで、価格は200万円を切るくらいになりそうとのこと。公道走ったらインパクトあるだろうな。高速のパーキングでは声かけられまくりになりそう。
LMW(リーニング・マルチ・ホイール)はトリシティーにちょっとだけ乗ったことあります。未舗装のあぜ道を走ってみたらすごく安定感がある。外乱をものともしないカンジ。このナイケンもジャリ道でのテスト走行ではガンガンいけるらしい。ただ、本気でオフ走るならサスの強化が必要になり、そうすると車重が増えて・・・

ナイケンの走行シーン


モトロイド

これ、ビックリです。サイドスタンドを立てて傾いて止まっている状態から自力で直立してサイドスタンドを上げて走り出します。写真は歩くよりもゆっくりの速度で走行しているところ。補助輪の影を見ると直立してるのがわかります。ここから停止してサイドスタンドを出して自分でゆっくり傾いて止まることができます。同じ「倒れないバイク」でも、ホンダのライディング・アシストはライダーのアシストが目的なのに対し、モトロイドはライダーのアシストだけでなく自立(自律)走行もできます。本当は補助輪は不要。まるでターミネーター3か4に出てきたバイク型攻撃ロボットの実物。これの開発は以前からやっていたそうですが、ホンダのライディング・アシストのデモを見て、それ以上のものを作ろうと頑張ったそうです。こうやって技術の切磋琢磨をしてるんですね。


■スズキ

SV650X

SV650のネオレトロ版。

e-サバイバー

もうじき出るとのウワサのある新型ジムニーのコンセプトモデル・・・じゃないです。ドア部は液晶パネルになっていて透明にも不透明にもなります。


■BRP(ボンバルディア・レクリエーショナル・プロダクツ)

カンナム・スパイダー

前2輪、後1輪のトライク。向こう側の水上バイクは「SEA・DOO」

スノーモービルは「SKI・DOO」



■ハーレー・ダビッドソン

自動車ショーということで、普通免許で乗れるトライクだけを展示してました。


お姉さんはハロウィンの仮装してます。

黒ネコの仮装。カワイイ


■BMW

G310GS

中免で乗れるBMWのGS版。67万円。

水冷単気筒313cc、34PS

後傾シリンダーです


■オマケ

例の事件以来、注目されているドライブ・レコーダー。
カーメイトのアクションカメラとしても使えるドライブレコーダーの宣伝文句が秀逸。
「1/10,000(万が一)だけじゃ もったいない!!」


夕方5時に撤収。おつかれさまでした。
Posted at 2017/11/02 00:14:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年10月05日 イイね!

妙高~笹ヶ峰高原~乙見山峠ツーリング

妙高~笹ヶ峰高原~乙見山峠ツーリング妙高~笹ヶ峰高原~乙見山峠と走ってきました。
一番の目的は、まだ行ったことのない乙見山峠越えをすることです。


上信越道の信濃町ICで降りてR19を北上し、県境手前で旧道へ。
赤川1号スノーシェッド


でかいスズメバチの巣

ハチがブンブンしてる。この道が現役だった頃は、こういうの無かったんだろうな。

クネクネと曲がりながら関川への急坂を下ります。

あー、この交通難所感がたまらない。

赤川2号スノーシェッド

大きいRのヘアピンカーブを覆っているスノーシェッドです。この手前には猿の群れがいて、刺激しないよう、そーっと進みました。

R18現道の信越大橋を見上げる


県境の関川を渡るトラス橋

隣には関川関所跡を展示した道の歴史館があります。

妙高高原のコンビニに寄ってジャケットを脱ごうとしたらファスナーの持ち手が千切れてしまった。

困ったことにファスナーがロック状態になってしまいジャケットが脱げなくなって軽くパニック。持ち手に残った金属部をファスナーに突っ込んだらロックが外れてやっと脱げた。

ワイヤーとタイラップで持ち手を作った


笹ヶ峰高原に向かう道を登る。妙高杉ノ原スキー場のパノラマゲレンデ越しの妙高山。

このパノラマゲレンデは遠くから妙高山を眺めたときによく目立っています。

笹ヶ峰高原に入る手前の工事現場にあったバリケード「謙信くん」

ご当地もののバリケード、実に新潟県らしい。

この工事現場の交互通行部からの眺めは火打山と焼岳が見え、ふもとには牧場が広がり素晴らしかった。
しかし、工事区間で止まるわけにいかず通り過ぎてしまった。写真撮りたかったなー。

笹ヶ峰高原の牧場から妙高山を見上げる


未舗装路になった。妙高小谷林道の始まり。

一部で紅葉が

だいぶ登ってきた。笹ヶ峰高原と妙高山


乙見山峠(標高1510m)。峠はトンネル(乙見隧道)で抜ける。

11月中旬から6月中旬まで冬季閉鎖になります。

トンネルを抜け長野県に入る。北アルプス(?)


少し紅葉してます。

ガードレールが曲がっているのは雪の重みのせいです。

林道は松尾川の深い谷を回り込む

谷の反対側は舗装路になっていました。

あれは雨飾山?


村営の温泉宿雨飾荘のところで妙高小谷林道は終わり

ここでだいたい3時半。6時までにウチに帰らなけれなならなかったので、ここから先は写真を撮ってる間がありませんでした。

念願だった乙見山峠越えができて、あー満足満足。

おわり




Posted at 2017/10/19 23:58:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2017年09月17日 イイね!

借りぐらしのオートバイ

借りぐらしのオートバイ免許取得して1年経ったのでレンタルバイクを試してみました。








4月23日 ヤマハMT-07

これはすでにコチラでレポート済みだけど、下りワインディングのブレーキングの記述を訂正したいです。
WR250ならブレーキング時は腰を引いてステップに踏ん張って減速Gに耐える(体を支える)のですが、MT-07だと腰が引けないのでステップに踏ん張りにくい。なのでニーグリップで耐えることになる。そのため内もも筋が疲れる。
それと、脚の曲がりがきついので長時間(長距離)は疲れやすいかも。購入したらそのあたりを改善したいです(買ったわけじゃないけど)。
でも、走ってとても楽しいバイクでした。

02


6月10日~11日 ヤマハMT-09トレーサー

学生時代のモーターサイクルクラブのOB会に乗っていきました(会場は三重県の湯の山温泉)。借りたのはYSP豊川。この写真は伊勢志摩スカイラインの朝熊山(あさまやま)。
高速道では速いのなんの。Aモード(ハイスロモード)でビュンビュンでした。
ワインディングでは少し重いなぁと思いましたが、これは250と比べてのこと。重さに慣れれば楽しく走れるでしょう。
ブレーキング時のステップ踏ん張りはMT-07よりやりやすいが、やはりニーグリップで耐える必要あり。
ツアラーだけあって脚の曲がりはキツくないのでラク。
足着き性はWRよりもだいぶいいが(というかWRが悪過ぎ)、レンタルだから倒しては絶対にマズいのでサイドスタンド立てて乗り降りしてました。
トップケースをつけてもらって、これがすごく便利でした。


7月16日 ヤマハSCR950

八王子のキズキで借りて東京湾アクアラインを通って南房総に行ってきました。
ヤマハBOLTをスクランブラー風にしたモデル。カッコいい。オフ車っぽいスタイルにVツインエンジンとはスタイル的におもしろい。
駆動はベルトドライブ。ということはオフ走行は考えてないですね。まあ、250Kgオーバーの車体じゃジャリ道にあまり行きたくない(こわごわ通過するだけで楽しく走れそうもない)。ライポジはオフ車っぽくアップライト。


エキパイが下側を通る関係で右ステップがかなり外側になってる。あとエアクリーナボックスが右足に当たってジャマ。なので脚でバイクをはさみにくい。この点もジャリ道には向かない。
だけど、田舎道を4速で60~80km/hでタラ~と流すとキモチよかった。やっぱアメリカンなんですね。


9月4日 ヤマハMT-09トレーサー

塩尻北のキズキ(すなわちヒロオカ)で借りて、飯山~志賀草津道路~上信スカイライン~毛無峠~高山村~須坂というコースを走ってきました。
ニーグリップラバーが具合良かった。
ちょっと気になったのは高速道の凸凹でけっこうガツンとしたこと。6月に乗ったときは感じなかったけどな・・・
これは伊勢湾岸道や東名阪道と、長野道の路面状態の違いなのか、バイクの個体差なのかはわかりません。

白根火山ロープウェー(草津)



これからも借りぐらしは続きます・・・
Posted at 2017/09/17 17:47:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年05月07日 イイね!

国道158号旧道・山吹トンネル再訪

国道158号旧道・山吹トンネル再訪いまごろすみません。
連休最終日の5月7日に山吹トンネルを再訪しました。
あの日以来です。











沢が旧道敷きを横切るところまで進みました。
左奥は現国道の栂桜橋です。

大したことないように見えますが、雪解け水がそこそこの勢いで流れていて、それによって流されてきた石がゴロゴロ。
人数がいれば押して乗り越えられますが今回はひとり。もしバイクを倒したら梓川に転落するおそれも。
ここは無理せずバイクを置いていきます。

入洞


トンネルを出て振り返る

現国道の栂桜橋が見える

トンネルから先は結構な急坂です。

舗装が残ってます。

前回の到達ポイントまで来ました


進んじゃいます


ついに来ました雷岩ロックシェッド

2008年時に比べあきらかにコンクリ壁の傾きが大きくなってる

見上げれば雷岩

鉄柵が落石でブチ破られてる(!)
傾いたコンクリ壁は鉄柵でかろうじて持ちこたえているカンジ。あそこが千切れたら壁は倒れるでしょう。

ロックシェッドの先には百間長屋と呼ばれた片洞門があります。

上高地行きのバスが岩壁に擦れながら進んだ道です。

いつ落石に襲われるかわからないキケンな場所。尻尾を巻いて逃げ帰ります。

コンクリ壁手前の路盤崩落地点。仮設桟道で通り抜けできますが、これもいつ壊れるかわからない・・・

トンネルまで戻ってきました。


トンネル出口から栂桜橋を見上げる


戻ってきました。


あのコンクリ壁はもうじき倒れるでしょう。ロックシェッドは押しつぶされ、たまっていた岩が梓川になだれ込む。うかうか進入するとそれに巻き込まれるかもしれない。
落石も頻発してるし(路面に落石がゴロゴロしてる)、ヤバいのでもうあそこへは近づかないのが身のためです。
Posted at 2017/09/17 15:28:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 探索 | 日記
2017年05月05日 イイね!

アルプス展望ツーリング

アルプス展望ツーリング5月5日はこどもの日なので童心に返ってツーリングを楽しんできました。












本日のパートナーは会社のバイク仲間Aさん。辰野PAで9時に待ち合わせて麻績ICで降りました。


1本目はK12(県道12号)アルプス展望道路。眺めのいいところが何ヶ所もあります。

芦ノ尻道祖神

ここは2010年2013年に来ています。
過去2回は10月中旬だったので道祖神はだいぶ枯れた色でしたが、今回はフレッシュな色でした。

ここもビュースポット


大岡中・小学校のところからゴキゲンな急坂ワインディングを駆け下りてR19(国道19号)に出て信州新町へ。

ジンギスカンろうかく荘

ここは先日参加できなかったZZRツーリングで来たお店です(vesさん勝手にリンク失礼します)。開店10分前(10:50)なのに行列ができてます。犀川を望むテラス席を狙っていましたが、予約で既にいっぱいでした。

サフォークをノンアルで流し込みます。

旨い!

K36で小川村に出てアルプス展望広場に


写真中央の五竜岳に武田菱が見えます

これです

K36はアルプス展望道路と同様とても眺めのいい道路です。

峠を越え鬼無里に下る途中で戸隠山と黒姫山がよく見えるポイント


鬼無里でR406に入り白馬方面に進むと白沢トンネル。ここを抜けたところは有名な展望ポイント。


トンネルの中から


白馬村に降りて白馬大橋に行く。

雲がかかっていますが白馬三山が正面に見えます。

白馬三山


白馬岳(しろうまだけ)の名前の由来「代搔き馬」


あ、あった!




帰りは、ぽかぽかランド美麻の横から入るK497を走る

ほとんど知られていませんが、ここも眺めの良い道です。

夕方まで少し時間があるのでR19で木曽方面に。
中央西線の廃線に残る大岨(おおなぎ)トンネル

1973年まで使われていました。
ここはこのときに訪れています。

権兵衛トンネルを抜けて帰ってきました。

マジックアワーです。

北アルプスの展望と走りを満喫できたツーリングでした。
Posted at 2017/05/08 22:45:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記

プロフィール

「東京モーターショーに http://cvw.jp/b/812499/40654410/
何シテル?   11/02 00:14
尻木宇豚堂です。よろしくお願いします。 ニックネームの由来はココ http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/aw/at...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

4 人のお友達がいます
VesVes * TABTAB
DegozaruDegozaru k沢k沢

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.