• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クリスチーネ剛田のブログ一覧

2013年07月23日 イイね!

SBCリコール対策の判別



最近自分のブログネタが暴走していることに気が付き始めました(爆


はよ気付けよ!って感じですが^^;



今後は軽いネタで行こうかと思ってます^^/





そろそろ車検が来るのでブレーキフルードを交換したいのですが・・・

このところ日曜日に娘のピアノの発表会やら法要で丸一日作業できる日がなく放置状態です^^;
SBCの場合、フルード交換にDASが必要でさらに恐ろしく時間がかかるのと、嫁にブレーキペダルをパコパコしてもらわないといけませんのでお互いに忙しくて日程も合わず。。。
Kimixさん、もうちょいお待ちくださいね^^;




では最初に過去の作業の一部や仕事の休憩時間、真夜中の作業を少し紹介します。




久々の219ですが、


フロアマットを固定する突起の左側。




これが根元で折れました^^;

理由は・・・
219はフットレストがなく(他種も殆どありませんが)、フットレストの部分にフロアマットが張り出してるんです。

で、シートに座るときのケツポジを模索している最中にフットレスト相当部のフロアマットの張り出しを左足で引張って・・・ ボキっ!





では修理しましょう。




突起の内部は中空になっており、ウレタンが充填されてます。

これじゃあ折れますわな^^;

ウレタンを除去し、





こちら、車両側も中空で内部がウレタンになってますので除去します。




完全に除去できましたら、このネジを埋め込みます。





レジンで突起側のネジの頭を仮固定、あとは車両側・ネジ側にレジンを充填して硬化する前にねじ込んでいきます。




破折面がピッタリ合うところで硬化させればこのように何事もなかったかのように綺麗に戻ります。




これ、元の状態よりもはるかに頑丈になってますので、同じ部分が折れることはもうないかと思います。

もし折れるとすれば、もっと根元からフロアごとゴッソリと・・・(笑





こちらはカイエン師匠からご依頼がありました「ドアロックポンプ」を修理しているところです。




部品番号は同じですが、ノギスで計測すると製造ロットによってポンプのサイズが微妙に異なります。
ネジの長さも異なります。

なぜ2個あるかといいますと・・・




最初に到着したポンプに電圧をかけても全く作動せず・・・
バラすと、左のように内部が砕けてたんです(驚
モーターはピニオンの部分で完全にロックし基板の一部が焼け付いてました。

車両側の症状は、ロックをかけるとヒューズが飛ぶということでした。

さすがにこうなりますと修理のしようがありませんので、解体屋からもう一つ調達していただき、おいしいところ取りの2個イチにて復活させました^^




各パーツを分解洗浄、ギャップ調整します。

以前の記事でも書いてませんが、もしかしてこのポンプが壊れる原因はこいつでは??
という箇所がありますので対策しておきました。
なぜ書かなかったかといいますと、もしかしたら車両側に不具合が出てしまう可能性があったからです。

私の車両で1年弱経過を見てますが今のところ全く不具合が出てませんので、多分?大丈夫? もしくは2度と壊れない?かもしれません。





そして気密取りをして組み立てていきます。





これがまた絶妙な位置でギャップ調整してあります。

酷使されていくうちにズレるかどうか、念のためにマーキングしておきました。





こちらはME9.7のディベロッパーを翻訳しているところです。

明らかに受験勉強よりも真面目に勉強してます(爆




ドイツ語の翻訳はGoogle翻訳が一番使えます。

割と専門用語や業界用語も理解できるレベルまでは翻訳されるのですが・・・

「自己慰めの活動」

だけは意味不明でした(爆




そろそろ暴走しそうな勢いですが(爆、

こちらは「2日間エンジンをかけず停車したら左前のみ車高が3cm下がる」という調子の悪いオイルブロックをオクで入手したものです。




バラしたら謎が解けました。

対策するためのパーツを取り寄せてます。多分直ると思います。

ABCの故障や弱点はこれだけではありませんので、トータルで何とかならないか模索中です。(ホースは無理ですが・汗)




では本題です!

使徒さんがお悩み中のSBCリコール対策の判別方法ですが、画像にて比べてみます。


まずこちら、リコール対策前です。




ヤナセにてリコール対策後。



見た目の違いを見てみましょう。
(ノーチャージで対策されてますので作業明細がなく、内部はどこを弄っているか不明です)

こちらのホースが変更されており、矢印が印記されてます。

私の知る限りでは、対策後の車両はすべてこのホースに変更されてました。





そして、こちらに新しくステーが装着されており、




SBCシステムへのハーネスが固定されてます。




部品番号は対策前、対策後も同じでした。

コストを下げるためにリペアキットを使っている可能性大ですが、詳細は不明です。

上記から判別しますと、恐らく使徒さんのSBCは未対策だと思われます。
適当にはぐらかしたDはちょっとゴルぁモノですね^^;

(もし対策済みでしたらスミマセン!!^^;)


Posted at 2013/07/23 00:06:46 | コメント(11) | トラックバック(0) | SBC | 日記

プロフィール

「2016年 海外旅行記 ② http://cvw.jp/b/812916/38650818/
何シテル?   10/05 18:15
人に不可能はない、という勘違いからDIYを始めました。 壊れたパーツはすべて分解・修理してますが、時には新品を買ったほうが安くつくこともあります(自爆 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

239 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク
家族用の車です。
BMW 6シリーズ クーペ BMW 6シリーズ クーペ
研究用車両として購入 450ps TwinTurbo
AMG SL AMG SL
SL55 AMG パフォーマンスパッケージをDIYにて後期仕様に仕上げました。 内装はフ ...
メルセデス・ベンツ Sクラス メルセデス・ベンツ Sクラス
フルノーマルS600ロング→S65AMG仕様に仕上げました。

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる