• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クリスチーネ剛田のブログ一覧

2010年12月30日 イイね!

仕事納め

仕事納め本日仕事納めでした。
昼過ぎに終わって職場の大掃除&洗車をする予定が・・・どんどん仕事が入り結局外は真っ暗に(泣
でも寒い中、ガレージでプジョーだけ洗車しました! 洗車すると心も洗われますね^^

画像はCLSのナンバー灯なんですが・・・BREXのLEDを入れて良い感じで明るくなってたんですけど、嫁から「バカっぽい」と言われ(泣、アルミテープを貼って光量を落としました。確かにSMDが片側で2個づつ入ってますのでかなり明るかったです。
素人の意見は一般車からの見解と同等ですので素直に従います(爆

さて、明日というかもう日付が変わってますので今日からですけど、1月3日まで海外に行ってきます。出発まであと数時間ですが・・・起きれるかな?!(汗

では皆様も良いお年を!
Posted at 2010/12/30 01:59:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月14日 イイね!

電動工具のバッテリー管理②

では、死にかけたニッカドバッテリーを復活させてみます。

その前にバッテリーの予備知識を・・・

ニッカド、ニッケル水素ともに言えることですが、バッテリーは過放電に非常に弱いです。要するに完全に使い切ってしまうと死んでしまいます。
通常のバッテリーセルは1セルあたり1.2Vですが、1セルあたりの放電終始電圧が0.9Vと言われてますので、例えば12Vのバッテリーは10セル、10セル×0.9V=9.0Vとなり9.0V以下になるまで使ってしまうとバッテリーが逝ってしまいます。
一応電動ドライバーにはオートカット機能が付いてますので10V前後で動かなくなります。ここで充電すれば良いのですが、大体予備のバッテリーに変えて作業を続けますので10Vまで電圧が下がったバッテリーは次回使うまでそのまま放置となります^^;
バッテリーは放っておくと自己放電しますのでいつの間にか放電終始電圧を下回ってしまいます。これを何度かにやってしまうとバッテリーは死亡します。車のバッテリーを一度上げてしまったら死亡してしまうのと同じです。これは残念ながら復活できません。

次に・・・、特にニッカドは「メモリー効果」というものがあります。ちょっとしか使ってないのに充電(継ぎ足し充電)をしてしまうと、例えば本来1000mA充電できるはずが300mAしか充電できず、満充電で電動ドライバーを使い始めてもすぐにバッテリー切れ、となる現象です。
これは例えていうと、まだバッテリーの残量が残ってる時点で充電してしまった際、300mAの充電で済むわけですが、バッテリーのセルが勝手に空の状態からの充電と認識し、それを記憶してしまい次回の充電のときからは空の状態でも300mAの充電しか受け付けなくなってしまってる状態で、俗に「不活性化」と言われているものです。実際にはセル内の電極に膜が出来てしまうことによって不活性化するらしいです。

この不活性化は「サイクル充電」によって結構な確率で復活できます。

サイクル充電は、充電と放電を繰り返すことでラジコン用の充電器にはこの機能が付いているものがあります。

矢印の「3」は充放電を3回繰り返す設定になってます。画像では0.5A充電、1.0A放電の設定になってますが、これでサイクル充電してもバッテリーが復活しない場合は、0.1A充電・0.1A放電という超スローペースでサイクル充電すると復活することが多いです。(←この場合充放電だけで2,3日かかります)

実際、不活性化していた私のバッテリーも見事復活し、規定容量+αまで充電できるようになりました。復活して活性化したら普段通り急速充電器で充電できます。


それでは実際の使い方、設定の仕方を細かく説明します。
ウチの電動用バッテリーは4つありましたが、そのうち2つは完全に死亡、残り2つはサイクル充電にて復活させました。
死亡したニッカドバッテリーは内部セル交換をしてニッケル水素仕様になってます。
ニッケル水素で説明していきますが、ニッカドも全く同じです。

セルをニッケル水素に交換しましたので容量は倍の2000mAに増えました。

ニッカドもニッケル水素も取り扱いの注意点は同じです。過放電は絶対NGです。
ニッケル水素もメモリー効果は多少ありますが最近のセルは継ぎ足し充電をしても問題ないようです。自己放電はニッカドより多いと言われてますが、元々の容量が全然違いますので自己放電はほぼ感じられません。

充電の仕方、バッテリーの活性化の仕方ともにニッカドもニッケル水素も同じです。
充電モードを「NiMH」にするだけです。

画像は充電電流を設定してます。
0.5A充電の設定になってます。通常はこれくらいでOKです。急速充電する場合は1.0Aなどお好みで^^
不活性化が著しいバッテリーを復活させるときはココを0.1Aにします。

放電電流と放電終始電圧を設定します。
放電電流が1.0A、通常はこれでOKです。不活性化が著しいバッテリーを復活させるときはココを0.1Aにします。

放電終始電圧もここで設定します。1セル1.2Vのセルでの放電終始電圧は1.0Vで、セルの内部抵抗がありますので0.9Vまで放電させればOKです(これがバッテリー的に言うカラの状態です)。これ以上放電させると死亡しますので注意してください。12Vのバッテリーはセルが10個ありますので、0.9V×10個で放電終始電圧は画像のように9.0Vとなります。

これは先程のサイクル充電モードですが、サイクルが1回になってます。
充電する前に1回放電する設定です。これが非常に重要で、充電前の放電をやるかやらないかでバッテリーの寿命が変わってきます。(特にニッカドの場合)

さらに適正な値まで放電→充電するとなぜかセルメーカー公称容量以上に充電できます(後述します)。


デルタピークの値を設定します。
デルタピークとは、バッテリーのセルが満充電状態に達したときに一瞬現れる電圧降下で、これを検出することによって充電器が満充電と認識し、充電がストップされます。

デフォで3mVになってますのでこのままでOKです。ニッカドは確かデフォで5mVだったと思います。



設定が終わったら充電を開始します。

放電→充電の設定になってますのでまず放電が始まります。
放電は9.0Vになるまで行われます。








放電が終わりバッテリーの電圧が9.0Vになると自動的に充電に切り替わります。(D←C)










デルタピークを検出すると充電が止まり、アラームで知らせてくれます。

矢印は充電された容量の値を示しています。
公称2000mAのバッテリーですが、実際は2423mA充電できました。安かったので大陸製のセルだと思いますが、公称値以上の性能を持っている中々良いセルです。



ラジコン用の充電器を使うとバッテリーの性能や寿命を最大限に引き出せる上に、不活性化したバッテリーを復活できる(場合もある)ので、一家に一台あると重宝しますよ^^
ラジコン用の充電器がなくても以下のことを気をつければバッテリーの寿命が格段に延びます。
・過放電は厳禁! 保管時はテスターでこまめにチェックを。
・ニッカドの場合は継ぎ足し充電をしない。充電前に適正な値まで放電する。
・バッテリーをしばらく使わない時は、満充電保管する。
Posted at 2010/12/14 17:53:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | DIYツール | 日記
2010年12月12日 イイね!

電動工具のバッテリー管理

今まで使い方が良くわからなかったブログですが、画像の複数掲載の方法がやっとわかりましたので、気まぐれに更新していきます。

※興味のない方には大変眠くなる内容です。真剣に読まないようにお願い致します(爆

DIY派としましては工具は命です^^
中でも頻繁に使用する工具は左の電動インパクトレンチと右の電動ドライバーです。

電動インパクトレンチでも充電式のものは最大締め付けトルクがせいぜい120N.m程度ですのでホイールの脱着や足回り交換にはややパワー不足感はありますが、補助的に使うには十分能力を発揮してくれます。
エアーインパクトレンチもありますが、エアホース接続等の準備が面倒なのとオイル注入などのメンテが面倒なのでよほどのことがない限り使ってません。やはりコードレスに越したことはありません^^
電動ドライバーのほうはもっとも使用頻度が高い工具です。ネジやナットの着脱、ドリルとしての穴あけなど使わない時はないくらいです。


さてこの便利な工具も欠点があります。
こちらのNi-Cdバッテリーです。
プロの方ならまだしも、DIYで週末にしか使わないような使い方をしていると、本来の寿命よりあきらかに早くご臨終されてしまいます^^;







この付属の急速充電器で、使う前に充電・使い終わったら放置、というのがDIYでは普通の使い方ですが、本来300回の充放電が出来るはずが大体100回くらいの充放電でほぼ使いモンにならなくなります。使いようによっては50回程度の充電でご臨終なんてこともあります。

問題はこの充電器。充電するだけの機能しかありません(当たり前か・・・)。
ラジコンをやっておられる方はご存知かと思いますが、バッテリーは適切な管理をしていれば本来の性能や寿命を目一杯発揮することができます。場合によってはバッテリーのスペック以上の性能を引き出すこともできます。さらに、ご臨終したバッテリーを復活させることもできます。
私はラジコンはやってませんが、他の趣味でバッテリーを使ってますのでそれで得たノウハウを記事にしてみます。使用するのはラジコン用の充電器なんですが、そのままではもちろん使用できませんので、電動ドライバー付属の急速充電器を改造します。


まず急速充電器を分解します。
こちらは裏ブタを外したところです。
左の電極がバッテリーとの接点になってます。










この接点で使うのは矢印のマイナス端子とプラス端子だけです。












AC100Vのコードは使わないので根元から切断して撤去します。












こちらはラジコン用のミニコネクターです。
これを急速充電器に組み込みます。











配線の被覆をむしります。
この工具、本当に便利ですよ。
中の銅線(画像のは銀線ですが)を全く切ることなく被覆をはがすことができます。









ミニコネクターの配線を通すための溝を掘ります。












基板裏の矢印のパターンをカットして、バッテリーに繋がる端子と充電器の回路を遮断します。











そしてミニコネクターの配線をハンダ付けします。












先ほど彫った溝を通るように配線を持ってきます。












裏ブタを戻して完成です。
これでラジコン用の充電器が使用できるようになりました。











こんな感じに接続します。
充電器はハイペリオンEOS0606iです。

この充電器の特徴は、
・ニッカド、ニッケル水素、リポ、リフェ、鉛、等さまざまなバッテリーに対応
・放電機能が付いている(これ重要)
・サイクル充電ができる(バッテリー復活に必要)
・他にもバランス充電などありますが、工具として使用するバッテリーにはあまり関係なし。

では次回はこの充電器を使ったバッテリーの復活方法を掲載します。
Posted at 2010/12/12 03:25:43 | コメント(4) | トラックバック(0) | DIYツール | クルマ

プロフィール

「2016年 海外旅行記 ② http://cvw.jp/b/812916/38650818/
何シテル?   10/05 18:15
人に不可能はない、という勘違いからDIYを始めました。 壊れたパーツはすべて分解・修理してますが、時には新品を買ったほうが安くつくこともあります(自爆 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

240 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク
家族用の車です。
BMW 6シリーズ クーペ BMW 6シリーズ クーペ
研究用車両として購入 450ps TwinTurbo
AMG SL AMG SL
SL55 AMG パフォーマンスパッケージをDIYにて後期仕様に仕上げました。 内装はフ ...
メルセデス・ベンツ Sクラス メルセデス・ベンツ Sクラス
フルノーマルS600ロング→S65AMG仕様に仕上げました。

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.