車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月21日 イイね!
名物のビーフシチューを食べ行く!みん友さん達が美味しそうな食事の写真を投稿していたので、自分も何か美味しい物を食べたくなりました。





この前の連休は天気も良さそうなので、以前から狙っていたお店のビーフシチューを食べに行く事にしました。

でも、そこは八ヶ岳の奥地にあるのでそれなりに装備を整えなくてはなりません!
    



という事で、今回は天狗岳を目指します(笑)
一部凍結している箇所がありますが、殆ど道路の雪が無くなったビーナスラインを行きます。
途中、早朝に蓼科山の登山口を通り掛かりましたが既に満車で遠くの展望台の辺りにまで車が駐車してありました・・・。
これは渋の湯駐車場も混んでそうですなぁ~(^^;)


なので、当初の予定通りに御射鹿池の駐車場に車を停め、バスに乗って渋の湯まで行く事にします。
   


渋御殿湯周辺で駐車場利用マナーが悪い人がおり、道が狭いのに沢山の車が路駐していてバスの運転手さんが悪戦苦闘してましたよ!


バスから降り、アイゼンなど装着してから登山口へ
    


登山届を提出し出発です。
いきなり急登が始まります。
    


雪が踏み固まれているので結構歩きやすかったです。
1時間以上進んだら、ようやく視界が開けて来た様です。
    


1時間40分ほどで黒百合ヒュッテに到着
    


目的のお店はココですが、まだ時間も早いので天狗岳の山頂を目指します(^^)
ココから先は本格的になって来るのでハードシェルやバラクラバなどを羽織りフル装備で臨みます。

少し進むと中山峠です。
    



中山峠から先に進むと、雄大な東天狗の姿が見えて参りました(´ω`*)
    


森林限界を超えると強風が吹き付けて来るので大変になって来ます。
    


(左の尖っている山が東天狗で、右の丸い山が西天狗です)

幸いこの日は思った程風が強くなったので助かりました。
残雪期の今だからこの程度で済んでいますが、厳冬期だったら体が持って行かれるぐらいの強風が定期的にやって来るそうです。



天狗岳は 双耳峰ですのでピークが東と西にあります。
まずは東天狗の山頂に向かいます。
    


高見石方面を見ると、ニュウや稲子岳が見えた(^^)
    


結構な勾配の道を登ります。
    


途中には岩場もあります。
    


岩と雪のミックス状態なのでアイゼンワークが難しいですね~
慎重に進まないと岩やズボンにアイゼンを引っ掛けそうになる。

あと、トレースも沢山あって正規のルートが分かり辛く途中で道を間違えてしまいましたよ(^^;)
贅沢を言う様だが、トレースが無いのも困るが有り過ぎるのも困るw


何だかんだありましたが、頑張って進んでいくと
    


山頂が見えて来た(^^)/
    


東天狗岳の山頂に到着
    


一応、天狗岳周辺は天気が良かったですが、遠くの方はガスっていて蓼科山が辛うじて見える程度でした。
    


でも、近くの根石岳や
    


硫黄岳の爆裂火口などはハッキリと見えました♪
    


さて、次はすぐ隣にある西天狗に向かいますよ(^^)/
    


何だか雪崩が起きそうな斜面で怖いですが、折角なので行きます。
山頂直下はかなりの急斜面になっていますね~
    


西天狗岳登頂(^_^)
    


天気が良ければアルプスが拝めるんですが、この日の天気ではその姿は望めませんでした・・・
またの機会に期待しましょうかね!
ココで赤岳などを望みながら少し休憩です。
    


バスの時間もあるので、早々に出発しなくてはなりません。
東天狗に向かいますが、帰りは山頂には寄らず巻いて行きますよ。
    


天狗の奥庭を経由して黒百合ヒュッテに戻ります。
    


天狗の奥庭から見る天狗岳も良かったです。
    


丘を幾つか越えて行くと、黒百合ヒュッテが見えて来た
    



ここでお待ちかねの昼食タイムです♪
本日の目的であるビーフシチューを頂きます。
    


お肉もトロトロ・お野菜もホクホクでとっても美味しかったです(´ω`*)


山小屋でゆっくり過ごしたい所ですが、バスの時間が・・・
何しろ一日に3便しかないのでかなりタイトなスケジュールになってますw
黒百合ヒュッテから駆け足で降って行く事になりましたよ!
40分で降り何とかバスの時間に間にあった\(^o^)/
登りも疲れましたが、アイゼンを装着したまま駆け足で降ったので下りも相当に疲れました(笑)

お蔭で次の日は筋肉痛になりましたわw



車に戻ってからは、八ヶ岳エコーラインを走り
    


ヤツレンで1日1ソフト
    


八峰の湯で汗を流してから帰りました。


春分の日を過ぎましたが、八ヶ岳やアルプスなどはまだまだ冬ですな!
Posted at 2017/03/21 20:40:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 登山・ハイキング | 日記
2017年03月13日 イイね!
だんだんと春めいて来ましたね!3月に入り、日ごとに暖かくなって参りました。


太田市にある公園では、桜がイイ感じになっていましたね~
もうすぐ春ですね(^_^)







だが・・・
まだだ!まだ冬は終わらんよ!

標高2,000m越えの場所ならまだ雪があるだろうと思い行って来ました。

今回行く場所は高峰高原です。
チェリーパークラインを登り高峰高原を目指します。
    


チェリーパークラインは、路肩には雪がありますが完全にドライな路面になっていました・・・
    


高峰高原ホテルの駐車場はもちろんの事、ビジターセンターの駐車場も満車だったので登山口から遠くなりなすがスキー場の駐車場へ停める事になってしまいました。
夏も混んでるが冬も混んでます(^^;)
登山ブームのようですね~

家を出たのが遅かったので、11時半ぐらいから登山開始です。
登山届を提出し、車坂峠から黒斑山を目指します。
    


行きは展望が良い表コースです。
    


向こうには、先程まで居たスキー場も見えます。
    


避難小屋は雪に覆われていました。
    


槍ヶ鞘に到着
    


景色が良い場所です。
    


トーミの頭に向かいますが、ここからは急坂で足場も狭いからかスノーシューが脱ぎ捨てられてた・・・
    


トーミの頭で浅間山を見ながら休憩です。
    


今日は良い天気で遠くの山々もよく見えましたよ♪
    


そして黒斑山の山頂へ
    


雪化粧した浅間山を近くで望めました(^_^)


景色を堪能したので下山開始です。
あそこに見えるトーミの頭へ戻り
    


帰りは中コースを行く事にします。
    


中コースからは直接スキー場の方まで行けるので、ちょっと近道です。
    


無事にクルマまで戻りました。
この時間なら駐車場も空いてそうなので、ビジターセンター(冬季閉鎖)まで移動
    


ここで遅めの昼食です。
ホントは山頂で食べる予定でしたが、車の中に箸を忘れたので此処で食べる事に・・・
    


その後は高峰高原ホテルの「こまくさの湯」に浸かり
    


雪景色を眺めながら、ほっこり(´ω`*)
    


ホテルに浅間山の航空写真があった!
    


浅間山の山頂に登ってみたいですが、多分生きてる内に火山規制レベルが下がる事は無さそうだな~
もっと早くに山登りを始めていれば浅間山に登れたのになぁ(>_<)



帰りに軽井沢のミカド珈琲に寄って、1日1ソフト
    



大分暖かくなってきましたが、場所を選べば4月いっぱいぐらいは雪山を楽しめそうです♪
Posted at 2017/03/13 20:31:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 登山・ハイキング | 日記
2017年03月07日 イイね!
大洗方面TRG 2017今年も大洗方面TRGが開催されたので参加して来ました。


波志江PAで集合、出流原PAで合流してから北関東道を行き大洗を目指します。

途中の笠間PAで休憩。
まだツーリングが始まったばかりですが、いきなり1日1ソフトですw
    


帰りにはココに寄る事は無いので、今の内に美味しいソフトクリームを頂いておきました(^_^)

大洗漁港の駐車場でbmasaさんと合流し全員集合です。
    


今年も『かあちゃんの店』で昼食です。
今回は早めで開店する10時には到着してましたが、既に行列が出来ていましたよ(^^;)


いつもは名物の生しらすは終わっている事が多かったですが、今年は開店と同時に入店したので生しらすはあるようでした。
なので、生しらす丼とかを頼んでいる人が多かったですかねぇ~


自分も何にするか迷いましたが、個人的にこのお店で迷ったらコレを頼んでおけば間違いないというものがありまして・・・




それは、づけ丼です!!


ブリの漬け丼です(^_^)
    


肉厚で脂も乗って、味もよく浸み込んでますなぁ♪
生姜も効いてて、とっても美味しいです(´ω`*)


そりゃ~
COYOTEさんも下見に続いて本番もコレを食べるわけだ(^o^)



食べ終わった後は、向かいにあるお店でお土産を物色したりしていました。
「今度はあっちのカキ小屋なんかで食べるのも良さそうだね~」とnaoさんと話していました。






今回のツーリングはサブテーマがありまして、torimokaさんがNCを降りるのでNC号でのラストツーリングになります。
    



最後にtorimoka号のパーツの一部を受け継ぎました。
    


純正のトランクマットです。
    




コレがあれば整理整頓しやすいです。
ありがとうございました。



また一人、強敵(とも)が逝ったか・・・(T_T)
その想い我がNCに刻み込もう!!
強敵(とも)達の想いを受け継ぎ黄色いNCはバージョンアップしていきます。





昼食後は阿字ヶ浦に向け海岸線を変態走行。
    


阿字ヶ浦で記念撮影です。
    


NCチーム
    



ケンシロウのような哀しい目をした(ヘッドライトは曇ってないよ)NC達が佇んでいるようでした。
    


阿字ヶ浦は良い所ですね~
    



その後は竜神大吊橋へ
    


料金を払って奥まで行ってみる事にします。

下が見える場所が・・・
    


橋からは竜神ダムがよく見えます(^_^)
    


もうすぐ終点です。
    


梅の花が咲いてた!
    


奥地から見学です。
    


バンジージャンプする人が結構いましたね~
    


橋の真ん中辺りからはバンジーする人を真上から覗けました( ゚Д゚)
    


そして竜神大吊橋の次は袋田の滝です。
袋田の滝の無料の駐車場に着いたら、とんがり帽子を被ったピカチュウがいました♪

さすが袋田の滝、色んなポケモンが出て来るので皆で楽しみながら散策してましたよ(^^)/
自分はトゲチック相手に10分くらい格闘してましたw



間近で滝を望めるんですね~
    


エレベーターの所には、お雛様が鎮座してましたね。
    


エレベーターを使い観瀑台へ
    


帰りは吊り橋経由で
    


なぜ・・・くまモン!?    
    



その後は、ビーフラインを走り『物産センター 山桜』で休憩。
    


ビーフラインを全線走ってから、笠間西ICから高速に乗り出流原PAで解散となりました。
    



この日は結構寒かったので、帰りに翔鶴のラーメンを食べて体を暖めましたw
    



久しぶりのツーリング、楽しかったです♪
もっと暖かくなったら山に走りに行きたいですね~

まあ、雪が残ってる内にもっと山にも登っておきたいですがw
Posted at 2017/03/07 22:50:17 | コメント(5) | トラックバック(0) | TRG | 日記
2017年02月11日 イイね!
冬の赤城山この連休は天気も良さそうなので登って来ました。


雪山第2弾は赤城山です(^^)/




前橋市街を抜け赤城山の麓へ。
赤城道路を進みます!
除雪もされてるだろうし大丈夫かと思っていましたが、道路の凍結が凄かった・・・
赤城道路はビーナスラインよりも遥かに危険です(ノД`)・゜・。
途中で帰ろうかと思いましたが、引き返すのもままならないので登りきるしかありませんでした!
滑りながらも何とか大沼まで行く事が出来ました(+o+)

おのこ駐車場にクルマを停め、登山の準備を始めます。
    


この日は結構な賑わいでしたね。
主にスキー、ワカサギ釣り、登山の方々でしょうね~

ここからは登山口まで歩いて移動です。

湖面は完全に凍結しております。
    


ワカサギ釣りが盛んですね(^^)
    


赤城神社を通り過ぎ黒檜山の登山口へ
    


ここから山頂付近までは結構な急登が続きます。
思っていたよりも雪も多く、10本爪の軽アイゼンでは心許ない感じです・・・
今回からピッケルを用意していたので大分助かりました。
ピッケルがなかったら、この登りはキツいですなぁ~(^^;)


中腹から大沼を望む
    



この辺りから霧氷エリアに入ります
    


美しいです(´ω`*)
    


登りで疲れていますが、この景色の中なら気分が上がります♪
    


分岐まで来ました。
雪で標識はかなり埋まっている様です。
    


ここまで来れば山頂までは緩やかな稜線歩きになります。
    


この辺りの木々は何だか桜が咲いている様に見えました!
    


山頂に到着です
    


木々が立ち並び視界はある程度遮られますが、それでも眺めは中々のものですよ!
    

    


山頂から2分程奥に進むと絶景スポットがありますので向かいます。

絶景スポットに到着(^^)/
    


イイ眺めです(^^♪
    


風雪で凄い事になってる・・・
    


綺麗です(´ω`*)
    


ここらで休憩としますかね~
    


素晴らしい雪景色を観ながらマッタリ
    


ココから駒ケ岳まで縦走してから下山です。
少し進んだら黒檜大明神がありますが、雪で埋もれて鳥居しか見えませんw
    


更に行った先に展望ポイントがあります。
ココからは地蔵岳と小沼が良く見えます(^_^)
    


登り返して駒ケ岳山頂まで行きますよ。
    


お昼過ぎから風が強くなって来て、黒檜山山頂からずっと-10℃ぐらいの冷風を浴び続けていました。
そしたら、ザックのサイドポケットに入れていたペットボトルのお茶が凍ってた(^^;)
    


樹林帯に入っても風が吹いてますので辛いです・・・
でも、手は大丈夫でした!
さすがブラックダイヤモンドのフラッグシップモデル、-31℃まで対応するスペックは伊達じゃない!
    



そして、ついに駒ヶ岳山頂へ
    


「誰だ!お前・・・強盗犯か?」って感じになっていますが、僕ですw
駒ヶ岳山頂も風が強く寒いです!
バラクラバを装着しないとやってられない寒さでした(+o+)
念の為バラクラバを用意しておいて良かった(^_^.)
肌を晒していると寒いというより痛い・・・


厳冬期の赤城山を舐めてましたわ。
北横岳とは雪山としてのステージが一段違ってました・・・
赤城山でこれじゃ~アルプスとかはもっと凄いんでしょうなぁ!?
やはり雪山用のハードシェルと、ちゃんとしたアイゼンは必要ですね。


少しだけ山頂で休憩
    


天候が悪化して来る前に早々に下山したいと思います。
この先は雪庇に注意しなくてはなりませんが、トレースを辿れば大丈夫です。
    



進んで行くと鉄階段がありますが、もはや滑り台と化してますw
    


無事に駐車場に戻って来ました。

今回は思っていたより本格的な雪山で寒くて大変でしたが、一番ドキドキしたのは車で赤城道路を走っている時でした(笑)
最早スケートリンク状態で大沼までたどり着けるか凄く不安でした(^^;)
ロードスターで冬の赤城山に行っちゃ駄目ですな!


帰りに「道の駅ふじみ」にある見晴らしの湯 ふれあい館で冷えた体を温めました。
    



やっぱり雪山はイイですね~
今回登ってみて、赤城山のベストシーズンは冬だと確信しました♪
Posted at 2017/02/13 23:42:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 登山・ハイキング | 日記
2017年01月30日 イイね!
雪山デビュー28日の土曜日は代休になったので出掛けて来ました。
この日は好天が期待出来そうなので、以前から構想を練っていた雪山に挑戦する事にします。





今回登るのは雪山初心者向けといわれる北横岳です。



というわけで・・・
2週連続ビーナスライン(笑)
    



北八ヶ岳ロープウェイを利用して坪庭へ
    


ロープウェイの車内は満員電車並に混んでました(>_<)
坪庭ではスキー客や登山客など人がごった返してます。



ここでアイゼンを装着。
    


モンベルの店員さんからオススメされた10本爪の軽アイゼンを用意しました。
低~中級ぐらいの山ならコレで事足りるとの事だったので買いました。


慣れないアイゼン装着で手間取り出発したのが10時を過ぎてしまいましたが、急がずノンビリ進ましょう(^^)/

最初に少し急な登りがあります。
    


アイゼンとストックがあれば問題なく登れますね~
途中で振り返り、ロープウェイの駅を望む
    



第一展望所辺りでは三脚カメラマンさんも居りますなぁ~
確かにこの辺りは素晴らしい雪景色が望めますね。
    


坪庭には雪紋が出来てますね。
    


坪庭から本格的な登山道に入りますよ。
    


結構登って来たかな?
    


ズンズン進みます!
    


人気の山なので、トレースがあるし道に迷う事は無いでしょう。
踏み固まれているのでサクサク進めますね~
でも、道を譲ったりしてちょっとでも登山道を外れると、脚がズボッて埋まってしまいますので油断なりませんな!
初めての雪山なのでガッチリ着込んでいましたが、暑くなったので帽子を脱ぎネックウォーマーを外し、フリースも脱ぎ最終的にはベースレイヤーにレインウェアを羽織っただけになりましたw
今日は気温も高い(と言っても、氷点下ですが)ですしね~


45分程登ったら、北横岳ヒュッテに到着しました。
    



ここも賑わっておりますなぁ(^_^)
この辺りまで登ってくると木々もイイ感じになって来てますね~
    


ココまで来れば山頂はもうすぐです。
この樹林帯を抜ければ素晴らしい光景が待っている事でしょう!
    


そして山頂(南峰)へ
    


登頂記念に蓼科山をバックに記念撮影です。
    


山頂は凄い強風でしたが、レインウェアを羽織っていたのでそれ程寒くもなかったです!
ゴアテックスって凄いんだなと今更ながら感じました。
何しろ・・・天気が良い日にしか山に登っていないのでコレを着たのが今回が初めてだったというw



山頂からは素晴らしい光景が望めますね♪
御嶽山や乗鞍岳などもよく見えます。
    


赤岳を主峰とする南八ヶ岳も
    


日本アルプスも一望でき、日本の屋根だというのも実感出来ますなぁ~
    


南峰の後は北峰へ
    


ここからは蓼科山が間近に望めますね(^^)
    



そして浅間山も♪
    



前回に来た時は天気が悪くガスっていて、蓼科山が辛うじて見えた程度でしたが、今日は快晴で空気が澄んでいる冬だというのもアリ、遠くの山々まで綺麗に見えて最高でしたね♪


山頂は風が強いので、少し降った樹林帯の所で一休みです。
    


今回から投入した新アイテムのアルパインサーモボトルに入れた黒糖しょうが湯を飲みます。
コレを飲んだら体の芯から暖まってイイですよぉ(´ω`*)
ちなみに朝5時に入れて夕方5時過ぎにも飲みましたが、美味しく頂ける温かさを保っていましたよ。


山頂でゆっくりしたので下山しますかね~
    


多少滑りますが、下りは結構楽に進めました。
    


坪庭へ戻って来ました。
    


ここで昼食です。
時間があるので近くに見える縞枯山に行ってもイイんですが、他に寄る所があるので今回はパスしておきます。


ロープウェイ駅から、次の目的地の横谷峡を目指します。
ちょっくら乙女滝に行ってマイナスイオンを浴びて来ましたw
    



その後はビーナスラインをドライブ
    


昨日、今日あたりは天気が良く気温が高めなので、道路の雪は大分溶けてしまってますね~
先週にツーリングしておいて正解だったわ・・・
もし今週だったら、殆どドライ路面を走っている事になってた(^^;)




車山肩で休憩。
    


ころぼっくるヒュッテのワンコにも挨拶して来ました(^^)
    

ワンコ「また来たの?」

って顔をしていたようなw


そして帰りに長門牧場で1日1ソフト
    


練乳の様な甘さで、コレはコレで美味しいソフトクリームですな♪


最後に、ねこまんまさんとカフェGTのマスターがおススメする「あぐりの湯こもろ」でほっこりしました(´ω`*)
    


確かに、ここの露天風呂からの眺めはイイですね~♪


初めての雪山登山でしたが、天候にも恵まれ素晴らしい雪景色が見れて楽しかったです!
何だか虜になりそう♪
また何処かの雪山に登りたいですね~(^^)
Posted at 2017/01/30 21:40:31 | コメント(7) | トラックバック(0) | 登山・ハイキング | 日記
プロフィール
「@North Nail いくら洗っても黄色いんですがw」
何シテル?   03/21 21:33
ブログも走りもまったりですが、よろしくおねがいします。 最近はドライブよりも山登りの方がメインになって来ています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
聖地巡礼・谷川岳 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/15 05:54:04
ステーキ目当ての八ヶ岳登山者 暴風に吹き飛ばされる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/04 07:05:16
冬のヴィーナスラインでオープンTRGするやつはあんまりいない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/04 20:54:24
お友達
なにかを感じましたらよろしくお願いします。
115 人のお友達がいます
noppo.noppo. * Touch.Touch. *
ふぁに~ふぁに~ しろこしろこ
ねこねこねねこねこね ぐりーんASぐりーんAS
ファン
44 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC2 RS Rパッケージ サンフラワーイエロー はじめてのオープンカー、スポーツカー ...
輸入車その他 GaryFisher 輸入車その他 GaryFisher
GARY FISHER(ゲイリーフィッシャー)のクロスバイクです。 メンドータの2007 ...
その他 自転車 お父さん (その他 自転車)
ソフトバンクお父さん自転車です。 折り畳み自転車が欲しかったのでフリマでgetしました。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.