• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ほんにゃらのブログ一覧

2016年09月12日 イイね!

広島東洋カープ セントラルリーグ優勝めでとうごさいます。

広島東洋カープ、25年ぶりのリーグ優勝、本当におめでとうございます。


(我が家にある精一杯のカープ関連)

カープの株式を半数で無いにしろ所有してるマツダに期待するのは「セール」。

ソフトバンクや楽天のセールと言えば、優勝した瞬間、表示価格が値上がりして、優勝セールと言いながら元値で売るセール。

だから全国のマツダさんにはどーーんとセールして欲しいですね。
・緒方監督の背番号より79万円のキャロル、
・黒田博樹投手の背番号より150万円のデミオ、
・新井貴浩選手の背番号より250万円のCX-5、
・石原捕手の背番号より310万円のアテンザ、

住んでる地域は埼玉で西武線沿線ですけど、引っ越してから一度も埼玉西武ライオンズが優勝したことがないし、優勝する気配もなく、埼玉県内の報道は負けでも『善戦したものの惜敗』って…モノは言い様だなぁと。

マツダ、ミニバン撤退するって言うけど、一部情報にあった『欧米発売のCX-9が次期MPVに』が本当だったら手を出したんだけど。
Posted at 2016/09/12 20:10:45 | コメント(2) | 自動車全般 | スポーツ
2016年01月31日 イイね!

みんカラ的「プロ野球シーズンシート活用術」

友達限定日記では数日前に触れたのですが、改めてNPB・日本プロ野球12球団のフランチャイズ・準フランチャイズ14球場に今年も設けられている年間指定席・シーズンシートに関して“多少”、ビジネス混じりにお話させていただきたいと思います。



昨年秋以来、「接待」「レクリエーション」担当として全国14(13)球場の年間席確保に動いたので、自慢出来るほどノウハウがあるわけではないのですが、毎年、様々な球場に応援に出向くことから得たその「球場独特のパターン」を元に座席確保をしました。



昨年は斯くの如く、各球場のイベントユニフォーム配布日には現地に出向きましたからね。

年間指定席・シーズンシートは「接待」や「福利厚生」で使うモノとして、
担当者の多くが
・テーブルのある個室席・テラス、
・スウィートブース、
をチョイスするケースが多かったのですが、
敢えて私は
・バックネット裏、
・外周コンコースに出やすい位置、
・階段の上がり下がりの少ない場所、
・通常タイプの座席に拘りました。

理由は明確、
ボックスやテラスだと「野球を観てる」球場感覚を失うのと、階段の上り下りが大変だし、どちらかのベンチに寄るので、当該球団ファン・対戦球団ファン・または中立/興味なしの方に取ってデメリットが出るため。

座席位置は階段昇降を減らしつつ、球場エントランスとの導線確保&熱狂的ファンに揉まれないため。

結果的に1席の単価を10球場で値下げ出来ました。

昨年9月のシーズン終盤から資料請求し、順次、購入手続きに入り、今月、やっと最後の入金手続き完了しまして、、
来月からそのチケットが来るワケです。

さて、“みんカラ的”と申したように車との関連も交ぜながら、12球団14(13)球場の具合をご紹介しましょう。

・東京ドーム・読売ジャイアンツ(巨人)主催戦



ここは、唯一、値上げした席を確保。

バックネット裏のスターシートがいいのですが、階段が余りにも長いので、今年出来た席、



『ダイヤモンドボックス』を選択。

「接待」メインですから、移動は最小限…なので、放送席を真後ろに背負った席ですが、昇降の少なさとコンコースからの近さ狙いですね。

駐車場はオプションなので、シーズン中も眼を光らせなければなりませんし、屋内ですから、車両のサイズも問題となります。

別のケースとして、
・東京ドーム・北海道日本ハムファイターズ主催戦

昔なら、タダ券が横流れして来た球団ですが、北海道へ行き、強くなって、人気・実力も出たので、準フランチャイズながら、シーズンシートでのゆったり観戦。



こちらもバックネット裏の『バックネットシート』を購入。

北海道からのお客様や新手のニーズとしては台湾からのお客様も。

余暇としては、主としてパリーグ球団ファンの憩い。

でもファイターズを観るなら
・札幌ドーム・北海道日本ハムファイターズ主催戦

こちらが主たる台湾のお客様向けですが、北海道各方面から来られた方への接待も重要なアクセント。



ダイヤモンドシートとプラチナシートの二択で担当としては大変迷いましたが、コンコースへの導線からプラチナシートを選択。

ここでだいぶ、1席分の予算削減出来たので、増設購入。

こちらの球場は接待してそのまま、タクシー乗り場までの道が確保されてるのがメリット。

・明治神宮野球場(神宮球場)・東京ヤクルトスワローズ主催戦

東京都内の東京D以外の選択肢、
シートの種類選択は簡単、



ただ、ヤクルトファンの方より、ビジターファンのお客様を想定するケースが多いので、座席確保に細心の注意を払う球場。

余暇利用も多いとは思いますが、東京ドームよりは球場内での予算面では安く済むのがありますね。

去年優勝したこともあり、稼働率から「接待>福利厚生」でしょうね。

秋田・愛媛からのお客様や東京にいらっしゃったビジターチームファンの方のおもてなしに利用したいと思ってます。

ただ、駐車場がないのですが、予算を広めにとって青山ならではの車高の高い車や横幅の広い駐車場も月極で4-10月までリザーブ。

・横浜スタジアム・横浜DeNAベイスターズ主催戦

去年、最悪の落下傘を経験したチーム。

ただ観客動員は着実に増えたので、観戦メリットは大きい球場。



想定ケースとしては、横浜市内観光を楽しんだお客様向け。

昔、大洋ホエールズ・横浜ベイスターズファンだった方にちょっと郷愁を感じて貰う意味も込めてます。

チョイスしたベイブルーシート自体、早くから申し込まないと売り切れるので特に急いで取りました。

ただ球場施設に駐車場がないですが、宿泊施設を近辺に取ることを主眼にすれば、移動にさほど問題が生じないと思ってます。

・QVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)・千葉ロッテマリーンズ

私の贔屓球団で過去、使わず仕舞いでしたがシーズンシート持ってましたので、一応、勝手知ったる場所。

最近、色んなシートが出てますが、やはり、ここは



スターボックスで。

翌日、TDL&TDSを目一杯楽しむとすれば、移動を最小限に留めたいですから、座席位置も階段昇降最も最小限にしました。

・西武プリンスドーム・埼玉西武ライオンズ

勝つとビクトリーロードを昇る選手とハイタッチが出来るメリットとやはり階段昇降を考慮し、



ボックスシート中央上段に。

西武線沿線観光ののちに楽しんでいただくのをコンセプトにしました。

シーズンシート専用駐車場があり、比較的大型車も停められるのは大きなメリット。

但し、周辺道路は抜け道が殆どなく渋滞は必至なのはデメリット。

・楽天koboスタジアム宮城(県営宮城球場)・東北楽天ゴールデンイーグルス

東北の寒空の野球観戦ですが、やはり私の意向を強く反映させて、



VIPシートを選択。

東北各地のファンのお客様をお迎えして、ビールで楽しむ!
専用ラウンジが付いてますが、専ら、座席で舌鼓をうっていただくお弁当のご用意を準備してます。

駐車場はオプションながら優先権があり、比較的大型車も停められるからハイエースやSクラスの方にも便利。

・ナゴヤドーム・中日ドラゴンズ主催戦

中京圏の雄なので、中部4県・北陸3県からのお客様を想定。



導線面も一番考えやすく、ダイヤモンドシート。

同時に複数の接待も想定し、余暇としてドラ吉たちにも大いに使って貰うと有り難いです。

自動車王国だけあって、駐車場も多く、大型車での移動も容易に出来、その点ではメリット大。

・京セラドーム大阪(大阪ドーム)/ほっともっとフィールド神戸(グリーンスタジアム神戸)・オリックス・バファローズ

年間シートまで購入する意味あるのか?
との疑問も感じる球団なれど、『駐車場付き』となれば、あって損なし。

但し、シートが限定されるので、



エグゼクティブシートを大阪・神戸共にチョイス。

しかしながら、『駐車制限:全長5,000mm、全幅1,950mm、全高1,530mm、重量1,700kg』ではクラウン/フーガ/アコード/Eクラス/5シリーズが限度のため、送迎に気張った車使っちゃ駄目。

・阪神甲子園球場・阪神タイガース主催戦

「聖地」で在るが故にコアなファンに取り囲まれない手段を講じて行くが如し。
ただ、接客する方が“熱狂的”なら致し方なし……です。



静かなお客さまにも「ゆとりを提供」するならばのグリーンシートです。

1度は甲子園で見てみたい!
と言う方に満足して貰いたいですので。

ただ、鉄道球団の為、「駐車場はおまへん」となり、本当に野球で満足される方向け!とも言えますね。

・マツダZoomZoomスタジアム・広島東洋カープ主催戦

近年、カープ女子に代表される人気球団だけに、接待利用価値も高くなる球場。



SS指定席と言う、極々平凡な名前のシートながら、取るのに一苦労しました。

中国・四国地域の皆様や、カープ女子ご一行さまに向けた取り組みをさせていただきます。

余暇利用もフル回転だろうから、それなりの効果を期待してます。

ここは親会社がマツダだから!と言えど、駐車場が少々遠いのが難点かな。

・福岡ヤフオクドーム・福岡ソフトバンクホークス主催戦

21世紀・プロ野球の雄、
シーズンシートも多種多様ながら、バックネット裏の余裕のある場所を選択、



みずほプレミアムシート。

九州全域からのお客様をターゲットにおくつろぎいただこうと。

駐車場の優先権も付いてて、それなりに充実も図られています。

正直、この球場に余り馴染みがないので、接待効率が良くなることを「期待」、と言ったところ。


っとまぁ、ざっと紹介しましたが、人気球団や人気シートは本当に出たと思ったら瞬間的に抑えないといけないのが大変でした。

福利厚生の余暇利用でハメ外す分には現地の職員同士の触れ合いになって宜しいと思いますが、
お接待ともなりますと、それなりの担当に行って貰いたいですね。

・プロ野球知識はスポーツ新聞一通り理解してるものの、主催・対戦球団ファンでない者、
・無理に至れり尽くせりの過剰接待しない者、
がお世話係としてお供させていただく!
そして、事後満足を得ていただければと思います。

私は、球場によっては内野観戦、或いは外野応援に精を出します故、味わうことが少ないですが、是非、お一人でも、
NPB・日本プロ野球は面白い!
と思ってくれる方が増えたら幸いです。

これは個人的な感想ですが、
ここ10年・プロ野球は『応援ありき』になっているので、
ユニフォーム持参、若しくは現地調達購入が前提になってるのが、どうだろう?って疑問符が浮かびます。
静かに観戦すると、『地蔵』扱いだったり、近くの酔っ払い絡んできたりしますからね。

そして、これで担当としては「終わり」じゃなく、今度は大口の団体席確保が仕事になって来ます。
Posted at 2016/01/31 13:03:33 | コメント(0) | 千葉ロッテマリーンズ | スポーツ
2013年10月05日 イイね!

遅れましたが、10/2 納車されました。

やって来た“巨艦・猛牛”

10/2 AM9:40 関東の東京近郊の長閑な住宅街
キャリーカーにカバーがなされた車が搭載され、静かに我が家の本宅前に到着。

カバーと言うベールを脱いだ其処には



ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4

ご近所さんが皆、出勤したけれど、絶対にバレないよう最大限、注意を払いました。

10:05 神主 到着(BMW・X5)

神主が車を降りるなり、ぐるり一周…
早ょ 祈祷せいや!!

そら、祈祷依頼時
「作業用の車の祈祷も併せて」
と言ったけど、神主(見た目は俺くらいの30歳前後)、
おもいっきり車の祈祷を入念にやって、
家の火入れと家内安全は簡単にやってたし…

ご祈祷だって、運転席に座って5分近く何かを唱えてましたが、目線はあっちこっち飛んでたのを私ははっきり見てましたから。

車屋と神主が帰り、
予定ではそのまま車庫入れで置物になる予定でしたが………
やっぱり、運転したくなるのが、人情ってヤツでしょうか。

最初の目的地は西武ドーム!!

関係者車両に見間違われるか試したところ、関係者入口警備員が普通にスルーし、残念。

一応、高速走行も確かめようと関越道を走りました。

その後は近くの三井アウトレットに密かにバック駐車の訓練。



…で、アヴェンタドールっつー車の運転した感想ですが、
如何に優しくアクセルを踏むかが勝負の車ですな。

2000-2500CCクラスで30km/h出す感じの踏み込みで爆音出るゎ、「G」が掛かったように“持ってかれて”、一瞬、意識がトンじゃいました。

高速走っては、アクセル常時踏み込んだ日には、飛んでもないスピードに至るし、車内の静粛性が全く無いので五月蝿いなんてモンじゃない。

ガソリンスタンドに滑り込んで初回の給油をしたけど、半端じゃない視線を感じました。

静かで長閑な郊外の住宅地であれはヤバいゎ。

結局、3時間半程度、運転して、PM4:00には車庫入れ。

金掛けた結果として、一度の運転でお腹いっぱいですってのが偽らざる心境。

任意保険料はゴールドだろうと、等級関係なく恐ろしい金額になり、暗にこのクラスの事故率を示してる感じがしました。

3日から宮城に入り、たった1日で駐車場の奥にカバー被せて隠してますが、滅多やたらと車庫から出さんぜよ。
Posted at 2013/10/05 18:32:42 | コメント(3) | アヴェンタドール | 日記
2012年10月28日 イイね!

1年8ヶ月が経とうとしているんだね。

平成23(2011)年3月11日14時46分。

段々、記憶が薄らぐモノはありますが、仙台市中心部から約10kmで仙台港から約2kmにいた私は仕事中に激しい揺れに襲われました。

のちに3分間揺れていたって聞きましたが、震度6強の中、とてもそんな短い揺れに感じず、感覚では30分くらい揺れていた様に感じました。

地震後、屋外避難したら
「大津波警報が発令されたので高台へ避難せよ」
の防災行政無線。

内陸2kmに居たので津波に懐疑的になりながら、近くの6階建の工場施設の4階へ避難。

そして…ひたひたと津波が忍び寄り、時間にしてどの程度か解らないけど、程無く、猛烈なドス黒い水が四方八方から流れ出て、近くの産業道路で渋滞したまま動けなくなった車を押し流して行きました。

車に閉じ込められたまま、必死でドアや窓をこじ開けようとした人が車ごと流される姿を沢山見ました。

押し波と引き波が収まり、残り水が漂い、小雪が舞う夕方、流された車から聞こえる助けを求める声。

その声が夜も更けるに従い、うめき声のようになって、やがて沙汰止みになる。

翌日、津波はある程度、引いたものの、多数の水死体が眼に飛び込んで来ました。

避難した施設から帰宅するのに膝まで水に浸かりましたが、あの冷たさは尋常では無かったです。

街は建物の原型は留めていても3m近い津波だった事でどの建物も1階は滅茶苦茶にやられていました。

道路には水死体がプカリプカリと浮き、一体、一体を消防や自衛隊が丁寧に運んでいました。

道路の角では自動車が幾重にも折り重なり、その中、あるセレナのスライドドアを消防が重機を使い、こじ開けたら、車内に溜まっていた津波が勢いよく落ちて、中から幼い赤ちゃんを含む3人の子供とお母さんと見られる女性、そしてお爺ちゃんとお婆ちゃんの6人の遺体が流れ出て地面に折り重なった姿は記憶に残っています。

ただ日常とは全く異質の環境下で感覚の麻痺してしまった為、惨いとか悲しいなんて感情的な想いは沸き起こらず、呆然と前に歩きながら、自分の見ている光景を信じられずにいました。

今日、仙台での仕事の帰り道、“その辺り”を車で走ってきました。

街は復旧し、そこに惨劇があった事実が分からないまでになってました。

震災後に購入し、今日運転したクルマの担当営業も自宅を津波で流し、毎日、避難所となった体育館から通勤していましたね。

時の流れと言うのは残酷なのか、或いは人間の愚かさなのか、1年8ヶ月になろうとする時間の中で、あの日を忘れ掛けているのもまた事実。

私の様に都内に居を構えていると、尚々、忘れがち…

でも、早いよなぁ、もうそんな時が経ってしまうなんて。

明日、月一の福島業務を原ノ町(南相馬)でやって、東京へ帰りますが、本来なら常磐線の特急「スーパーひたち」で福島県の太平洋岸を走るハズなのに、一度、山越えて福島市まで出て、新幹線。

東北でも太平洋岸に関係ない人には私以上に過去の出来事で「いつまで震災引き摺ってるの?」と言われますが、“震災”そのものは過去の話で忘れがちになってしまいますけど、“被災”に関しては現在進行形。

1.5mも浸水した実家だってバカみたいな土盛りとかさ上げ工事に地盤改良もしたし。

震災後、ゴミ運搬目的だけで何のステータスや欲望もなく、ただ
・納車が早い
・モノ(ゴミ)が大量に積める
と言う理由だけで、即決購入したV350も来月で納車1年半。

今宵は次回運転予定の11月に向けて、これから冬タイヤに交換して、幌を掛けます。
Posted at 2012/10/28 18:21:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 東日本大震災 | 日記
2012年08月18日 イイね!

永めに! 大事に! そして安全に!!

永めに! 大事に! そして安全に!!お内儀殿の初代マイカー「TANTO」が8/17の大安吉日夕刻納車。

2ヶ月近く、私の308SWやエクシーガで訓練を重ねて、愛車に傷付けられる心配からは何とか脱しました。

“軽く”踏み込んで、40-50km出る車で慣れた分、658CCではスピードを出すのに強く踏み込まなければならないので、無茶な突っ込み事故を起こす心配が減る、、、とでも思わないと…もう何もかもが不安で。

納車後、最初の行き先が神社。

お払いにしても、お神酒にしても、特段に強く祈祷して貰うよう神職にお払い代にプラスして別途直接、「寸志」を渡したんだから、事故ったら逆恨みして寸志代の事をバラすって脅し掛けてみましたが、こちらとしては免許取って2ヶ月程度で車買うなんて早くない!?って想いが強いです。

車を持った以上、私の勝手な解釈の上で我が家の自動車に関する鉄則にした
・自動車を購入し、所有せしむる者が当該車両の全権限を唯一保有する
条件をお内儀殿に当てはめない訳いかないし、とうとう車が来ちまった以上は1にも、2にも「安全運転」してください!!

事故起こしたら、楽しめる事なんて1つも無いし、まして人や物が絡むなんて…。

楽しい運転ってのは、法定速度で走り、標識通りの走行をしてから、はじめて叶うモノ。
Posted at 2012/08/18 19:09:11 | コメント(2) | タント | 日記

プロフィール

東日本大震災で失った財産沢山あれど、手元に無理矢理残した財産は自動車でした。 ただ、命を巡る一瞬の判断で「生死が別れる」決断を迫られた時は迷わず、自動車を捨て...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

忘年会にて、車から離れて行く若い世代と杯を酌み交わす 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/08 23:06:24
最近、活躍するはエクスプレス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/02 15:37:26
第43回東京モーターショー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/26 06:25:09

お友達

ハイエース(グランドキャビン)、ツイン、エクシーガ、シボレー・エクスプレス、308SW、マイクロカーの所有者若しくはファンの皆様お待ちしています。
あとプロ野球のロッテファンと横浜ファンの方は車両問わずお待ちしています。
29 人のお友達がいます
MashiMashi ~Shiroo~~Shiroo~
武蔵急便武蔵急便 ねんGねんG
シルバーアップルシルバーアップル 鯖ぜん鯖ぜん

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ハイエースワゴン グラキャビ (トヨタ ハイエースワゴン)
ハイルーフ・スーパーロング・ワイド&10人乗り 文句なしのパーフェクトカー。 改造マニア ...
スズキ ツイン ツイン (スズキ ツイン)
小ささ抜群。 いつでも どこでも チョイ乗り感覚。 狭路や都心の狭い駐車スペースに対して ...
スバル エクシーガ エクシーガ (スバル エクシーガ)
ハイエース・グランドキャビンに次いで欲しかった国産車。 7人乗りのミニバンだけど、運転席 ...
プジョー 308SW (ワゴン) SW (プジョー 308SW (ワゴン))
悩んだ末に購入決定。圧倒的なサンルーフの面積に心打たれ、ヨーロッパの風を受けたプジョーブ ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.