車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月26日 イイね!
冬支度急に冬らしくなって来た感が…。
なので、灯油を調達して来ました。
ポリタンクも青い方がメインで且つ新しいですが、
車と絡めた訳ではありません。

で、ポリタンクは青車でも運べますけど、車内が
灯油臭くなるのを避けて、トランクが有る赤車を
使う様にしてます。

BRZだとポリタンクが収まらないらしいですが、赤車のトランクは小さいながら
深さは有るので丁度スッポリ収まりまって重宝してます。

ちなみに、我が家の耐寒設備はエアコン&ホットカーペットがメインで、サブに
石油ファンヒーターと言う布陣につき、ポリタンク2缶で越冬可能と思われます。

ところで、車の冬支度ですが…特に何も有りません。
真冬でも、平地ではスタッドレスが必要になる様な状況はあまり無いですし、
積雪路を走れるスキルが無いので、マジで積もった時(年間数回有)は運転
自体を諦めちゃいますしね。(^^);
折角のAWDが勿体無いと思われるかも知れませんが、私にとってAWDはEgの
全パワーを余す事無く路面に伝える為の道具でして、低ミュー路での安定性は
オマケみたいなもんでございます。

とは言え
スタッドレスが必需品な地域に住んでたら、季節毎に違う意匠のホイールを
楽しめて良いな~。
とか
スタッドレスは柔らかそうだから18インチ(40扁平)にしても乗り心地は悪く
無さそうだし、どうせ7月の車検前には替えちゃうから、多少のハミタイなど
気にせず好きに出来るのに~。
って、冬タイヤで勝負に出るのか?

と自己ツッコミする証左なのでした。(笑)
Posted at 2016/11/27 02:54:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月20日 イイね!
光の数値化ユアーズのHIDバルブ(6700K)が片方暗くなったのでとりあえずバラストの出力を上げて応急対策してたんですが、時々点灯不良が発生する様になったので、バルブを交換し、バラストを元の55Wに戻しました。

で、そもそも車検でテスター掛けた結果 『片方暗い』 と指摘されたのが、事の始まりだったのですが、私の目は鈍感なので、見た感じだけだとどうも判断に迷うもんで…数値化しようと考え照度計を購入した次第。
これ、本来は撮影用らしく、お値段も楽10でイチキュッパ(+送料)と安価につき、ちゃんと使えるのか危惧してたのですが、左右バルブの光量差とか、新旧バルブの光量差とかハッキリ認識出来て、十分役に立ってます。

今回換えた フィリップスのバルブ は新品時の光量を測っているので、今後定期的にチェックして劣化状態を把握したいです。
Posted at 2016/11/20 17:16:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月22日 イイね!
その一
何が原因か解りませんが、ボンネット前部に被弾痕が…。
左下のは古い様で、下地の鉄板が錆びております。
右上のは真新しく、錆びてはいませんが、塗装が完全に飛んでる
ので、錆びるのも時間の問題かと…。(こんなのが幾つも!)

なので、錆びてる痕は錆チェンジャー塗って錆の進行を停めて、
錆びてない痕はそのままタッチペンで補修したのですけど、綺麗に
仕上げる腕が無く、見苦しいので補修後の絵はカットです。(^^);


その二
廉価モデルではありますが、短時間でのルート検索と時には
『ここを走れと?』 と言う攻めの案内をしてくれるナビ。
値段の割には賢くて、K社の彩速にして良かったと思っていたの
ですが…。
出勤時の事、突然ナビ画面が消えてしまいバックカメラの映像に
切り替わってしまいました!(ナビの音声案内は生きてます)
バックカメラは広角レンズを使ってますので、本当はゆっくりと
近づいてる後続車が急接近して来る様に見えて、『おぉぉ~』 と
チョッとビビります。

ちなみに、帰宅時には元に戻ってましたけど、その後また同じ
症状が出たので、その度に 『おぉぉ~』 となります。(^^);


その三
車検出した時に、基準はクリアしてるものの運転席側のヘッド
ランプが助手席側より暗いとの指摘を受けておりました。
で、照度計を買って測定してみたら、助手席側の60%程の数値
しか無く、これじゃ純正(35W)より暗いぞ~。<青車は55W
って事で、バルブを左右入れ替えてチェックした結果運転席側の
バルブ(の劣化?)が原因と判明。

そこで、運転席側のバラストを予備の70Wバラストに換装!
これで助手席側の90%程の数値まで回復しましたが、弱ってる
バルブに超高出力バラストですから…多分そう長くは持たないと
思われ。(^^);


各々、致命的なトラブルじゃ無い、つか赤車に比べれば可愛い
もんです。
赤車なんか、走行中に突然ECUが逝ってしまわれて、動かなく
なったりしますから。<2度経験有り (爆)

Posted at 2016/10/22 21:06:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月15日 イイね!
GHがイッパイ!今日Dラーに行った所、やけにGHが多い。
訊いてみたら、やっぱリコール対策ですって。
まっ、私もその内の一台なんですがね。(^_^;)

先日、にのちゃんさんのブログでリコールの
件を知り、昨日ハガキが届いたので速攻で
対策しました。

排ガスシステムの2次エアポンプのリレーが不良品で、ポンプが回りっ放し
になって、過熱 → 火災になる可能性が有るんだとか。
青車で火災と言えば、純正フォグをHID化した際使った激安バルブが燃え
ちゃったり、LEDテープが劣化して内部ショートによりボヤったりと…
いづれも自己責任な訳なんですが、まさか9年間も車体側に発火リスクが
有ったとは~。

ちなみに、世の中にはリコールをネガ手ィブに捉え、隠すメーカーも有り
ますが、私はむしろユーザーに対する誠意を具現化したものと前向きに
考えてます。
ただ、それにしても 9年間は長過ぎやろ!
私の知る限り、このリレー不良が原因で燃えたGHはいないので、滅多に
起こる事象でも無いのでしょうがね。

で、ピットではフルノーマルなWRブルーのGH8と並んでリレーの交換作業
やってたのですが、『ウチのも9年前はこうだったんだよなぁ』 としみじみ。

あと、店内に第5世代のインプが展示されてたので、チョイと乗り込んで
みたのですが、前席の空間が広く感じられました。
(後席やラゲッジは第3世代とさして変わらず)
また、車内の質感が第3世代とは別モノで、VM4並み(?)に感じましたし
リアブレーキもディスクがベンチレーティッドになってて、車格が一つ上なの
では?と思ったり。
ですが、トップグレードでもEgが2LのNAなので、食指は動きませんけど。
(せめて1.6ターボでも載せてくれればねぇ。)
Posted at 2016/10/16 05:44:13 | コメント(5) | トラックバック(0) | モブログ
2016年10月10日 イイね!
9月の3連休は1泊2日で東へ。

超高感度センサーから足立美術館へ行きたいとのリクエストを受け、倉敷なら
新幹線使えば造作も無い所と安易に考えていたら…、倉敷の大原美術館と
勘違いしておりました。
足立美術館って、島根の西端にあるんですね。<遠っ!(^^);

一応、飛行機とか新幹線&在来特急とか検討したものの、夫婦二人分とも
なると結構掛かるもんで、頑張って青車での節約旅行となった次第です。

で、九州道→中国道→松江道(何故か無料)→山陰道とフル高速で走って
昼過ぎに松江に到着し、先ずは出雲蕎麦で腹ごしらえを。
以前食べた出雲大社近くの蕎麦屋はイマイチだったけど、松江の武家屋敷
近くの神代蕎麦って店のは旨かったです。
遅めの昼食の後は武家屋敷を散策し、城下町的な雰囲気を満喫。


武家屋敷からの堀巡りを経て松江城内へ。以前来た時はまだ重要文化財
だった天守が今や国宝に。
モノ自体は何も変わってないけど、格が上がると集客力も上がる様です。


このあと、一旦ホテルに入り、夜に松江駅前の居酒屋で夕飯を。
超高感度センサーが探した店で、のどぐろ他土地の食材を堪能出来て満足
なのでした。
ちなみに、久々の松江だったんですが、今回は何度か 『錦織の…』 ってのが
耳に入って来ました。
まっ、世界的なアスリートを自慢したい気持ちも解りますが、それ抜きにしても
神代の歴史やグルメ等、十分魅力の有るエリアですよ~。

翌日は本旅のターゲットである足立美術館まで向かったのですが、その前に
いつも通販で購入してる米子のコーヒー屋の出城支店が松江に有ったので、
チョイと覗いてみたのですが、覗きついでにお茶してみたら、ブルマンブレンドが
2杯分で¥380!当然美味くて超高感度センサーもご満悦。ですが、赤字じゃない
だろうか?


それから松江を後にして足立美術館が有る安来へ向かったんですが、ここで
またナビ(ケンウッド)が攻めの案内をして、R9からどう見ても集落の生活道路
みたいなルートを走らされ…マジでか?と思ったものの、確かに早かったです。
で、足立美術館ですが、横山大観に力を入れてる風に見受けられましたけど、
ココの売りは日本庭園です。
広い敷地に遠方の山並みも込みで美しい庭が造られてて、流石と思いました。
また、窓を額縁に見立てた演出もGood。美術に造詣が深く無い私も満足出来る
美術館でした。


足立美術館を後に九州へ帰るついでに、松江郊外の神社へ寄ってみました。
ココは出雲大社や八重垣神社程有名じゃないけど、イザナミ(イザナギの嫁、
アマテラス・ツクヨミ・スサノオの母ちゃん)を祀る由緒正しき社です。
ちなみに、鈍感な私は大丈夫でしたが霊感の強い超高感度センサーは境内で
左半身が思うように動かせなくなり、彼女を支えながら撤収するハメに。
かなりのパワースポットと思われ。


神魂神社参拝をもって全行程を終了し、松江を後に。
途中寄った山陰道のPAから宍道湖を眺めてサヨーナラ~。


〆は山口の貝汁屋で夕食を。
いつも赤車の貝汁OFFで使ってる所なんですが、昼食は山陰のシジミ汁で夕食は
山陽のアサリ汁ってのも一興かと…。


てな訳で、走行距離950kmで平均燃費が11.4kⅿ。行きは12.4kmだったの
ですが、帰りは少々急いだので、燃料を喰ってしまいました。


10月の3連休は日帰りで西へ。

超高感度センサーから長崎の小浜温泉の105m足湯へ行きたいとのリクエストを
受け、迷う事無く青車でGo~。
九州道→長崎道は問題無いですが、諫早から小浜(雲仙)までは延々と下道だし、
交通量が多いので、距離の割には時間が掛かってしまいます。


足湯近くの駐車場に青車を停めて近くの観光協会で情報を仕入れようとしたの
ですが、生憎のお休み。ですが、大統領がお出迎えしてくれまして…。(違)
(来年1月以降も立ってるのかな?)


その後温泉街を散策したのですが、丁度お昼時になったので、ご当地グルメって
事で、おばまチャンポンを。
普通のチャンポンに卵が載ってるだけに見えますが、その通りです。
もっとも、リンガーよりは旨かったですけど。(リンガーが私の基準なので)


その後、温泉街の裏通りを散策してから足湯に浸かり、温泉街を後にしたの
ですが、散策してたら妙に静かでユッタリした空気が流れているんですよね。
何でかな?と考えてふと気付いたのが、中国人が居ない!って事。
いつの間にか、観光地には中国人が屯してるってのが常識になってしまって
いる様です。
ただ、中国人の代わりに欧米人夫婦が居まして、会話を聞いてたら、何を話して
いるのかと言うより何語を話してるのかサッパリ解らんかったです。しかし、どうも
東欧州臭かったので、ヨーロッパから来たのか?と訊いたらロシアだと言われ、
驚いてたらカラフトとな。
気使って和語でカラフトと言ってくれてる様なので、こっちもサハリンは以前
宗谷岬から見た事有りますよと返してみたら、喜んでくれました。
そのあと、カニの話とかどのルートで来たのかなどと雑談してましたが、何せ
お互いにカタ事の英語ですもん、ちゃんとした会話が成立しません。
ですが、英単語だけでコミュニケーション取れるって事は判りました。(笑)

で、帰路はグリーンロード→堤防道路→オレンジロードと言う高速みたいな
一般道を経て、長崎道に乗って来ましたが、“帰り掛けの駄賃” で小浜温泉
近くの冨津岬へ寄って来ました。
口コミ通り、橘湾が一望出来て、足元の海も透明度が高く、美しい景色を眺め
られ、超高感度センサーも喜んでおりました。(^^)b


って事で、走行距離300kmで平均燃費が11.8kⅿ。島根より一般道の走行
比率が多かったにも係わらず、速度レンジが低かったのでまずまずの燃費でした。
まっ、GH8で燃費をアピールしたらVM4のオーナーさんから鼻で笑われて
しまうでしょうけど。(¬¬)


最後に、帰りの堤防道路へ入った辺りで、ついに青車が10万キロの大台に到達
しました。
水没等による復旧期間を除けば、丸9年掛った事になりますが、まだまだ行けそうな
気がします。<タイベル交換等大きな出費を要しますが、買い替えるよりは安い!(爆)

Posted at 2016/10/11 15:07:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「[パーツ] #インプレッサ X-treme Ultinon HID 6700K D2S/R http://minkara.carview.co.jp/userid/815363/car/714743/8093799/parts.aspx
何シテル?   11/20 17:15
証左(ショウサ)です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
お友達
絡み無し、形だけのお友達申請はお断り~。
8 人のお友達がいます
くにやすZC6くにやすZC6 よねぞうよねぞう
偽グラファー偽グラファー asumiasumi
イーザ@VMGイーザ@VMG guretomguretom
ファン
36 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
GH8A初期ロッドです。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.