• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hidepuのブログ一覧

2017年08月15日 イイね!

アウディだった、こと。②

アウディだった、こと。②  
 "Audi Sport Driving Experience"                       
 
 当日の試乗と順はこの3車種。

 1) TT RS
 2) RS 7 Sportback
 3) R8 Coupe V10 plus
                                                  
                                                 
                                                 
                                                 
                                                  

試乗車へのカメラの持込はさすがに自粛。乗換時も間を置かずその場で次々と
行われたので、試乗車輌の内外撮影は殆どできなかったのが残念。




チームは参加者3名がインストラクターの後ろにつき、4台のトレイン走行です。
その間隔は「2秒」を目安に、また先行車からワザと間隔を空けてから詰める…
これを称して「ゴムパッチン」だそう…ことはしないように、とは既にお見通し(汗

周回は各車共「2ストレート」(実質3周弱)なのは少し物足りない感じは否めません。

開始時の路面はセミドライ。
不安を感じる域は脱しており、さりとて"quattro"の恩恵は確認できれば好都合?



■TT RS

アウディお得意?の5気筒TFSIエンジンは、2.5Lにして400PS・480Nmの出力。




本国仕様で左ハンドル。にはF車の如く赤いスターターボタンがあり、これで始動。
ブリッピングでは特に鋭さは感じないものの、結構野太い排気音はいかにもな演出。

スタート迄の短い時間はコクピットの雰囲気確認と、BMWでいうところのDSCに中る
「アウディドライブセレクト」の選択程度。このスイッチはステアリングにあって便利。


 ※[Auto]-[Comfort]-[Dynamic]-[Individual] の4つだった…と思われ(^^ゝ


[Dynamic] とシフトはオート…必要時はパドル…を選択してスタート。

走り出すと車体のコンパクトさと軽さ感が第一印象。1,490kgもあるとは意外なほど。
0-100km/h 3.7秒らしく、踏めば痛快に加速しますが何しろ前が詰まってます…(^^; 

コーナリングもオンザレール速度域で刺激もなく、最終を含め3つのコーナー辺りで
クワトロの素性を垣間見ることができる程度です。

7段Sトロニックの素早く且つシームレスな変速は小気味良く、パドルの必要もなし?


やっとストレートで片鱗を伺えるかと思ったものの、これも隊列走行なのでイマイチ。

何しろブレーキングポイントが「パナソニックゲート」…詳しい距離はわかりませんが
1コーナーの遥か手前…なので、結局この時点でのスピードは200kmちょいくらい。

多分インストラクターの加減?も入ったと思われますが、ちょっと期待に届かない
速度なのはさておき、ここからのブレーキの効きは想像以上に優秀と感じました。

2回目は更に意識して踏んでみましたが、やはり実減速も、踏力に応じた操作性
も含めてTTの試乗で最も好印象として残ることに。




高性能なクルマ…に異論はありませんが、なんというか、何かが足りない気も。
強いて言えば、クールなんだけどエモーショナルな面が感じられない、ていうか。

結論。1,000諭吉の対価は認めるとしても、個人的にはハンコは押せません(笑



■RS 7 Sportback

今回の中では「ついで」みたいな存在に… 失礼な(^^;

いえ、個人的にはSportbackのデザインは「好き」です。




そのフラッグシップたる7ともなれば堂々のサイズですが、サーキットにあっては
当然まったく気にならず、室内の余裕やラグジュアリー感はさすがの貫禄です。

エンジン始動…して意表を突かれたのが、その音。これが一番印象に残り。。

ブリッピングするとV8らしく「ドロドロッ」と結構ドスの効いた音が室内でも明確。
因みに、ドライブセレクトはそもそも[Dynamic] になっており変更もせず…です。

走り出すとやはりその車重は明らかに感じられ、コーナーが愉しくはありません。
しかし、605ps!なので踏めばストレートでは速度は乗ります、が高揚感は薄いです。



走っている時には排気音も最初ほどは気にならず、締まっていながらも良質な
乗り心地(サーキット路面なので?)で、ラグジュアリーサルーンの資質は十分。


結論。宝くじが当たったら考えますが、同じ土俵(金額)なら ALPINA B5 かも(笑



■R8 Coupe V10 plus

いよいよ真打ち。 5.2L V10エンジンは標準で540ps、今回の plus では610ps。

なによりも、AUDI もアピールするようにNAエンジンであることが素晴らしい♪




昨今は主流となったダウンサイジング+ターボのエンジンが性能的には優位で、
環境に配慮した結果だとしても、もはやドライバビリティに影響は皆無だとしても、
「自然吸気」エンジンこそが!なんです。 「F社」は大丈夫なのか?(笑



ここで車順としてインストラクター直後のポジションとなったのはせめてもの幸い?

コースイン後のスピードもやはり一番高かった気が…メーターは殆ど見ず終い…
というのも嬉しくして、ライン取りとハンドリングにのめり込んでおりました(^^; 

4WDではあっても通常はほぼ後輪駆動との説明でしたが、先導走行では勿論
そんなことや電子デバイスの介入を意識させられるには到底及ばぬ領域です。

が、その安定感、安心感?はやはり別格というべきもの…と感じられました。

その一方で乗り心地を犠牲にするどころか快適で、洗練された操作性や装備と
相まって街乗りでも苦にならないでしょう。さすがは最新のスーパーカーと納得。




1回目のストレートではあろうことか「前(のチームで)が渋滞しちゃってるね~」
とのインストラクターの声が無線から…なので最終コーナーから暫し遅れて全開。

ここはマニュアルシフトで踏んでみましたが、8,250rpmのレブまで淀みなく廻り
フュエルカットが入ります(内緒です^^;) 「ちょー、気持ちいい!」です(幸

それでもパナソニックゲートでのデジタルメーターは 230kmに届いたのはさすが。
そこからのブレーキングも余裕で、素人なりにもうちょっとだけ突っ込みたい気も…
ということで2回目はもう少しだけ(^^;v

2ストレートの周回はいかにも短く、もっと乗っていたいと思わせるR8でした。




結論。NAエンジンの気持ち良さと高性能を気楽に楽しめるスーパースポーツかと。
宝くじが当たったら考えますが(再)、でも、同価格なら「ウラカン」かも(笑々







コース試乗の後はグループ交代で、"Active safety"会場へ。
内容は「急制動」と「スラローム」ですが、使用車輌はここでも"RS"グレード。




急制動(パニックブレーキ)は、RS Q3。 0-100km/h 4.4秒とのこと。




ベタ踏みで約100kmとなる場所にブレーキングポイントが設定されています。
続いてのコースでは同じく約80kmとなる場所から制動+ステアリング回避。



確かに速く、脚周りもそれに見合った出来のようなので快速SUVなのは確実。
今の自分的にはベクトルがやや異なりますが、「これも」の存在なら魅力的。



スラロームは、RS 3 Sportback。




もはやハッチを選択することは無さそうなので興味を持って観察もせず…というか
コース習熟を兼ねて全員同乗なので、そもそも純粋なインプレも難しいかと(^^;






こうしてタイムスケジュールは予定通り終了し、ラウンジでは本格的イタリアンが。


 ※田舎では中々出会えない本格的味わい…も今回への意気込みでしょうか。


終了式までの時間はピットに展示された車輌を見たり。


GT参戦車輌
















今回、初公開というGT4車輌













半日の短い時間ながら貴重な体験であったと思いつつ、富士SWを後にします。




滅多に来られないので1泊してゆっくりしようかとも思いましたが…このお天気(;_;)




近場の温泉施設で風呂に入ってサッパリとし、さすがに小一時間ほど仮眠をば。




夕暮れを追いかけるように帰路につきましたが台風後の天気は西から回復のよう。





 ※新名神のトンネルはお気に入り(^^)



夜半には無事に帰宅。思いの他に睡魔には襲われなかったのは不思議ですが、
それも本イベントの充実感からともいえそうです。 アウディ、好感度UP?(笑 




Posted at 2017/08/16 00:50:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年08月10日 イイね!

アウディだった、こと。

アウディだった、こと。  
 "Audi Sport Driving Experience"                       
 
 に参加してきました。

 0泊25時間、1,300kmを駆けぬけ…
                                                  
                                                 
                                                 
                                                 
                                                  

迷走台風5号が狙い打ち?の如き進路と時間帯に気を揉んではみたものの、
結局は行ってみるしかない(^^; おまけに時間もズレ込み出発したのは0時前。

既に先行する台風を追いかける形で、阪神域までは月も覗くほどの空ながら
京都辺りからはさすがに雨が…ていうか、おかげで「新名神」が通行止め(汗

さすがに大雨の琵琶湖東岸から関ヶ原まではトラックコンボイと共に粛々と(涙
名古屋では再び雨も上がり「新東名」は空いてたものの、現地着は午前7時!



 ※まだこんな天気ながら、雨はほぼ上がり中止の憂き目は免れたよう♪


ほんの僅かな仮眠ながら、しないよりはマシというもの。その間に準備も進み?


 ※"R8"がお出迎え。「PSDS」以来の富士SWに"D4"で。




今回のイベントは「Audi Sport」の展開を本格的に促進するのが目的のようで、
"R8"や"TT RS"を含め13台もの車輌と、インストラクターや契約ドライバーの
ピロ氏も本国から送り込むという意気込みで…





 ※Emanuele Pirro 氏


というワケかどうか、公称20名だった募集はプレミア感の演出?らしく、実際の
参加者は結構な数のよう。それでも応募数は2,000名を軽く上回った様子。

因みに進行の都合上2班で編成され、コース試乗と急ブレーキ・スラローム体験
組を入替で行いますが、1班が16~17人だったので総勢は30数名程?
で、同様な午後組もいるようなので更に倍…といったところ。



 ※参加者…車、も様々で恣意的な選考ではなかった感じでした。



私は先にコース試乗組でした。 


 ※路面はウェット気味ながら、ドシャ降りとかでなくて幸い。


走行前に簡単なレクチャーを受ける…の図。








事前確認では、PSDSの時とは違いコース経験者は概ね半数強といったところ。
ということで、やはり懸念はあったもののインストラクターの先導付き走行のみ…
なのは残念でしたね( ̄~ ̄)ξ


先ずはコース下見?としてインストラクターの運転する車輌に3名ずつ乗車で…
のクルマは"RS 6 Avant"と"RS 7 Sportback"いう気合いの入りよう!?






因みに後者の後席に乗り込みましたが…勿論G体験アトラクションの趣はなく(笑
その片鱗はエキゾーストに感じるのみ。ていうか、居住性や快適性は望外のもの。


 ※うーん、高速オートフォーカスに偽りはないが…(^^; 快適なドライブ状態。。

これは実用的な快速ツアラーとしては申し分ない選択でしょうね。



さて、いよいよ試乗。 計3車種は3~4台ずつ用意され、順に乗り換える運用。

その車種は、"TT RS" "RS 7 Sportback" "R8 Coupe V10 plus" でした。




インストラクター直後のポジションも1車種毎に繰り上げて交代する配慮もあり。
そのポジションは「3-2-1」、車種順は上記の通り…だったのは結果的には最適に♪

肝心な感想ですが、本日は時間切れにて後日に…<(_ _)> 


さて、いよいよお盆ですね。夏てっぺん!を駆けぬけてきます…性懲りもなく(-""""-;)

皆様も良い夏、お盆をお過ごしください♪



Posted at 2017/08/10 22:17:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年08月01日 イイね!

アウディなこと。

アウディなこと。 
  
 8月になりました。 もう( ̄ロ ̄ll)みたいな。

 当地ではなんだかジメジメした今年の夏…

 ですが、更にアツくなるお知らせが届きました。
                                                  
                                                 
                                                 
                                                 
                                                  


"Audi Sport Driving Experience" Invitation                       





実はクジ運にはすこぶる弱い?ので、あまりトライすることはないのですが、
たまたま目にした本イベントの「内容」に惹かれて申込みをしていました。


そのお目当てはコレ↓です♪





まさか20名の枠に当選!するとなどとは夢にも思わず…でした、正直。

なので、うろ覚えだった実施日が8月8日だったのは、"R8"だから?!
なのは良いとして…ところが前日の夜には外せない所用が( ̄□ ̄;)!!

さすがに一度は諦めかけましたが、やっぱりこんな機会はもうないかも…
てか、ぜったい無い(´。`)  と思い留まり「謹んで参加いたします」ことに。






集合時間に会場(富士スピードウェイ)に辿り着くには車での夜走り一択。
半徹夜でD4と駆けぬけることに覚悟を決めました(^^;


ドイツ御三家の一角であるアウディですが、決して興味がないワケではない
ものの、今まであまり接する機会もなかった…のが実のところ。

昨今では"R"や"RS"を冠するモデルも充実しているようですね。





当日はR8以外のモデルもあるようなので「フォーシルバーリングス」
の味わいを確かめることが出来れば幸いです(^^)v




Posted at 2017/08/01 22:57:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年07月22日 イイね!

新D5のこと。

新D5のこと。 
 
 
 D4に箱替えした時点で、新D5への思い

 を忖度して頂き(笑 初回オーダーでの枠

 は確保されているのですが…                                                                                                                                                                                                                                                                                         
                                                  

その「期日が7月20日です」とのお知らせを受けたのが15日のこと…('_')

まぁ、装備・オプション仕様(暫定)については先月には貰っていたものの、
ちょうど忙しい時期とも相まって、ついそのままに…という呑気さ。



 ※B5と外観は似たようなもの?なんでしょうね。


で、いきなりの展開に焦りながらも急遽、現実的な検討に入りましたが…

そもそも、D5への回帰の思いや、ALPINAの仕事によるクルマの出来に
なんら迷いや不安はないものの、さすがに吟味すべきはその価格かと。


新型D5の「素」の本体価格が 1,288諭吉様。

いかにツインターボ化され、AWDとなった5シリベースとはいえど、です。

しかも、ウマもサルもっ!… とツッコミたい、日本国内仕様ならば標準で
ある装備品目の少なからずがオプション設定であるのは今回も同様です。

「これは基本」といえるアイテムで約100諭吉様、「できれば」の範囲でもう
100諭吉様、「ぜいたく」な気分に溺れるとキリがない…ことに(汗

少々の妥協で留めても、都合+200諭吉様とならば概ね1,500諭吉様。。
 


 ※今日たまたま見つけた、新D5のメーター?


えー、再び。 乗れば満足できることは間違いないでしょう。それはきっと。
が、普段乗りのディーゼル車にしてはちょっといかがなものか??とも思う
ワケでありますね。正直なところ。。

と、アリの一穴を突かれたかの如く、あらぬ考えが色々と涌いてきます(笑
取り敢えずディーゼル路線はキープとして、

こんなのとか…


 ※ギブリ・ディーゼル たまたま近くにあった!ので本日チョイ試乗。


こんなのとか… 最近、急に気持ちが傾くSUV。


 ※F-PACE


 ※E-PACE

ん、ジャガーかっこ良いじゃないか… みたいな俄注目(^^;


果てはこんなのとか…


 ※A5スポーツバック

アウディに至ってはガソリンエンジンで脈絡もなく節操もない選択ですが、
なんかツボなデザイン♪で。これも本日チョイ試乗…出来は上々でした。



なんとか2日ほど猶予を貰ったものの、土曜には結論を出さねばなりま
せん。今回オーダーすれば年内の納車も視野に入るらしいのですが…
さて、どうしたものか???(^^;

Posted at 2017/07/22 01:56:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2017年06月09日 イイね!

駆け疲れる歓び。 ③

駆け疲れる歓び。 ③ 
 
 
 旅からはもう2週間が過ぎました。

 今更UPするのもどうか…(´。`)

 な感もしつつ、取り敢えず完了をば。。
                                                                                                                                                                                                                                                          

 
お宿でゆる~り過ごす…を最優先の予定時刻には少し遅れたものの、
それでも16時前には到着しました。


なにを隠そう…いえ、隠しませんが(^^; ワタクシお宿に求む第一条件は
ロケーション。部屋やお風呂やロビーや、とにかく風景がイイのが◎。

なので、このホテルも随分と前から候補としては上がっていたものの、
実際には中々機会は得られず終い…だった希望がやっと叶いました♪





着いて知ったという(汗 ゲレンデの真ん中に建つ立地からの視界は
悪かろうはずもないのですが、随所に配置されたウォーターバルコニー
によって、その風景を更に巧みに魅せています。





いかに立地や眺めが良くとも、柵や手すりがあるのは無粋というもの。
目線には入らないように一段外側に下げた緩衝帯とかネットでの安全
対策を施している…そのこだわりが見られる所は残念ながら稀ですね。

その面でウォーターバルコニーは見た目にも実用性(安全や防犯等)
としても、内外を繋ぐ空間として最適なように感じます。





歴史あるリゾートホテルのようで、建物自体には旧さも感じられますが
部屋や館内施設ではまったく気にならず、居心地は上々です。





このロケーションと施設なら、人気があることもむべなるかなですね。
実際、日曜なのに満室、明らかにリピーターと覚しき方々も。。



黄昏時と共に山のお天気は刻々と変化して、これはこれで見飽きません。




気分はゆるり… でも時は過ぎて、何もしなくても腹は減ります(笑



本日も普段にはない早い夕食をいただき、あとはひたすらまったりと(^^;






明けて3日目はノープラン。

チェックアウトが12時という嬉しい配慮に乗じてギリギリまで部屋で寛ぎます。




往路と距離もさほど違わない北陸道経由で、あとはのんびり帰るだけ…とも
考えてましたが、考えてみれば平日なので高速代が高い(^^; ワケでした。
ならば、深夜割引となる午前0時着を狙って帰ることにすれば…と画策。

一石二丁?で夕方まで取れる時間はのんびり過ごすこともできますし、
「戸隠高原」辺りを巡って、蕎麦三昧もいいかも♪ みたいな。。




まさに、「絵に描いたような」高原らしい風景や、道を辿ってゆるゆると。







ホテルで、急遽ググった戸隠近辺で人気の蕎麦屋さんから先ずはコチラへ。






さすがに月曜で昼時も外れた時間帯ともあって、すんなりと入店し着席。





 ※ネットのコメントにもありましたが「くるみつゆ(茶色)」が珍しくて美味♪



既にお腹は一杯なのですが、折角なのでムリクリにもう一軒だけ…と(^^;






人気店らしく予約台帳もありました…が、当日は完全に貸切でした(^^)v





 ※ザ、 「ざるそば」。


もちろん、どちらのお店も美味しいことには異論を挟む余地はありません。
が、期待値が高いこともあってか驚く程にという感までは…が正直なトコロ。

もう一定のレベル以上ともなれば後は好みの世界?
まぁ、蕎麦通でもないワタクシが云うのもおこがましくはありますが(汗
個人的には初日に食したお蕎麦が今回一番のお気に入りとなりました。



 ※自分で打った蕎麦が食べられるそう。ですが今回はパス。


それでも、思いつきながら結果的に有名な戸隠の蕎麦を楽しめ納得。





なんだか、まだまだ居たいのですが日も傾いてきたので帰途につきます。



 ※最後に「善光寺」参り < 兼、お土産調達。 …ばちあたりな(^^;



再び、600km超の道程をD4号は淡々と西へと走ります。

順調に神戸も過ぎて夜道とはいえ走り慣れた風景に安堵し切っていた…
その時、前方の車両が唐突にハザードを点灯し減速、ついには停車。


なぜか瞬時に「事故、それも起きたばかり!?」との確信と諦めが(汗
やはり、20分程も経った頃には緊急車両が次々と通過していきました。

運悪く、停車したのはICの出口から数百メートル先で、もう少し手前なら
流出することもできたのに~、です。結果的に事故現場迄も数百メートル。

結局は現場に3時間以上の足止めをされることになってしまいました。


封鎖が解除されてからは快走!しても家に辿り着いたのは午前4時前。
最後にアクシデントに見舞われたのは残念でしたが、意外に気持ちは穏やか…
だったのは、今回の旅の余韻のおかげ?でしょうね。

予想通りの走行距離は1,500km超、「駆け疲れる歓び」の旅でした(^^)

<完>

Posted at 2017/06/10 23:56:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「マル運さん ユピテルからのメールを見てビックリ! クルマと写真の良さですぐにマル運さんだと…(^^) 次に狙うは♪」
何シテル?   02/24 23:06
生粋で筋金入りのロムラーです。 が、ここ「みんカラ」の皆様には随分といろいろな情報を参考にさせていただき助かりました。 とってもアシを向けては寝られませ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ブログ始めようかと。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/11/28 20:54:02
Kaz987さんのポルシェ ボクスター (オープン) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/11/26 18:54:35

ファン

29 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ D4 BiTurbo クーペ BMWアルピナ D4 BiTurbo クーペ
D5で踏み込んだアルピナの世界、それは想像を超えた魅力に満ちたものでした。ということで、 ...
フェラーリ F430 スパイダー フェラーリ F430 スパイダー
第一の扉は"BMW"、第二の扉は"PORSCHE"。そして開くはずのなかった第三の扉は" ...
ミニ MINI ミニ MINI
嫁のクルマです…なので時々調子をみるためと仕方なく乗ったりしてます。(笑) やはり然るべ ...
BMWアルピナ D5 Turbo BMWアルピナ D5 Turbo
E90 335i ですっかり嵌ったBMWの”駆けぬける歓び” その先に悩む中でふとした ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.