車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!

今日は、ベイエリアの日産ディーラーで、ノートe-POWERを試乗しました。

このクラスには、フィットハイブリッドやアクアといったハイブリッドカーがありますが、ハイブリッドの設定のないノートはマイナーチェンジを機に、アトキンソンサイクル化や燃料を噴射するインジェクターを2本とするなどの高効率化を図った1.2リッター3気筒エンジン(最高出力79馬力、最大トルク10.5kgm)を発電機を回すためだけの発電専用として使い、発電機で起こした電気によりモーター(モーターは日産の電気自動車であるリーフ用で、最高出力109馬力、最大トルク25.9kgm)を動かしタイヤを駆動するシリーズハイブリッドと呼ばれるハイブリッドカー「e-POWER」を発売しました。
シリーズハイブリッドは、日本車ではホンダのアコードハイブリッドとオデッセイハイブリッド、またプラグインHVという違いはあるが三菱アウトランダーPHEVといったいくつかの採用例がある。

ノートe-POWER以外のシリーズハイブリッドは、速度域が上がると電気よりエンジンで駆動した方が効率(燃費)に優れることに着目し、クラッチを介してエンジンで直接タイヤを駆動する走行モードを持つが、ノートe-POWERはこの走行モードを持たないのは、ノートはコンパクトカーであるため高いスピード域で走る頻度はそれほど多くないと考えられ、エンジンで直接タイヤを駆動するためのクラッチの装着コストや重量増といったデメリットを考慮すると、コンパクトカーであるノートには理に適ったハイブリッドシステムを搭載している様です。
但し、ハイブリッドと名乗らずe-POWERと名乗っているのは、リーフでEVのリーディングカンパニーとなった日産にとって、EVのウィークポイントが払拭されて誰もが安心して乗れる事をアピールする為と、将来のEVオーナー育成という意味合いもあると思われます。


走り出して、驚いたのは電化は想像以上に力強い事です。
カタログでは2Lターボに匹敵すると、大げさに書いてありましたが、十分以上であることは間違いないです。
また、直噴ダウンサイジングターボエンジン車の様に、アクセルペダルからトルクが伝わる感じもいいですね。
電気式トランスミッション車でも、直噴ダウンサイジングターボ+DCTの組み合わせの様な趣を感じさせてくれたという事で、ちょっと驚いています。
また、エンジン始動時はECOモードになっているのですが、この状態とSモードでアクセルカットオフをしたら、強烈な回生ブレーキが利くことが判明しました。
トヨタ式のハイブリッドでネガな印象しか感じられない自分にとって、驚きでした。
ローコストで、電化によるエコと力強い走りを実感できたのは収穫でした。
トールワゴン風のスタイリングのノート故に、駆動バッテリー等室内スペースを侵食するものをシート下に収めたので、普通のクルマとして実用性もあるのがうれしいです。

反面、評判のよろしくない現行マーチをベースとしたノート故に、気になるところもチラホラありました。
また、普通のノートにも言えますが、全車カーテンエアバックを標準化して欲しいですね。
なんとか良く見せようとして、特にe-POWERは遮音対策や見た目を改善しようと努力はしてますが、ドタバタした乗り心地と頼りない操縦安定性が、ちょっと残念です。
ま、これは私が欧州車に慣れ過ぎたせいでもありますが。
安全を引き換えに安く売るなんて、旧日本軍の亡霊を引きずってます。
それと、燃費優先のおとりグレードという愚挙もやっているのも、問題です。
今時、エアコンの設定もないグレードのクルマなんて、おかしくありませんか?

今後は、e-POWERの普及を日産は考えるでしょうが、電化と燃費だけでなく、クルマの本質を磨いて、より軽量かつ安全な車体に載せて欲しいと思います。
せっかく、電化へのネガな印象が、VWのGTE系と同様に薄れてきたので・・・・



Posted at 2016/12/03 21:48:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2016年11月27日 イイね!


昨夜、両国での、UNITEDのセットリスト。
アンコールがSRSとREVENGER。
Posted at 2016/11/27 11:22:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2016年11月23日 イイね!
超変革を掲げて若手の登用に挫折して、オリックスから満身創痍の糸井を4年で18億円も払う阪神と金本はアホ!
ファン辞めようかな・・・・・
広島と日ハムの監督の、爪の垢でも飲め!
阪神ファン挫折予備軍の、クマより。
Posted at 2016/11/23 17:09:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | スポーツ
2016年11月15日 イイね!
http://www.jvcmusic.co.jp/rock/news/news.html#2677

↑のURLより
HELLOWEENに、K・ハンセン&M・キスクが電撃復帰!総勢7人でワールド・ツアー!

HELLOWEENニュースレター

「30周年記念本『HELLBOOK』の製作で、初めて俺たちが達成してきたことを実感した。同時に、これまで俺たちのストーリーがほとんど語られてなかったとも思った」
― マイケル・ヴァイカート

ストップ! 括目せよ。

全世界のHELLOWEENファンにとっての大事件である。皆は、それを長年信じ、そして願い続けてきた ― ついにその時が。2017年秋、マイケル・キスクとカイ・ハンセンは再びHELLOWEENとステージを共にし、伝説的なオリジナル・ラインナップが甦る。これはガセネタではない。ヴァイカート、キスク、ハンセン、グロスコフは、往年のHELLOWEENの楽曲をライヴでプレイし、ジョイント・ツアーを行なうのである。大ニュースだ、素晴らしい。しかし、落ち着いてほしい。それだけではない! PUMPKINS UNITEDの旗のもと、すべてのパンプキンたちが集結。アンディとキスクがヴォーカルを、カイとヴァイキーとサシャがギターを、そしてマーカスとダニがリズム・セクションを務めるのだ。

PUMPKINS UNITED WORLD TOUR 2017/2018:GOOD. AS. IT. GETS.(意味:最高に素晴らしい)


着想

疑うべくもなく、HELLOWEENはドイツでもっともリスペクトされる世界的メタル・バンドのひとつであり、ジャーマン・メロディック・スピード・メタルの創始者であると考えられている。同ジャンルのゴッドファーザーとして、彼らは世界でもっとも影響力のあるメタル・バンドのひとつへと成長した。栄光のキャリアは1984年から始まり、ブラジルの『ROCK IN RIO』、日本の『LOUD PARK』、50万人の前でヘッドラインを務めたポーランドの『WOODSTOCK』など、数多のメタル・フェスティヴァルに出演してきた。また、数えきれないほどのヘッドライン・ツアーや、IRON MAIDENやBLACK SABBATH、DIO、SLAYER、OZZY OSBOURNEらと大規模なツアーを行ない、ボルネオ島、インドネシア、ブラジルのマナウスといったエキゾチックな土地や、標高3,200mを超える世界最標高の首都ラパス(ボリヴィア)でもプレイした。また、1988年のドニントンでのフェスティヴァル『MONSTERS OF ROCK』における10万人の前での華々しいショウは、ANTHRAX、EXODUSと米国をまわったMTV HEADBANGER’S BALL TOUR同様、語り継がれている。メロディック・スピード・メタルの傑作「KEEPER OF THE SEVEN KEYS(守護神伝)」の第1章と2章を含め、これまでバンドは15枚のスタジオ・アルバムと3枚のライヴ・アルバムをリリースしてきた。総セールスは800万枚を超え、14のゴールド・ディスクと、6つのプラチナム・ディスクを獲得。30年にわたりHELLOWEENは、極上のリフと素晴らしい楽曲、耳から離れないメロディでファンを魅了してきた。そして2015年、その世界的キャリアの30年間を『HELLBOOK』をもって正式に祝福。それが、このPUMPKINS UNITEDのアイディアが生まれた瞬間である。この「アニヴァーサリー・バイブル(記念聖書)」は、カイたちとのツアーだけでなく、バンドが次なる章に進むべきであると彼らに気付かせた。キスクはこう語る。
「UNISONICとしてHELLOWEENの曲を歌うことは完全に回想だったけれど、オリジナル・ラインナップとアンディとでロックすることは、とてつもなく特別なものになるだろう。時は満ちた!」
キスク、ハンセン、ヴァイカート、グロスコフの間に生じる化学反応は非凡であり、常にそれを望んできたあなた達のためのリヴァイヴァルである。今、完全なるキャストと強烈な興奮をもって巨大なイヴェントが実現する!


詳細

このスーパー・ツアーにおいて最初に決定した日程は、2017年10月28日のブラジルはサンパウロ公演であり、パンプキンたちは、南米、ヨーロッパ、アジア、北米の選ばれた都市へと向かう。いくつかの極秘サプライズもあるこの究極の重大案件は、30年間のHELLOWEENのレパートリーをフルスピードで駆け抜けるが如く、彼らの名曲で構成された約3時間となるだろう。
「『HELLISH ROCK』のパート1と2で、すでに俺たちは素晴らしい時間を過ごしてきたけれど、今回はそれが倍になる」
そうカイ・ハンセンが語ると、マーカス・グロスコフはこう付け加える。
「長いことプレイしていなかった曲やプレイしたことのない曲も確実に演奏するだろう」

オリジナル・ラインナップは、非常に感情的になるであろうこの世界規模のパーティを、HELLOWEENの全アルバムを持ち、このツアーのチケット確保に奔走してくれたあなたと祝福したいと思っている。なぜなら、このスペシャルなワールド・ツアーは、再結成ではなく、あくまで恐らく今回限りの事であるからだ。アンディが我々の鋼鉄心をこう伝える。
「ミヒ(キスク)時代と俺の時代の曲を、ステージ上で彼と一緒に歌うことを心底楽しみにしているよ。絶対に特別なものになるだろう」

息つく暇もないほどの興奮の情報は以上。さあ、深呼吸だ。

この奇跡を見逃せば、俺達メタラーは、一生後悔する!
絶対にも逃さないぞ!

願わくば、来年のLOUDPARKのトリ!
Posted at 2016/11/15 21:46:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2016年11月13日 イイね!
前々回のブログで取り上げたマイナーチェンジ版ゴルフですが、イオン海浜幕張店で今日開催されたVWのイベントにインポーター関係者が居たので、色々聞いてみましたが、やはりスペック等詳しい内容は本国から届いてません。
明らかになるまで、


ゴロン!しますか?
Posted at 2016/11/13 14:40:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
プロフィール
「お金で損しても、決断は後悔しない様にしたい。新規オーダー打ち切りだってあり得るから・・・」
何シテル?   12/04 20:49
リラックマロウです。 15年続いたスバル車から、VW車に乗り換えました。右も左もわからない私ですが、よろしくお願いします。 今はチューニングはしませんが、脚...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
同じゴルフR、シロッコRや6RCAVポロGTIに乗っている近県の方を探しています。多忙故なかなか顔合わせが出来ませんが、よろしくお願いします。また、ゴルフRの助手席に座ってくれる女神様も募集します。
62 人のお友達がいます
無菜無菜 * アユミデンキアユミデンキ *みんカラ公認
じゃんだらりんじゃんだらりん * monte87monte87 *
tomo@Rtomo@R ossan5005ossan5005
ファン
65 人のファンがいます
愛車一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
15年続いたスバル車からVW車に乗り変えました。 右も左もわからないですが、5年ローンが ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
ほこりかぶった写真ですみません。 2000年から10年間所有しました。 ゼロスポーツでブ ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
最初に買ったクルマです。 クイックシフトを入れた途端、ちょこっと弄った同排気量ターボ車と ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.