車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月21日 イイね!
F1 2017 新車発表 ウィリアム(チョロ見せ)&ザウバー ちょっと失望2017年新車発表が始まりました

先頭はウィリアムでしたが、ほぼ見せない、チョロ見せでした









直感的に、何が変わったの?っと思えるデザインです

FW40と名付けられていますが、去年のFW38B?とか思いたくなるほどです

まぁ気になるのは、サイドポンツーンの大きさですが・・・

正確には分かりませんが、小さくしているような気がします?



同じ様な角度の写真は無いのですが、ディフュウザーとの間が広くなってます

この辺は、何を意味しているのか、

でも、あんまりワクワク感が無い車です





個人的には、失望したのはザウバーです

事実上の第一弾なんですが・・・

お金無いの?としか思えん
C36って、誰が描いたんだろう







前から、空気の流れ的なものを想像すると、

フロントウィングとノーズは特に新しく無く

側面は・・・個人的には、この造形に疑問


去年のC35の造形ですが

空気の道が作られてます

C36は、大きな流れから、二つへ分けてます
ここで乱流が起こると思うんだけど・・・
この辺は、ウィリアムズを観ると、綺麗に作ってありますし、
この部分の空気の流れを多く、綺麗に後ろへ流そうって感じがします
まぁシンプル過ぎてワクワク感は無いけど


で、さらによく分からないのが、シャークフィンの高さ
リアウィングと連動して無いような気がします

この辺、良く分かりません

余程、人材が居なかったのか、それともこれが常識なのか

あとから出ってくる車と見比べてみたいですが・・・

ワクワク感無いなぁ・・・


Posted at 2017/02/21 11:19:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2017年02月17日 イイね!
アリソンが3月からメルセデスのテクニカルディレクターに噂されていた、ジェームス・アリソンの去就が発表されました


まぁ噂通りでしたね

跳ね馬の失速に貢献した方ですが・・・(;゚д゚)ァ.... 辞めた事が

多分、この人が辞めて無ければ、跳ね馬の失速は少なかったような気がします

ギリ。二位になったかも

それほどまでに、SF16-Hは、色々変わってた

フロントがプッシュロッド式に代っただけでも、過去のデータがつかえないので、
やることはふえますしね

多分、2017年への布石だった車になるはずですが

もう今更ですね

アリソンは、跳ね馬の前はルノーにおり、
ライコネンを擁して、速さを見せた、2012,2013年の車はこの人の指揮で作られている

跳ね馬時代を観ても、14年から活動を始めたが、この時は既に車は出来ており
2015年へ向けて、組織改革の活動になった

2015年のSF15-Tは跳ね馬復活を印象づける車になったが
2016年は、早期の離脱により、SF16-Hの開発が困難になり、跳ね馬失速の車になった

さてさて、銀矢にアリソンが来ました
これで、銀矢の凋落は防げるのか、それとも

個人的には、非常に疑問

銀矢の車は、他車とは違うコンセプトで出来ている
単純な比較をすると、ノーズを見れば分かる

去年のノーズを観ると


跳ね馬


銀矢

跳ね馬は、RBRと同じく、出来るだけノーズ下より空気を送り込みダウンフォースを稼ぐ考え方だが
銀矢、フロントウィングを最大限に使おうという考え方だと思う

なので、最近も話題になってる、サスペンションへの依存度が多くきなっている

このコンセプトを伸ばすのか、それとも独自色に切り替えるのかは、
来年の車を観るしかないが、

気になるのは、何故パディロウがチームを出たのか
まぁチーム代表になる夢のためかもしれないけど、多分居心地が悪かったと個人的には思ってる

そして、それはパディロウの部下たちにも同じであり、流出は発生すると思う
さらにそれは跳ね馬でも同じで、既にウィリアムズへの移籍が発表されている

そう、ウィリアムズなのです

今回の一連の騒動で、実はウィリアムズは来年に向けての、狙うべきシートに変わりつつある

多分、マッサの後任はボッタスになるのかなぁ
余程でない限り

なので、シートが空かないんだけど、可能性はありるから、要注意

この辺は、本気で名門復活なるかの分水嶺かもしれない

そしてアリソンは・・・またチームの再編かなぁ



個人的に状況は、来年の方が気になっております

でも、あと数日、我慢すれば新車だし、テストだし
鬼に笑われないように、我慢します

Posted at 2017/02/17 13:47:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2017年02月17日 イイね!
今朝のNHKニュースを観て 愚痴です北半島のオジサンが、暗殺された件で、約10分も時間を費やす
アホ構成を見せられました

内容は、何にも分かっておりませんが、北半島が行ったと思われます

で、流れはG20で、三者外相会談やって、南半島との協力をアピール?

で、そのまま二者外相会談だって

危ないから、仲良くしないとアピール・・・・( ; ゚Д゚)

何が云いたいか、意味が不明

結局、南半島が何もしないから、何にも変わらないのに

会談を持ちます、脅威がありますアピールしても仕方がない

先のオジサンの件も、1分で十分

だって、何も分かって無いのだから、マレーシアの警察が何も発表しないのだって
取り立て云う事ではない

仮にこのオジサンの暗殺の結果が、日本国内にでも影響が出るのなら、
マレーシアの警察を批判してもいいかもしれないが、
国内、呑気なものじゃないか

まぁ北の関係者は沢山居るから、暗殺されないように、注意で流しているのなら、
それこそ、どこの国の報道機関だと思うし、

それこそ、身の安全の為に、強制収監でもしてあげて、身辺捜査でもして、
安全確保してあげたらいかがで?とか思ってしまう

そしたら、色々助かるのではないでしょうか

と、朝のNHKニュースを観てたら、そう思った

こんな思考してしまうのは、NHKが悪いんだな

担当者は、反省して欲しい(’-’*)(,_,*)(’-’*)(,_,*) ウンウン

Posted at 2017/02/17 10:03:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愚痴 | 日記
2017年02月15日 イイね!
F1 2017年新車発表まで1週間を切りましたが・・・短かったようで、長かった期間が終わろうとしておりますます

2017年の新車発表まで、1週間を切っております





現状では

発表日        チーム          シャシー(パワーユニット)    場所
2月20日(月)    ザウバー         C36 (Ferrari 2016ver)       オンライン
2月21日(火)    ルノー           R.S.17 (Renault)          ロンドン
2月22日(水)    フォース・インディア   VJM10 (Mercedes)        シルバーストーン
2月22日(水)    ザウバー         C36(Ferrari 2016ver)       バルセロナ
2月23日(木)    メルセデス F1      W08 (Mercedes)          シルバーストーン
2月24日(金)    フェラーリ         TBC (Ferrari)            フィオラノ
2月24日(金)    マクラーレン       MCL32 (Honda)           ウォーキング
2月26日(日)    トロロッソ         STR12 (Renault※)         バルセロナ
2月26日(日)    レッドブル         RB13(TagHeuer※)         バルセロナ

2/20のザウバーは、画像のチラ見せみたいですね

正式には2/22になるので
先頭はルノーです

ウィリアムズ/ハースは現在未定なので、そこが決まれば、全チームになります
まぁ遅くても2/27の朝、テスト前なんでしょうけど

新規格になってますが、冬の間に色々なチームの技術陣が動きましたので、

ほぼ万全で挑んでくるのはRBR、トロロッソ、フォースインディア、マクラーレンでしょうね

特にRBRはニューウェイの役割が復活させてきているので
今年1年は、注目かと

残りのチームは、技術陣の動きが有ったので、
跳ね馬は、余程の穴を見つけてないと、危ない
去年も途中から失速しました
今年はオーソドックスに戻す等、云われていますが、果たして
去年のチ〇コノーズから脱却してくれるなら、頑張って欲しいけど
非常に厳しいだろうなぁ
バーニーじゃないけど、イタリア人の血が中途半端に濃すぎる感じがします
極端に濃いと、壊れまくりそうだけど


銀矢に関しても、これからも?技術陣の流出はつづきます
ウィリアムズの話を観ていると、パディロウ体制へ移行が始まっているのが
分かります、まぁ名のしれてる方が、銀矢では無く、マクラーレンに居るので
マクラーレンだけ人材流出しているように感じますが

銀矢の技術陣も漏れていると思います

今年は、新しい規格の年ですが、本気の仕様は多分二年先?
速くて来年ですね

今年は、去年までの体制で作った車の素養の良さと、延命がカギでしょう
去年の跳ね馬の二の舞にならない様に出来るのか、そこが注目です


マクラーレンに関しては・・・
分からないですねぇ
ホンダになってから、技術陣の体制は変わっていますが、
マクラーレンは車体は良いと云いますが、全くそのような感じはしません

夏以降、開発が止まってからは、昔のマクラーレンの様に、サスを固める以外
手が無い感じでした
これではホンダがぁとか云ってるのは、駄目だと思います

ここもまだまだ技術陣にテコ入れが必要なんでしょう

なのに、

---------------------------------------------------------------------------
ホンダF1「2017年のPUコンセプト一新には大きなリスクが伴う」

 ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、
2017年F1エンジンのコンセプトを完全に変更する選択をしたことには大きなリスクが伴うと認めた。

 マクラーレンとのパートナーシップのもと
F1に復帰した2015年には厳しい1年を過ごしたホンダだが、
2016年には改善を見せた。
しかしまだライバルのマニュファクチャラーであるメルセデス、フェラーリ、ルノーを追う立場にいる。

 ライバルとのギャップをさらに縮めるため、
ホンダは今季パワーユニットにはリスクを承知で新しいコンセプトを採用したと、
長谷川総責任者は述べた。

「コンセプトは完全に異なるものです」と長谷川総責任者。

「リスクがとても高いのは確かです。新コンセプトについて知らないことがたくさんあるのです」

「性能上のアドバンテージを得られることは分かっていますが、
一番大きなリスクは、
今年中にそのポテンシャルを引き出すことができるかどうかということにあります」

 マクラーレンのテクニカルディレクターであるティム・ゴスは先月、
トークンシステムが廃止されたこともあり、ホンダはパワーユニットのデザインを一新したと認めた。

「2017年に向けて、ホンダエンジンの構造とレイアウトは、
パフォーマンスとパッケージング、両面のニーズを満たすべく変更された」とゴス。

「新しいパワーユニットには、過去2シーズンで学んだたくさんのことが取り入れられるものの、
今シーズン用に設計し直された」

長谷川総責任者は、依然として内燃機関(ICE)を最重要視しているが、
他のエレメントの開発も並行して進める必要があると語った。

「今年はICEに集中する必要があります」と長谷川総責任者。

「エンジン自体を改善すると、排気のエネルギーが高まることになり、
そうなればタービンを向上させる必要があります。
さもないとデプロイメントのパフォーマンスレベルを維持できないからです」

「まだいくつかテストを行う必要があります。試行錯誤をすることになるでしょう」

「方向性と、どのエレメントに集中すべきかは理解していると思います」

「ただ、ICEの徹底的な改善を実現するため、同時に他のエレメントも改善する必要があり、
それは簡単ではありません」

--------------------------------------------------------------------------------
無茶しますねぇ
でも、そうでなくては駄目なのでしょう

第三期のホンダは、エンジンマイレージの問題を優先し、後に戦闘力を失いました

その轍は、今回の1年目だけで勘弁して欲しいのです

毎年思ってるのですが、兎も角壊れてもいいので、物凄いの出して欲しいです
安全面の改善は制限が掛らないのですから、(場合によるけど)
勝か、壊れるかの二択ぐらいでいいかと思ってます
まぁ駄目なんでしょうけど

新しいコンセプトがエゲツナイのに期待したいです

楽しみ楽しみ


Posted at 2017/02/15 13:44:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2017年02月14日 イイね!
レガシィ退院しました まぁ春まで様子見なんですが・・・入渠終了しました

これで全快かと思いきや、しばらく様子見って状態です

調査項目は二点です

①クリープ時など、アクセルOFF時に、急激なエンジンブレーキが発生する
②後部ドアのロックが動作不安定

特に①はエンジンOILを交換してから発生したので、OILによる問題なのか
などなど色々話していたのですが

まぁ二点とも再現性が少ない事から、1週間預けることにしました

で、寒さ厳しきなか、Dラー側でも再現が確認され

①については
※写真は、ネットから拝借


これの目詰まり?
電子制御になってから、昔有ったアイドリング時用の吸気口が無くなり
バタフライと口径の隙間から、空気を流入させて安定させているとか・・・
外気温によってはバタフライが稼働して、調整するらしいですが、

今回はその閾値付近での問題らしく、ソフトウェアのグレーエリアで発生しているようです



要は、カーボンが付着して、空気が入り難くなっており
バタフライ稼働閾値のギリギリで、判断が難しく、
空気量が足らなくなるそうな・・・
多分・・・

そう多分なのです
データログからも、通常よりバタフライ開閉は大きくなっているそうなので、
これで問題解消だと思うが・・・
で、この部分を洗浄してもらい、カーボン除去
データログからも改善を確認
数日再発確認でも発生してませんが

とりあえず様子見

②については
やはり寒い日に発生する傾向があり
注油で様子見してもらったが、再発

Dラーからは、可動部及びアクチュエーターの劣化による問題なので、
アクチュエータ交換を言われた

劣化って、云われても、そのドアばかり稼働させた訳ではないので、
設計的にマージンが少ないって事ではないのかと

それを無理やり、新しいアクチュエーターで動かすって・・・

バンドエード療法

とりあえず、寒くなると、動作が渋くなるそうで、
アクチュエータ自体が壊れている訳ではないらしいので
交換保留しました

さて、受取後の走行ですが、確認の為にガソリンが減ったので、給油がてらに
走ってみました

ハッキリいって、身体が覚えてる感覚と、スロットル感覚がズレる

目標速度まで、アクセル踏み量が変わってしまってます
踏まなくても走る走る,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

車間距離開けるのに苦労しました
アクセル、チョン押しで前の車に付いていける

どれだけパワーロスしていたか、吃驚

しかし、アクセルワークによっては、強烈なエンブレが発生する
これは、自己学習が終わるまでは仕方ないのかなぁ
それとも、変にソフトウェアのグレーゾーンにハマってるのか

まぁしばらく様子見です

まぁ大がかりならなくて、帰ってきてくれて良かったです
入渠、御疲れ様ですわ


Posted at 2017/02/14 10:47:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
プロフィール
「艦これ4DXを見に行ったんだが、ガンダムVRの楽しさ霞んだ
ただ眼鏡が入らなくて、本の少し見にくい状況
でも楽しかった」
何シテル?   02/11 14:03
milky_takeです。よろしくお願いします。 大阪に戻って三年目に入りました このまま大阪に永住したいです~(^_^ゞ でも来年度は不景気らしいので、...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
お友達
人見知りなので、
声をかけてもらえないと
動けません((((~~▽~~ ;)))ブルブルブル
でもいいね!!もつけれてない人には人見知り発動して逃げます
9 人のお友達がいます
YAIRA:竜①専属@柴崎高校付提督YAIRA:竜①専属@柴崎高校付提督 いきいきいきいき
青いhiroだけど何か?青いhiroだけど何か? ひろエルグランドひろエルグランド
仲林工業株式会社仲林工業株式会社みんカラ公認 tsubtsub
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
グルメなメイン車です。 サブとは比べられない楽しさがあるけど、 グルメはお財布が痛い( ...
スバル ステラ スバル ステラ
大阪復帰転勤に伴い売却しました 1年半でしたが、いい相棒でした
日産 セフィーロ 日産 セフィーロ
最初に買った愛車です くう、ねる、あそぶ のCMのひかれて買いました ドノーマル車でした ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
二代目の愛車?でしたが・・・ トヨタの考えが自分に合わないてのを、実感した車です 不自由 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.