車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 愚痴です
ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 愚痴です 朝から、気持ちの悪いニュースを観ました

明らかに偏った教育を受けた人間を雇って何を教育させるんでしょうね

日本で教鞭をとって”正しい歴史認識”というのは、日本の歴史認識が間違っていることを
前提に云ってる発言です

これが、過去、日本でも学び、比較研究してきた人間なら分かりますが、
韓国でしか学んでないような人間を選ぶとは

第三国のドイツ人だから、いいというものではない

千葉大学国際教養学部に来年度から来るらしいが、ここも人を見る目が無いのが多いんだろうなぁ

記事を観ただけでも、偏向教育する可能性が、十分高いのに

この大学は、そういう大学だとレッテル貼られても、文句は言えないな

あー気持ち悪い

やはり、関わってはいけない二大国家が揃うと、ロクな話にならない

愚痴でした
------------------------------------------------------------------------
 韓国の『朝鮮日報』は2016年9月8日、「歴史を正しく知れば謝罪・赦(ゆる)しも可能」と報じた。
それは、ソウル大学で博士学位を得たドイツ人青年のユーリアン氏が、
来年度から千葉大学国際教養学部の教壇に立ち、
韓国史と日本史、日韓関係史の授業を担当するという内容であった。

同紙によると、ユーリアン氏は
「日本の学生たちに正しい東アジアの歴史認識について教え、韓日両国が歴史葛藤を解決して、
和解に向かうところを共に模索する計画」と、その抱負を語っている。

「歴史認識」も「和解」も韓国側の論理

 だが、ドイツ人青年が言及した「歴史認識」と「和解」は、
いずれも韓国側の論理を代弁するもので、朝鮮日報も次のように伝えている。

 「千葉大学は、西洋人として日本の学生に、
韓国に対する客観的な認識を育てることができる教授要員を探し、ユーリアン氏を指名した。

『正しい歴史認識と和解の道』という講義を準備中の彼は、
『葛藤が激しくなるほど歴史を正しく知らなければならない』として、
『歴史を互いに正しく認識してこそ謝罪も容赦も和解も可能になるだろう』と語った」

 このドイツ人青年が、
「日本の学生たちに正しい東アジアの歴史認識について教えよう」とするのは、
「日本側の歴史理解は正しくない」という前提があるのだろう。
-----------------------------------------------------------------------------
以上、本文抜粋
ブログ一覧 | 愚痴 | 日記
Posted at 2016/10/14 09:22:41

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「リュック背負って電車の席を占拠するジジババ
人の足を蹴っても、詫びないババ
せめて通勤時間帯は、外して行動しろよ
邪魔なだけだ
ウザいわ…」
何シテル?   10/21 08:08
milky_takeです。よろしくお願いします。 大阪に戻って三年目に入りました このまま大阪に永住したいです~(^_^ゞ でも来年度は不景気らしいので、...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
お友達
人見知りなので、
声をかけてもらえないと
動けません((((~~▽~~ ;)))ブルブルブル
でもいいね!!もつけれてない人には人見知り発動して逃げます
9 人のお友達がいます
いきいきいきいき * やつびし@特派3偵付提督やつびし@特派3偵付提督
青いhiroだけど何か?青いhiroだけど何か? 仲林工業株式会社仲林工業株式会社みんカラ公認
ひろエルグランドひろエルグランド アルビノ555アルビノ555
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
グルメなメイン車です。 サブとは比べられない楽しさがあるけど、 グルメはお財布が痛い( ...
スバル ステラ スバル ステラ
大阪復帰転勤に伴い売却しました 1年半でしたが、いい相棒でした
日産 セフィーロ 日産 セフィーロ
最初に買った愛車です くう、ねる、あそぶ のCMのひかれて買いました ドノーマル車でした ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
二代目の愛車?でしたが・・・ トヨタの考えが自分に合わないてのを、実感した車です 不自由 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.