• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月16日

F1 2017 ホンダF1「来季の目標はトロロッソ・ホンダとして表彰台争いをする事」マクラーレンと手を切り大躍進を予言 愚痴です

F1 2017 ホンダF1「来季の目標はトロロッソ・ホンダとして表彰台争いをする事」マクラーレンと手を切り大躍進を予言 愚痴です ホンダは、まだ夢を観ているのかと思う
しっかり現状を分析出来ていないのでは無いだろうか?
記者会見の様子からしても、全くダメダメ

だから他のカテゴリーでも、結果が付いてこない
社内やチーム内で云うのはかまわないが、
公式に対しては、まずは、ルノーに確実に追い付き追い越すを目標にすべきだ
それがトロロッソの信頼を勝ち得、その先にRBRとの提携が浮上する
その時こそ、トップ3への挑戦権が得られる
現行規格は、もう残り三年、その先はまた一からだ
危機感が足らないのは、人材が、問題なのか?

以下記事転用
ホンダF1「来季の目標はトロロッソ・ホンダとして表彰台争いをする事」マクラーレンと手を切り大躍進を予言

ホンダF1のブランド・コミュニケーション本部長を務める森山克英によれば、
2018年シーズンの目標はトロロッソ・ホンダとして表彰台争いをする事だという。
金曜公式記者会見の場で森山自身が明らかにした。

18年のホンダの目標はトップ3争い

「F1は創業者の本田宗一郎の夢であり、
F1におけるホンダの歴史は50年以上に渡ります。
F1は当社にとって極めて重要な文化でありDNAであります。

多くの議論を経てきましたが、
F1の撤退が選択肢として挙がることは
一度もありませんでした。

我々が目指しているのはこの厳しい状況を
乗り越えて頂点を目指すことであり、
来シーズンの我々の目標は、
トップ3をかけて戦うことです」と森山は語った。

1980年代に圧倒的な強さでF1を席巻した
”マクラーレン・ホンダ”だが、
ハイブリッドターボ時代に復活したこの伝説のチームは、
一度の表彰台も得ることなく僅か3年で空中分解した。

度重なる信頼性とパフォーマンス不足が続き、
2度のワールドチャンピオンである
フェルナンド・アロンソがホンダを徹底批判、
本人は否定したものの、
マクラーレンに対し
ホンダか自分を選ぶよう迫った場面もみられた。

森山は、
先行して新しい時代のエンジン開発を進めていた
フェラーリ、メルセデス、ルノーとの
ギャップが大きかった事を不振の原因として挙げた。

ホンダは3社より1年遅れてF1に参戦しており、
一説ではメルセデスのハイブリッドターボエンジンは
10年もの開発期間を経て実戦投入されたと言われている。

「我々がF1に復帰した時には、
既に大きなギャップがありました。
これを如何にして縮めていくかが最大の課題だったのです。

ホンダはこの差を埋めるべく全力を尽くしてきました。
我々はギャップを縮めキャッチアップできたと
考えていますが、
それと同時にまだ取り組むべき作業があることも
理解しています」

大躍進を予想する山本部長とフランツ・トスト

ホンダのF1活動を指揮する山本雅史モータースポーツ部長も森山の意見に同意、
ホンダが大躍進を遂げる事は決して夢物語ではない
と強調する。

「来シーズンの開幕までにはもうあまり時間がありせん。
ですが、
私はホンダとトロ・ロッソが良い関係を築けるものと
考えていますし、
2018年が素晴らしい年になると期待しています」

「トロ・ロッソは純粋なレーシングチームだと思いますし、
トロ・ロッソとホンダの哲学は似通っていますので、

協調性を以て共に前に進んでいくことができると
考えています。
目標を達成することなくマクラーレンとの契約を
解消せざるを得ない事態になってしまった事は残念ですが、
キャッチアップ出来ることを信じていますし、
ギャップを大幅に縮められると考えています」

ホンダとのパートナーシップを決断した
トロ・ロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストは、
「近い将来にホンダが大躍進を遂げることを
100%確信しています」と語り、
ホンダとの提携には1ミリの疑問の余地もないと主張した。
また、ギアボックスについてはトロ・ロッソ自身が製造する事を明らかにした。

レッドブルとの提携には前向きな姿勢

ホンダには、トロ・ロッソを手始めにして、
その親チームであるレッドブルとの提携を
模索したい思惑がある。
レッドブルのマシンは、
これまで幾度となくチャンピオンマシンを
この世に送り出して来た天才エイドリアン・ニューウェイが設計を担当している。

山本は「我々の照準は2018年にありますが、
将来レッドブルにエンジンを供給するチャンスが
あるのであれば、それを拒む理由は何もありません」
と語り、
レッドブルとの提携に前向きな姿勢を見せた。
レッドブルとのアライアンスが成立すれば、
マクラーレンと手を組むよりも遥かに優勝の可能性が高いと考えられている。

一部報道では、ホンダがトロ・ロッソを買収し、
2018年にワークスチームとして再出発をする
との噂もあったが、
山本は「トロ・ロッソの買収について
社内で議論したことはありません」と語り、
この噂を否定した。

以上、転用



ホンダは、この辺の外交はまだまだだね
トロロッソと組むことは非常に良いことだと思う
ここにいる人達は、純粋なレースチームだから、ここでF1での過ごし方を学んで、レッドブルの関係から政治的な関係を学んで欲しい

まぁシーズン前から提携解消を云われてたらしいので、マクラーレンが、ビジネスチームになったのは確かだし、
昨夜のフリー観ても、マクラーレンのシャーシが、不安定なのは確か、止めて正解
そしてアロンソの下手くそな政治的コメントも

2021年にポルシェに喰われるのは、レッドブルよりもマクラーレンかもって気がしてきた
市販車含めて、ポルシェエンジンって感じで
まぁそこまでお金が有るのか?ポルシェにVWグループ

ともかく、これでホンダもチームも資金にしろ、お互いにフォローにしろ、出来る体制になった
ジェームスキーは、逆境に強い
さらにトロロッソの自作ギアボックスって
ほぼレッドブル製だよね

この辺も政治的だよね

変に笑ってなくて、しっかり交渉できるだけのスキルを学んで欲しいわ
この辺は、トヨタの方が素晴らしい、まぁドングリの背比べとか云われるかも

愚痴です
ブログ一覧 | F1 | 日記
Posted at 2017/09/16 11:33:08

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

F1 2017 ホンダとレッドブル ...
milky_takeさん

2018 F1世界選手権 暫定エン ...
ライチュウ@滋賀さん

ホンダF1の憂鬱
タッチ_さん

F1 2017 マクラーレン 「ホ ...
milky_takeさん

一線を画した方が・・・
ライチュウ@滋賀さん

2019年に向けて
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「F1アブダビ
マクラーレンチームとドライバーのコメント
嘘にしか聞こえない
FP1とFP2の結果とFP3と予選の結果の相関性から温度差対応出来ていない
結局シャーシの問題
最後まで見苦しい

何シテル?   11/26 11:15
milky_takeです。よろしくお願いします。 大阪に戻って三年目に入りました このまま大阪に永住したいです~(^_^ゞ でも来年度は不景気らしいので、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

お友達

人見知りなので、
声をかけてもらえないと
動けません((((~~▽~~ ;)))ブルブルブル
でもいいね!!もつけれてない人には人見知り発動して逃げます
9 人のお友達がいます
いきいきいきいき 999hiro999hiro
うーご☆うーご☆ 仲林工業株式会社仲林工業株式会社みんカラ公認
ひろエルグランドひろエルグランド tsubtsub

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
グルメなメイン車です。 サブとは比べられない楽しさがあるけど、 グルメはお財布が痛い( ...
スバル ステラ スバル ステラ
大阪復帰転勤に伴い売却しました 1年半でしたが、いい相棒でした
日産 セフィーロ 日産 セフィーロ
最初に買った愛車です くう、ねる、あそぶ のCMのひかれて買いました ドノーマル車でした ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
二代目の愛車?でしたが・・・ トヨタの考えが自分に合わないてのを、実感した車です 不自由 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる