• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

東西なんぺいのブログ一覧

2017年11月20日 イイね!

東京出張報告 ~エネムギッシュYEBISU編~

衣食住、冬の装いがごく当たり前に感じられようになった11月後半戦。
ただでさえ保湿能力が衰え始めた男の肌に、乾いた寒風がさらに刺激して活力まで奪い去っていきそうです…
宮崎空港 ANA602 A321① 宮崎空港 ANA602 A321②
さて先週、恒例“恐怖の営業会議”出席のため東京に出張しておりました。
宮崎空港を離陸、眼下の景色を楽しむ間もなく目障りな雲…
宮崎空港 ANA602 A321 富士山 宮崎空港 ANA602 A321 羽田到着
慣れない寒さ、持っていく服に悩みましたが、羽田に着いてみると意外と暖かく歩幅は軽快♪
京急、山手線と乗り継ぎ向かったのは本社のある恵比寿
JR恵比寿駅 恵比寿像 恵比寿神社①
年に2度ほど訪れる恵比寿ですが、仲間と飲み歩くばかりで街歩きは未体験。
恵比寿駅西口から徒歩3分、『恵比寿神社』に行ってみました。
恵比寿神社② JR恵比寿駅西口
近代的なビル群の隙間にポツンと、まるでミスマッチなパワースポット的な佇まい。
写真を撮ろうとカメラを構えていると、入れ替わり立ち代わり訪れる参拝者!
私もあやかって「商売繁盛」を祈願ッ!

この日の打ち合わせは午前で終了、このあとホテルに集結する仲間との約束まで3時間。
恵比寿駅東口から伸びる「スカイウォーク」に運ばれて『恵比寿ガーデンプレイス』へ!
恵比寿ガーデンプレイス① 恵比寿ガーデンプレイス②
恵比寿冬の風物詩“バカラのシャンデリア”をバックに撮影する大勢の女子!
「インスタ」がどうのこうの、あちこちから聞こえてきます(笑

目的地はさらに奥、茶色いレンガ風の建物の地下。
サッポロ本社ビル ヱビスビール記念館 入口
初めて足を運んでみた『ヱビスビール記念館』♪
ダークブラウンとゴールドでまとめられたシックな雰囲気は大人の社交場!?
ヱビスビール記念館 エントランス① ヱビスビール記念館 エントランス②
キャッチフレーズの通り、なぜか“特別な日”に飲みたくなるのが『ヱビスビール』!
そんな贅沢な価値観が支配していて、単に酒好きを対象とした施設ではなさそう…
背筋がピンと伸びる感じがしました(笑
ヱビスビール記念館 エントランス③ ヱビスビール記念館 エントランス④
この記念館では500円で参加できる(試飲アリ)『ヱビスツアー』という企画が行われており、
事前に予約しておりました♪
ヱビスビール記念館 ホール ヱビスビール記念館 グッズ売り場
所要時間は40分間、“ブランドコミュニケーター”なるお姉さんが、10名ほどの参加者を相手に
ヱビスビールの歴史、時代背景など資料を示しながらガイド。
この時まだシラフではありますが興味深くおもしろくグイグイ引き込まれていきます!
ヱビスビール記念館 ツアーカード ヱビスビール記念館 ヱビスビールの原料
そして後半戦はお楽しみのテイスティング!
“一人旅”の私は、韓国人の女性と南米人グループと同じテーブル。
でも目的は同じなので妙な親近感(笑
ヱビスビール記念館 テイスティング 3度注ぎ ヱビスビール記念館 ヱビスシリーズ
今回は『ヱビスビール(ゴールド缶)』と『和のつむぎ(季節限定)』の2杯を試飲。
仲間には悪いのですが一足お先に乾杯!
ヱビスビール記念館 記念スタンプ 絶妙に注がれたグラスを片手に、
 “ブランドコミュニケーター”さんが『カンパ~イ』と合図!
 それに続いて我々は『ヱビスーッ!』。
 初対面の外国人とグラスを重ねてグビグビ~
 やっぱヱビスはうまいっ!

 『秘伝(?)3度注ぎ』も教わり単独でも楽しいツアー!
 次回は仲間を誘って参加しましょ♪

3日間の重圧から解放された飛行機までの待ち時間、恵比寿から上野へと逃避行、
話題の『「怖い絵」展』に行ってみました。
上野の森美術館』は3年ぶり~(ブログ→
当日チケットは難なくゲットできたのですが、ズラり並んだ行列は90分待ち(汗
上野の森美術館「怖い絵」展① 上野の森美術館「怖い絵」展②
ようやく館内に通されたものの、前進する歩幅はごくわずか…
そこに展示された“絵”はウワサ通りにヒトクセもフタクセもある“怖い”というより“気味の悪い絵”ばかり(汗
上野駅
 この絵画展、単に“気味の悪い絵”を観覧するだけでなく、
 添えられた解説文を読みながら進んでいく仕掛け。
 係員の声以外、ほとんど会話は聞こえず、
 衣服が擦れる音と床を撫でる靴の音だけが
 不気味に響く館内…
 絵の裏側に隠されている時代背景、
 前後に起こったエピソード、人間模様、生き様などが
 絵の迫力に輪をかけて面白くさせていました!
 
そんなところが、この『「怖い絵」展』の人気なのかもしれません…
観終わるまでに、混雑も手伝って1時間要しました(疲
羽田空港 ANA617 A321①

羽田空港 ANA617 A321②







 羽田上空は晴れ。
 冷たい空気で澄んだ空から見下ろす夜景は、
 いつもより一段と輝いて見えました♪






Posted at 2017/11/20 22:26:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 仕事中、ちょっと寄り道編 | 旅行/地域
2017年10月13日 イイね!

幕張出張報告 ~Youに会いに行こーん編~

ゲンバ、ゲンバ、ゲンバ、振り回されっぱなしの10月…
不安定な天候も手伝って工程表に描くようにいかず、ピリピリイライラした毎日を送っています(汗

そんな負荷に晒された精神を癒す旅♪
宮崎空港 ANA602 A321①
毎年恒例、東京本社が出展する展示会応援のため、1泊2日で幕張メッセに行っておりました!
空港での保安検査を受けた後に『新燃岳噴火!』のニュースを知りました~
火山灰は大丈夫!?
宮崎空港 ANA602 A321② 宮崎空港 ANA602 A321③
これまでの経験では『ボーイングB767』の場合が多い602便ですがこの日は『エアバスA321』!
“3列シート”が窮屈に感じましたが、USB電源を備えるなど近代的な客室が印象的。
窓越しに“PLフィルター”を構えると、
ガラス表面に細工が施されているのでしょうか、虹色に光ってしまってうまく撮れませんでした…
宮崎空港 ANA602 A321④ 宮崎空港 ANA602 A321⑤

 この日の東京は季節外れの暑さとの予報。
 ジャケットを羽織るか、それとも半袖シャツか、
 最後まで悩みました。
 大気中の水蒸気が多いのか、それとも火山灰!?
 眼下には、ぼやけた風景が広がっていました。

 2日間の日程を終え、羽田空港に向かう前にちょっと寄り道♪

先月『お台場のガンダム』がリニューアル!
ここに来るのは3年10ヶ月ぶり(ブログ→)。
真新しいユニコーンの姿に感激!
ダイバーシティー東京 ユニコーン① ダイバーシティー東京 ユニコーン②
平日の昼下がりということもあり見学者は少な目ですが、右も左もアジア系の外国人旅行者ばかり(汗
聞きなれない異国の言葉が、大きな声で飛び交っていました。

時間帯によっては“変形”の演出を見ることができるのですが、残念ながら時間が足りません(涙
ダイバーシティー東京 ユニコーン③ ダイバーシティー東京 ガンダムベース東京
ダイバーシティ東京7F『ガンダムベース東京』は“ガンプラ”に特化したスペースで、
思わず財布の紐が緩んでしまう危険な場所(笑
勉強に部活に励む子供たちへのお土産はガンプラで決まり♪
お父さんもひとつ欲しいところですがガマン!ガマン!
羽田空港 ANA617 A321
 帰路もエアバスA321。
 残念ながら羽田上空、雲が広がり夜景は拝めず…
 照明を落とした機内、モニターの映像には
 ガンダムチックなインフォメーションも流れていました。

 さてさて非日常から再び現実の世界へ。
 多忙な日々はもうしばらく続きそうです…

Posted at 2017/10/14 10:15:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 仕事中、ちょっと寄り道編 | 旅行/地域
2017年08月25日 イイね!

出張中、あまみ控え目に・・・

四捨五入すればもう九月…
夏休みのゴールラインが目前に迫るここにきて、ようやく広がった青い空!
しかし手の届かない場所まで高度を上げたように感じる空は、秋の気配をまとっています…

さて22日から1泊で鹿児島県奄美大島に出張に行っておりました!
初めての奄美、鹿児島空港から飛行機で1時間。
得意先の部長さんが一緒なので、いつもの自由行動は封印!?
鹿児島空港① 鹿児島空港②
午前7時25分発の便に間に合うよう午前4時に宮崎を出発したところ、空港ビル開館前に着いてしまいました(汗
それでもさすがは夏休み! 多くの利用者が開館を待ち構える様子はさすが鹿児島!
鹿児島空港 JAC3721① 鹿児島空港 JAC3721②
奄美大島へはボンバルディア DHC8-Q400
空港ビルからは歩いてアクセス。
鹿児島空港 JAC3721③ 鹿児島空港 JAC3721④
座席数が少ないため機内は満席でしたが、運良く窓側2Dに座ることができました。
ただでさえ狭い機内、特に私の座った“非常口席”では、離着陸時にカメラなど荷物を持つことは厳禁(涙
すぐ間近から「ブーン」と響く轟音と、足やら尻やら機体に接している部分から伝わる「ビリビリ」とした振動、
ジェット機では味わえない心地よさが、なんとも言えず快感でした♪
鹿児島空港 JAC3721⑤ 奄美空港①
鹿児島から1時間、海に面した奄美空港に到着!
海の向こう遮る障害物がないため、滑走路を境界に広がる青空!(曇っていますが…)
まるで海外に来たかのような解放感!
蒸し暑さと日差しは宮崎と変わりありませんでしたが、台湾付近をうろつく台風13号の影響で風を感じます。

レンタカーを借り向かうは、北部笠利のゲンバ。
納めた商品の説明を済ませ「ではお昼を食べに行きましょう!」と現地担当者に案内していただいたのは
奄美の郷土料理『鶏飯』の元祖!
元祖鶏飯みなとや① 元祖鶏飯みなとや②
ご飯にほぐした鶏肉、錦糸玉子、シイタケ、漬物、ネギ、柑橘の皮を載せ、
コク深い鶏ベースの特製スープをたっぷりかけていただきます!
チキンラーメン』をもっと味わい深くしたようなスープはヤミツキでしたよ~
奄美大島 名瀬港 奄美大島 黒糖焼酎
宿泊は名瀬、毛穴が嫌がる高湿度の市街地を散策。
数百メートル歩いただけで滝のような汗…

奄美グルメも満喫♪
「鶏飯」は当たり前、「油ゾーメン」、「もずく」に「あおさ」、「ヤギ汁」にもチャレンジ!
奄美大島 ティダモール 奄美大島 やんご通り
沖縄にも似た雰囲気が漂っていますが、近代的で違和感のないよくある九州の街並み。
意外に山が多く、しかも海に向かって迫る奄美の地形。
トンネルが多く抜けていて、快適に走ることができました。
奄美大島 海① 奄美大島 海②
居酒屋のマスター曰く、2年前から就航しているLCCの影響で観光客が急増!
ふらりと空港を降り立ちレンタカー会社を訪ねても、借りれないほど盛況だそう。
昼の鶏飯店も夜の居酒屋も、間違いなく現地人とは異なる都会的な若者で溢れていました!
奄美大島 瀬戸内町① 奄美大島 瀬戸内町②
2日目最終日はフリータイム♪
とはいえ60代の先輩もいっしょ(汗

「2、30年前に訪れたとき、白い砂浜が美しい海岸があったんだよなぁ…」と同行の部長さん。
その海岸を求めて北から南、海岸線をドライブ(汗
奄美大島 マングローブ原生林 奄美大島 ネイティブシー奄美
視神経が錯覚を起こしそうな海のグラデーション!空の色!生命力あふれる緑!
記憶を刺激する夏の景色が広がっていました!
助手席がオジサマでなければ、なおよかったのですが…
奄美大島 あやまる岬① 奄美大島 あやまる岬②
「ここじゃないなぁ…」「もっと小さな湾だった」「白い砂浜だったんだよ」などなど、
結局部長さんの夢叶わず…(涙

出発2時間前、保安検査場が非常に込み合うと聞いていたので早めに空港入り。
確かに人、人、人…
奄美空港 JAC3734① 奄美空港 JAC3734 SAAB340B①
帰りの機体は、行きよりも小型の『SAAB340B』は定員36名!
1列×2列の機内はまるでバス(汗
もちろん満席デス。
奄美空港 JAC3734 SAAB340B② 奄美空港 JAC3734 SAAB340B③
“窓際”をゲットできたものの、そこはビミョーな羽の上(汗
行きとは違ってカメラを持っていても大丈夫~
アナログチックなプロペラ特有の轟音と微振動を感じながらテイクオフ!
奄美空港 JAC3734 SAAB340B④ 奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑤
次回はぜひ、プライベートでマリンスポーツ!
ダイビングや“SUP”に挑戦してみたいですねぇ~
奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑥ 奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑦
北に向かう飛行機の左側席からは、沈みゆく太陽が低い角度で追いかけてきます…
それを睨み返すワタシは、まるでヒマワリ(暑
奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑧ 奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑨
奄美空港を飛び立って1時間、鹿児島空港が近づくにつれオレンジ色に染まる景色。
揺れはなく快適な空の旅♪
奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑩ 奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑪
着陸直前、太陽も店じまい…
桜島や霧島連山のシルエットが、
判断に迷うほど闇に隠れて行きつつある光景は幻想的でした。
奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑫
いよいよ着陸態勢。
薩摩半島西岸から桜島北側に方向を変え霧島市国分上空へ。
奄美空港 JAC3734 SAAB340B⑬ 
視線を後方に向けると、辛うじて見える桜島のシルエット。
「グイ~ン」と一段と喧しい轟音で、前につんのめるように着陸~
鹿児島空港
つい数日前の出来事なのに、ブログを編集していると随分と昔のことのように感じます…
再び呼んでくださることを期待して、仕事に励むとしましょう!

関連情報URL : http://amami-kankou.com/
Posted at 2017/08/25 18:13:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | 仕事中、ちょっと寄り道編 | 旅行/地域
2017年07月14日 イイね!

アルカリ性の反対なのだ♪

梅雨明けしたとみられる』と曖昧な発表をきっかけに聞こえ始めたセミの声。
その数はまだまだ少なく、「ミ、ミ、ミ・・・」と初心者が弾くピアノのようなぎこちなさ(笑
年々厳しさを増す夏本番への覚悟を後押ししているかのようです…
栗野岳 霧島アートの森
まとわりつくような蒸し暑さと刺すような日差しの平野部、
そこから逃げるように向かうは標高700メートル強の栗野岳
冷涼な気温を利用して高冷地野菜を栽培してらっしゃる農家さんが今日の営業先♪
明らかに涼しく感じる栗野岳でしたが、さすがに大きくカラダを動かすと汗がダラダラ…
栗野岳温泉 南洲館① 栗野岳温泉 南洲館② 
午後のアポイントに行くにはあまりに汚らしい格好になってしまったので、現場近くの温泉へGo!
前から気になっていたのですが、ここに通じる道に沿って流れる川は白色!
あまり見かけないその様子に、一度訪ねてみたいと思っていた『栗野岳温泉 南洲館』。
夏特有の濃い緑に包まれた小さな温泉は、土日になると利用者のクルマでいっぱいです!
栗野岳温泉 南洲館③ 栗野岳温泉 南洲館 桜湯①
でもさすがに平日の昼前、どうやらこの時間は私だけ…
栗野岳温泉 南洲館 桜湯② マスコット犬が出迎える受付で300円支払い、
 「入りやすい温泉」と勧められた『桜湯』へ。
 ※南洲館には計3ヶ所の湯殿があるそうです
 
 懐かしさあふれる木造建屋に入ると
 利用者を静かに待ち構えていた小さな湯船は白く濁ってました。
 高冷地の心地よさと程よい湯温が実に快適♪♪♪
 しかも貸切~♡

 わりとサラッとした泉質は酸性単純硫黄泉
 ペロッと舐めてみたところ味覚神経がキュッと引き締まるような酸味!
 ジワーッとカラダに沁み渡るような気持ちの良い温泉でした!

そうそうこの南洲館、『蒸し鶏』ってのが名物らしいですぞ~
Posted at 2017/07/14 22:26:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 仕事中、ちょっと寄り道編 | 旅行/地域
2016年11月19日 イイね!

東京出張報告 ~防衛ライン突入!編~

居眠りを誘う、しっとり穏やかな情景はまるで小春日和♪
そろそろクリスマスカラーに染まりはじめた街の景色ですが、その雰囲気をまるで実感できない暖かさです。

さて水曜日から東京出張、定例の営業報告会議(汗
今期は天候不順や熊本・大分地震の影響で結果が出せず、恐る恐る本社に乗り込んできました…
「少年サッカーで休みがち」とはクチが裂けても言えません(笑
宮崎空港 ANA602① 宮崎空港 ANA602②
毎回会議初日は移動日、朝イチの飛行機に乗って目的の場所に直行!
山手線、地下鉄を乗り継いで向かうは四谷三丁目駅
東京メトロ 四谷三丁目駅① 東京メトロ 四谷三丁目駅②
無機質な地下鉄の駅から地上に出たいのですが、方角が分からず四苦八苦(汗
しかも一部の通路出口が工事中(迷
窓口の駅員さんに聞いてようやく地上に脱出ッ!
消防博物館 地階入口 消防博物館 地上建物 消防博物館 地上入口
四谷三丁目駅の改札を出てすぐ、出迎えてくれるのは『消防博物館』♪
“消防”とは縁のないワタシですが、防災意識を高めるため(?)入ってみました。
入場は無料!
消防博物館 WELCOMEマット 消防博物館 ヘリコプター
上階の展示物まで見て回れば1時間以上を要するということですが、先を急ぐので急ぎ足~
小さな子供連れに喜ばれそうなスポットですが、マニアックな紳士もチラホラ。
さすがに週の真ん中、来場者は少ない様子…
消防博物館 消防車① 消防博物館 消防車②
1階と地下はレトロなヘリや消防車が展示されており、懐かしさを通り越す貴重な史料!
売店も併設されていて、消防マニアでなくても興味津々!
消防博物館 消防車③ 消防博物館 売店
これからの空気が乾燥し始める季節、皆さんもどうぞ火の用心を!

駅前の交差点でスマホ片手におろおろしていると「どこへ行くの?」と四谷マダム。
目的地を告げると、親切に道順を教えてくれました!
於岩稲荷田宮神社① 於岩稲荷田宮神社②
マダムが教えてくださったルートを歩くこと約10分、大通りを左に路地を右に進んだ場所に“赤いのぼり旗”!
モダンな住宅地には、まるで場違いな妖艶な空気漂う『於岩稲荷田宮神社』に到着。
於岩稲荷田宮神社③ 於岩稲荷田宮神社④ 於岩稲荷田宮神社⑤
この神社、「お岩さん」で有名な『四谷怪談』にまつわるパワースポット!
ところが“怪談”のイメージにありがちな怨恨や怨霊とはまるで無関係で、
実は「商売繁盛」や「芸事の上達」、違ったところで「縁切り」という願いも叶えてくれるとか。
於岩稲荷田宮神社⑥ 於岩稲荷田宮神社⑦
こうして写真を撮っている間にも次々に参拝者が!
境内を独占時間は皆ちょい長め、順番待ちもちょい長め(汗
於岩稲荷田宮神社⑧ 於岩稲荷田宮神社⑨
それもそのはず、境内右手に置かれた“お言葉(お守り)”を選んでいたのね♪
私も一枚一枚に目を通しながら、「これだ!」という一枚をチョイスしました~

於岩稲荷田宮神社』のすぐ向かい側にも“赤いのぼり旗”。
於岩稲荷田宮神社⑩ 於岩稲荷陽運寺①
こちらも“お岩さん”を祀っているという『於岩稲荷陽運寺』。
目と鼻の先に存在する神社とお寺、いろいろ調べてみるとキナ臭いウワサが聞こえてきます…
於岩稲荷陽運寺② 於岩稲荷陽運寺③
どちらを信じるかはアナタ次第!

そろそろ午後12時半、いよいよ本日最大のミッション!
スマホの地図を頼りに歩くこと20分。
防衛省① 防衛省②
テレビで観たことのある巨大な建物は『防衛省』!
ひっきりなしに黒塗りのクルマが出入りしますが、そのたびに守衛の大きな声が飛び交います!
この中を見学できるツアー(午後の部)に応募していたところ、2度目の挑戦でやっと当選!
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー① 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー②
本日の一般見学者は41名(後に自衛官59名と合流)、その半数はシニア世代。
陸自のコワモテ広報担当者サンと民間女性ガイドさんが引率していきます。
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 庁舎ABC 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 儀仗広場
敷地内に入ると、外の空気とはどこか違ったピリピリとした空気…
“撮影禁止”の場所も多く、緊張感を背負ってのツアー開始!
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館① 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館②
ツアーいち番の目玉、近代日本における軍国の歴史を数多く語り継ぐ『市ヶ谷記念館』!
もともと現在の庁舎の場所に建っていたものを、コンパクトに移設、再現しているそうです。
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館③ 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館④
一般見学者にはもちろん、現役自衛官にとっても重要な史料館のよう。
やや薄暗い館内は、どことなく重苦しい雰囲気が漂っていました…
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑤ 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑥
『市ヶ谷記念館』の説明ビデオを見た後は館内の見学。
歴史の教科書で習った戦争の歴史が、大切に保管、公開されています。
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑦ 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑧
一緒に参加したシニア世代のおじいちゃん方にとっては、特別に感慨深い史料なのかもしれません…
狭いスペースに大勢の見学者がいるため、写真撮影は遠慮しながらで、ままなりません…(汗
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑨ 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑩
つい先日“直筆原稿発見”で話題となった三島由紀夫にも深く関わる記念館。
ウワサに聞いていた生々しい痕跡を拝見することができました。
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑪ 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 市ヶ谷記念館⑫
天皇陛下の地位を最優先して計算高く設計された館内の構造をはじめ、壁布、床材などなど
ビデオを交えながら、ガイドさんが分かりやすく説明してくれました。
歴史に詳しくなくとも、この国が歩んできた生き様を深く感じ取れる施設でしたねぇ~
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 屋外ヘリ① 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 屋外ヘリ②
どっぷりと歴史に浸っていましたが、後半はガラリと変わって今現在の国防に着目。
省内を歩いていると、緑や紺の迷彩服を着た現役自衛官の姿に遭遇したり、
ライフル(本物?)を持った自衛官が現れたり、ひたすら体を鍛えるマッチョな自衛官がいたりと、
リアルな国防最前線がここにあるのだなと実感させられました!
防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 広報展示室① 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 広報展示室② 防衛省 市ヶ谷地区見学ツアー 広報展示室③
陸・海・空、それぞれの自衛隊をPRしている『広報展示室』は、短い時間の中、群れる見学者でいっぱい(汗
思うように写真が撮れませんでした…
お待ちかね『厚生棟(売店)』も与えられた時間はたったの15分!
民間人に馴染みのコンビニのほか、魅力的なミリタリーグッズを扱うショップも並んでいて、
急かされるような気分に冷静さを失いアッという間にタイオムオーバー(涙
とりあえず『撃まんじゅうミニ』だけは捕獲~

『厚生棟』を出て“撮影禁止ゾーン”を横切ると、有刺鉄線の向こう天に向かって角度を付けた『PAC3』???
案内していただいた自衛官サンに尋ねるもののノーコメントでした(謎
旅のスタンプ
 所要時間2時間半は実に早く、
 民間の空気とは違う独特の空気が漂っていました。
 我々民間人の知り得ない国防の最前線が、
 ここに張られているのだと身をもって感じるツアーでした。

 “防衛ライン”と言えば翌日の営業会議(汗
 はてさて、どんな言い訳で乗り越えるとしますか…

Posted at 2016/11/20 00:47:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | 仕事中、ちょっと寄り道編 | 旅行/地域

プロフィール

「東京出張報告 ~エネムギッシュYEBISU編~ http://cvw.jp/b/833492/40737142/
何シテル?   11/20 22:26
軟弱な九州男児です。  常に自己満足を満たすネタを求めて、 アンテナを張り巡らせています!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

PCVバルブの交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/29 15:13:28
FotoPus Gallery 
カテゴリ:カメラ
2012/03/22 11:21:12
 
FotoPUs 
カテゴリ:カメラ
2012/03/22 11:10:52
 

お友達

広~く浅~く、アナタの情報受信中!

コミュニケーションが最重要テーマですので
『一方通行』は固~くご遠慮いたします!

※前触れもなく「お友達に誘う」を選択されても
  すんなり承認は致しかねますので悪しからず

  まずは相互コメントから始めましょう
33 人のお友達がいます
EVOMANIAEVOMANIA * OryzaOryza *
梅しゃん専用梅しゃん専用 * 美瑛番外地美瑛番外地 *
まったりお茶X@20GTMT♪まったりお茶X@20GTMT♪ * ちゅん&#215;2ちゅん×2

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ Keiワークス スズキ Keiワークス
「ワークスでオートマァ?」とよく言われますが、宮崎県で最後のチャンピオンイエロー4だった ...
トヨタ ヴォクシーG's トヨタ ヴォクシーG's
グランドエスクードのオイル漏れをきっかけに 買い替えを決断 ①荷物が載るクルマ ②お母 ...
スズキ グランドエスクード スズキ グランドエスクード
私にとって憧れの4駆。 当時子供が小さかったこともあり、大きくもなく、小さくもなく、ちょ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.