車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月17日 イイね!
夫婦で「この世界の片隅に」を初日に観に行きました(先週土曜日)

嫁さんもそうだけど上映後ほとんどの人が泣いてました
私の感想:
「良かった。のんの声も良かった」
「若い人で戦時中と今の考え方の違いに興味がない人には、わかりにくいかもしれない」
映画観た後、嫁さんがちょっと私に優しくなりましたw

他の映画と比較して良い悪いは言わない(ネットでは無意味なバトルがみられるので)
ちなみに「この世界の片隅に」の監督さんが「君の名は。」を好意的にとらえている
と思えるインタビュー記事を今日見つけました。

「シン・ゴジラ」「君の名は。」「聲の形」「ハドソン川の奇跡」「この世界の片隅に」
最近、自分としてはたくさん映画を観てる

ある程度年取ったからかもしれないけど、1回観ただけで大きな勘違いはしないようだ
「君の名は。」->「口噛み酒」は20歳くらいの頃から知ってた
「この世界の片隅に」->戦時中の世相の基礎知識程度は知ってた
映画を観るには適した年齢になったのかもしれない
Posted at 2016/11/17 14:31:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ
2016年11月12日 イイね!
別の場所に書いたので忘備録として

別の場所に書いたのはここから--

古館の番組で最も興味深かったのは歌舞伎と御霊信仰の関係を古館が指摘した所
この映画は大衆に対する現代の歌舞伎なのでは
映画全体が現代の神楽舞と言っていい(災害犠牲者への鎮魂の意味もある)
映画の中にも姉妹が神社で舞う神楽舞が登場し2重構造になっている
神楽舞に対して作家性がと言う人はいないし
歌舞伎に対してつじつまが合わないと言う人もいない
映画館で現代の歌舞伎を観て女性たちが涙したわけ

実写映画化よりはスーパー歌舞伎「君の名は。」の方がありかも

ここまで--

3年前の三葉の霊が瀧にのりうつった、とも解釈できる
瀧の霊は3年前に行ったわけで
ただ、ここから災害から三葉たちを救うハッピーエンドに持ってゆく力技は
勇気があると思う
(人々が持つ災害の記憶を利用して感動させる手法ではと批判されかねない)

「義経は生きていた」モンゴルに行ってチンギス・ハーンになった?
「西郷隆盛は生きていた」それを信じた警官がロシア帝国皇太子・ニコライへの発砲
のように、『実は生きていた』にお話を変えたいのが一般大衆だよなぁ

「君の名は。」は大衆演劇とも言えるかも
Posted at 2016/11/12 06:20:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2016年10月18日 イイね!
新海監督の故郷、長野県小海町付近に住んでおられる方と
Webを通して交流することができました。
次の jico さんのサイトに書き込んだ私のコメントです。

http://plus9.xyz/shinkai_makoto#comment-9

---------------------

地元のかたがうらやましいです。
ビジュアルガイドの初期設定の糸守湖は松原湖と
規模も湖畔の道路の配置も似ています。
それを元に映画での御神体の位置を探すと
松原諏方神社の御射山祭で仮屋を建てる場所に
一致しそうです(湖の大きさが松原湖は映画よりも
小さいのでご神体に相当する場所への距離も
短くなるはずです)。

オリエンテーションみたいですが、本当にそれで
いいのか実際に行って確かめたいです。
ですが仕事や自宅からの距離で無理かなぁ。

-------------------------

以上が書き込んだコメントです
というわけで、「ご神体の場所探検隊!」結成です。
私自身は小海に行けませんがw

Posted at 2016/10/18 15:04:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ
2016年10月16日 イイね!
ここ数年世代の違いを感じることがある。若い人の一部が
「彼氏/彼女ができるわけないでしょ」「結婚できるわけないでしょ」
と最初から恋愛も結婚も『思考対象にない』こと

そんな人は、ドラマ等をみて「好きになる理由が描かれていない」と
好きになることに理由を求めたがるみたい

悲しいなぁ

で、一歩ゆずって、恋愛とかじゃなくて『恋』はどうかと問いかけたい

「恋」に理由はいるのか?
1.幼馴染
2.クラスメート
3.一目ぼれ
4.一回会っただけ

と、あげていっても『恋』するときに明確な理由があるとはあまり思えない。
1.なんて気が付いたら一緒に遊んでるわけでしょ。
好きになる理由に「幼馴染」を入れるのは、理由としては変。
本人の意思はない(親の引っ越しとか)。

「恋愛」の理由としては
1. イケメン、美人さん
2.お金持ち
3.家柄が良い
4.頭が良い
5.自分と趣味が似ている
6.自分と趣味が食い違い新鮮

とかなんでしょうか。
1., 2., 3., 4., あたりは生まれてくる子が健康で何不自由なく育つから?
自分が楽にできるから

イケメン/美人さん顔は、集団の平均顔であることが研究でわかりつつある。
つまり遺伝的に偏りがない(ご先祖様が色々な遺伝子をもつ人と子を作った)
ことであり、生まれてくる子が病気に強かったりする。
都会だと平均顔になりそうだけど、そうでないのは結婚する相手が意外に遺伝的に
近い人(故郷が近い)から選ばれている結果だろう。北海道と沖縄出身の夫婦って
確かに聞いたことはない。遺伝子より文化的近さ(料理の味とか)を選ぶのかも。

遺伝子としては利己的に相手を選ぶ(無意識に作用する)ので、
それを人間の意思として滔々と述べてもむなしい気がする。
体臭は免疫系が遺伝的に近いと臭く感じ、そうでないと良い匂い!に感じるらしいし。
娘の「お父さん臭い!」は健康的な反応。

とまあ、誰が魅力に感じるかは無意識下で生物としての戦略に支配されている限り、
「恋愛」の理由1.から4.にはあまり意味がない。

「恋愛」と違って、『好きになる』ことに理由はいらない
『好きになること』は人間らしく純粋なこと(他の生物でもやってる遺伝戦略から離れている)に思える

幼馴染、クラスメート、一目ぼれ、一回会っただけ、でも好きになることはあるし、
それこそが人間らしい行為でもあると思う。
「理由を滔々と述べることができる」のは「好き」とは言えない。

「なぜお母さんが好きですか?理由が言えないのなら好きではないのですよね」
という問いから始まるのが、「好き」の根源と思う。(子は親を選べないのに)
理由が言えないからこそ「好き」なのであり、理由が言えるのは「嫌い」なもののほう。

若い人に言いたい。「好き」を認めようよ。理由なく「好き」であることを認めよう。
理由ばっかり探してたら、「嫌い」な点を見つける作業そのものになるよ。

なお、少子化対策の仕事とかはやってませんw



Posted at 2016/10/16 05:49:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月07日 イイね!
「君の名は。」に『作家性』(国語辞書にもない曖昧な言葉)があるかだけど
新海監督の個人的and特殊な経験が反映されているか、という基準で考えると
強く反映されていると思う。以下、前回の日記にも書いたけど

巫女の神楽舞,男の子が御神体を神社から山へ,山で一泊,山で周辺を一周

これらは一見海外から受ける日本的要素を無理に入れたようにもみえる
けれどすべて新海監督の故郷の神社で実際に行われている神事
それに最近気づいて驚いた
山へ行く神事(松原諏方神社の御射山祭)は新海監督自身が
子供の頃体験している可能性すらある

瀧が山で一泊することが不自然だったけど,実際の神事の一つだった
松原湖(糸守湖のモデル?)湖畔の松原諏方神社から検索して行けば,女子中学生の巫女舞が
現在も行われていることもわかる

このような要素が「君の名は。」にあって『作家性』が薄いとはとても言えない
漫画家の江川氏は(調べていないため)神事関係が現実にはないものと勘違いし
オタクや海外受けを狙った売るための策と勘違いしている可能性大
Posted at 2016/10/07 17:31:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 音楽/映画/テレビ
プロフィール
「「君の名は。」サウンドトラック 三葉のテーマがピアノの練習曲みたいでいいね」
何シテル?   10/16 05:17
Ukkariです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
3 人のお友達がいます
藤丼藤丼 GパッケージGパッケージ
kaerukunnkaerukunn
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
日産 マーチ 日産 マーチ
妻のお買い物車。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.