• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かめ~ん@VM4のブログ一覧

2017年11月14日 イイね!

エアコンプレッサー導入

エアコンプレッサー導入昔から欲しかったけど「かなりウルサイ」との話で、中々購入の踏ん切りがつかなかった家庭用小型エアコンプレッサー。最近の静穏タイプのものはかなり静かだしお安くなってきているという事で、とうとう買ってしまいました。
安い中華製かアストロの縦型か・・・色々悩んだ挙句、結局安心の国内メーカー(中身はほぼ中華だけど)、高儀の「EARTH MAN」静音オイルレスコンプレッサー25ℓタイプに決定。39ℓのもあるけど、容量不足ならタンク増設すりゃいいか・・・と。
ただ、ポンプの吐出量が25ℓの60Hz:96L/minと比べて39ℓは60Hz:137L/minと結構な差が・・・。
これは後からどうにかできるものではないのですが、とりあえず今回は初めてのコンプレッサーなので、他にも細々と必要になる物があるし、お値段優先。オイルレスのコンプレッサーって使用可能時間は200時間位らしいので、これ使って不満があれば次は上のグレードを考えましょ。


まずは置き場所。
防水・防滴ではないので雨の当たらない所に置きましょう。
普段は倉庫にしまっておいて、使う時に出してくる事も考えましたが、こんなの使いたい時にぱっと使えないと意味無いじゃん!と言うことで、ここに据え置きで使用時はコンセントにプラグ刺してスイッチオン!のみ。



ぱっと使うにはエアホースも重要。いちいちホース引っ張ってきて、終わったら巻き取って・・・なんてやってられっか!と言うことで、ホースリール(アストロプロダクツの内径8mm×10m)をカーポートに吊り下げ。ホースをカラカラッと伸ばして、カチャっとジョイントつないで・・・と思いたったら5秒以内でエアダスターが使えます(エア充填時間を除く)。
そして、上からエアホースが下りてくるのって、なんとなくかっこいい!気がします。
とにかく、足元にエアホースがちょろちょろしているのは邪魔だし危ないので、ホースリース吊り下げは私の中では必須項目なのでした。



ひとつ残念なのはこのままだと圧力計が見えない事。
数値の確認には本体をこちら側に向けないといけないのです。


という事で、エルボをつけて・・・


圧力計をこちらに向けて完成。
これで楽に数値の確認ができます。


とりあえずすぐに使用するだろうと購入したのは、タイヤの空気入れとエアダスター。
これで手動ポンプともおさらばです。



静音エアコンプレッサーを使用してみての感想ですが、まずその音量。
最初、思ったほど静かじゃないような・・・と感じましたが、静音タイプではないものは昼間でも動かすのをためらう位ウルサイらしいので、それらとは比べ物にならない音量ではあります。
そういや、レヴォーグ車載のエアコンプレッサーも「ブィイイーーーン!」ってすごい音してるし、あんなのに比べたらかなりの静かさです。
ただし、エアが貯まってコンプレッサーが止まる時の「パシュッ!」という音は、知らないとびっくりするくらい大きいので要注意。コンプレッサーの前にしゃがんでエアが貯まるのを見ていた私は、思わず尻餅をついてしまいました・・・。いや、ホント、何か爆発したのかと思った・・・。

とりあえず日中の使用はOKですが、コンプレッサー停止音やエア工具の作動音、エアダスターのエア吐出音は結構大きいので、閑静な住宅地なら長時間連続で使用しない等の気遣いは必要だと思います。
夜は19~20時位までなら、良好な関係のご近所さんには怒られないかもしれません。
早朝・深夜の使用は大迷惑なので禁止でしょう・・・。

エアも無事貯まって、早速エアチャックを使ってみました。
当たり前ですが、タイヤのエア調整はめちゃくちゃ楽。
今までシュコシュコ手動ポンプで入れていたのがバカみたいです。
バイクは手動でなんとかなりましたが、四輪は手動ポンプはやる気にならず、スタンドで給油ついでに入れていましたが、これなら自宅でマメにチェック&調整ができそうです。
また、洗車した後の水滴もエアダスターで飛ばせるので拭き取り楽チン。
特にバイクは細かい所が拭き取り難いのでエアがあると重宝します。

そして・・・

あとはやっぱりエアインパクトは欲しいなぁ・・・。「ウォン!」って回るヤツ。
エアソーやエアリューター、エアサンダーあったら、切ったり削ったり楽になるし・・・。
それと、やっぱり25ℓだとすぐにエア減って再起動するので、タンクも追加したい・・・。
あ、シリンダーばらしてベルハンマー塗ったら、静か&長持ちするかな・・・。
ポンプ停止の「パシュッ!」もなんとかならんかなぁ・・・。

・・・などと新たな物欲と改造欲が芽生えてくるのでした・・・。
Posted at 2017/11/14 23:29:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年08月31日 イイね!

今年の夏の思い出

ここ2年ほどお盆休みは一泊ツーリングに出かけています。一昨年は熊本阿蘇、昨年は京都&三重のお伊勢さん。今年は・・・CB氏が去年買ったお札を返しに行きたいとの希望で、また伊勢神宮に行くことになりました。でも、今年も買ったら来年も返しに行かないといけないんじゃ・・・。毎年お盆はお伊勢参りになるのか?

メンバーはいつものNinja1000氏とCB1300SB氏。



昨年は全行程走りましたが、今年のGWのフェリーに味を占めて徳島からフェリーで和歌山に渡ります。朝4時集合、8時の南海フェリー乗船、10時和歌山着でした。


昨年は京都→三重→帰宅、と紀伊半島をほとんど走らなかったので、今回は南下して紀伊半島周りで三重に向かいます。

第一目標は高野山金剛峰寺。四国遍路の祖、空海(弘法大師)の開いた真言宗の総本山。
四国民としては行かねばなるまいと言う事で訪問。


高野山から南下するために走るのは熊野竜神スカイライン。
たまたま前を走っていたエボ8が良いペースで引っ張ってくれました。


道の駅ごまさんスカイタワーで休憩。
お盆休みなのでバイクがたくさんでした。

当初龍神を走った後、本州最南端・潮岬に行く予定でしたが、宿に着くのが大幅に遅れそうなのでショートカットして三重に向かいます。

走っていて気づいたのですが、和歌山の川の水ってなんか白っぽい。
どの川も同じような色なので、この地域の地質に関係するのでしょうか?
どこかの工場から廃液が流れ込んでんのか?と思ってしまった・・・。


途中の紀勢自動車道はトンネルばかりで景色も楽しめずただ走るのみ。
宿地である三重県鳥羽市に着いたのが午後7時頃。
初日は約600キロの移動でした。

2日目は朝から若干雨がパラついていますが問題ない範囲。
朝一からお伊勢さんをお参りし、CB氏の目的を果たします。
今年も新しいお札買ってたけど、来年は一人で返しにきてね・・・。


本格的な雨が降りだしたらどこも寄らずに帰ろうということになっていましたが、何気に雨が降らないので那智の滝に寄ります。


さすが一段の滝日本一位の落差。天気のせいもあって上が霞んで見えません・・・。


ここまで降りそうで降らない雨。
「このまま行けるんじゃね?」ということで潮岬を目指したのですが向こうに見える黒い雲に嫌な予感が・・・。


予感が的中し大雨に遭遇。カッパを着る間もなくびしょ濡れになってしまいます。後で降雨レーダーを見てみると、私たちのいた所は真っ赤になっていました・・・。


途中にあった橋抗岩はちょろっと見るだけ。


結局、潮岬付近はどうにもならないほどの雨で駐車場まで行ったものの止まらずにスルー。
残念・・・。

あとはフェリー乗り場を目指して北上。ギリギリ間に合うか?と微妙な時間です。

阪和自動車道走行中にYahooナビから「渋滞があるから次のICを下りろ」との指示が・・・。
半信半疑でしたが、下りろと指示を受けた御坊南ICの先に渋滞が見えたため下道へ。
このYahooナビの神回避のおかげで無事フェリーに間に合ったのでした。
すげーぜYahooナビ!!


さようなら和歌山。
2日目は約620Kmの移動でした。


来年はもうちょっと近場でのんびりしたいような・・・。

一昨年は熊本→福岡→山口→帰宅の予定が、2日目朝から土砂降りで泣きながら来た道を引き返しました。
昨年は2日間お天気に恵まれました。
今年はまた2日目に雨に祟られました。

来年は晴れる番だ!!
Posted at 2017/09/01 01:03:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月29日 イイね!

ダムカレー&かき氷

ダムカレー&かき氷ダムカレーとは・・・。

読んで字の如く「ダムをモチーフにしたカレー」です。
なんだソレ?と思いましたが、「ダムカレー協会」なるものもあったりして、実は結構メジャーな分野なのでしょうか?
少し前に「まつこの知らないダムカレーの世界」が放送されたようですが、私はTVを観ておらず、存在を知ったのは極最近。
愛媛にもこのダムカレーがいくつかあるらしく、比較的近くの「玉川ダムカレー」を食べに行ってまいりました。

ちなみに「玉川ダム」は愛媛県今治市玉川町にあるダムで、映画「がんばっていきまっしょい」で女子ボート部の漕艇練習場のロケ地になったダム湖。実際は松山大学ボート部の練習場だったりもします。



この形・・・覚えておきましょう。



今回一緒に行ったのは会社の同僚Z800氏。
朝一、彼の家でフェンダーレスキットの取り付け作業をしてからの出発です。

ノーマルのめっちゃ飛び出したフェンダーが無くなってかなりスッキリ。ただ、泥はねは酷くなるのでできれば彼の後ろは走りたくないです・・・。


そして向かうは玉川町なのですが、ここは「玉川ダムカレー」をご当地グルメとして売り出し中。
いくつかダムカレーのお店があります。


火曜休みの私たちを拒む「火曜定休」のお店は行けないとして、選んだのは「八勝亭オリエント玉川店」さん。Z800氏曰く「隣にある最近出来たうどん屋さんもおいしいよ」との誘惑に負けそうになるも、「今日はダムカレー!」と心に決めていたので意地でもカレー!!(Z800氏は前夜カレーだったらしい・・・)


八勝亭さんはぱっと見焼肉屋さん?な感じですが、和洋折衷取り揃えたレストランで昼間も結構賑わっており、駐車場も空が少ない状態。二輪用スペースは無いので、2台で一区画利用させていただきました。


そして・・・目的の玉川ダムカレー!


上のダム湖の形と比べていかがでしょう?けっこう似ていますね(^_^)
八勝亭さんのダムカレーの特徴はこのダム湖を型取ったお皿。

側面には貯ルー率が刻まれていて・・・


食べ進むと・・・

「ルー不足」の文字が・・・。

ちなみにコノお皿、一枚一枚微妙に形が違ったり文字の筆跡が違ったりで、完全手造りみたいです。砥部焼きっぽい感じがしますがお店の人達が造ったのでしょうか・・・。



肝心のカレーは米陸地の上に沢山の焼き野菜が乗るヘルシーカレー。
ちょっと酸味の利いたルーで美味しく頂きました。

あ~でも、今度はこんな感じのライスダム堰堤からの放流!もやってみたいなぁと思ったり・・・。


ちなみに次に狙っているのは鹿野川ダムカレー!


カレーなのに1600円もするすごいやつ!
これなら「ダム決壊ごっこ」もできそうです。


ダムカレーを堪能した後は今治の超有名カキ氷やさん「泉登堂」さんへ。
ここは夏場になると長蛇の列ができ、特に美味しい「いちごかき氷」は直ぐに売り切れてしまうらしい。今回も「沢山並んでいたらやめよう」という事で、とりあえず向かったのですが・・・。

この日は梅雨の合間で比較的気温も低く平日だった事もあり、最近移転した大きな駐車場はガラガラ。


なんの苦労も無く噂のカキ氷にありつける事ができました。
何度か来た事のあるZ800氏は毎回一時間以上並んでいたらい・・・。


そして「いちごミルクかき氷」の登場!


なるほど、これは美味いわ・・。
屋台で売ってるような普通のかき氷のイチゴは、シロップに赤い色を着けただけだけど、ここのは普通のイチゴから作ったイチゴシロップでジャムみたいな感じ。すぐ売り切れるのも納得の美味しさなのでした。

惜しむべくはダムカレーでお腹いっぱいでカキ氷に突入した事。

今度は空腹でいちごミルク金時だ!
Posted at 2017/06/30 00:06:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年06月07日 イイね!

慣らし運転終了

慣らし運転終了5月27日の納車日に約190km走行。
5月30日~31日には約370km。
そして昨日約390km走り、現在955km。
あと50kmは・・・もういいか。という事で慣らし完了。
最初は当たりの固かったサスも落ち着いてきたし、入りが少し渋かったミッションもスコスコ入るようになり、クイックシフトた~のし~~♪状態です。

本当なら今日オイル交換に行く予定が、あいにくの雨なので延期。
来週初回のオイル交換が完了したら、ようやく回転数を気にせず走ることができます。


さて先週のデビュー戦ですが、いつものNINJA1000氏、CB1300SB氏、Z800氏の内、CB1300氏は仕事のため不参加.。残りの3人でのツーリングでした。



ちなみにNINJA氏には乗り換えたのは隠していたため、私が現れた時は「目が点」状態でした。
私「おはよ~。見て見てタイヤおニュー♪」
NINJA氏「バイクもおニューやないかい!!」
と言うわけで期待通りの反応ありがとうございました。

とりあえず行き先は西予市にある「肉専科 しんみや」さん。


特製熟成肉をつかった「肉丼ランチ」大変おいしゅうございました。


そして翌日31日。
今度はNINJA氏と2人でお出かけ。


ぶっちゃけ慣らしのために走りたいのでどこでも良かったのですが、NINJA氏の希望で今治のB級グルメ焼きブタ玉子メシを食べに「重松飯店」さんへ。

良く食べに行くお店なんですが、いつもは「中盛」を頼んでいます。だいたい並盛の倍位の大きさなのですが、ちょっと足りないなぁ・・・なんで思ってたわけでして。
今回思い切って「大盛」を注文。
並の3倍位ならいけるだろ!なんて思っていると・・・



でかいわ!!
中盛の2倍やん!!という事は並の4倍やん!!

とりあえず、満腹中枢が悲鳴を上げる前に食べねば・・・と大急ぎで食べたのでした。

もう「大盛」頼むことはないと思います。

その後南下してカルスト方面を目指す予定が、雨雲レーダーを見てみると数時間後には降り出しそうなため帰宅。ちょうど家に付いた頃雨粒が落ちてきたので難を逃れたのでした。


慣らし最終日の昨日は距離を稼ぐため一人旅。目標は残り500km!
と思っていましたが、朝寝坊して11時出発。
こりゃ500はムリだな・・・。

とりあえずはお約束の四国カルストへ。


その後南下して高知へ。
須崎から更に下って黒潮町→四万十市

そこから四万十川沿いに北上。
ついでにハイドラ未チェックだった「佐田の沈下橋」を通ります。

今まで通った沈下橋の中では一番長い橋かな?


長いけど沈下橋。対向にトラックが来るとスレ違えないため、ちょっと膨らんだ待機所に停まるんですが、欄干が無いので川に落ちないかドキドキです・・・。


トラックの風圧で揺れて怖え~~


最後は疲れ&雨がパラパラしだしたので高速に乗って帰宅。

取り説では慣らしは「1,000kmまで7,000rpm以下で」となっておりますが、6速で7,000rpmだとスピードは・・・。ご想像にお任せします。


とりあえず慣らしは終わりました。
1,000km弱乗ってMT-10のパワフルだけど扱いやすいエンジンとサスの良さには大満足。
特に前車のトレーサーはあまり良い足とは言えなかったので、その差は大きく感じます。
ただ、せっかくフルアジャスタブルなサスなのでこのまま標準で乗るのはもったいない。
ちょっと勉強して、真面目にサスセッティングしてみようかと思い、こんな本を購入。

「カスタム虎の穴」通称「カス虎」。
こ難しい専門書と違いマンガ形式で分かりやすいのですが、かなり奥の深い事が書かれています。
4巻サスペンション構造編と5巻サスペンション調律編の2冊を読んでみて・・・。

やっぱ、難しい・・・。このまま乗ろうかな・・・。
Posted at 2017/06/08 00:03:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年05月27日 イイね!

THE KING OF MT

THE KING OF MTトレーサーのタイヤがご覧のありさまです。

昨年9月に入れて約6,000km。

いつもならスリップサインが出た時点で即交換なのですが、

事情があってだましだまし乗っていました。


そして本日、ようやくタイヤ交換となったのですが・・・・。






今度はブリジストンのS20 EVO。



今までのツーリングタイヤであるエンジェルGTと比べるとそこそこスポーツタイヤなのです。
でも、現在S21が発売されている中、旧モデルのS20?


安かったから?



いえいえ。








それは・・・










タイヤ交換(車体ごと)だからです(;´∀`)




と、いうわけで、「THE KING OF MT」ことMT-10が本日納車されました。(個人的にはKING OF MTは「MT-01」だと思うんですが・・・。)


3月の発表と共に注文。ショップの社長には電子制御オーリンズサス付きの「SP」を勧められました。
確かに30万アップで前後オーリンズはかなりのお買い得なんですが(アフター品でフロント約37万、リア約20万)・・・。ちょっと今回は予算的にムリ!なのと黄色ホイールかっこええ!という事でSTD車に。
STDと言えども足回りはR1ベース。今のコストカットされたトレーサーの足に比べればかなりの高級サスです。浮いた30万は他に使ったほうが幸せになれるはず!

5月16日の発売日に乗る!と言う夢は破れ、5月25日にショップ入り。
5月30日納車予定でしたが、今日有給を取って引き取って参りました。


前車MT-09TRACERは約2年、走行約28,000kmでお別れです。




先週の休みにはパーツ類の取り外しがてら、普段洗わない所も綺麗にするべくタンクやカウル類を全部外して清掃。新車みたい!とまではいきませんが、最後のご奉仕です。

バイク人生初の新車だったので、嬉しくてかなり走り回りました。今でもエンジンは絶好調でトラコン切れば簡単にフロントアップします。でも、私は次のステップに進むのです。
2年間ありがとう。次のオーナーさんに大事に乗ってもらってください。




さて、新しい愛機MT-10。

納車後一旦自宅に帰り、スマホホルダー等の簡単な部品だけ付けて、慣らしがてらカルストまでプチツーです。


このバイクの一番の特徴は、V・ROSS様に「Sweet」と言わしめたYZF-R1譲りのCP(クロスプレーン)4気筒エンジンでしょう。

まだ慣らし中ではありますが、そのCP4エンジンの感触は・・・うん、「Sweet」が分かる気がする。
パワーがあるけど「あたり」が柔らかい。トルクの出方が唐突でない。と言う感じでしょうか。
トレーサーと同じ車重で50psアップの160psって・・・。想像できんな・・・と思っていましたが思いのほか乗りやすくて一安心。あと排気音は普通の直四の「フォォーーーーン!」と違い「ブロロロロローー!」と非等長時代のボクサーエンジンのような音がします。なんか懐かしい・・・。

とりあえず、早く慣らし終えてぶん回してみたい・・・・。


その他、もう今の二輪には当たり前になりつつあるABSは標準装備に加え、3段階調整のトラコン、3つの走行モード、クラッチ操作無し・アクセルそのままでシフトアップできるQS(クイックシフト)、シフトダウン時のバックトルクを逃がすスリッパークラッチ等も装備。おまけにクルーズコントロールまで付いちゃってます。あ、でもレヴォのアイサイトに慣れてしまっているので、前に車がいてもお構いなしに突き進む普通のクルコンは結構怖いものでした・・・。

ちなみに一緒に購入したOPは、

グリップヒーター(もうコレなしではバイク乗れない)


エアロサイドケースセット(意外と安い!やっぱ専用品でしょ!ということで)


ミドルスクリーン(EUヤマハ版が高いので、社外品探してたけどワイズギアはお買い得なお値段)


の3点。

ただ、納車時はミドルスクリーの取り付けは無し。
というのも、ちっちゃいとはいえ一応スクリーン付いてるので、これからの季節ノーマルでも大丈夫じゃない?と思ったもので・・・。


とりあえずスクリーンはショップに預ってもらって「必要になった時にまた来ますわ。あ、冬頃になるかもwww」などという話をして、意気揚々と本日のプチツーに望んだのです。


が・・・、帰りにショップに寄って「ごめん、やっぽ付けて・・・」という事になりました。
ショップの店員さん、朝店を出た私が夕方現れたから「もう1,000キロ走ったのか!?」と思ったそうですが、さすがに6時間で1,000kmはムリです・・・。


FJR→トレーサーと風防効果の高いバイクに慣れてしまったカラダには、MT-10のミニミニスクリーンは無いに等しかったのでした。

来週は友人達とツーリング予定。
実は仲間内にはMT-10に乗り換えた事は秘密にしています。
「タイヤ交換はする」と言ってあるので、当日「ほれ、ニュータイヤ」とMT-10のタイヤを指差して言う予定。どんな突っ込みが返ってくるのか、楽しみ~♪
Posted at 2017/05/28 00:10:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | 日記

プロフィール

「新たなる挑戦 http://cvw.jp/b/835714/38678802/
何シテル?   10/10 22:42
GRBからレヴォーグ1.6GT-Sへ 長年乗り続けてきたSTi&MT車とお別れ。寄る年波には勝てませんでした・・・。 クルマと釣りとバイクの話題があれば...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
GRBの点検ついでに試乗してしまった1.6GT-Sを衝動買い? ではなく、今の自分のクル ...
ヤマハ MT-10 ヤマハ MT-10
MT-09 TRACERからの乗り換え。MT界の頂点「KING OF MT」として、昨年 ...
ヤマハ MT-09 TRACER ヤマハ MT-09 TRACER
FJRの重さに嫌気がさしていた時に現れたMT-09 TRACER。フルパニアだと300k ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
 とある事情でクルマが必要となり、晴れてGRBを購入する事となりました。  5年ぶりに乗 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる