• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JAOSのブログ一覧

2016年03月30日 イイね!

インディゴなミニクロスオーバーとコールマン

こんにちは
広報内田です


いよいよ暖かくなってきました~
サクラ便りも日に日に北上している今日この頃
いかがお過ごしでしょうか(^^)

さて、そんな折
東京・池袋で行われたコールマンの展示会?発表会?におじゃましてきました♪


ということで
久しぶりに普通の?ブログなど(^_^ゞ


…………


アウトドアグッズと言えば「コールマン」…でそれほど異論はないと思いますが
その、コールマンといえば濃いめのフォレストグリーンが“ド”定番


しかし


この度
日本独自に「インディゴブルー」をテーマとしたラインナップが新たに展開されることになり
その発表&展示会でした





年初のオートサロンに展示されていた



このミニ・クロスオーバーが文字通りのコマーシャルヴィークル(^^)

我々JAOSのアイテムも多数取り入れていただいているのですが
その仕掛け人であるMINI甲府様からのお誘いでした


会場は自由学園・明日館という元学校



なんと重要文化財だそうで
実はワタシの地元が近所なので、子供のころにウロウロしていた場所にほど近いのですが、まったく存じ上げませんでした(^_^;)



サクラは満開…とはいきませんでしたが十分に雰囲気♪




おもな展示物は室内なのですが…





アウトドアグッズなのに室内でも全然違和感なく






小物がいちいちシャレているという…(^_^ゞ



合わせて
コールマン40周年記念として
当時のカラーリング(現行よりだいぶ明るい♪)を施されたグッズも販売されるそうで



そんな展示も行われてました



んんーーー



ワタシ自身
しばらく遠ざかってたアウトドアグッズ購買モードに着火しそうで参ります(^_^;)


そんな
Coleman Japan×Monrõ新レーベル『INDIGO LABEL』

6月くらいからリリースが開始されるそうで
いち早くゲットしとくと
キャンプエリアなどでちょっと自慢できるかも…です(^-^)b






2016年6月、Coleman JapanとMonroによる新シリーズ『INDIGO LABEL』がデビュー
Posted at 2016/03/30 18:03:41 | トラックバック(0) | ミニ・クロスオーバー | 日記
2016年03月29日 イイね!

書き始めるとキリのない→吸排気編【デリカD:5】…JAOSアーカイブその6-4

少々続きすぎました
広報内田です(^_^;)




さて

前々々回では、デリカD:5登場前夜からみんカラでの活況あたりまで
前々回では、バリエーション広がるデリカD:5用エクステリアパーツ
前回では、サスペンションとディーゼルモデルについて…
的なお話を進めてきました
当初は「まぁ、2編じゃ収まらなくても3編くらいで…」と思っていたのですが…4編に突入
まとまりきらず…申し訳ありません<(_ _)>
吸排気関連のアイテムをご紹介して締めたいと思います

吸排気と言えば
車種問わず定番としてご支持いただいているのが



BATTLEZ×AC/エアクリーナー

三菱製SUVでたまに必要となる
レッドアルマイトされたアルミカラーが人気♪
(たしか…パジェロイオで採用したのが一番最初だったかと)
残念ながらディーゼルには付属していないので
ガソリンモデルの特権となってます(^^)


そして


サスペンションと同様
時の流れに則してバリエーションを広げ続けているのが
BATTLEZ×EX/マフラーシリーズです


最初にリリースしたのが
フルステンレスマフラーBATTLEZ×EX typeRS




そもそもデリカD:5は音の抑制が難しいと最初から言われていたのですが
製作に入ってみると実際にその通り(+.+)

しかし、床下に巨大なサイレンサーを格納するスペースもなかなか確保できず
小型のサイレンサーを2連で装着するという方法で適合音量まで抑制しました

しかし、結果として絞り込むような音質がなかなかスポーティー♪
その後に新騒音規制に適合したtypeZSを発表すると
typeRSの駆け込み需要が軽く起こるという
ひそかに?人気のあったマフラーです(^_^)/



そして新騒音規制に合わせてリリースしたのが
BATTLEZ×EX typeZS




更に
ディーゼルモデル用として開発し
後にガソリンモデル用まで追加したデュアル管の
BATTLEZ×EX typeZS2




などなど
他のアイテムに負けず劣らず進化中

そんなマフラーを装着した最新のリヤビューがこちら




マフラーだけでなく
大型のルーフスポイラーやブラックバーのリヤスキッドバーなどが
JAOSスタイル独特の迫力を醸し出してる…というのは多少身内びいき?(^_^ゞ


ちなみに
黒デリカD:5最初期のJAOSスタイル・リヤビューはこちら




スッキリしててこれはこれで悪くないです(^^)v



そんなワケで
以前、展開した【パジェロV2/4系】【プラド90系】と少々異なり
現役バリバリモデルなので商品紹介のような体になってしまいましたが
外部突起規制や新騒音規制等への対応など
ここ数年のJAOSの動きも垣間見える記事になったと思います


ということで
4編にわたりました「【デリカD:5】アーカイブ」はこれにて締めます

お付き合いいただきましてありがとうございました<(_ _)>





◎蛇足ですが…
 上記には生産終了している商品がかなり含まれています
 生産終了している商品の再販などは出来かねますので
 その旨、ご了承ください
Posted at 2016/03/29 18:01:38 | トラックバック(0) | 日記
2016年03月28日 イイね!

書き始めるとキリのない→サス&ディーゼル編【デリカD:5】…JAOSアーカイブその6-3

更に引き続きまして
広報内田です<(_ _)>




さて


前々回では、デリカD:5登場前夜からみんカラでの活況あたりまで
前回では、バリエーション広がるデリカD:5用エクステリアパーツ…
的なお話を進めてきましたが
今回は機能部品・BATTLEZやディーゼルモデル等についてご紹介いたします



まず…何はともあれBATTLEZ×SUSは欠かせません(^^)


最初にリリースしたのが
BATTLEZ×SUS type25Ti/Sセット




25㎜リフトアップコイルとロングストローク/減衰力固定式ダンパーの組み合わせです
おかげさまで大変ご好評いただきまして
以後のデリカD:5用サスペンションの元となっているアイテムです


それから約3年後にリリースしたのが
ダンパーを減衰力調整式とした
BATTLEZ×SUS type25Ti/AJセット




さらに
その2年後にハーモフレック®を内蔵したVFシリーズをリリース



画像はフロントに車高調機能を持ったBATTLEZ×SUS type25Ti/VFCAセット


そして昨年
コイルに新たな保証制度を付帯してリニューアルしたTi-Wシリーズをリリース



こちらは純正形状(前モデルBATTLEZ×DP typeSに相当)ダンパーのBATTLEZ×SUS セット
…実は追加というよりもモデルチェンジ、更にBATTLEZ×SUSの商品名全体を整理したので、名称は簡単+短くなりました




そんな具合で
デリカD:5自身のライフサイクルが長いせいもあってか
昨今のBATTLEZ×SUSの変遷をなぞるような進化を遂げています


そういえば…

表立ったインフォメーションなく
こそっと意外な部分が変わったりすることがままある三菱車ですが(^_^;)
(これ、結構面食らうことがあるんです…)
デリカD:5でもそんなことがありました

12年の6月にリヤのサスペンションに結構な変更が入り
ロングストロークタイプのBATTLEZ×DPを入れると
足が伸びきった時にスタビライザーやらが干渉してしまうという…

んじゃ、ストロークを縮める…訳にもいかないので(笑)
干渉しないで済むように
12年7月以降車用のセットには
スタビライザーの装着位置を変えるショートリンクを付属することになりました




ところが
サスペンションの変更によってスペースに余裕ができたので
ダンパー径を太くすることができ
ハーモフレック®と減衰力調整の同時搭載が可能ともなったのです♪


クルマって面白いです(^^)


そんなワケで
車両年式によって装着の可否が発生していますので
サスペンションご購入の際にはお気を付けください<(_ _)>



そして!
12年12月には待望のディーゼルモデルが追加されました♪


その時の印象はもちろんみんカラでも記しています→こちら



ちょうど、ハーモフレック®内蔵ダンパーの開発期だったので
約100kgものフロントヘビーなディーゼルへの対応を織り交ぜて開発したのが
フロントに車高調機能を壮語したデリカD:5用BATTLEZ×SUS VFCAセットです
 


その後に、車高調機能を持たないBATTLEZ×SUSセット(前記画像)も追加しています




こちら最初期のディーゼルデモカー

BATTLEZのロゴをリニューアルしたばかりの頃なので
ボディグラフィックは完璧BATTLEZ押し(^_^)b


現在の…つまり最新のデモカーはこんな感じになっとります



現在、他車種でもご好評中のオーバーフェンダーtypeXや
ブラックバーが選択できるようになったフロントスキッドバーなど
シックで迫力が増したスタイリング♪



あ…話は前後しますが
お客様の声を受けて開発がスタートしたアイテムとして
前回はいくつかのエクステリアアイテムをご紹介しましたが
サスペンション関連でもあるんです

それがこちら



BATTLEZコイルスペーサー


車両の性格上、ラゲージに荷物満載で移動するケースも多いデリカD:5のこと
イベント会場で「尻下がりが気になるんですよー」という声を聴き
「それなら作ってみましょうか!」と開発が始まったアイテム
コイルに挟み込むだけで約20㎜前後車体を持ち上げることができます

ただし
ノーマル車両への装着なら問題ないのですが
リフトアップサスペンションなどと合わせて40㎜以上のリフトアップとなると
構造変更が必要となる場合がありますのでご注意ください
(このあたりのアンバイについては説明すると長くなるので今回は割愛します<(_ _)>)


事ほど左様
細かな対応によってバリエーションが広がったのも
デリカD:5用JAOSアイテムの特徴かもしれません
ここまで対応できるのはたくさんのご支持をいただけるからこそ
そういう意味では、「幸せの循環」が実現できているモデルだなぁと
事あるごとに思うわけです


さて
吸排気にたどり着く前にまた随分と長くなってしまいました(^_^;)
ということで
そのあたりについてはまた次の機会にご紹介します





◎蛇足ですが…
 上記には生産終了している商品がかなり含まれています
 生産終了している商品の再販などは出来かねますので
 その旨、ご了承ください


Posted at 2016/03/28 18:02:50 | トラックバック(0) | JAOSアーカイブ | 日記
2016年03月26日 イイね!

書き始めるとキリのない→エクステリア編2【デリカD:5】…JAOSアーカイブその6-2

引き続きまして
広報内田です<(_ _)>


さて


前回、デリカD:5登場前夜からみんカラでの活況あたりまでお話しましたが
今回はバリエーションを増やしつづけたエクステリアアイテムについて更にご紹介します



大きなものではこちら



JAOSリヤラダーⅡ


デリカD:5にリヤラダーの需要があることは事前に分かっていたのですが
リヤハッチ下部に樹脂製のガーニッシュが取り付けられているため
従来の方法では取付ができません
そこで当初は商品化は諦めていたのです

しかし
商品化をご要望される声は途切れません

そんななか
2008年3月に名古屋で行われた「デリカ祭」に参加したワタシは
ずらっと並べられたユーザー様のスペースギアリヤビューをながめ
少々唸ってしまいました



画像は横なのでちょっとわかりづらいですね(^_^;)


殆どの車両に当然の如くリヤラダーが装着されていたのですが
有難いことに大部分がジャオス製(多少欲目はあるかもですw)
んでもってこれが…また…カッコいい(笑)


「これは…D:5のユーザーさんだってこうしたいに決まってんじゃん
改めてそう思ってしまった訳です

そこで
帰社後に開発スタッフをけしかけて
ナンバー裏をベースとして使う…というひねり技?で
商品化にこぎつけることができました


おかげさまで
前回にご紹介したサイドステップとリヤラダーは
実用品として奥様の承認が下りやすいらしく(笑)
デリカD:5用アイテムのベストセラーとなっています<(_ _)>


逆に…

多数のご支持をいただいていたにもかかわらず
やむなく販売を終了した商品がこちら



エアロバグウイングⅡです


こちらも、良い意味での付けた感満載のデザインと
フロントウインドへの虫付の低減という実用機能でご好評をいただいていたのですが
外部突起規制と直前側方視界基準という点がネックとなり
残念ながら販売終了となりました


代わりにリリースしたのがこちら



エアロボンネット
FRP製なので軽量なのは当然ですが
後端をキックアップさせることでバグウイングのような虫除け効果を狙っています


それから
物としては小さいのですが必要に迫られて開発を行った
重要なアイテムがこちら



ウインカーキット


カスタマイズ派なデリカD:5ユーザーの中には
ご存じの方も多いと思うのですが
デリカD:5はウインカー位置がかなり内側に入っており
標準の状態で灯火規定ギリギリ…ということが
実は後からわかりました
もちろん、オーバーフェンダーを付けるとアウトとなってしまう可能性が高いので
その場合はウインカーを移設しなくてはいけません
そこで
急きょ開発を行ったのがJAOSウインカーキットでした
もちろん、せっかくですから
ドレスアップにも役立つようスタイリッシュに仕上げたので
オーバーフェンダーは他社様のを使用するけどウインカーはJAOSので…と
単品でのご購入も大変多い商品となりました



あ…
話は前後しますが

お客様のご要望を受けて開発した商品と言えばこんなものも…



リヤスキッドプレート


これは…たしか何回目かの「デリカ祭」でユーザー様から
「スキッドバーほど大掛かりじゃなくて…スペアタイヤが隠れればいいんだよなぁ」と聞き
「なるほどなぁ」と(゚∀゚)



そんな開発に至った経緯を織り交ぜながら
みんカラで新商品としてご紹介をしたところ…
雑誌などで発表する前に初回生産分がすべてはけてしまったという
ある意味、伝説の商品となりました(笑)


そんなこんな
エクステリアアイテムについて思い出すだけでも
際限が無くなってしまうのがJAOS×デリカD:5×みんカラ…かもしれません


ということで
足回りや新ディーゼルについては更に次の機会へと…<(_ _)>





◎蛇足ですが…
 上記には生産終了している商品がかなり含まれています
 生産終了している商品の再販などは出来かねますので
 その旨、ご了承ください
Posted at 2016/03/26 18:02:43 | トラックバック(0) | JAOSアーカイブ | 日記
2016年03月25日 イイね!

書き始めるとキリのない→エクステリア編1【デリカD:5】…JAOSアーカイブその6

一か月半ほどのご無沙汰でございます
広報内田です<(_ _)>



さて…

超不定期連載?の「思い出のクルマ達シリーズ」
前回は【プラド90系】
前々回は【パジェロV2/4系】でしたが
今回は…ある意味「本丸@みんカラ」と言っても過言でない
デリカD:5について
記憶を手繰っていきたいと思います



今までのクルマと違ってデリカD:5は「思い出の…」じゃなく現役バリバリですがそこは言葉のあやということで(^_^ゞ


10年以上にもわたって愛され続けてきた偉大なる前型
スペースギアの後任ですから
待ち受ける我々の期待と不安ももちろんですが
送り手である三菱様のプレッシャーたるや相当だったのではないかと


その証拠?に
我々のようなデリカシリーズを得意とするショップ&メーカーとかメディアの方たちが
三田の三菱自動車様にお招きいただき
正式発表前に事前説明会のようなものが開かれました
そこに実車はありませんでしたが
見せていただいた開発映像が…ゴイスー(@_@)


正直言って時流からも
「新型は普通のミニバンになるんだろうなぁ」なんて予想してたのですが
とんでもない
…というか
そう予想されていることを踏まえた上での超悪路テスト走行の数々(爆
多少は演出も入っていたとは思いますが
それを差っ引いても三菱様の新型デリカに込めた想いが通じる画像でした(^^)


そんなワケで
新型デリカ→デリカD:5に対しては
我々自身も発表前からやる気満々♪
(まんまと三菱様の作戦にハマったともw)

そして
入庫されたのがこちら




すでに各アイテム開発中というか
養生シートが貼られまくってます(^_^ゞ


数か月後の雑誌取材にて
榛名湖を訪れたときの画像がこちら




まだオーバーフェンダーもボディステッカーもない初々しい?姿(^^)


その数週間後…


第一段階での完成形がこちら



グリルもオーバーフェンダーもボディステッカーも…な
皆様お馴染みの姿かと(^_^)v


余談ですが


世の流れ的…というか
標準装着のホイールは17~18inへと大径化が進んでおり
ジャオスでも16inのホイールは販売終了に向かって秒読み段階になっていたのですが…
デリカD:5のカスタマイズが盛り上がり始めると同時に
16inホイールのご注文が増え始めました…

どうやら
みなさん、ホワイトレターの入ったオフロードタイヤをご所望されていたようで
さすれば16inの方が(特に当時は)バリエーションが多いというわけです

そこで…せっかくならば…とリニューアルしたのが
VICTRON EXCEL 5X

こちらはちょっと珍しいデザイン検討用クレイモデルの画像



デザイン検討用なのでリムが半分しかありません


一見するとそれまで販売していた
EXCEL 5と変わらないようですが



こちらEXCEL 5

全体的にシャープに仕上げた上
よりスプリット(割れた)スポークのイメージが強調されてます(^^)


誕生より約8年経った現在では
そのEXCEL 5Xも残念ながら16in版は現在販売終了となっていますが
上記デリカD:5のエピソード共に思い出深いホイールでした


そして…もう一つ
みんカラによってユーザーの皆様とぐっと距離が縮まったモデルでもありました


当時、ジャオスブログはまだみんカラは「プラス」でなく
ワタシの個人アカウントで登録してた時代
(今ほどみんカラさんも厳しくなく…(^_^;))

ジャオスはメーカーなので
それまでユーザー様と直接接する機会があまりなかったのですが
みんカラを始めることによって接点が増えました
特に…カスタマイズが盛り上がってるタイミングだった…ってのもあると思うのですが
デリカD:5のユーザー様とやり取りをする機会が多かったように記憶しています


そんな流れを受け
ユーザー様をお招きして試乗会を行ったり



オフミに混ぜていただいたり



その後
みんカラはいったんお休みをいただき
プラスとして2010年に復帰してからは少し体制が変わり
以前のようなお付き合いは少なくなりましたが
当時の経験は得難い思い出となっています


そんなこんな
ユーザー様が活発だと商品開発も進みます


こちらは



サイドステップの取付検証

容赦なく大の大人が飛び跳ねてます(笑)

公的機関での振動試験も行っているのですが、こちらの画像の方が面白かったので(笑)
あ…蛇足ですけど商品の上で飛び跳ねるのはおやめください(^_^ゞ



そして仕上がったデモカー第2弾スタイルがこちら



ビレットグリル、大型ルーフスポイラー、サイドステップ、EXCEL 5Xなどが一年半のうちに追加されてます(^^)


多数の車種を取り扱うジャオスでは
デモカーを導入しても
いったん一つのスタイルが出来上がると
ほとんどの場合、開発スタッフの目・手は次の車両に移ってしまいます
ところが…
デリカD:5に限っては第2弾スタイルが出来上がっても
まだ開発が止まりませんでした(笑)


少し長くなりましたので
続きは次回<(_ _)>





◎蛇足ですが…
 上記には生産終了している商品がかなり含まれています
 生産終了している商品の再販などは出来かねますので
 その旨、ご了承ください
Posted at 2016/03/25 18:04:19 | トラックバック(0) | JAOSアーカイブ | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

新製品開発状況からイベントのお知らせまで JAOSの「今」をスタッフの「生」の言葉でお伝えします。

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

484 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ハイラックススポーツピックアップ TEAM JAOS HILUX REVO (トヨタ ハイラックススポーツピックアップ)
1968 年、ブリスカのモデルチェンジの際に名称をハイラックスに変更し、初代の10 系が ...
トヨタ C-HR トヨタ C-HR
発売前から世界中で話題となったトヨタの次世代世界戦略クロスオーバー C-HRはプリウスを ...
トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
ランドクルーザーシリーズのフラッグシップモデルとなる「ランドクルーザー200」は2007 ...
トヨタ ランドクルーザープラド トヨタ ランドクルーザープラド
2009年9月に発売された「ランドクルーザープラド(150系)」は、2013年10月にマ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.