• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年08月08日

【試乗五選・第19号】 パッケージング至上主義の恩恵。

’99 トヨタ ビスタ アルデオ 200”Sセレクション” 4速コラムAT(10)


 最後のビスタでした・・・。

 トヨタ車初のエンジン横置きFF車として本格デビューし、あくまでも居住性を重視した純粋なファミリーカーとして、姉妹車にカムリを迎えて誕生しました…。

 ところが、それは日に日に豪華志向になる顧客との闘いでもありました…。

 デビュー当初のシンプルな内外装は支持を得られず、代を重ねるごとにFFのマークⅡ的なキャラクターへと変貌していきました…。

 カリーナEDのデビューをきっかけに、日本のセダンの全高が低くなる傾向にあり、それが次第にセダンへの支持を減らし、今のミニバンやSUVへとファミリーカーの主流が移行するきっかけとなりました。

 そしてバブル崩壊後の4代目V40系では、基本コンポーネンツはキャリーオーバーする範囲内で、全高を上げて後席背もたれを起こして、大幅にコストダウンされる中で模索し、カムリから独立した5代目V50系で、ついにミニバンの領域に踏み込む大胆な変貌を決断します。

 それが今回紹介する、ワゴンモデルのビスタアルデオなのです。

 2L直4の直噴リーンバーンエンジンを積みエアロ付きのスポーティー仕様になるのですが、こう紹介しない限りスポーティーグレードだったことに気づきにくい程、トヨタ流ソフラン仕上げ(笑)な典型的ファミリーカーの乗り味なのです。

 カタログ上ではスポーツタイプといいつつ、柔らかくてコシがないベンチシートであり、例の使いにくかったステアシフト付きではありましたが、コラムシフトだとMT操作がしにくい分のフォローとしては、十分に役立つアイテムではありました…。

 全体的に柔らかめの乗り味に終始しますが、少なくとも電動PSやらCVTやらで歪になった下手な最新型よりは、余程魅力的ではないか…と思ったわけです。

 言ってみれば、思い切り全高を高くして得た、車両感覚が掴みやすくて居心地のいい室内の広さによる恩恵がクルマの魅力の大半を占めている、といっていいほどです。

 なのでシャキっとした乗り味がお求めなら、同じワゴンでも同時期のレガシィの方が向いているでしょう…。

 それで、このビスタでエンスーを極めるなら、ワゴンのアルデオよりは、不格好なセダンでしょう。

 正直なところ、2Lの排気量の恩恵は薄く、直噴リーンバーン化したことで低中速トルクが低下し、ディーゼルエンジンっぽいアイドリング音になってたりで、当時のざ総括では1.8Lを勧めていたくらいです…。

 初代プリウス・アルテッツァ・プログレに引き続く、20世紀末のトヨタの奇跡でした…。
ブログ一覧 | トヨタ | クルマ
Posted at 2011/08/08 19:06:15

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ESSEの事故で思うこといろいろ
ゆいたんさん

男の旅は1人妄想旅(ノД`)
高知家さん

久々の外食&ソレルのブーツ♪
minnjiさん

その牛丼はハイクラス過ぎる・・
アーモンドカステラさん

Z.T.Aエンブレム、着弾!
ゴーリさん

みんカラ:モニタープレゼント!LE ...
カリスマブルーさん

この記事へのコメント

2011/08/08 20:06:06
私も発表当時(1998年)、この世代のビスタ(セダンN180Sセレクション)を試乗してきました。

室内は流石に全高1500mmオーバーだけあって広く、ルーミーで、文句のつけどころがありませんでした。

エンジンは新開発だった1ZZ-FEの1800で、吸気と排気がそれまでのエンジンとは反対なのが興味深かったです。トルクはしっかり出ている様子でしたね。

足回りはリヤサスがイータビームになっていて、素直なフィーリングでした。

ただ、「Sセレクション」ではアリストなどに採用されたステアシフトマチックが付いていたんですけども、ビスタではお遊びのひとつって感じでしたね(苦笑)。


一番残念なのはスタイルで、前年(1997年)に出た初代プリウスのパッケージングを応用したみたいだったんですが、いかんせんカッコ悪かったと思いました。やっぱりクルマはカッコ良さが大事ですね。
コメントへの返答
2011/08/08 20:12:26
 やはり、1800の方が上手だったようですね。^^

 2000は旧世代3S系で、しかも直噴リーンバーンでしたので…。;w;

 当時はわたしもお遊びにしか思ってなかったステアシフトですが、今回試乗してコラムシフトでのマニュアル操作のしにくさをフォローするには、十分役立ってましたね。

 どうも日本では背の高いセダンは受け入れられにくく、結局プリウスも今の5ドアクーペスタイルになってから台数が売れるようになってしまってます。

 あえて、あの不格好なスタイリングにこそ、実用セダンの心意気を感じるもので、それこそがエンスーの源なのだ、と入れ込んでます。^^ノ(その意味では、ベルタよりはプラッツ支持だったりします。)
2011/08/09 02:00:46
今はビスタは無くなってしまいましたね。最終型ビスタは私は嫌いではありません。車高が高いですが駐車場で困ることはほとんどないと思います。
コメントへの返答
2011/08/09 22:39:15
 思えば、このビスタが生産終了してまもなく、ビスタ店がネッツ店と統合されましたものね。;w;

 考えようによっては、全高1.5m台前半が最も実用車としては使いやすい高さに思うのですが、どうも日本のマーケットは一旦極端な方向に行ってしまう傾向があって…。><
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@mo☆no 様

お時間空いてたら、新型メガーヌツアラーの試乗出来るかも?」
何シテル?   12/10 12:02
モータージャーナリスト 町山絢香です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

「俺のカー・オブ・ザ・イヤー2015」 はどのクルマ!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/09 06:32:24
【 ムフロンの五選 ・ 厳選6号車 ・ 2合目 】積んで積んで走って走れ!  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/21 21:45:37
五選の途中経過 ~ ドライビングプレジャーを求めて、MTロードスターvsAGSアルト♪ ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 00:28:36

ファン

98 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ミニカ MINIカー♪リターンズ (三菱 ミニカ)
 燃料代が掛かるセフィーロワゴンのフォローとして、近場の脚の低燃費スペシャルとして、新た ...
ダイハツ ムーヴ 神ってる!史上最高のムーヴ♪ (ダイハツ ムーヴ)
 WA32セフィーロワゴンに代わる、長距離用の伴侶を探してる間に、遂に出会った名車の予感 ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
 昭和48年式初期型。タコメーター付きでシングルキャブであることから、グレードはES(ス ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
 2010年12月30日に、オークションにて無事落札されました。  引渡しは2011年 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.