• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

モータージャーナリスト 町山絢香のブログ一覧

2012年12月21日 イイね!

【FF五選・第4号】 国際結婚の行方は・・・。

 クライスラー イプシロン 0.9T ゴールド 5速AMT FF (235.0) 12.82(1090kg/85馬力)


 言うまでもなく、イプシロンは元々ランチアブランドの小型車になるのですが、御馴染みクライスラーとフィアット両グループの提携により、ランチアブランドとクライスラーブランドを統合させることになり、右ハンドルの国である我が日本と英国でのみ、クライスラーブランドでイプシロンとして投入される形となったのです。

 ランチア単独世代からすると、今回で3代目。

 基本的な成り立ちとしては、フィアット500をベースに全長を伸ばし、3代目にして初の5ドアHBとなったのです。

 元々プレミアムコンパクトとしてのキャラクターだったイプシロンなだけに実用本位とは言い難く、5ドアになっても後席居住空間は狭く、全高はそれなりに高くてもルーフが丸くなった形状で後席ヘッドクリアランスに余裕のないものとなっております。

 基本コンポーネンツが共用されているとはいえ、フィアット500とはキャラをそれなりに変えており、ステアリングのタッチも気持ち引き締まったスポーティーなものになってて、それはそれで楽しめる走りにはなっているのですが、どうもツインエアーの直2・0.9Lターボとの相性が抜群・・・とは言い難いんです。

 内装も、よりシックな雰囲気を重視したものなのは分かるのですが、本家ランチア程内外装色の種類が多いわけではなく、どちらかと言えば暗めのトーンで、フィアット500のように青春できる雰囲気でもないのです・・・。

 実用性と言えば、いくらイプシロンの伝統だからとはいえ、センターメーターは見にくくて、特にスピードメーターの視認性では、中央向きになっているので、運転中だと斜めから見る形になって、機能的な意義が見出しにくいのです・・・。

 その証拠なわけではないですが、つい最近MCされたダイハツ・ムーヴだって、センターメーター辞めたのですから・・・。


 話をイプシロンに戻すと、2グレードのうちどっちを勧めるか?と言えば、今回乗った廉価仕様のゴールド推奨です。

 と言うのも、プラチナのレザーシートの肌触りがイマイチで、むしろ安っぽい革シートに思えたので・・・。

 その意味では、アルカンターラ?のゴールドのシートの方が、遥かに座り心地がいい印象だったのです・・・。


 果たして、アメリカ本国では売らないクライスラーブランドの小型車は、どの程度マーケットで支持されるのでしょうか・・・?
Posted at 2012/12/21 18:27:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | クライスラー | クルマ
2012年12月17日 イイね!

【RWD五選・第3号】 黒船の到来。

 クライスラー 300 V6縦3.6 リミテッド 8速AT FR (398.0) 6.57(1880kg/286馬力)


 正に、黒船の到来とも言える、プレミアムFRスポーツセダンの上陸です。

 先代300Cでは、メルセデスとの提携を象徴するモデルの一つでW210のシャーシコンポーネンツが使われて、アメ車とは思えないボディ・サスペンションの剛性感の高さは持っていたものの、トルコンのルーズさが目立って変速速度が遅い傾向にありました・・・。

 そして、本国では既にFMCされていたのですが、MCでシフトノブがアウディA8のような形状になった仕様が、日本にも上陸する運びとなったのです。

 基本的なプロポーションは旧型を継承するものではなるのですが、V6エンジン本体もトランスミッションも一新されて、もはやメルセデスやBMWと遜色ない仕上がり振りになってました。

 それが今回、398万円という大バーゲンプライスでエンジンフィールも力強くて官能的なもので、もはや新型クラウンの3.5Lを待つまでもない程で、このプライスはまた、BMWやメルセデスだと一回り小さな4気筒車しか選択できないことからも、そのコストパフォーマンスの高さが光るところです。

 ただ、スポーツセダンと呼ぶには完全でない部分もあり、低価格故かパドルシフトが省略されてギアを固定する機能を持ち合わせていないシフトロジックである点と、山道を楽しむにはやはりボディサイズが大き過ぎることが弱点となりました。

 運転環境もまずまずで、気持ちペダル類が遠めに感じた部分はあるのですが、ポジション合わせで切る範囲内に収まってました。

 それに、BMWやメルセデスよりも、むしろ勝っているのでは?と思ったのが、脚の動きが非常にしなやかで、安心してアクセルを踏める脚に仕上がっていた点に関しては、黒船到来といっても良いほどでした。

 居住空間で注文を付けると、後席背もたれはまだ寝過ぎで後席座面角度が浅いことから、着座姿勢がもうちょっと・・・というところはありました。

 これが、ドイツ車各メーカーに良い影響を与えるといいのですけどね。^^
Posted at 2012/12/17 18:28:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | クライスラー | クルマ

プロフィール

「@ピロリンちゃん  初?コメントです♪ タミフル服用中は、脳の働きが鈍りがちなので、飲み終えるまで注意ですね。恐らく、フラフラするのは副作用かもしれないです。」
何シテル?   03/25 00:02
モータージャーナリスト 町山絢香です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

「俺のカー・オブ・ザ・イヤー2015」 はどのクルマ!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/09 06:32:24
【 ムフロンの五選 ・ 厳選6号車 ・ 2合目 】積んで積んで走って走れ!  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/21 21:45:37
五選の途中経過 ~ ドライビングプレジャーを求めて、MTロードスターvsAGSアルト♪ ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 00:28:36

ファン

100 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ミニカ MINIカー♪リターンズ (三菱 ミニカ)
 燃料代が掛かるセフィーロワゴンのフォローとして、近場の脚の低燃費スペシャルとして、新た ...
ダイハツ ムーヴ 神ってる!史上最高のムーヴ♪ (ダイハツ ムーヴ)
 WA32セフィーロワゴンに代わる、長距離用の伴侶を探してる間に、遂に出会った名車の予感 ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
 昭和48年式初期型。タコメーター付きでシングルキャブであることから、グレードはES(ス ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
 2010年12月30日に、オークションにて無事落札されました。  引渡しは2011年 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.