• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

モータージャーナリスト 町山絢香のブログ一覧

2014年04月29日 イイね!

【旨いのはどっち?・第32号】 極上のゴーカートを目指して?

ミニ 直3横1.5T クーパー 6速AT FF (280.0) 8.82(1200kg/136馬力)


BMW資本になってからのミニとしては、今回で3代目に該当する、伝統も3代続けば本物…と言われるけれど、そんな節目のモデルです。

正直言えば、試乗する前の印象は、ついにミニも3ナンバー登録車になってしまったか…と芳しくなかったのだけれど、これがいざ乗ってみたら3ナンバーボディ含めて納得の仕上がりぶりだったのです。

これは断じて、年々厳しくなる欧州衝突安全基準に合わせるだけのための3ナンバーボディではない!

これまでのミニを支持してきた方々が求めているゴーカートフィーリングは継続してミニらしさをキープしつつ、これまでその癖を良しとしなかった層への支持をも求めて、いかに落ち着きのある動きにして、より多くの方々にミニの走りを提供していくか?

それを実現するために導き出されたのが、3ナンバーボディでワイドトレッド化を図ることだったのではないか?と推測するのです。

今回から新たに導入された直列3気筒1.5Lターボがクーパーに与えられるのですが、これがまた素晴らしい仕上がりぶりで、一見すると3気筒だとは気づきにくい程の音振動の少なさで、これだったらBMW3シリーズにも搭載されたとしても違和感ないくらい…。

そこに、先代でも出来が良かった6速ATとの組合せで、今回の新型も同様にドライバーの意思に忠実な変速制御で安心してDレンジホールドで走らせられるのです。


そんな絶賛に近い新型ミニに敢えて弱点を指摘するならば、ドライビングポジションが本家BMW程正確性に富んだものではなく…という部分で、これとてミニリピーターに配慮した結果で、ある意味確信犯ではないかと…。


と、予想以上に完成度の高い新型ミニじゃないか?と、良い意味でサプライズでした…。




ミニ 直4横2.0T クーパーS 6速AT FF (332.0) 6.61(1270kg/192馬力)


対するクーパーSは、BMW3シリーズや5シリーズで搭載済みの直4の2Lターボが組み合わされたのですが、パッと見で先の3気筒クーパーに対してのアドバンテージが微妙な印象が…。

音振動面で4気筒の優位性が感じられず、かつ荒れた路面での衝撃吸収面やステアリングの戻りの悪さ面では、むしろクーパーSの方が落ちるくらい。

ただ、クーパーSに標準のシートが、よりショルダー付近の張りだしが大きく、かつシート座面が長くてより快適なもの。

ただ、ドライビングモード選択が可能になったことで、よりゴーカートフィーリング寄りに変えることが可能に…。

ジョンクーパーワーク仕様に近いフィーリング求めるにはうってつけ!



ということで、新型ミニの良さが引き出されている新型ミニとして、クーパーを支持します。


ミニ ロードスター 直4横1.6 クーパー 6速AT FF (347.0) 9.84(1200kg/122馬力)


旧型ベースで2シータークーペからオープンに派生したロードスター。

2シーターミニでは、ゴーカートフィーリングを最も強調するハンドリング特性で、パッセンジャーが最大で助手席1名のみになることから、同乗者に気兼ねすることなくミニの走りを堪能出来るキャラとして、割りきった設計ではないかと推測する…。

なので、新型と比較してしまえば路面から伝わるピッチングが大きく、ステアリングの戻りが良くなくて上質なフィーリングでは新型の方が圧倒するのだけれど、このロードスターとてそんなに不快なものではなく、暴れ馬を制しながらドライビングに没頭する環境下に身を置くのも悪くはないもの…。

その中でノーマル形状の革シートではホールド性が物足りない傾向で、ここはジョンクーパーワークス仕様のレカロシートが欲しいところ。

パワーユニットはシリーズ中最も大人しい1.6LのNAだけれど、クーペというかロードスターのキャラには十分なパワーで躾の良い6速ATとの組合せでMTに近いドライビングの任意性が高いもの。

更には、屋根飛ばしでボディ剛性の低下が懸念されるところだけれど、その点はビートルカブリオレ程の格差はなく、試乗中にボディ周りから軋み音やビビりが気になることがなかったので、元々のクーペのボディが剛性高いのではと推測。


つくづく、クルマは検定試験だけでは語り尽くせない魅力を持っているのだと、改めて認識するのであった…。
Posted at 2014/04/29 21:44:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニ | クルマ
2014年04月27日 イイね!

五選の途中経過

今日のポニー五選

4・274・274・264・274・27


今日のポニー五選の圏外(;_;)

4・264・264・26


今日のサラブレッド五選

4・264・274・27



MCされたヴィッツの続き

1.5RS アイドリングストップ付き … 走りを求めるならこのくらいは…。最も手軽に人馬一体になりやすいサイズやパワーなだけに、より真剣に。


ガソリンのヴェゼル

S … パドル付き。ギアの任意性では、ツインクラッチのハイブリッドを凌ぐ。軽快かつ質感高い走り。

X … こちらはパドルなし。その代わりLレンジが加わる。段数の減ったATみたいになる以外はSの走りを受け継ぐ。


CRーZ 無限RZ … ベースの2代目フィットが情報量希薄だったから…。脚硬めでもしなやかさ動きは、コストを掛けてトータルチューニングを施した結果!

ルノー編。

キャプチャー … 同じ1.2Lでも2008と違ってターボなので、クラス違いの余裕の動力性能。でも、ツインクラッチの仕上げが、まだまだVWレベルには程遠く…。

ルーテシア ルノースポール … シャーシ スポール。 ホットハッチらしくキャプチャーよりかはダイレクトな動き。 それでもトルク型エンジンになってレッドゾーンが低めの回転で回す楽しさが…。
Posted at 2014/04/27 23:50:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 選抜 | クルマ
2014年04月26日 イイね!

五選の途中経過

今日のポニー五選

4・264・264・264・26


今日のサラブレッド五選

4・26


MCされたヴィッツ!

1.3jewel … トヨタ版スカイアクティブの実感は? 脚やステアリング設定が柔らか目に。

1.0F … こちらの3気筒はパッソと異なり従来型ベースのアイドリングストップ付き。なので、音振動の大きさや出足加速の鈍さを受け継ぐ。


ヴォクシー!

ハイブリッド Z … パワーモードで加速性向上するも、基本は制御過剰なパワートレイン。

X モデリスタ17インチ マフラー … エアロ仕様のZS以上のサイズでも、ハンドリング特性が変化しない懐の大きさ。 今度のG’sでは、よりハイバランスになる見込み?


ラングラー アンリミテッド … スポーツ。 グランドチェロキーと同一エンジンで低速トルクが細くなって、高回転型エンジンとのミスマッチはあるけれど、今のクルマが忘れがちな濃厚な人とクルマとの対話が豊富なクルマの一つ。
Posted at 2014/04/26 22:23:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 選抜 | クルマ
2014年04月24日 イイね!

【 ポニー五選 ・ 厳選6号車 】

【  ポニー五選  ・  厳選6号車  】【☆祝☆】 ポニー五選・厳選6号車


三菱 ミニキャブ ミーブバン EV ハイルーフ 4シーター CD 16.0kWh 無段変速 MR (267.3) 27.07(1110kg/41馬力) 4・15






 【ポニー五選次点候補】


4・63・252・161・30



 今日のポニー五選の次点候補圏外;;


2・232・244・154・244・24


今日の ポニー五選
(9)
4・154・64・154・244・24


今日の ポニー五選の圏外(;_;)

4・154・22




代車で借りたハイゼットバンの4駆MTではステアリングインフォメーションが希薄に感じたのに、何故か今回のデッキバン2駆ATではダイレクトに感じた…。

ただ、クルーズと同じヘッドレスト独立型Fシートだと、シートバック角度が起きない分ショルダー部分のホールド性が落ちるのが残念。

最廉価モデルのVパッケージのノア。改めて、ガソリンモデルのかっちり感でライバル他車を圧倒する運転のしやすさ楽しさは健在!


シークレットとして。

01 ミニキャブバン … 普通に走ることの尊さよ。

97 ムーヴ … エアロダウンカスタム3発ターボMT。理屈抜きの鋭い加速の楽しさあり。アヴァンツァート脚じゃないから、純正ローダウンサスの柔らかい?脚では恐さも…。しない
Posted at 2014/04/24 21:16:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 厳選車 | クルマ
2014年04月24日 イイね!

【 サラブレッド五選 ・ 厳選3号車 】

【  サラブレッド五選  ・  厳選3号車  】  【☆祝☆】 サラブレッド五選・厳選3号車


BMW i3 EV 428アロイホイール 無段変速 MR (499.0) 7.41(1260kg/170馬力) 4・6





 【サラブレッド五選次点候補】

2・143・164・234・23





サラブレッド五選次点候補の圏外;;】

4・64・233・161・ 2 52・23




今日の サラブレッド五選
(9)
4・64・234・234・64・23


今日の サラブレッド五選の圏外(;_;)

3・254・154・6



新型ミニの進化ぶりは、日本車もさることながら輸入車同士いやベンチマークのポロに対しても驚異的。

と言うのも、単なる側面衝突安全対策だけの為の3ナンバーでは断じてなく、ミニ独特のゴーカートフィーリングを残しつつ、落ち着いた剛性感高い走りを実現する意味でも価値ある3ナンバーだと確信したから。

一押しは赤いクーパーで、とてもじゃないけど3気筒だとは思えない音振動の少なさだった…。

その意味では高速性能以外でアドバンテージを見いだしにくく、脚のしなやかさでクーパーSは一味落ちる傾向。ただ、ホールド性高いシートやより脚を固めてゴーカートフィーリングを演出する機能に魅力あり。

旧型ベースのロードスターのクーパーにも乗ったけど、脚の仕上がりでは新型に譲るも、良い意味でピーキーなゴーカートフィーリングを堪能するための選択肢としては有り。
Posted at 2014/04/24 20:37:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 厳選車 | クルマ

プロフィール

「@ピロリンちゃん  初?コメントです♪ タミフル服用中は、脳の働きが鈍りがちなので、飲み終えるまで注意ですね。恐らく、フラフラするのは副作用かもしれないです。」
何シテル?   03/25 00:02
モータージャーナリスト 町山絢香です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

「俺のカー・オブ・ザ・イヤー2015」 はどのクルマ!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/09 06:32:24
【 ムフロンの五選 ・ 厳選6号車 ・ 2合目 】積んで積んで走って走れ!  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/21 21:45:37
五選の途中経過 ~ ドライビングプレジャーを求めて、MTロードスターvsAGSアルト♪ ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 00:28:36

ファン

100 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ミニカ MINIカー♪リターンズ (三菱 ミニカ)
 燃料代が掛かるセフィーロワゴンのフォローとして、近場の脚の低燃費スペシャルとして、新た ...
ダイハツ ムーヴ 神ってる!史上最高のムーヴ♪ (ダイハツ ムーヴ)
 WA32セフィーロワゴンに代わる、長距離用の伴侶を探してる間に、遂に出会った名車の予感 ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
 昭和48年式初期型。タコメーター付きでシングルキャブであることから、グレードはES(ス ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
 2010年12月30日に、オークションにて無事落札されました。  引渡しは2011年 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.