車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月10日 イイね!
私が通うナリタモーターランドで音量問題が起きてるようです。
斜め聴きしたあやふやな感じでは、ロータリーターボがうるさいから走行不可と言われて不満タラタラ、という感じ。

そこで、私感ですが、マフラーというか音量についてちょこっとばかし。


マフラーの件、私もうるさいのが嫌いなのでノーマルでやってます。

マフラーといえば、自動車部の後輩に練習用のコースにナリタを紹介したら、マフラー変えていて走れなさそうだから行けないと言われました。
未来のお客さんを逃してますね。

これは正直にいって、サーキット側で何らかの基準が必要だと思います。
平たく言えば、甲高いおとは響くので厳しめにするなどした数値基準をもうけて、来たクルマの特性に合わせた数値をその場で適用して測るという感じです。
ただ、これはサーキットの営業的な面のお話ですね。


走る側からすれば、ターボ車両はマフラー抜けが悪いとパワーでないだけでなく、タービン破損に繋がることもあるので、交換することがあります。
古いアルトワークスやエボインプだと、純正では排気抜けないのでタービンは消耗品です。
そしてこの時代は規制も緩かったので音量うるさいマフラーが町にごろごろ中古で転がってます。
後はロータリーターボでは、抜けが悪いとエンジンブローに繋がることもある上、2stみたいなエンジンなのでマフラー変えると基本的にバクオンです。RX8でNAになったのも、こういう側面が少なからずあったと思います。
そして、やたらとブーストアップしたがるターボ乗りにも、問題はあるでしょう。
ブーストあげるのに簡単なのは、マフラーをうるさくして抜けをあげることによるオーバーブースト狙いですし。
パワー掛けたら冷却系や各種ホース、マフラーだけでなく燃調取り直すことも必要です。
これを、ノーマルECUはマージンあるから大丈夫。などといってほったらかす片手落ちカスタムをするくらいならノーマルが壊れなくていいですよ。
クルマの場合コンピューターといっても、指定された条件毎の点火と燃料のデータを素早く読み込んでいくのがベースなので、ECUが勝手に考えて燃料ふくわけじゃないんです。
ターボはちょちょいと弄ればパワー出るような書き方を雑誌はしますが、長く乗る車両ならちゃんと補記類からお金かけないと逆効果ですよね。
鈴鹿サーキットや富士といったコース走るなら話は別で、マフラー変えた方がいいです。
ずーっとタービン高回転で回るので、抜いてあげないと壊れちゃいます。
あとは首都高湾岸線の最高速とかやるならですかね。

NA車両では、初代ロードスターのような設計でない限り、ナリタではマフラー変えて稼げるゲインより、運転の練習した方がいいでしょう。
コース的に中速のトルクが大事なので、触媒抜いtたり太いマフラーいれて高回転を稼いでも意味がないんですね。
うるさいクルマは、わざわざ遅くして走ってるというわけです。
これが鈴鹿や富士といった高回転を連続使用するコースなら変えた方が絶対に有利です。
あとは首都高湾岸線の最高速とかやるならですかね。
あとは、ちゃんと考えられてるマフラーつけないと、うるさくなって全域遅くなります。
昔DC2インテにRSRのストレートマフラー組んだら、明らかにわかるレベルで遅くなりましたね。


そしてドライバーサイド。

私はわかりませんが、うるさいマフラーをつけると偉いそうです。
あとかっこいいそうです。
車内に音が入った方がいいなら、アンダーコート剥がしたり窓開けて乗ったほうがずっと安上がりだと思うのですが、どうなんでしょう?

あとはうるさい車両が回りからどうみられるかを考えているのかというのも疑問です。
自分がよければいいというのは、社会的にナンセンスですよね。
車検対応と言っても、昔の車両は緩い基準なので大分うるさくても、車検okです。

クルマ趣味は騒音公害で通報されて走る場所潰されてきた歴史でもあります。
クルマ趣味がチンピラヤンキーの暴走族扱いから抜け出なくていいのなら特に問題ありませんが、それが嫌なら。。。考えないと行けないでしょう。


クルマ好きっていうなら、クルマ好きなりの社会的責任を考えたほうがいいのではないか、と個人的に思う次第です。
Posted at 2017/05/10 01:24:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月27日 イイね!
マツダがNAロードスターの部品供給再開の話が出たのがつい先日。
今度は日産がR32でやってくれます。

古い名車と呼ばれるクルマには、お金かけてレストアするユーザー層が一定数存在するのが理由でしょうが、もうちょっと考えてみました。

単純に、旧車1台しか持っていないっていうのは中々現実的でもないし、足でもう1台持っている可能性は十分ご注意ありますよね。

そういう人たちが部品注文でディーラーに来てくれれば、そのとき最新のコンパクトカーなんかを見てもらえるわけです。

そこで興味持ってくれて1台売れれば、それは日産全体にとってプラスですよね。
こんな計算もはいってるとおもいました。


ホンダもビートとか、バイクでいうならモトコンポとかでやればいいのに。

ただ、これにはユーザー自信も、安く乗れるからという頭を捨てて、とにかくお布施のつもりで新品部品を買う、ビート以外で入れ換えがあるときは問題ない限りHONDAを買うなどしてメーカーに収益を落とさないと行けませんね。
ヤフオク中古部品よりも高い新品部品を買う、その心意気さえあれば、ホンダでもできそうな感じもしました。
Posted at 2017/04/27 01:00:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月25日 イイね!


Youtubeにアップロードされえちますね、ホンダの公式タイムアタック映像。

今回のシビックも、見た感じ曲がらなさそうな印象です。
ずーっとフロント鳴きっぱなしですし、リアはどっしりと構えている。

ホイールベース伸ばしてリアをマルチリンクにしたことにより、徹底的にリアをグリップさせる方向にしたのでしょう。
安全ですしね。


ただなあ、これニュルブルクリンクのアタックさえなければ設置性の良さを生かして4輪で曲がる車両にできたでしょうに。
フロントに対してリアがキレイにロールして行って、ブレーキの当て方一つでオーバーまで持っていける
足回りにセットできただろうに勿体ない。
ニュルとは言わず、鈴鹿位でセットアップしたシビックも出してほしいと思います。
ワインディング仕様としてモデューロで発売すればだれも文句言わないと思うんですが、いかがでしょうか?


ただ、ブレーキングスタビリティは相当上がっているようで、馬の背の終わり、カルッセルに迎う右ヘアピンの進入が安定していますね。
FK2はここでけっこうふらついていました。

ただ、路面からのキックバックが強そうな感じで、結構ハンドル取られているんだよなぁ。
ニュルの路面が前よりも荒れているのか、それともタイム出すためにキャスター立てたり極端なセッティングしてきてるのかわかりませんが。
Posted at 2017/04/25 00:39:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月23日 イイね!
しばらく会ってなかった友人がS15のターボを買ったと言ってきた。
去年の10月に100万出して買ったらしい。

ほほう、一度見てみたい!!!!とおもってかなり久しぶりに会うことに。
カスタムについても話をしたいという事だったので、そこも踏まえて横浜のNISMOまでドライブに行きました。
ただ、どうも事故起こしだという気になるお話が。。。


会って乗ってみて話を聞くと、バルクヘッドまで修復入ってる車両なんだとか。
なぜそんなのが売ってたんだ・・・とも思うしなんで買うんだ・・・とも思うわけ。

エンジンルーム見たら、右は特になにもないですが、助手席側はストラットタワーの前側でぶった切ってパネルを溶接しなおしてる(助手席側突っ込んでますね)わ、バルクヘッドの付け根の所に謎の黒い部分(亀裂?パネルの隙間??)が。。。
あ、車体は真っ白なので亀裂だったりとかはよく目立ちますね。

コーキングし忘れ?それとも前だけ修理してバルクヘッド側は一切手を付けてない???
それとも普通に経年で亀裂はいってる!!??(そんなことは無いと思いたいですが)

カップリングファンのカバーは明らかに解体から引っ張ってきたとしか見えないマジック書きのメモ。

そしてすんごいよく、、、勝手に左に曲がってく。
ステアリングは付け直したんでしょう、まっすぐの位置ですが、すごく左に切れ込もうとする力がかかっています。

アライメント調整したというので数値の紙を見たら、左右でキャスターが3度近く違う。。。
当然左側は基準値を軽くぶっちぎってキャスターが立っている。
こんなのまっすぐ走るわけがない。


こんなのを日産じゃないとはいえメーカー直資の販売店で売ってるんだから驚きです。
昨日この状況を知り、早速今日の昼に店に乗り込んでいろいろ聞いても、売った車体の程度を何も理解していない状況。
買ってきてとりあえず並べて、若いアンちゃんが買ってった、てレベルの反応。
アライメント取ったのになんでまっすぐ走らないんだろう???というレベル。
トー角合わせればまっすぐ走る、そんなわけないだろうと。

まっすぐ走らないのはちゃんと対応すると今日言っていたので、やっていただきましょう。
仲間内で初めてのマイカーがこれじゃあ悲しすぎますわ。

メンバー取り付け部のボディ側寸法から見直して、メンバー類は全交換なんだろうなぁと思います。
フレーム修正入ったら笑うしかないですが。


改めて、クルマっていうのはちゃんと勉強しないでカッコで買うと痛い目会うんだなと思いました。
後、安いクルマを買うと痛い目見るんだなともおもいました。
走行7万キロ代、無事故、ノーマルのシルビアなんて200万近いらしいですし。

フジツボのパワーゲッターとかターボタイマーとか、そこはかとなく漂うノーマル戻し臭にはあえて気にしないことにしました。
なんかオーナーが社外でお得だと言わんばかりの反応でしたし。

最初はカスタムするのに相談乗って!!みたいな感じでしたが、実際に車両見れてよかったです。
カスタムどころか修理からスタートです。

ホイール替えたいとかハンドル替えたいとかシフトノブ替えたいとかシート替えたいとか。。。すべて車体がまともになってから始めましょうと言っておきました。
どうせ外した純正は捨てちゃうだろうから売るときノーマル戻し出来ないでしょうし。
直るかどうかもわからん車体に金掛けるのはリスキーですし。
(新車買ったつもりで全部剥がして修正掛けてくというやり方は現実的じゃあないかなと)
販売店が何故か付けた1年保証(なんでこれに保証付けた???)でどこまで治してくれるでしょうか。
フレームは保障対象外と言われましたが、歪んでたらどうするんでしょうね?
イケヤのロッドでごまかすのは、なしでお願いしないといけませんね。
日産純正の部品だけでまっすぐ走るようにキャスターも合わせていただきましょう。



でも100万って授業料には高すぎると思いません?
そんなこんなな週末でした。

Posted at 2017/04/24 00:26:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月06日 イイね!


なんでだろうなあ、なんでこんな考え方でクルマを作れた会社がシビックターボ作っちゃったのかなぁ。

すごく出来のいいGTカーなんで、それはそれでいいんですけど、Rのエンブレムじゃあないよな~って乗り度に思います。

個人的にはあの車体にステップワゴンの1500ターボでいいと思うんですよ。
なんでも開発中には200ps出てたって言いますし、1500で200ps出てれば十分速いでしょう?

エンジン小さく軽くして、前を軽くしてあげて、それに合わせてブレーキも軽くして、タイヤホイールも小径で小さくして、パワーがない分アライメントで無理しなくなってよくなって、すごい素直な車にできたんじゃあないかとおもうんですけれど、どうなんでしょうか??



・・・・・そんな新型出てもFD2から乗り換えはしなかっただろうな~。これが答えか。

Fit-RSの一個上にある刺激のあるスポーツ、これじゃあ売れないですかね?
Posted at 2017/04/06 22:06:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@由稀 純正があったんですね!」
何シテル?   05/22 21:47
2009年11月登録のシビックタイプRに乗っています。 もしよろしければコメントやアドバイス等残していただければ幸いです。 よろしくお願いします。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
ウエシマクリニックへ行きました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/17 21:54:59
【BEAT】おっ?更新してるよ【MTB】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/28 18:53:48
1/11 アケオメ!新春!竹岡アタック! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/15 07:03:44
ファン
8 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ ビート ホンダ ビート
平成6年式のversionZです。 速い車の良さが分からなかったワタシにはこういうクル ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
当たらないだろうと思って応募だけしていたらまさかの当選。 折角なので購入しました。 前乗 ...
スズキ GSX250S KATANA (カタナ) スズキ GSX250S KATANA (カタナ)
GSX250Sカタナです、フレーム番号2桁のド初期モデル。 多分1991年5月生産。 製 ...
ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール)
免許を取って初めて乗ったバイク。 初めて転倒して空を舞ったバイク。 初めてタチゴケして起 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.