• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

一天地六のブログ一覧

2017年12月06日 イイね!

秋の締めに

毎年11月終盤と12月初旬に開催される旧車イベント2つをもって
私がいつも行っているクルマ関係のイベントは最後になりますが
長くなるのでかいつまんでご報告させていただきます。


まずは神宮外苑クラシックカーフェスティバル


トヨタ博物館主催ということもあり毎回貴重なクルマが参加する事が多いのですが


1886年 ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン




言わずと知れた世界初のガソリンエンジン自動車ですね。
初の長距離走行をベンツ夫人が独断で行ったのはあまりにも有名。


1902年 ベイカーエレクトリック



その名の通り電気自動車ですが115年も昔に実用足り得るEVがあった事に驚きです
この頃は何より静かな事やクランキング等の力仕事が要らない事から
都市部での移動手段として上流階級の女性に売れたそうです。

レプリカとはいえこれらのクルマちゃんと走っていました!


ダットサン・フェアレデー1200



「フェアレディー」じゃなくて「フェアレデー」です
有名なSR311の前モデルにあたる初代フェアレデー
アメリカ市場のみを見据えたモデルのため右ハンドルは無いのですが
左ハンドルのまま国内でも販売されたそうです。
スポーツカーというよりオシャレなオープンカーといった感じですが
コレが今につながるフェアレディZのご先祖様と思うと感慨深いものがありました。



ロータス・エリート(初代)



こういう旧車イベントにはエランやヨーロッパ、セブンは必ずと言っていいほど
集まるのですが、この初代エリートは実車を見るのも初めてでした。

そもそも998台しか製造されていないことと、FRP製モノコックボディという
耐久性を無視したような構造もあり自走できる現存数も少ないのが
こういったイベントに姿を見せない理由でしょうと、オーナーさんのお言葉でした。


しかし最初からコベントリー・クライマックス製のエンジンを搭載し
はなからレースのことしか考えていないとも言える構造は
まさにチャップマン思想の塊とも言えますね。


ここでいきなり時代がワープしますが
トヨタ・セリカ(3代目)



ラリーで大活躍したツインカムターボのGT-Tではなく
NAエンジンのGT-Rというのがマニアックです
後期モデルですから2T-Gから4A-Gに変わった頃だと思いますが
新車同様の極上品に保っているのが凄かったですね。


これまたほぼ見なくなったスバル・レオーネ(3代目)



実質最後のレオーネなのですが1984年の登場時にして「時代に取り残されたクルマ」
などという評価をされていた記憶があります。
さすがに名車スバル1000のコンポーネンツと言えども旧態依然としていたのは
事実であり
レガシィ登場までは危機的状況だった時代の富士重工を象徴するかのようなクルマでした。
なんでもこの車両、廃車され中東に輸出される寸前で現オーナーが引取り今に至るそうで
危うく歴史の生き証人が消えるかもしれなかった運命を変えた事になりますね。


足早ですが神宮でのイベントは切り上げて次に行こうと思います。

夜のイチョウ並木も綺麗なものですね


次は谷保天満宮旧車祭




まるで作戦行動中のような佇まいのウイリス・ジープ



毎度のことながら神社の境内に旧車がずらりと並んでいる光景は
妙にマッチしていて不思議な雰囲気ですね。




さすがロータリーエンジン50周年といったところでしょうかコスモスポーツ軍団が待っていました。
昨年詳しくお話させていただいた前期型オーナーさんのコスモも来ていましたが
初めて見たのはこのターコイズブルーメタリックのコスモ
こんな色があったんですね。


シムカ1000クーペ



1200の方かもしれませんが、これまた極上コンデイションでした。
フランスのメーカーですが元はフィアットの系列
ジウジアーロデザインということもあってか同時代のフランス車とは
毛色の違うデザインですね。



しかしRRレイアウトや2ドアクーペということもあってか
お隣にあったアルピーヌA110と兄弟車と勘違いしている方もおられました。




今回一番注目を浴びていたのはこのクルマではないでしょうか



スバル・サンバー360をベースに造られたサンボルギーニ・コカウンタック
以前ネットで画像を見た事はあったのですが
まさか現実に目の前に現れるとは思いませんでした。



さすがに縦置きに変えて前方配置のトランスミッション!
とまでは行かなかったようですが
元がRRのサンバーベースならではですね。




ちゃんとモーターで開閉するリトラクタブルライト




室内は一人乗りでまるでグループCカーのような出で立ち




冗談抜きで現行のランボルギーニにもこういう本当のベビーランボがあっても良いのではないでしょうか?


10時半開場で14時過ぎにはパレードランが始まるので急いで町の方の会場に移動すると・・・


BMW2002tii



2002ターボの方が有名ですがベースの1500と2002も名車の1つ
特にツーリングインターナショナルのイニシャルを持つtiは現在まで続く
BMW=スポーツセダンのイメージを決定着けたクルマでしょう。



ただBMWがtiのグレード名を使わなくなって久しいですが・・・


そうこうしている内にあっという間にパレードが始まってしまい
宴は終わりの時間を迎えようとしています。


スケール感のおかしくなるフィアット500や



100年以上前のロールスロイスも元気に走る勇姿を見せてくれました。


それにしても旧車イベントで毎回思うのは、70年代後半から80年代の日本車があまりにも少ない事が気がかりですね。
確かにオイルショックを乗り越え、更なる経済成長を迎えていた時代なので
大量生産大量消費だけでなく贅沢思考が強くなった事もあり
次から次へと生まれては消えて行く
短命に終わったモデルも多かった時代なので仕方ないのかもしれませんが・・・

でも日本人ってノスタルジーというか普段は顧みない伝統や文化遺産に何故か定期的に触れようとする所があるから恒例行事って絶えないと思うんですよね。
クルマ文化もそうやって徐々に日本人の心に根付く日がやって来ると信じたいです。



ただ、シーズンの時だけ人でごった返す庭園みたいなのは
恥ずかしい気もしますけどね・・・
ぶつけられて危うく池に落っこちるところでした。
Posted at 2017/12/07 02:28:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ
2017年11月23日 イイね!

童心に帰る

11月19日に開催された「お台場旧車天国」の報告です。
前日雨に降られたので会場のコンデイションが気になりましたが
幸いなことに天候が回復してホッとしましたが・・・
11月とは思えないほど気温がクールでした・・・


このイベントで毎度楽しみなのは軍用車両なのですが
今回は水陸両用車まで来ていました。


東京湾を渡って来ることも出来るかも?


昨年、神宮外苑でのクラシックカーイベントで遭遇した
カロッツェリア・ワタナベのグリフォン




全部で5台しか製造されず残っているのは3台だけという超希少車ですが
その全てが今回揃っていたのが感動でした。



一見ロータス・セブンが並んでいるだけに見えますが・・・



手前のは一回りも小さく、オリジナルのセブンが大きく見える程です。
まだプロトタイプとのことですがしっかりナンバーも取得されていました。


今年はマツダのロータリーエンジン50周年ということもあってか
ロータリー搭載車が集合した島がありました。


懐かしい縦目のルーチェ



そして実車を見たのは初めてでした。ロードペーサー


同時期にいすゞも同じGM系のホールデンプレミアを日本仕様に仕立てたクルマを販売していたのですが
マツダは外装にも結構手直しをしており、ご自慢のロータリーエンジンに換装するという手の込んだ事をしていましたが
当時のセンチュリーより高額だったそうで、そりゃあ売れませんよね・・・


このイベントは2輪車の方も結構な台数が集まるのですが


ドラッグレーサー風?のモトコンポ



この小さな並列6気筒はホンダのレース用バイクですよね
市販なんてされてましたっけ?



こちらはバンビーンという30台少ししか製造されていないオートバイで
ロータリーエンジンの元祖NSU製のロータリーエンジンが乗っている貴重な車両


そして今回事前情報が無く、正に寝耳に水だった2台がありました。
まずはこちら


マッドマックス1作目仕様のインターセプター
2作目仕様のは那須PSガレージという所に展示されていますが
この1作目仕様はなかなかお目にかかれません。
また著作権の関係でプラモデルなども2作目仕様しか販売できないので
立体物としてのコレクションも普通では叶わないというハードルの高さ。



しかしこれはオーストラリアでレプリカを製造しているメーカーから直接買い付けた物である意味「本物」です。



オーナーさんのご厚意で運転席に座らせて頂きました。
フカフカのシートは普通に座っただけで体が沈み、コレならスーパーチャージャーをONにした時のあの「のけぞり」は演出ではなく本当になりそうな感じがしました。



シフトレバー脇の赤いスイッチもちゃんと劇中同様スーパーチャージャーを作動させることができるそうです。


残念ながら4速MTはギヤボックが壊れてしまいATに載せ替えているそうで
クラッチやシフトレバーの感触は味わえませんでしたが
気分はもうメル・ギブソンでした(笑)



そしてもう1台衝撃の出逢いがコチラ



人造人間キカイダーのサイドマシン
かつてカワサキがモーターショーに出品したコンセプトモデルをそのまま色替えして使用したのでオリジナルは1台しか存在しません。


しかも撮影で酷使されたため損傷も激しく、カワサキに返還された後、様々な所を辿って最終的にはフレームとカウルだけが残ったという悲運のマシン。
以前そのオリジナルをレストアされた方のホームページを見ていたので
おそらくコレはそのレストアされたモノだと見受けられましたが
残念ながらオーナーさんが不在だったので詳しいお話を伺う事はできませんでした。


しかし子供の頃(というか今でもキカイダーを見直すことがあります)仮面ライダーよりも好きだったヒーローの愛車がそのままの姿で目の前にある事の感動は一入です。


マッハの2ストローク3気筒エンジンも実に綺麗な状態です。
完全なニーラーでよくあんな荒れ地でアクションできたなぁと感心します。


美しいワイヤースポークホイールとドラムブレーキ



独特のグリップエンドウインカー


シャレの利いたツナギとヘルメットですね

感動のあまりこの2台を食いいるように観察していたのでいつの間にか残り時間もわずかとなってしまい、全部の車両を見られなかったというミスをしてしまいましたが
子供の頃に戻った気分を味わえる旧車イベントで、名実ともに童心に帰ったのは初めてでしたから後悔はしていませんよ!(強がり)
Posted at 2017/11/23 10:26:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旧車 | 日記
2017年11月11日 イイね!

華は無くとも

遅ればせながら東京モーターショー2017へ行ってきた報告です。
今回色々あって3回行ったのですが、最後に行った翌日から体調を崩し
一昨日まで寝込んでいた次第です。

もうすでに様々な自動車関連ニュースで言われている通り
「コレだ!」というものすごい目玉が無かったことや
アメリカ・イタリアだけでなくついにイギリスまで不参加
となったこともあってか
これまで見に行った東京モーターショーの中で最も地味な印象になったのが正直な所です。
じゃあなんで3回も行ったのかというと、自動車メーカーよりもサプライヤーのブースの方が面白くそこで話が乗っていく内についつい時間が過ぎてしまい
初日は西館だけで終わってしまったからなのでした。



そんなわけで初日。
というか一般公開日から3日目ですが前日までの荒れた天気がウソのように晴れ、私が到着した9時にはこの程度だった待ち客も30分もしない内にゲートから階段まで見えなくなるほど人で埋まってしまいました。


トヨタが新たに展開する「GRブランド」のフラッグシップとして
本格的HVスポーツカーをラインナップするようですが
その雛形とも言えるコンセプトカー


どう見ても86を手直しした実験車的レベルにしか見えないのですが
タルガトップのルーフは既存の86に追加しても良いのではないでしょうか
MR2やスープラにもありましたよね

顔付きが昔のコンセプトカー、トヨタ4500GTっぽいのは偶然でしょうか
アレは確か液晶を応用したヘッドライトカバーがカメレオンの様に変色し
普段はボディと同色になっていてライトを着けると素通しになるギミックがあったように思います。



来年夏頃に発売されるという15代目クラウンのコンセプトカー
と言いながらコレはもう生産型と言っていいでしょうね
前から見ると現行14代目からの流れで「ああクラウンだな」と思えますが
後方からだと6ライトに生まれ変わったサイドウインドウがやはり影響大なのか
クラウンぽさを感じません。


トヨタは長年クラウンユーザーの若返りを狙っていましたが、現場で現実的に購入や乗り換えを検討されている会話の聞こえてきた先にいたお客さんは・・・

皆さん60~70代の方々ばかりでした。
まあ価格が価格だけに若年層と言ってもそれなりの社会的地位がないと
簡単に購入はできないクルマになっていますからね。


そして今回最も感銘を受けたのはこのクルマです。


20何年ぶりのフルモデルチェンジとなるセンチュリー
やはりその佇まいからして独特の世界観を持っているのは歴代もそうでしたが
この新型も「にっぽんの貴賓車」の伝統に恥じない素晴らしいデザインだと
一目で思いました。
実にシンプルな面と線でしか構成されていないのに何故こうも気品を感じるのか
仏像にも似た削ぎ落としの美というべきその姿は、昨今の国内外問わず高級車と言われているクルマ達に一石を投じるに十分なデザイン力を感じました。


そのセンチュリーとは真逆の世界で存在感たっぷりだったのは
やはりこのメルセデスAMGプロジェクト1でしょう



現行レギュレーションのF1マシン用パワーユニットをそのまま移植するという
マシンもエンジンも自前で用意できるメルセデスならではのスーパースポーツ!
今までフェラーリがやらなかったのが不思議ですが・・・



単純に「V6ターボエンジン+ハイブリッド」とだけ書けば
現行NSXと同じに聞こえますが物が違いすぎますよね。
もしかつてのマクラーレンF1にホンダV12が搭載されていたら完璧だった
とはよく言われますが、コレはそれが現実になってしまったわけですから。
F1に関わった自動車メーカーなら一度は出してみたかったクルマではないでしょうか


日本車ブースの中で一際モーターショーらしかったのはマツダではないでしょうか
ただのデザインスタディーに黒山の人だかりか出来るのは
まだまだ夢を見ることを忘れていない証かもしれません。


時期アクセラと言われるその姿にはこれまでのサイドに走る強烈なプレスラインは一切無く
純粋な面の張りと流れで構成された、立体の内側から力を感じるフォルムです。



一方こちらはどう見てもFRじゃないと意味のないデザインですが
本当にマツダは次世代からFRの大型クーペやセダンを復活させるのでしょうか?
どちらにしろ肉眼では分からないキャラクターラインがフラッシュを浴びて浮かび上がる様に、ココまでデザインにこだわりそれをセールスポイントにしているという
日本では稀有なメーカーになってきましたね。

でも昔はデザインだけで人を惹き付けるクルマが日本車にだってたくさんあったのですから
今のマツダの路線は続けて欲しいですね。


ちょっとここで2輪の方も



「男カワサキ」とはよく言いますがやはりこのZ900RSに群がるのは男達!
というか私も含めてオッサン達がほとんど



でも「やっぱり2輪ってこうだよなぁ~」と思わざるを得ない普遍的な姿ですね。



コンセプトモデルと言いながら出す気満々のモンキー125
今回のホンダブースはどう見ても2輪の方が主役でした。



試乗する人が絶えず結局乗れませんでしたが
ブリヂストンブースにあったパンクしようがないタイヤはとても注目度が高かったです
まだ鋭意開発中とのことですが実用化されればママチャリのリム打ちパンクは過去の物になるでしょう。
でもそうなると町の自転車屋の毎日の稼ぎが1つ無くなるのか・・・



空気入りタイヤの元祖、ダンロップも同じくエアレスタイヤを開発しているのは
なんとも皮肉ですね


こちらはそのダンロップ医師が息子のために自作した
世界初の空気入りタイヤのレプリカです。



これは曙ブレーキのブースに展示されていた新幹線用のブレーキパッド
できれば車輪ごとシステム全体を展示していればもっと注目度は高かったはず
今回はいつものマクラーレンの車両が無かっただけになおさらです。



これも曙ブレーキですが実用化されればクルマの構造やデザインがまた変わるであろう
MR流体ブレーキ

簡単に言うと電磁石ブレーキとでも言うものですが
これだとインホイールにブレーキシステムを設置する必要も無く
かつてのインボードブレーキのようにマスの集中化やバネ下の軽量化
またフルEVとの協調制御もこちらの方が有利なはずです。

同じブレーキメーカーのニッシンではブレーキキャリパーのピストンを
モーターで作動させる電動ブレーキの試作品も展示されていたりと
電動化の波は単にパワーユニットだけでなく周辺機器にも
変革の時期がすぐそこまで来ているのを実感しました。

しかし一方油圧やギヤ、チェーン、ケーブルといったアナログ機械的な部品を作るメーカーが消えて無くなるというわけでは無いこともまた確かです。




だって未だにワイパーに換わる払拭装置が無いのですから






結局台風と開催期間が前回より短かったこともあり総来客数が前回割れしたのは当然かもしれませんが、それでも集客力のあるイベントであることに間違いないのは
現場に行った者なら
実感できるはずです。

2年後は会場が無い、または分散するのは確実視されていて
だからこそ一層の工夫が強いられる正念場になるでしょうが
私はもちろん行きますよ!
Posted at 2017/11/11 22:29:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年10月18日 イイね!

使いやすいデザインとは

みなさんお店などでトイレの個室を使おうとした時に、ドアが閉じていたら使用中か否かってどうやって調べます?
ドアを軽くノックするのが確実ですが、人によっては返してくるノックがドン!ドン!ときつかったりしてなんだかマナーを通したコッチが嫌な気分になったりすることも。
なので私はドアノブ回りに、施錠中とか使用中を示すインジケーターがあればそれで確認するようにしています。





さてここで次の画像をご覧になってください。



我がフリードの後部スライドドアですが、これはドアがロックされているのかアンロック状態なのかどちらだと思いますか?

私は納車時に現車をチェックしている時にコレを見て「ドアがロックされている」と思いましたが、実はアンロック状態なのです。
随分前から自動ドアロックが当たり前になって、ドアのロック状態を確かめるなんてクルマから離れる時ぐらいですが、ハザードランプで合図したりドアミラーが自動で畳まれる機能でロック状態を確認できるのでいちいちロックノブを見て確かめるなんてしなくなって久しいです。

しかし先日後席に乗った親がクルマから降りようとしたら「ドアが開かない」というのです。
せっかちな性格なので昔から目的地に着いたらすぐドアを開けようとして危ないので当然集中ドアロックを自動モードにしているのですが、どうやら集中ロックを解除した途端にロックノブに赤い印が見えたので「ロックされている」と思い、自分でノブを押し下げたようなのです。

ドアのロック状態や自動ドアを開け閉めする時のノブやボタンのインジケーターは
「開ける」が青や緑色で「閉める」が赤色になっているのが最近増えている思いませんか?



以前は自動ドアの開閉ボタンは矢印のピクトのみだったり漢字で「開」「閉」と書かれているのみで色分けされていないものが多かったように記憶していますが
それだと漢字の読めない外国人の方や幼児、また矢印のみだと押し間違えることが多いので色分けがなされるようになったそうです。



ドアを開けて向こうに行く、すなわち進むという行為ですから
ドアを開けるまたは開いているは「青や緑」
閉じていて向こうへ行けないから「赤」

というのは道路の信号機と同じで世界共通ですからコレなら間違いはかなり減るはずですよね



早速フリードのロックノブもロック状態で蛍光レッドのシールが見えるように貼り
標準の赤いテープは剥がしました。



さらに前車グレイスもでしたがフロンドアのロックノブにも赤いシールが貼ってあるのですが
なぜかシートに座った本人からは見えない向きに貼ってあるので全く意味をなさないモノでした。
そこでフロントもロック状態で見える向きに赤い蛍光シールを貼りました。





さてさらにインストルメントパネル右下に電動スライドドアの開閉スイッチとその機能をON-OFFするスライドレバーがあるのですが



運転席からとても見にくい位置にあるためONの文字は見えず、赤い丸だけが見えるためてっきりコレも開閉スイッチがロックされていると思ってしまいました。

隙間が狭くて貼り付けにくそうなのでココはレバーをテープ止めして不用意にOFF位置に下がらないようにしているのですが・・・
なんというか、以前指摘したタッチパネル操作の空調パネルといい
ホンダのインターフェースデザインてどこか的外れというか、デザインした連中はクルマを運転しないのか?って思わざるを得ないシロモノが多すぎる気がします。

もちろん他社のクルマも例外とは言い切れないので機会を見て調べてみたいですね。
Posted at 2017/10/18 15:36:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | マイカー | クルマ
2017年10月12日 イイね!

華を取るか実を取るか

フリードに決めた理由は前回お話しましたが
あまり興味の無かったミニバンですが元々フリードで気に入ってた所もあります。

それは内装のカラーリングや素材感といった「インテリアデザイン」面です。


価格的に本物は使えないのでダミーですが「白木目パネル」とベージュの組み合わせが実にクリーンで明るく、水平基調のインパネは開放感に溢れ、
スペースユーティリティに優れた「ミニバンらしさ」を体現しつつも
シンプルモダンな家具を思わせる良いデザインだと思いました。

ところがグレードを決める際に問題になったのが「FF車でシートヒーターを装着できるのがハイブリッドEXだけ」ということでした。
高齢者が身近に居る方はご理解いただけるかと思いますが
基礎代謝が低いせいか高齢の伯父が特に寒がりで、暖房器具の温度など全く私と合いません。
クルマでも同様でヒーターをガンガンに効かせないといつまで寒がるということがあったのですが
幸い、前車グレイスにはシートヒーター(前席のみ)が標準装備だったので即効性のあるシートヒーターには大変世話になりました。

また私も以前装着していたレカロシートにシートヒーターとベンチレーションが装備されていたので
腰や背中がいつまでも蒸れた状態で運転せずに済むことのありがたさは身をもって知っています。
つまりシートヒーターは何も豪雪地域専用品では無いわけで
メーカーも駆動方式を問わず設定して欲しいですね。

とういう訳でシートヒーターが選べるなら必ず装着しようと決めていたのですが
問題の「ハイブリッドEX」は最上級グレードですが内装色が黒しか選べません。



黒ずくめまでとはいきませんが、カタログのイメージとはかなり異なりますね。
何故かホンダ車は最上級グレードではこのパターンが多く
一番高いグレードなのに内装仕様の選択肢は少ないという状況になりがちです。

しかしシートヒーターは外したくないし、カーテンエアバッグなど今や必須の安全装備などを装着していくと結局中間グレードもハイブリッドEXとほぼ同じ価格になってしまうことから
後付できない装備を重視してグレードを決めました。

そして木目調パネルは後に変える気満々だったのですが
いざ日常的に運転する内に気になる所が出てきました。
それはウインドウガラスへの映り込みです。



これは運転中常にチェックする眺めですよね。
そこに常に映り込む銀色の線・・・



インパネに加飾されたシルバーのラインが見事にサイドウインドウに映り込みドアミラーに被っていたというわけです。
曇った日に撮影してもこうなので晴れた日だと、それはもうはっきりと銀色のシールがガラスに貼り付いているかに見えるほど。

この手の加飾は高級っぽさの表現として今や当たり前のように使われているデザイン手法ですよね。
しかし前車グレイスでもエアコンルーバー回りのシルバー加飾が同じように映り込みとても邪魔だったのですが
フリードはインパネ横一線にシルバー加飾が走っているため更に映り込む範囲が広くちょうどドアミラーと被るためにとっさの後方視認性にも影響があります。
そしてもしや・・・と思い、木目パネルに白いテープを貼ってみた所・・・



ものの見事に盛大に映り込んでいますね。
一部に貼っただけでこうですから木目パネル全部が白だったらエライことになるのは明白です。




結局白木目化やオプションの茶木目化も見送ることにしてシルバー加飾部には
つや消し黒のテープを貼って対処し映り込みはしなくなりました。
見た目は悪いですが運転中の事を最優先した結果です。


ここまでやるのは流石に神経質すぎると思われる方がほとんどたと思いますが
反射光には昔から気になる質で、写真を趣味にしていた頃カメラのボディやレンズキャップなどにあるロゴにつや消し黒のテープを貼って被写体に映り込まないようにしていたことや、腕時計の針や目盛りにメッキ処理されたモデルはどんな一流ブランドだろうと食指が動かない性分なのです。

というわけで一応、この問題は解決しましたがもう1つ気になることが




さてどうしたものか・・・
Posted at 2017/10/12 16:19:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | マイカー | クルマ

プロフィール

「秋の締めに http://cvw.jp/b/850795/40816797/
何シテル?   12/07 02:28
ギャンブラーではありません
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

通っていなかった訳ではなく。(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/12 09:54:24

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フリードハイブリッド ホンダ フリードハイブリッド
人生初のミニバンです。 ボディカラー:ブルーホライゾンメタリック ディーラーオプショ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
当初はSti買うつもりだったのですが乗り心地、操作系など クルマとのインターフェース全て ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
写真で見たデザインが気に入って見るだけのつもりで試乗してしまったのが運の尽き。 アルファ ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ジウジアーロデザインが好きで購入した初のマイカーです。 中古車でしたが走行距離も少なく程 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる