車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月02日 イイね!

初めてFBMに参加したのは20世紀最後の年でした。その頃は程度が良かろうが悪かろうが205の価格はとても安く、中古205乗りとピカピカの6世代乗りの間には見えない壁があったように思います。駐車場で隣になった306のカップルに勇気を出して声をかけたら、「話しかけてこないで」的な反応をされて心がベコベコに凹んだのは懐かしい思い出です。

プジョー306というクルマは当時の私には眩しすぎ、特に306カブリオレは到達不可能な高嶺に咲く花で特別なオーラがありました。中古車価格もずっと高値を維持していたわけですが、ここ数年で相場が下がったおかげで私もようやく念願の306オーナーです。今こそ、身分違いだったあの人たちと再会すべく、久しぶりにFBMに向けて出発です。


と、勇んで出発した割には現地に到着したのはお昼前でした。この時刻だと参加車両はすっかり入場済みで受付もガラガラ。すでに帰ろうとしてるクルマまでいたりして、出遅れ感がすごいです。


駐車パスはピンクでした。でも誘導が適当だったので、どうみても周囲に堅気のクルマがいないエリアに勝手に停めました。

メイングラウンドをしばらくウロウロして、近くのペンションで昼食を済ませたところで、いよいよ5世代プジョーや306たちを探します。キレイな人が306の前で一人佇む、といった極端に可能性の低い妄想を膨らませつつ、あちこち見て回って出会えたのは…

205が5台。309が3台。505が1台。405は車山までの道中で2台すれ違っただけで、会場では見つからず。605もゼロ。306はN3のワイドボディが1台。N5のS16が1台。N5のカブリオレが3台。昼から夕方まで5時間近く滞在して探して、これだけ。

N3が絶滅寸前なのは想定内とはいえ、306トータルでここまで少ないのは驚きを通り越してマジックであります。「あの人たち」がもっと素敵なクルマに乗り代えているのは分かりますが、手放した後の306たちは一体どこに…などとわざとらしく書くのは止めておきます。みんなスクラップです。


そんな16年という時間の流れを噛みしめながらふと見ると、1台の205が帰っていきました。


また1台走り去っていきます。

どう考えても来るのが遅すぎでした。結局、話ができたのは106ラリーと309GTIのオーナー、あとはお昼ご飯を食べに寄ったペンションのおばちゃんだけ。


そのペンションではたいした話もしてないのに宿泊者用ステッカーをくれました。「来年は泊まりで来てね」というメッセージだと察します。年上の女性のお相手が私に務まるのか心配です。



というわけでたいした話題も無くてすいません。唯一、今回のFBMで印象的だった出来事を挙げるなら、309GTIに同乗していた謎のフランス人との「やり取り」です。その彼が306カブを興味深げに観察していたので、私のほうから

「unfortunately automatic」と、英会話ならぬ英単語でAT仕様の無念さを伝えたら、予想に反して「its good !」とか言ってきたので無理に褒めなくていいと思って「not good」と返したら、「rare!」とフランス人のくせにまだお世辞を言ってくるので、「not rare in Japan!」と日本人を代表して止めを刺しておきました。

で、実は彼は右ハンドルATのしかも日本仕様309に乗るおかしなフランス人で、本気でAT仕様を「good」だと言っていたのだと後で知りました。日本人の私が左ハンドルMTを好み、フランス人がその逆を好むというのは実に面白く、立場が変われば評価軸も変わるという好例であります。それを勘違いしてあの「やり取り」をしてしまったわけでして、人類はこうして望まない戦争を引き起こすのだなと思いました。


写真を何枚か。


同じ30○シリーズなのに意外と見かけないツーショット。309GTIと306カブ(共に前期型)。


時代も数年違うだけなのでけっこう似ているような気がする、のは気のせいでしょうか。全体が醸し出す雰囲気は違っても、パーツで見ると共通項多いと思います。


こちらは同世代のシトロエン。エグザンティアとZX。

車格は違っても時代がほぼ同じだけあってよく似ています。これがクサラになると車体のカタチまでエグザンに似てきます。


テンサンラリー。秋の空模様も含めて素敵な絵です。私も誰かにこんな写真撮ってほしいです。


昨年春の富士見高原でも見かけたような気がする素の106。周囲が振り返るほどの大注目を集めているのはなぜなんでしょう?


メイン会場を見下ろす特等席に佇むSAXO VTS。サクソは今年がデビュー20周年です。


こちらはデビュー30周年のAX。記念の年だけあってたくさん見かけました。奥のクルマはAXではなくサクソでもなく「シャンソン」です。


最後はビーナスラインの展望台にて。多少のコツが必要とはいえ、屋根も開くようになって306の調子いいです。



この日は女神湖の宿に泊まりまして、レストランで「お連れ様は?」とか聞かれてプンスカする場面もありましたが、翌日も晴天で気持ち良くドライブして帰ってきました。

長野から山梨にかけてのエリアは天気さえ良ければ本当によいところで、伊豆や箱根ともちょっと違います。FBMとか関係なく、機会を作ってまたクルマで来ようと思いました。
Posted at 2016/11/02 20:18:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2016年10月21日 イイね!

今日はアイホンでブログを書いてみます。文字盤が小さくてすごく書きにくいでづが頑張りm水。

道路工事をしている傍に警備の人が立っていて、若いお兄さんだったんですがその後ろ姿がカッコよくて見とれってしまいました。顔は見えませんが後ろすがたがスマートで、短い頭髪の刈り上げがヘルメットの下からチラリと見えて、ダサい制服でも中身がいいとカッコいいなと感心して見ていたら、突然お尻の割れ目をかきかきし始めてビックリしたけどそれもまたいいと思って眺めてました。若い頃なら幻滅するような仕草でも大人になるとサービスシーンに思えるから歳をとるのも悪くないものです。

わた痔は決してゲイではなくてちゃんと女性が好きなノー末なrんでづが、最近「キャロル」という外国の映画をみまぢて、主演のケイトブランシェちょがカッコよくて美して最高でした。レズビアンのお鼻血なのでおっさんが覗き見する映画じゃないとはいえ、ゴージャスなケイト様を見ていると女に生まれたかったと少しだけ思って浸水くらいです。若いルーニーマーラとケイト様が絡むシーン見あるんですが、ルーニーノー末おっぱいは見えるんpにケイトは背中しか見えなくてとても残念。小娘のおぱいはいいからケイトのおっぱいが見たかったです。



鼻血をまとめると、わた痔は女性が大好きだけれども好きなタイプはキャンディに意地悪ばかりするイライザとか、ハイジの教育係だったロッテンマイヤーさんとか、何と言っても一番好きなのはオスカルフランソワ度JALdpジェルなので、もしかしたら根が女なのかも知れません。

今日は久々にお酒を飲んで流ので偏愛記事になってしまいました。神楽坂に小さなスコティッシュパブがあるんですが、店のお兄さんが小林可夢偉に似ていてF1ファンにはオスカルです。でもクルマの事は全然わからないと言ってました。F1よりも深海魚が好きだそうです。エールビールが旨いです。今度はちゃんとクリマの鼻血を書きます。それでは。

Posted at 2016/10/21 20:55:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年10月16日 イイね!

先月の話です。

赤い205(2号)の「予備検査」を受けてきました。10年間ずっと稼働させていたのを昨年から休ませ、その間に気になる箇所を修理して満を持しての復帰というわけです。9月の出来事なのに報告が遅くなったのは、少しばかり気落ちしてるからです。



書類を用意して、臨時ナンバーを取り付け、自走でいつもの検査場に到着しました。久々に公道を走りましたが違和感まったく無いです。エアコンもちゃんと効いてるし、交換したブレーキホースも問題ありません。今更ながら、205は本当にいいクルマです。

検査は午前中の第二ラウンド。その内容は継続検査と違いなく、サイドスリップやブレーキ、ライト、排ガス等々まったく同じであります。



ひとつ注意点を挙げるなら、ヘッドライト検査が「ロービーム」に変更されていたことです。あとは車体の下に何かが漏れていてシューシュー音が鳴っていたんですが、時間が迫っているので深く考えないことにしました。と、強がるのも無理があるので下から覗いてみました。



何が起きたのか状況を詳しく解説すると、

コンプレッサーで圧縮した冷媒をコンデンサーに送る細い配管があり、これのゴム部分は高確率で破れる運命で、このクルマも例に漏れず数年前にめでたく配管が破れ、それを中古品に交換したらまた穴が開き、「SUNISO 4GS」というコンプレッサーオイルが路面を濡らし、R12代替の「HC(ハイドロカーボン)」ガスが漏れて、今まさに「シューシュー」と音を鳴らしている。

ということになります。つまりエアコン壊れました。

「転がっていた中古部品で間に合わせたからこんなことに…」と今さら後悔しても後の祭りなので、現状で何をすべきなのか考えます。最悪のタイミングのように見えてもエアコンは検査項目に入っていないし、いざとなったら午後のラウンドに持ち越すことも可能です。ガスが完全に抜けるのをひたすら待ち、配管周辺に飛び散ったオイルを拭き取り、何事も無かったかのように振る舞って検査に挑みました。

一度目の本番ではヘッドライトの光軸で落ちましたが、二度目で無事に合格。飛び散ったオイルについては何も言われず、終わってみればいつも通りの楽勝でした。205の車検ごときで私が苦労するわけがないのであります。以上、予備検査の報告でした。



さてエアコンです。関連部品を全部取っ払ってスッキリするか、それとも新品ホース製作をしてでも直すべきか…。

エアコンがあろうが無かろうが、クルマの本質的価値に変わりはありません。しかしエアコンの無いクルマは無慈悲なまでに市場価値が下がってしまうのが日本という国でありまして、シンプルで軽くて運転が楽しい205GTIのようなクルマにもエアコンを要求し、大便のたびにシャワーで尻の穴を洗う一般国民の皆様とどうやって折り合えばいいのか私には分かりません。エアコンもウォシュレットもどっちも不要だと思うのですが…

というわけで、せっかく車検に合格したのにテンション低めなのでありました。エアコンについては来年以降の課題とさせてください。しばらく忘れます。
Posted at 2016/10/16 23:52:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 205 | クルマ
2016年09月22日 イイね!

2016年4月に開催されたイギリスのAnglia Car Auctionsで、205GTIが£25,200という高値で落札されました。


1991年式の205GTI 1.9。4月時点での為替相場1ポンド150円として、3,780,000円。新車より高いです。


複数オーナーでそれなりに距離も走ってるとはいえ、ドンガラから組みなおした再生車であります。レストア費用だけで£20,000ということなのであんまり儲かってないと思いますが、再生して商品化する205GTIが今後増えるかもしれません。


そして8月、同じくイギリスで開催されたSilverstone Auctionsで、1989年式が£30,938で落札されました。




1.9GTI、ワンオーナー、未レストアのオリジナル車両で走行13,000km。為替は変化してますが比較のために1ポンド150円で計算すると、4,640,700円という驚きの金額になります。少なくともイギリスでは、100万円近くオークション価格を更新したわけです。


長期間倉庫に保管されていた個体ということで、27年熟成された「カチカチ」のピレリP600を履いています。使い物にはならなくとも、こういう点も評価されての3万ポンド越えだと思われます。


突然ですが、ウチのクルマです。3年ほど前に雑誌取材を受けた時の写真で、実はガレージに新車装着のP600(走行10,000kmくらい)を寝かせていて、当日はそのタイヤを履いて撮影に臨みました。なるべく新車当時の雰囲気を出したかったので履かせてみたんですが、そんな細かい芸は誰にも指摘してもらえず空振りに終わっています。もちろんカチカチです。



オークションに話を戻すと、つい最近まで資源ゴミとしてスクラップにされていた205GTIが500万円に迫る価格で取引されたわけですから、これはなかなかの事件であります。なぜこういうことが起きるのかを私なりに説明すると、お金持ちというのは年月を経て「育つ」ものだからです。かつては数十万円の支払いが精一杯だった若者が、20年30年経つと数百万円をポンと出せる身分になっていたりします。

私も205に乗り始めて17年が経ち、今ではすっかりおじいさん、ではなくて億万長者なので裕福な人の気持ちは分かります。もちろんポルシェも欲しいですが、それより若い頃に乗っていて「特別な思い入れ」があるホンダ・ビートとヤマハRZ250(350)が欲しいです。RZはともかくビートに関しては今でも中古車情報を漁っていて、「カネならくれてやる」という勢いでチャンスを伺っています。ポルシェとビートじゃ相場が全く違う、と言われればそんな気もしますがそれは置いといて、とにかく若者がオッサン化して相場の高騰を引き起こしているのです。

この理屈でいくなら、90年代から世紀末にかけて流行った車種が次の金脈です。数万円の買取価格が10年後にはオークションで100~200万かもしれません。そんな可能性を秘めたクルマをお持ちの方、もしくは今から手に入れようと狙っている20~30代の若い方は、まず屋根付きガレージを用意して、錆びやカビに細心の注意を払い、定期的に消耗部品を交換し、廃番になりそうなパーツは事前に確保し、外観の美しさと機関の調子を維持しながら、いつか来る(かもしれない)晴れ舞台の準備を整えてやってください。その手間に奪われるカネと時間で挫けそうになっても、「あなたの代わりに金持ちになった同世代のオッサン」が買い取ってくれるのでご安心を。

というわけで、誰かうちの205買ってください。100万円でいいです。
Posted at 2016/09/22 21:46:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 205 | クルマ
2016年09月02日 イイね!

こんばんは。前回は教会の神父たちによる性的虐待をテーマにした映画「スポットライト」を紹介するついでにペニスの話をしました。

実はこの作品を観た時、


「マネーショート 世紀の大逆転」(原題The Big Short)

という映画が同時上映でした。半年遅れの上映なので二本立てだったわけです。その内容は、


長らく活況が続き安泰だと思われていたアメリカの住宅市場。だが、サブプライムローンの不履行により市況が悪化。住宅バブルは崩壊し、巨大投資銀行も倒産して世界に大混乱を引き起こす。そんな中、このシナリオを見通し、以前より不動産関連証券の価値が「下がる」、つまり「ショート」に掛けていた投資家たちが存在した…


といった感じで、業界知識を(ある程度)持っていないと理解が難しい映画でもあります。難解なストーリーだけに頭を混乱させながら観ていたところ、マーク・バウム(スティーブ・カレル)率いるヘッジファンドのメンバーたちがオフィスで雑談をしているシーンが出てきます。

「睾丸に巨大なデキモノができた」

とかくだらない話をしていて、ここでいう「睾丸」はファンドの専門用語でもなんでもなく素朴にキンタマの話です。ですがその字幕が出た瞬間、真面目に英語を勉強中の私は音声に集中しました。キンタマの英語表現は過去に勉強済みでして、あとは知ってる単語が出てくるか待ち構えていて、

…testicle

と聞こえてきたその瞬間、小さくガッツポーズを決めた次第です。

帰宅後、映画の内容そっちのけで「testicle」のくだりを妻に報告しました。彼女は半年前に「六本木ヒルズのシネコン」で高いカネを払ってこの映画を観ていて、つまり夫婦でありながらいつも別行動だというのはさておき、「確かにそう言ってた」と頷きながら答えました。実は私だけでなく、妻も密かにキンタマヒヤリングに精を出してたのかと思うと胸アツです。



余談ながら、映画「マネーショート」は作家マイケル・ルイスの小説を元にした作品で、俳優のブラッド・ピットがプロデューサーを兼任しています。私がブラッド・ピットを知ったのは、

「リバー・ランズ・スルー・イット」(原題 A River Runs Through It)という1992年の映画で、大阪万博記念公園のドライブインシアターに買ったばかりのホンダ・ビートに乗って出かけたことを覚えています。8万円くらいするヘンテコな純正オーディオで映画のFM音声を拾い、終了後はバッテリーがだいぶ弱っていました。当時の私の中にあったアメリカという国に対する狭い偏ったイメージが、この映画によって広がりを持ち始めました。若いブラッド・ピット演ずる「ポール・マクリーン」が美しく、この映画のヒット以降、彼はどんどん偉くなって今では制作会社も持っているというわけです。

ちなみに「マネーショート」以前に彼が製作に携わった映画のタイトルが、「マネーボール」(原題 Moneyball)でして、メジャー・ベースボール球団を立て直す主人公(GM役)で出演もしています。野球だけでなく、ビジネスとしてのマネジメントに興味がある人におすすめの映画です。



というわけで、「ちょっと書く」とか言いながらまた長い文章になってしまって恐縮です。私としては「リバー・ランズ・スルー・イット」という名作を多くの人に観ていただきたいのと、「マネーボール」は日本語に直すと「金玉」であるという厳然たる事実をお伝えして、映画の話は終了します。お疲れさまでした。



Posted at 2016/09/02 18:41:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
プロフィール
「久しぶりのFBM http://cvw.jp/b/852460/38791730/
何シテル?   11/02 20:18
プジョー205というクルマに囲まれて 15年ばかり足止めを食らっています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
3 人のお友達がいます
4プー4プー black lion205black lion205
吉田 匠吉田 匠
ファン
11 人のファンがいます
愛車一覧
プジョー 306 カブリオレ プジョー 306 カブリオレ
初期型のいわゆるN3カブリオレです。2015年2月購入。7月登録。
プジョー 205 (ハッチバック) プジョー 205 (ハッチバック)
1993年、最終型、2台目の205GTIです。2006年購入。
プジョー 205 (ハッチバック) プジョー 205 (ハッチバック)
マイアミブルー、1993年、最終型、3台目の205GTIです。2010年8月購入、9月車 ...
プジョー 205 (ハッチバック) プジョー 205 (ハッチバック)
1991年型、通算4台目の205GTI。2010年12月購入。現在整備中です。 201 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.