• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さそり座の怪人のブログ一覧

2012年01月25日 イイね!

ライオンエアーでバリ島へ!②

ライオンエアーは現状、7機種(確か)を運行、主力はB737-900ER。現状51機、さらに127機を導入予定とのことで、順次この機種に統一し、コストダウンを図る戦略なのでしょう。

さて、ライオンエアー初体験のバリ旅行に際し、予約のためにライオンエアーのHPを開いたところ、LCCなのに、ビジネスクラスの設定されている便が幾つかあります。値段はエコノミーの倍近く…といっても、1万円が2万円になるという程度の違い。空席のあった往路のみ利用してみました。

B737のエコノミーは3席+3席の並びなのに対し、ビジネスは2席+2席。 全10席しかなく、結構プレミアム感があります。しかしこの日、エコノミーは満席なのに、ビジネスの乗客は私と同僚を含めても6人。
座席はゆったりしたレザーシートですが、結構くたびれていて、リクライニング機構は不調。足のせ、ヘッドレスト等はもとより、モニター、音楽もなし。

それでも、席に着くと、オレンジジュースとおしぼりが届けられます。巡航高度に達すると、アテンダントが白いテーブルクロスを広げ、軽食のサービス(写真)。

アテンダントは揃って可愛らしく、スタイルもグッド。ユニフォームはシンガポール航空のような大胆なスリット入り。これ目当てで搭乗する人も少なくないのでは。

総合的に言って、日本人の金銭感覚からすれば、ほぼ東京〜札幌に相当するフライト、たっぷりと余裕のあるレザーシート、軽食と美人アテンダント付き、これで2万円強と考えれば割安感あり。しかし、1時間半程度の搭乗時間であり、現地水準では無用の贅沢なのでしょう。私も次はエコノミーで十分かな、と思いました。

そのエコノミークラスは、前の背もたれに膝がつっかえるほど、ぎゅうぎゅう詰め。シートはペラペラ。もちろんモニター、イヤホンなし。
しかしビジネス並みに足元がゆったりした席が2列のみあります。機体のちょうど中央にあたる20列と21列は、非常口への避難経路確保のために、ゆったり脚を伸ばせる余裕があるのです。翼の上なので窓からの視界は一部遮られますが、それが気にならねば特等席だと思います。私は実は、ライオンエアーでの4回のフライトのうち、2回この列に当たりました。座席指定したわけではないので(そういった仕組み自体ない模様)、結構な確率です。

最後に、”INVOCATION"、すなわち"お祈り"について。
下の写真はガルーダ・インドネシア航空の機内誌に載っていたものですが、ライオンエアーでも同様のリーフレットが各座席にありました。

イスラム教、プロテスタント、カトリック、ヒンドゥー教、仏教、儒教の順で、偉大な慈悲深きアッラー、天なる神、等々に旅の無事を祈る言葉が記されています。
最初は「飛行機が落ちませんよーに、という神頼みかいな」と意地悪な気持を抱きましたが、それだけ日常生活の中に宗教が浸透していることの証左なのでしょう。

Posted at 2012/01/25 09:03:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | インドネシア | 旅行/地域
2012年01月24日 イイね!

ライオンエアーでバリ島へ!①

ライオンエアーでバリ島へ!①世界最大のアーキペラゴ(島嶼国家)であり、かつ高速鉄道網が存在しないインドネシアでは、飛行機が必要不可欠な交通手段。
この年末年始、そしてChinese New Yearの三連休と、インドネシア最大の路線網を誇るLCC、ライオンエアーに(ちょっとおっかなびっくり)乗って、バリ島およびジョグジャカルタへ行ってきました。

ライオンエアーの発着は、ジャカルタ・スカルノハッタ空港のターミナル1A。カウンター数は多く、大して待たされることもなくチェックイン。日本の空港に比べると、コンパクトで歩く距離が非常に短い印象です。
但し、ターミナル内のレストラン、ショップ等はかなり貧弱で、日本の地方空港以下。時間をつぶす場所としては、一人5万ルピアほどで時間無制限、無料WIFIとバイキング形式の軽食もついたラウンジが便利ですが、逆に言えばそこくらいしかないのです。年末のバリ旅行の時は、 社用車のドライバーを、イスラム教の金曜礼拝のため正午には解放してあげねばならない、という事情もあって空港に早く着き過ぎ、その後なんとも退屈な3時間を過ごしました。

そのバリ旅行の際、搭乗待合室に入ってから、さらに1時間待たされる羽目になりました。どうも使用機材の到着遅れらしいのですが、インドネシア語のアナウンスしかないので明確にはわかりません。そのうちまたインドネシア語のアナウンスが流れ、人々が立ち上がって何故かもと来た方向へと歩き出しました。辛うじて聞き取れた「便名」「Denpasar」「enam A(6Aという意味)」から、こりゃ搭乗口の変更か、と想像して係員に確認すると、その通り。飛行機にはよく乗っている方だと思いますが、初めての経験です。
その旅行の帰路には、同じスカルノハッタ空港で、今度は手荷物が、表示の出ているレーンとは違うレーンから流れて来るという出来事もありました。これもインドネシア語のアナウンスから、便名、出発地、そして最後の「ンパッ(4という意味)」だけが聞き取れ、あ、レーン4に変更なのかな?と想像して、同じ飛行機に乗っていた人達についていったら、その通り。その後も、アナウンスを聞き漏らしたと思しき人たちが、表示の出ているレーンの前で虚しく荷物を待ち続けていました。
しかしながら、それらにクレームを付ける乗客はなく、要はこの国では普通のことなのかな、と思うこと頻り。
インドネシアで国内線に乗るなら、数字くらいはネシア語でマスターして乗るべきかもしれません。

Posted at 2012/01/24 23:22:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | インドネシア | 旅行/地域
2011年12月20日 イイね!

Bye Bye 令嬢...

Bye Bye 令嬢...ジャカルタの住まいも決まり、赴任準備のため、11日より一時帰国中です。

さて、ずっと先延ばしにして来た令嬢308ccとのお別れが明日に迫りました。
ラストドライブは、所用もあって、日曜日の午後から南信州の実家へ。

往復とも晴天に恵まれたので、ルーフを開け放ち、富士、甲斐駒ケ岳、八ヶ岳、仙丈ケ岳...と、山並みを楽しみました。

15カ月で13500キロ。
今年の1〜3月は転勤や震災の影響で殆ど乗っておらず、また9月以降もほぼずっと海外にいたことを考えれば、密度の濃い時間を共に過ごしたと言えるでしょう。
それだけ、プジョーの魅力...特にデザイン、足廻り...に取り憑かれ、運転すること自体の楽しみや、所有すること自体の喜びを満喫しました。

下取り価格は、どうにかローンの残債とチャラになるくらいでしたが、これだけ楽しませて貰ったのだから不満はなし。
今後もいいオーナーに恵まれて、可愛がって貰えるといいね。
Posted at 2011/12/21 10:09:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 308cc | クルマ
2011年10月20日 イイね!

福島への小旅行。

福島への小旅行。早朝5時48分、川越市から池袋に向かう東武東上線急行は、はや満席である。こんなに早起きして都心へ向かう事情は人それぞれであろうが、その表情に爽やかさはあまり感じられない。
かく言う私も寝不足で、半ば朦朧とドアに寄り掛かっている。

一週間の帰国期間は、仕事、接待、人間ドック、親戚の結婚式など、のんびりする間もなく過ぎていきました。
しかし最後の2日間、何とか時間を捻出し、福島まで令嬢308ccを飛ばして来ました。

秋の深まる東北道を、クルコン入れてのんびり…という思惑は残念ながら外れ、復興需要に行楽客が重なってか、結構な交通量。緊急工事のため車線規制区間もあり、神経を使うドライブでした。

福島市内は静かな印象。
東南アジアの喧騒から戻ると東京すら静かに感じることがあるので、自分の感覚のズレ?と最初は思いました。
しかし注意してみると、子供の姿が少ないことに気付きます。
書店には原発や放射能関連の本が何冊も、平積みで売られていました。

知人の中には、子供の健康のためやむなく福島を離れた人もいるし、中にはノイローゼになりかかっている人もいるようです。
無責任な「頑張れ」的発言は慎むべきと思っています。

それでも、ジャカルタの大気汚染に馴染んだ身には、福島の空の透明感が何とも眩しく、吾妻連峰の紅葉も今がまさに見頃、そして一緒に飲んだ友人達は悲壮感などおくびにも出さず、明るく前を向いて暮らしていました。
福島と、福島の友人達から、安らぎと元気を貰って、これからまたジャカルタに向かいます。
Posted at 2011/10/20 06:34:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 地方都市 | 旅行/地域
2011年10月11日 イイね!

夜間飛行前のひと時。

夜間飛行前のひと時。今夜、これからジャカルタを経ち、帰国します。

ジャカルタの空の玄関口、スカルノ・ハッタ空港は、シンガポールのチャンギ空港並みに予算をかけたものの、その相当部分が誰かのポケットに収まってしまったとかで、一国の首都の空港とは思えぬほど、しょぼい。
時間を持て余します。

さて、最近のインドネシアは、日本企業の進出が相次ぎ、ジャカルタ日本人学校は、9月だけで90人、生徒が増えたとか。
ジャカルタ便も満席のことがすくなくない模様。
これは、エコノミークラスしか乗れない我々にとっては、苦痛。

特に、いつも会社でチケットを用意されるA社のB767は、リクライニングの時、背もたれが後ろに倒れず、座面が前に移動するタイプのシートなのです。
膝がつっかえてしまうので、実質的に「リクライニングじゃない」のです。
これで7時間半の夜間フライトは拷問。前回も、何とか1時間程微睡んだだけでした。
機内食はお断りしたいくらいに美味しくないし、1ヶ月で2往復となると見たい映画も見尽くしたし…愚痴でした。
Posted at 2011/10/11 22:20:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行/地域

プロフィール

自宅は埼玉県、2011年秋より、愛車のプジョーを手放してジャカルタ暮らし。 自分でクルマを運転することもままならぬ環境ですが、経済成長著しいこの国の交通事情な...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

1 人のお友達がいます
金子浩久金子浩久

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 308CC (カブリオレ) プジョー 308CC (カブリオレ)
令嬢に見えて、やんちゃな牝馬です。 信号待ちの合間に空を見上げるのが楽しみになりました。
三菱 シャリオグランディス 三菱 シャリオグランディス
北日本中心に共に駆け回った、かけがえのない戦友。
トヨタ プレミオ トヨタ プレミオ
質感と経済性が絶妙のバランスを保っている最強の社用車かと…
その他 その他 その他 その他
愛しのコルナゴ。 エントリーモデルですが、ヘタレ自転車乗りには十分。 街乗りに、ロングラ ...

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.