• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ラスト サンバーのブログ一覧

2015年02月08日 イイね!

夢の丸太小屋に暮らす Ⅱ

夢の丸太小屋に暮らす Ⅱ
今日は妻が発見した富田林市内のログレストランに行ってきました。

探せば大阪府内にも結構本格的なログハウスが存在するものなんですね~。


最近はベンツのDラーといい、今回のログハウスといい、将来の実現に程遠い夢の下見に行く機会が増えた様な気がします。。

将来、妻は都心部のマンションに住み、私は海沿いの田舎にログハウスを建ててお互い行き来しようという壮大な案。。。



妻いはく、将来ログハウスを建てる時はこんなのにしてって言うのですが・・・・。




これは超本格的なハンドカットログハウス・・・・・

これほど径のある丸太を積み上げるにはユニックだけではとても無理で、専門的な重機と人工が必要です。。

しかも皮剝きするだけでも優に5年はかかってしまいそうですね。。



お店の建物の隣には住居に使われているマシンカットのログハウスも建てられていました。。



こちらなら未だなんとかなるかもです。。。





こちらがレストランの入り口です。。

その名も「森のくまさん」。。。。

可愛いネーミングですね。。


一見は赤みのある木材なので、スプールスや日本杉ではなく、ダグラスファーかロッジポールパインだと思ってドアを開けて驚愕。。



内側は外のイメージとは大幅に異なる柔らかい白味がかった材質。。


まさかの超高級材・レッドシダーを使用されていました。

外壁は防腐剤と撥水塗料で赤みがかっていたようです。。




階段に使用されている素材にもハンドカットを入れるという手の懲りよう。。

優に1億円は超える、夢の中のまた夢の物件です。。




吹き抜けの店内。。。





レッドシダー材の醸しだす独特の柔らかく落ち着いた心休まる雰囲気が伝わるでしょうか。。





そしてランチメニューはこんな感じ。。。








因みに妻はランチは食べずにケーキとコーヒーだけです。。







全てがハンドメイドの備品でそろえられた暖かい店内。。

ここまでのこだわりはやろうと思ってもなかなか出来るものではありません。。


隠れ個室も有ります。。


どんなビルダーさんが建てられたのかは不明ですがかなり洗練されたデザインは本当に脱帽モノです。。


もしかしたら、この手法は私が20歳代の時に師事したカナダ人ビルダー・アラン・マッキー師のログスクールの同期生かも知れません。。


私の場合は資金が全く有りませんので、自前の素材と自己流ハンドメイドのかなりチープなログハウスしか建てれないと思いますが、将来の夢に向けて、夢を現実にする方法について地道に研究を続けて行こうと思います。。






さて、明日から脚の手術部分の釘やネジ・ボルトといった10個あまりの金具類を取り外す手術の為、入院します。。

コメントや返信が遅くなりますのでご了承願います。





ということで、病院食ばかりとなる明日以降に備えて。。








今日の夕飯は娘も交えて地元の焼肉屋さんへ行きました~。
Posted at 2015/02/09 00:29:27 | コメント(9) | トラックバック(0) | ログハウスへの道 | 日記
2014年10月19日 イイね!

夢の丸太小屋に暮らす

夢の丸太小屋に暮らす



今日、書棚を整理していたら、私が22~23歳の頃の愛読書が出て来ました。。

その名も「夢の丸太小屋に暮らす」・・・




その頃の私は大阪市内の4階建ての団地に住んで居ましたが、常日頃から上下左右を挟まれた箱の中の生活に不満を抱いていました。

そこで、一念発起して、自分で土地を買い、古電柱や枕木を利用して家を建ててしまおうという計画を実行に移そうとしていました。



22歳の若さだからこそ考えることが出来た夢でした。


その後土地は何とか通勤可能な三重県の名張市に購入し、良質の廃材を求めて、とある材木屋へ頻繁に出入りする日々を過ごすことに。。。

そこで社員さんと枕木や電柱、廃角材の組み方や防腐処理の仕方等の教示を受けていると、そこの社長の目に止まり、社長の出資で、当時のカナディアンビルダーの巨匠・・・
アラン・マッキー師に師事させてもらえることになりました。


今から思えばバブル期全開の怖いもの無しの時代背景がそうさせていたのかも知れません。。



これらの本はその時にマッキーさんの主宰する講習会の風景等が掲載された雑誌で、若かりし頃の私が写っていて、今でも私の宝物です。

当時はもう既に会社勤めをしていましたので、休日を利用したり会社を休んだりしつつ、遠方の師匠の元へ通い詰めました。。



師事するにつれ、それまでは廃材を使うイメージでしたが、美しいロッジポールパインやダグラスファー、スプールスといった外材に魅せられて、これらを使用する仕様に方向変換。。。

上の画像の様に、ログとポスト&ビームを組み合わせ、日本らしく漆喰の壁をもつログハウスを造りたいと思う様になりました。。

大枚をはたいてチェーンソーも購入。。


皮剝き&基礎工事、ノッチ削り3年、必死に頑張り、ログビルダー養成としてのカナダへの特待留学も決まった矢先。。。

父親に会社を辞めてカナダへ行くと言うと、今まで見たことが無い形相で猛烈な反対に遭い、蹴りやパンチも喰らってしまいました。。

で、気弱だった私?は親不孝をするために生きている訳ではないからと断腸の思いでカナダ行きを断念。。。

幸福なのか、不幸なのか、現在も勤める会社を辞めることなく仕事を続けております。(爆)

(ログビルダーになっても、多分屋根から落ちて大怪我をしていたと思います。)





当時、同時期に留学予定だった同期生は今では全員帰国して、その殆どが日本のログハウス業界のビルダーの草分けとして著名人となり、全国各地でご活躍されています。








そんな中、50歳を前に今も尚、憧れ続ける漆喰のログハウス・・・。




いつか自分も作業に関与しながら建てることが出来たらいいのになと、夢を抱き続けています。。


Posted at 2014/10/20 00:49:59 | コメント(10) | トラックバック(0) | ログハウスへの道 | 日記

プロフィール

「日本最後の定期夜行列車に乗る http://cvw.jp/b/860472/40586616/
何シテル?   10/17 00:19
ラスト サンバーです。よろしくお願いします。 サイドに大きな六連星を施し、ヒサシ(国鉄・上越型EF58の氷柱切りとも言う)を取り付けたデザインのサンバーは、主...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

オフタイムは全力で遊び、仕事は面白おかしく楽しみながら・・・
変人指数の濃いオヤジですが、どうぞよろしくお願い致します。
98 人のお友達がいます
ネイジュネイジュ * 全力ジューシー全力ジューシー *
常につまらない自由人 お~さん♪常につまらない自由人 お~さん♪ * gymks@み~ちゃんママgymks@み~ちゃんママ *
ヘボヘボヘボヘボ ゆたのすけゆたのすけ

ファン

115 人のファンがいます

愛車一覧

スバル サンバー 黒サイ (スバル サンバー)
サンバー絶版の噂を聞き、慌てて平成22年2月に13年落ち15万キロ走行のボンゴフレンディ ...
スズキ K50 お巡りさんのオートバイ (スズキ K50)
平成14年10月にヤフオクで落札し名古屋まで受け取りに行き、夜の国道をトラックに巻き込ま ...
マツダ 3 ハチ子 (マツダ 3)
妻所有の車ににつき画像及び詳細はノーコメントです。。 フロントは妻の好みの社外エアロに ...
マツダ ボンゴフレンディ キハ58 (マツダ ボンゴフレンディ)
子供達の成長と共に、スプリンターカリブから乗り換えました。。 私がマツダファンになる ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.