• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ラスト サンバーのブログ一覧

2014年06月26日 イイね!

レボーグ200GT 試乗してきました。

レボーグ200GT 試乗してきました。
先日、サンバーのフロントガラスリペアの見積もりにデーラーを訪問した際、担当セールスさんに勧められてレボーグ2000GTの試乗をしてきました。




i以前から気になっていたシンメトリカルAWD+ターボチャージャーで300馬力を発生させるレボーグ2000GT・・・




ウチのスポーツカー・・⑧ですら210馬力なので、ステーションワゴンタイプで300馬力とは一体どういうものぞやと以前からずっと気になっていました。。







先ず我々アウトドアー派が気にする荷室の広さは充分車中泊出来る広さです。。







車内に乗り込むと、ダッシュボードの上にブーストメーターが装備されているのに先ず驚き。。。



この手の車は、購入後にブーストメーターを後付けする方が殆どなので、最初から装備しました。」とセールス氏。。

車好きが乗る事を前提に設計されていました。。







さて、いよいよ道路に出ると、少しアクセルを踏んだだけで、驚きのトルク感と加速感・・・

「これはエコモードなので、通常にすればもっと加速します。」の言葉に驚き。。。



次に高速道路に入り、アクセルを踏むと、今まで経験のしたことの無いシートに押し付けられるような加速感。。

爽快感と言うよりは、恐怖感が8割方でした。。


「2000ccを試乗された方は、ここまでのパワーは要らないから1600ccにするという方と、この加速の虜になってしまい、何が何でもこれを買うという方に二分されます。。」とセールス氏。。

私は後者の虜になってしまったタイプですが、通常なら1600ccでも充分だと思いました。


足回りはビルシュタイン製ダンパーで固められていますから、余計なピッチングやヨーイングが無く、アイポイントが高いのに、まるでローダウンのスポーツカーに乗っている様です。。


これはもう、我々の知識で下手に足回りを変えると、帰って不測の事態を招いてしまう設計ですので、安易な改造は厳禁だろうと思いました。。


回頭性も良く、悔しいけど、妻車の⑧では絶対に太刀打ちできない化け物車でした。。



こちらはやはりビルシュタイン製ダンパーを装備する1600ccターボ車です。。



ホイールの色以外は2000cc車となんら変わりは無いデザインです。。



私の話を聞いた妻が、早くも来週の週末、1600ccと2000cc、双方の試乗予約を入れていました。。







さてさて、試乗の後は地元の連れとカラオケへ。。




誰も歌わない歌で、全国ランキング勝負すると、直ぐに1位を獲得出来るのが面白いですね~







2014年06月23日 イイね!

プレミアチケット。。奇跡の入手

プレミアチケット。。奇跡の入手
既にご存知の方も多いと思いますが、画像のトワイライトエクスプレス号がついに来春に廃止されてしまう事が決定致しました。



トワイライトエクスプレスは、知る人ぞ知る、大阪と北海道・札幌を結ぶ寝台特急で、下り大阪発札幌行きは1,495.7kmを約22時間、上り札幌発大阪行きは1,508.5kmを約22時間50分かけて運行し、JR西日本・JR東日本・JR北海道のJR旅客3社にまたがる日本一の長距離・長時間運転の旅客列車です。


何よりも残念なのが、この列車が廃止されると、私が幼少の頃から見慣れ、憧れ続けてきた大阪始発の寝台特急が全滅してしまうということです。








私と大阪発の寝台特急の出会いは昭和47年・・・

当時、小学2年生だった私は、父と母が相次いで病気で入院(2年後に母は他界)してしまった為、大阪市阿倍野区の自宅から兵庫県の尼崎市立花の伯母宅に預けられ、阿倍野区内の小学校まで電車通学していました。

周囲の目からは「悲運で可哀想な少年」でしたが、当の本人は父母の同時入院と言う事態の悲しみよりも、電車通学が出来る喜びで日々意気揚々としていました。。

毎日、毎日、通学の帰り道、大阪駅で環状線ホームから1番線や2番線に着発する、九州ブルートレインをのぞき込んでいました。。

博多行、長崎行、佐世保行、西鹿児島行、宮崎行、熊本行・・・

小学2年生の私には聞いたことの無い地名ばかり・・・



しかもある日、密かに車内に忍び込んで、座席が無く、上下に寝台が並んでいるのを見て衝撃。。

「大人になったらこんな列車に乗って終点の知らない街に行ってみたいな。」という夢が生まれるには当然の環境に有りました。。








さて、私が山から落ちて長期入院した年は、実は結婚20周年記念行事のヨーロッパ旅行が決まっていましたが、その年は止むを得ず中止に。。


今年、その旅行をやり直そうと言うことで、私はこの廃止になるトワイライトエクスプレスでの北海道旅行を提案しましたが、妻が22時間の鉄道乗車にはとても耐ええられないということであえなく却下。。

妻は海外美容ツアーに行きたいというので、旅行は夫婦別々で行くことになりました。。


(実は、妻は今日の関空便で一足早く海外に飛んでいます。)

私達夫婦はいつもこんな調子で、別に喧嘩している訳では有りませんのでご心配なく。。。


一方、私が乗車したいトワイライトエクスプレスのチケットは、元々人気だった上に、廃止が決まり、取得困難な超プレミアチケットに・・・。

2か月前から一人用個室では最高級のA寝台個室・「ロイヤル」の大阪発を発売開始の1ヶ月前の10時ちょうどにリクエストし続けていますが、結果は「満席 No」ばかりでした。






「ロイヤル」はご覧の様に個室で大きな窓を独り占め出来る、鉄道好きには夢の様な空間です。





シャワー&洗面・トイレも個室内に完備。。





ソファー席は夜になれば、セミダブルベッドに変身し、大きな車窓から流れゆくネオンと、満天の星空を寝そべりながら見る事が出来ます。。










しかし2か月通ってもチケットが取れません。。。。

待っていても月日が流れるだけで仕方ないので、大阪発はワンランク落としてB寝台個室の「シングルツイン」に格下げして、「ロイヤル」は札幌発狙いという戦法に変更し、地元の駅で発売日の10時ジャストにリクエストすると・・・・。




ナント!!マルス発券機に「OK」の表示が出て、無事往路の「シングルツイン」をゲットできました。。。



設備は「ロイヤル」には劣りますが、まあ、個室なのでいいでしょう。。








さてさて、そうなると、問題は帰りのチケット。。


格安航空機・ピーチで帰るのも考えましたが、そこはやはり帰りも「トワイライトエクスプレス」でしょ。。


先述の様に、実は上り大阪行トワイライトエクスプレスの方が、走行距離も時間も長く、上り札幌発大阪行トワイライトエクスプレスこそ文字通り日本最長だからです。。(これは函館本線内で上り列車は勾配の関係で駒ヶ岳を海線周りで運転されるからです。)



そして、もうこうなれば帰りは何が何でも「ロイヤル」しかないでしょ。。



指定券発券のマルスシステムは、有線システムなので、田舎の駅よりも都会の駅の方が親機に近く、「当たり」が出易いとの都市伝説を信じて、いざ大阪市内の駅に出撃。。

保険に一番取り易い喫煙B寝台券は地元の駅で予約してあります。 

都会の駅は予約発売はしてくれず、全て並んだ順番で発券されますので、対象を乗降旅客数の少ない駅を4駅ほどピックアップして、現地に赴き・・・

対象駅の窓口係員の熟練度を調査します。。


調査方法は簡単で、窓口で応対に出た係員に往路のトワイライトエクスプレスのA個室・ロイヤルに空席は無いかを調べてもらいます。(奇跡的に有ればそれを購入します。)


この入力をする際、マルス端末に「NG」が出る係員は残念ながら不合格・・・


例えば「ロイヤル」は「喫煙」チェックをしないと「NG」が出ます。
ノーチェックや「禁煙」だと「NG」アンサーだけで、券は発券されません。


最初に訪問したA駅は男性中堅係員で「トワイライト」と言っただけで「あぁ、10時に叩いてもまず出ませんよ。」の一言・・・

ダメだこりゃ。。。


次のB駅は若い女性係員で、「トワイライトのロイヤル」と言うと、先輩社員を呼んであーでもないこーでもないと慌てだす始末。。。

・・・ダメだこりゃ。


そしてさらに移動して支線系のC駅へ・・・

ここの若年男性係員は、スラスラと入力し、直ぐに往路のキャンセルが出ていないことをチェックしてくれたので、ここで買う事にして、発売開始時間を待ちます。。



・・・と、ここでアクシデント・・・


9時59分30秒にいきなりこの係員氏が電話の受話器を持っておもむろに何処かに電話を掛け出します。。

そしてよそ見をしながら9時59分57秒に3秒早くエンターキーを押下。。


あ~もうダメだ・・・


なんで~・・・っと思ったら、「OK」アンサーが点いて、まさかのゲット。。。



食堂車「ダイナープレヤデス」での「フランス料理ディナー券」も同時に取得しました。





最後に係員氏に電話の理由を聞くと、なんとNTTの時報に電話してくれていたとの事。。

私の時計が3秒遅れていました。。。

この係員さんは本当にプロの中のプロだったのです。。

本当にありがとうございました。


因みに、ヤ○オクで私の往復の寝台券と同様のパターンでは合計12万円の値段が付いていますが、出発まで、決して売る様な事は有りません。。

2014年06月18日 イイね!

都会の百合と紫陽花とサンバーの悲劇・・・。

都会の百合と紫陽花とサンバーの悲劇・・・。月曜日は会社がお休みでして。。。

昼間で爆睡しようと思っていたら、妻に起こされ、ショッピングセンターに連れて行けと言われたので、PCで地図を検索。。。

岸和田市に有る事が判明したので、ついでに大阪市の「舞洲ゆり園」にも立ち寄る事にしました。


何か他の行事も入れないと、ショッピングだけでは私の身体が持ちませんからね・・。



自宅から一般道と阪神高速・湾岸線を走行し、1時間30分で大阪市の海岸を埋め立てて出来た舞洲に到着。



いつも隣接するユニバーサルスタジオ(USJ)関連の施設と間違えてしまう建物・・・

ごみ焼却場です。。。

あまりにも意味不明なデザインで、元大阪市民としては絶句するしか有りません。。


お目当ての「ゆり園」は広大な埋め立て余剰平地に有りました。。





ここは5月31日~7月6日までの期間限定公開です。


様々な色、種類の百合が咲き乱れ、まるで北海道の富良野辺りのお花畑に来たような気分です。









いろんな色が有りますが、やっぱ純白が一番好みかな??

200万本の百合が埋め立て地の海辺に植えられています。。






毎年、登山で山の稜線に孤独に咲く「やまゆり」ばかりを見てきましたが、都会の埋め立て地に人工的に咲かせた花もなかなかなものですね。。












来場者はお爺ちゃん、お婆ちゃんが殆どでしたが、たまにはこんな人工のお花畑観察もイイですね~。



さてさて、そこからは岸和田市の商業施設に向かうべく、また阪神高速を走った訳ですが。。。

ここでサンバーに悲劇が。。。




港大橋を走行中、前を走っていた大型トレーラーを追い越す際に「ピシッ」という大音響が。。

空気銃で撃たれたかと思いましたよ。。。



原因はこれ。。。





トレーラーの跳ね石で窓ガラスに肛門の様なヒビが入ってしまいました。。


今までの車人生・・・総走行距離約60万kmでこの様な事は3回目・・・

1回目はスプリンターカリブの時で、格安リペア店で処理してもらうも、車検通らず、結局中古ガラスを手配してもらう羽目に・・・

2回目はヴィヴィオGX-Tの時にそのまま放置していたら、冬季に急に50cmのヒビが入ってこれは急な事で中古が無かったので新品と交換。。

そして今回・・・。 悪あがきせずにディーラーへ行ってリペアするか、中古にするか相談してきます。。




ガラス割れの件で意気消沈し、格安店での昼食。。



気を取り直して岸和田市の蜻蛉池公園で今度は紫陽花を鑑賞。。

















そしてその後、ようやく妻の目的地のショッピングセンター・・・

「スットコ」・・・・・

いや違った・・・「コストコ」に到着。。








何かと思いきや、超大型食料品系アメリカンスーパーだった訳ですね。。。

会員になるのに4000円程支払ったらしいです。。




こんなん買うとか言い出して。。。

おまえアホかと。。。




結局巨大なウイスキーと巨大なカシスとその他巨大ななんやらを多数まとめ買いし、支払いはナント3万円!!


この手のスーパーは感覚がマヒしてしまいダメですね。。

財布の中は「スットコ」になって出てきました。。。
Posted at 2014/06/18 23:35:27 | コメント(19) | トラックバック(0) | お花見 | 日記
2014年06月15日 イイね!

赤いラピート・撮影オフ。。。

赤いラピート・撮影オフ。。。

今日は、山から落ちて長期入院した時に知り合ったとあるみん友さんと24時間拘束勤務明けの朝9時過ぎから「赤いラピート」の撮影に行ってきました。。



どうせ撮影するなら、絵になる画像を撮ろうと欲張り、上りラピートと下りラピート、つまり赤ラピートと従来からの青(紺)ラピートが離合し合う地点を調べ、大阪市内のS駅へ出向きました。。



通勤電車をロケハンしながらラピートの通過を待ちます。








上下列車とも定時運転ならS駅とK駅の丁度中間で9時36分15秒に離合しますが、この2駅の駅間は600mと非常に短く、どちらかが20秒遅れたり早かったりすると、思い描く構図になりません。




そして緊張の瞬間・・・

先ずはお目当ての上り赤ラピートが定時に通過していきます。。











んんん・・・・

遠ざかって行く赤ラピ・・・

来ない青(紺)。。










あいや~・・(>_<)

結局、青(紺)は45秒遅れで接近し、離合場面の撮影は出来ませんでした。。




しか~し。。。


こんな事でくじけない2人は、今度は赤ラピの折り返しを狙って隣のK駅へ向かいます。。

次のチャンスは10時05分45秒、K駅の北側で離合です。。



赤の側面が順光になる下りホームには沢山の撮影者が居て阿鼻叫喚状態。。


私達は先例により、今度は赤の遅延を予期して上りホームに陣取ります。。。



ここは4人だけで比較的撮影し易い状況です。。


そして再び緊張の瞬間・・・





赤が前駅を通過・・・

なんと定刻・・・


さあ勝負・・・


んんんんん・・・


















あちゃ~(>_<)


今度も青(紺)が10秒遅れで通過・・・



絵にならない画像になってしまい撮影会は終了してしまいました。。




さて、昼から所用が有るというみん友さんとはここで別れ、私は後続の空港急行で赤ラピートを関西空港まで追いかけます。。





昨日のうちに「赤い彗星の再来・ガンダムラピート」号のスーパーシートを買っておきました。

昨日の段階で空港始発の上り列車なのに残席は3席のみ。。。


凄い人気です。。



関西空港駅でも赤ラピート号に人が群がっています。。。



レギュラーシート510円に対して、スーパーシート720円を奮発した理由は、画像の女性係員ではありません。。





「シャー」専用の特別シートです。。


ガンダム世代でありませんので、「シャー」って何ぞや?って感じですが、まあシートのデザインはそれなりに魅力的です。。





居合わせた、自称ガンダム世代でガンダムファンという1人旅のおばちゃんが記念にとシャッターを押してくれました。。



こちらは私の乗った6号車(先頭車)のスーパーシート席ですが、運転席の後ろには珍しく女の子が張り付いていました。。







途中駅で降りる人が居ても直ぐに乗って来る人が居て、車内は絶えず満席状態。。

難波駅でもカメラの放列が出来ていました。。




この赤ラピートの撮影者が他の鉄道と決定的に違うのが、我々鉄道オタクよりも圧倒的に一般人の方が多いという事・・・



しかも新しい物が好きな若い女性や子育て中の女性等、撮影者の半数以上が女性だということも今までの鉄ヲタ人生で見たことが無い光景です。。










撮影を終えてからは、難波の吉本興業前の安串カツ店でちょっぴり飲んで帰りました。。








帰宅の頃は、スッカリ千鳥足で難波の街を歩いていました。。




赤い彗星の再来・ガンダムラピート号はフォトギャラリーもご参照ください。。↓↓↓
2014年06月13日 イイね!

うぎゃ~!  またもサンバー、謎の凹損・・・

うぎゃ~!  またもサンバー、謎の凹損・・・うぎゃ~~ぁ

またもサンバーに見覚えのない凹損が・・・



拡大するとこんな感じ・・・・



しかも傷が古いのか錆てるし。。。



バンパーも歪んで、外に張り出してるし。。。



(蜘蛛の巣張っています。。それほどメンテサボっていました。)

いつも適当な性格なので、車の細部なんか洗車の時くらいしか見ないし・・・。

念のため家族に確認するも、当然、凹損させた該当者は無し・・・・・



関西人おばちゃんの鏡・・・値切り専門要員の妻を連れていつもお世話になっている河内長野市内の板金屋さんへ・・・・




27,000円の修理代、妻が値切って17,000円に・・・


何だか最近、値切りの手の内を読まれているようです。。



勿論、支払いは私の小遣いから。。。

代車はこれでした。。




駐車場での当て逃げだとは思いたくないのですが、原因が定かでないと、どうしてもそう思ってしまいますね。。




2日明けた本日の夕刻にサンバーを引き取りに行った帰りに娘から「迎えに来て」とメール・・・

たまたま近くの河内長野駅に居たので、娘を乗せて妻と3人でお茶しに行きました。。




富田林市で最近超人気の「桜珈琲」とかいう喫茶店。。



私はこんなの知りませんので、勿論、妻と娘のリクエストで行った訳ですが・・・

なんだかパン屋さんみたいなエントランス。。。




お洒落な中庭が有って・・・




17時前だと言うのに満員で10分程待たされてしまいました。。





森の見える窓際の席に通され、注文したのは。。







アイスとコーヒーのオッサンにとっては危険なセット。。。



なんか洒落にならん事を書いた請求書が目の前に置かれ・・・

えっ??

お代は俺が払うの??って思ったら・・・




家計からでほっとした次第です。。


予想通り、この後、数分でお腹を壊し、コンビニのトイレに駆け込む羽目になったのは言うまでもありません。。



代車の薀蓄はフォトギャラリーへまとめております。↓↓↓

プロフィール

「日本最後の定期夜行列車に乗る http://cvw.jp/b/860472/40586616/
何シテル?   10/17 00:19
ラスト サンバーです。よろしくお願いします。 サイドに大きな六連星を施し、ヒサシ(国鉄・上越型EF58の氷柱切りとも言う)を取り付けたデザインのサンバーは、主...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

オフタイムは全力で遊び、仕事は面白おかしく楽しみながら・・・
変人指数の濃いオヤジですが、どうぞよろしくお願い致します。
98 人のお友達がいます
ハヤタハヤタ * 増トン3割引増トン3割引 *
gymks@み~ちゃんママgymks@み~ちゃんママ * 3代目わか3代目わか *
常につまらない自由人 お~さん♪常につまらない自由人 お~さん♪ * ヘボヘボヘボヘボ *

ファン

116 人のファンがいます

愛車一覧

スバル サンバー 黒サイ (スバル サンバー)
サンバー絶版の噂を聞き、慌てて平成22年2月に13年落ち15万キロ走行のボンゴフレンディ ...
スズキ K50 お巡りさんのオートバイ (スズキ K50)
平成14年10月にヤフオクで落札し名古屋まで受け取りに行き、夜の国道をトラックに巻き込ま ...
マツダ 3 ハチ子 (マツダ 3)
妻所有の車ににつき画像及び詳細はノーコメントです。。 フロントは妻の好みの社外エアロに ...
マツダ ボンゴフレンディ キハ58 (マツダ ボンゴフレンディ)
子供達の成長と共に、スプリンターカリブから乗り換えました。。 私がマツダファンになる ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.