• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ラスト サンバーのブログ一覧

2015年07月26日 イイね!

日帰り北アルプス(焼岳)

日帰り北アルプス(焼岳)金曜日の夜・・・・

やり残した仕事が山ほど有るのに、19時に退社・・・・

明日の北アルプスの天候は晴れ・・・

明後日は商品の品切れ対応で出社しなければならないかもしれないし、8月の土日は既に仕事や行事等で埋まっているので、アルプスに復帰できるかを試してみるには今夜出るしかない状況でした・・・


しかも自由な日程は明日1日だけ。。




・・・と言うことで、急遽書店で地図を購入し、22時、サンバーで自宅を出ました。。


行き先の候補は八ヶ岳や、木曽駒、八方尾根等がありましたが、アプローチが便利で1日で完結できる「焼岳」に登ってみることにしました。。


以前の職場では3連休等が比較的簡単に取得出来ましたが、現在の職場でそれをすると、結果的に72時間分の仕事+αが後々に自分の負担になるだけだという事が最近解ってきました。。


途中、中山道の道の駅で仮眠し、8時に登山口に到着。



今日は最短で焼岳へ登れる「新中の湯ルート」を登ります。。


このルートは安房峠越えをする旧国道からほぼ真北に焼岳まで取り付けられた新道です。。




登山口は、廿楽折れの旧国道の途中から始まります。。



取り付きからは樹林帯で傾斜の緩い楽チン道を歩きます。。(私の事故をきっかけにアルプスではヘルメット着用が義務付けられてしまいましたので、たとえ焼岳でもあえて着用します。)



展望のいいところからは、前穂高岳と奥穂高岳、その間の吊尾根が見渡せます。。


3年前の墜落事故以来の穂高連峰の姿に感動です。。



ダケカンバにナナカマド、白樺林に熊笹というアルプスの典型的な樹林帯の中を行きます。。

木々から放たれる独特の甘い樹液の香りが、私の身体に蓄積した疲労や心の汚れを分解してくれます。。


アルプスでしか感じられない、あの甘い木々の香り・・・。

いつまでもこの森を歩いていたくなります。。

そして1時間20分程度樹林帯を歩行すると・・・。



森林限界の向こうに目指す焼岳の北峰が見えました。。



標高2255mの焼岳・・・


今まではその規模の小ささから北アルプス登山の対象からは外していましたが、こうしてみるとかなり立派な山容ですね。

岩山ばかり通っていた3年前までは焼岳なんて老後に登ろうと思っていましたが、意外と早く登頂のチャンスがやってきました。。



北北東方向に目をやると、先程の前穂高岳上空に神秘的な渦巻雲ができていました。。

この雲が出ると天気は下り坂・・・
(実際には翌日は晴れでした。)



森林限界を超えると緑の絨毯を敷き詰めた様な美しい風景が私を迎えてくれました。。



あと一息で頂上稜線・・・

・・・な様な気がしますが、ここからは傾斜が急になり、あの青空の境界まで、さらに1時間はかかってしまいました。。



振り返ると優雅な稜線を持つ乗鞍岳を見ることができます。。


ピークへと逸る気持ちを抑えつつ、不自由な左脚と右腕を守りながら一歩一歩前進します。。





足元を見ると、小さな花や新芽が息吹いています。。




そして12時ジャストに南峰、北峰の鞍部稜線に到着。。




プチ槍ヶ岳か燕岳の様な南峰が目前に迫ります。。

南峰は崩れやすい急斜面の岩峰なので登山は禁止されています。。


標準コースタイムより30分の延着ですが、90度しか曲がらない左脚と肩より上に上がらない右腕の事を思うと、まずまずの結果だと自己満足。。。。


脚の痛みも故障も無く、無事稜線まで来れました。。




西側の荒々しい岩峰・・・
その向こうに雲に隠れた笠ヶ岳が見えます。。



東側に目をやると、遠く南アルプスの山々や、八ヶ岳連峰を見ることが出来ます。。



眼下には透き通った水を湛えた美しい池が・・・



そして噴煙が上がる北峰に登る為、一旦信州側の巻道を通り・・


そして最後の登りに取り付きます。。



もうピークは目前ですが、硫黄ガスの噴火口がゆく手を阻みます。。




風景も先程のゆるりとした樹林帯や草原地帯とは一変し、アルプスらしい岩稜帯の風景に様変わりしています。。




そして12時30分、無事登頂することが出来ました。。

焼岳をアルプスと言ってしまうと違和感が有る方も居られると思いますが、あの事故以来、初のアルプス登山。。。

先ずは登れて良かったです。。






私が高校山岳部時代に初めてアルプスの山として登った笠ヶ岳(左)も、雲が切れて全容を見ることが出来ました。。

初登山から35年・・・

何回アルプスに脚を踏み入れたかはカウントすら出来ませんが、今回の登頂はその中でも、最も印象に残る登頂でした。。



遥か下に上高地が見えます。。

最後に上高地を見たのは、墜落の瞬間・・・
岩にバウンドし、身体が制御不能になり、宙に放りだされてもうダメだと思った時でした。。

人生最後に見た景色になっていたかもと思うと、今こうして生きながら再び上高地を俯瞰できることに感謝しなければなりませんね。。



ちょうど私が墜落したジャンダルム南側、畳岩尾根の頭も雲の中に見え隠れしています。。

上部稜線からちょうど雪渓の有る位置位までの距離を転がり落ちました。。


これを見ると死ななかったのは偶然だと改めて思います。




遥か彼方には立山と剱岳までもが見えています。。

焼岳からの展望、恐るべしです。。



直下には焼岳小屋が見えますが、小屋から頂上まではかなり距離があるのね。。。。

頂上に30分程滞在し、下りもコースタイムより30分遅い下山でした。。

相対的に岩場の少ないコースではほぼ普通に歩ける様になりましたが、岩場の多いコースや下り坂ではかなりの時間を要しますので、本格的なアルプス縦走はまだまだな感じです。。



下山後はつも愛用していた坂巻温泉で体の汗と垢を落とし、体をほぐします。。



源泉超掛け流し・・・

しかも貸切状態。。

格安500円也。。



そして午前1時に和歌山の自宅に無事帰着しました。。


・・・時間が無くてやむを得ないとは言えども、やはりアルプスの日帰りは勿体無い感じですね。。

Posted at 2015/07/26 23:43:43 | コメント(11) | トラックバック(0) | 登山 | 日記
2015年07月20日 イイね!

高野町石道(世界遺産)歩行

高野町石道(世界遺産)歩行先週の日曜日の話ですが・・

紀ノ川流域の九度山から高野山へ至る高野町石道を歩いてきました。。



高野山へ至る交通手段として、現在は南海電鉄さんの高野線と国道370号線が有りますが、開創当初は全ての人がこの町石道を経て高野山を参拝しました。。

空海和尚も開創するにあたり、高野口町の2匹の白い犬にこの道を案内されて、山頂に広い平地の有る高野山を発見したとされている、由緒ある古道で、世界遺産にも指定されています。



・・・と言うわけで、九度山町の道の駅にサンバーを留めて水分を調達し、午前9時30分に出発します。。


健脚者のコースタイムで6時間半ですので、16時にゴールする予定ですが、この時点では敢えて不自由な脚の事を考えて、17時半のゴールを目指します。。


距離にして21.5km有りますので、完走できるかは不安が残ります。。



町石道はご覧の慈尊院(世界遺産)というお寺から始まります。。

慈尊院は空海和尚の母親が住んで居たことの有るお寺で、空海も毎月1回は町石道を経てここ慈尊院まで母親に会いに来ていたとか・・・



女性に所縁のあるお寺ですので、女性特有の疾病の治癒祈願や、母乳、延いては「子授け」等女性の様々な悩みを聞いてくれるお寺でもあり、沢山の「オッパイ絵馬」が飾られています。。



町石道の起点はその慈尊院のさらに上に有る、慈尊院の鎮守である丹生官省符神社(世界遺産)横にあります。。



今回、町石道の歩行を選んだのは、高野山に通じる古の道を歩くという事の他、密かに計画しているアルプス登山復帰に向け、自分の脚がどれだけ回復しているのかを知る事を目的としています。。

アルプスは1日平均8時間歩行となりますので、町石道を歩けない様でしたら、まだまだアルプスは遠いと思わなければなりません。。



そしていよいよ町石道に脚を踏みいれます。。

ここが世界遺産に登録されてからは道標類がよく整備されましたので、今なら地図無しで歩けますが、15年くらい前は半ば藪コキを強制される荒れた道で、初回は道に迷い、エスケープを余儀なくされる有様でした。。



柿畑と町石の指標がいかにも和歌山の農村と言う感じですね~。



この段階では梅雨は未だ開けていませんでしたので、竹藪ではうだる様な蒸し暑さでした。。

30分程気温34度の死にそうな暑さの中を登ると・・・



紀ノ川平野が一望できる展望台に到着します。。

左側には金剛山も眺められます。。

遥か昔に思いを馳せ、いにしえの旅人達もこの景色の癒されたのかなと思ってみたりします。。



町石道はアンニュイ感の漂う緩い登り坂が連続します。。

登山道としては全体的に楽ちんコースなんですがね。。。



六本杉分岐からは丹生都比売(にうつひめ)神社(世界遺産)へ行くことも出来ますが、今日は先を急ぐのでスルーして本道を進みます。


13時・・・最初のエスケープ地点・上古沢分岐(古峠)に来ましたがどうやらまだまだ歩けそうなので、エスケープせずに高野山を目指す事にしました。。



眼下には丹生都比売神社のある天野の集落が見渡せます。。



二つ鳥居・・
この由来は何だったかな・・・健忘症発症です。。


綺麗なゴルフ場の近くを通るのがイマイチだったりします。。





高級米で有名な天野米の田んぼの傍らに咲くあじさいです。



矢立では一旦国道に出ます。。

ここで炎天下の下、遅かりし昼食を摂りました。。


矢立からは本格的な山道となり・・・


いつしか標高も高まり、紀伊山地の山々が見渡せるくらいになっています。。


そして・・



次に車道と合流すると・・・・



目前に突如として大門が現れます。。

いにしえの旅人もこの大門を見て、感慨極まり無かったことだろうと思います。。

16時ジャストに到着。。
コースタイムを通りの所要時間で脚に故障も無かったので、アルプス歩行再開には充分合格圏内でした。。




下界では既に時季外れの青く美しい紫陽花の花に心が癒されました。。


Posted at 2015/07/20 23:06:50 | コメント(8) | トラックバック(0) | 登山 | 日記
2015年07月18日 イイね!

アルプスに会いに行ってきた(その3)

アルプスに会いに行ってきた(その3)立山・黒部アルペンルートを立山側から辿り、黒部ダムに到達・・・

通常ならそこから地下トロリーバスと路線バスを乗り継いで長野県の信濃大町に至りますが、今日は特別・・・

数ヶ月前に応募した関西電力黒部ダム見学ツアーに参加します。。




黒部ダムは北アルプスの厳しい山岳風景の中に忽然と聳える巨大人造コンクリート建築物で、山を歩く志を持つものなら、幾度となく訪れる場所です。。



見学の前には、昭和時代最大の偉業とされた工事で殉職された方々の記念碑の前で手を合わせます。。


そして集合場所の地下駅長室に通じる階段には・・・



いかにも昭和チックな字体で書かれた電光掲示板が私を迎えてくれます。。
とてもいい雰囲気ですね~。



地下駅長室前には石原裕次郎さん主演の映画「黒部の太陽」のポスターと記念プレートが飾られてあり、これから地底奥深く、人造の巨大施設を見学に行く気分を盛り上げてくれます。。

 

参加者は関西電力さんから貸与されたヘルメットを着用して、出発を待ちます。。



アルペンルートの定期便トロリーバスが通過するのを待って、信号機が青色のなれば先ずは徒歩で定期便とは全く違う場所に設けられたバス停から専用バスに乗車します。。

普段は乗れない闇のバス停・・・
なんだかネコバスでもやってきそうな雰囲気ですね。。



そしてそのネコバスもどきに乗車します。。

「北アルプス交通」・・・聞いたことのないバス会社です。。


ヘルメットを着用したまま乗車しますので、まるで白い卵がいっぱいある様に見え、バスの車内としてはかなり珍風景ですね。。



しばらく走ったところでバスを降ろされ、暗闇の素掘りトンネルの中を歩きます。。。


暫くすると、まるで映画のワンシーンの様な風景・・・

暗闇のトンネルから光の差す、美しいアルプスの風景へ飛び出します。




みんながカメラを向けるその先には・・・


美しいアルプスの山々が聳えています。。



思わず息を飲むほど美しい風景に参加者一同、思わず見とれてしまいます。。(水中カメラじゃ表現できないのが残念です)




そしてその後も引き続き素掘りのトンネル内を歩行し・・・

またバスに乗り、今度は何やら怪しげな乗り物に案内されます。。



こちらは土木機器等を運搬する「地下インクライン」・・・
つまり、ケーブルカーの貨物版といったところです。。





この風変わりな乗り物に乗って、さらに深部へと下ります。。

そんな地底奥深くに黒部第四発電所が有ります。。



参加者一同、ウルトラ警備隊本部のような会議室で説明を聞いた後・・・



いよいよ発電所の核心部の見学となります。。



こちらは私が勤務していた前職場とほぼ同様の機器類が並んでいて、思わずニヤリ・・

ああ、もう一度こんな感じの部屋で仕事がしてみたい・・・。



水圧でタービンが回る部屋にも見学で入れます。。




こちらが地下要塞の貴賓室ですが、きちんと長次郎谷越しの剱山を描いた絵画が飾られていました。


そしていよいよ、メインである高熱隧道を走るトロッコ列車に乗車します。。

もちろん見学会以外では乗るのはおろか、見ることすら出来ないファン垂涎の列車です。。






断面の小さなトンネルが不思議な乗降場から闇の奥深くまで続いています。。



いよいよ高熱トロッコに乗車とあって、参加者全員がが盛り上がります。


そしてマッチ箱の様な列車は満員の見学客を乗せて発車・・・



車内では1両あたり1名のOBさんが詳細を説明してくれます。



高熱区間では顔を出し実際にその感覚を体験できますが、ずっと顔を出していられないくらいの温度でした。。(これでも水を誘導して冷やしているそうです。。)



この列車のうれしいところは、唯一地上に出るハイライト区間で運転停車し、周辺の風景を撮影させてくれるサービスも有ります。。


雲が垂れ込める北アルプスの雨水を溜め込む巨大なダムと・・



その反対側の美しい渓谷・・・
本当に帰りたくなくなる風景が連続します。。



さらに少し走った、欅平の上部で列車を乗り換え・・・






営業区間と同一車種の列車に乗り換え、スイッチバック式に発車・・・。



欅平駅に出てきました。。。

この段階で、見学会は自動的に終了し、切符を買えば誰でも乗れる、黒部渓谷鉄道区間に入り、今回の私の旅もクライマックスを迎えます。。



ここからは一般の列車に乗車し、黒部川を海へと下ります。。




いやあ、今日は実に様々な列車に乗れて大満足です。。



宇奈月温泉駅へはスローペースで流れるアルプスの絶景を見ていればあっという間の鉄道旅行ですね。。

そして最後の最後についに・・・



元京阪特急の譲渡車が私を待ち受けていて、目出度く乗車することができました。。。


2015年07月12日 イイね!

アルプスに会いに行ってきた(その2)

アルプスに会いに行ってきた(その2)さてさて、富山で独り居酒屋で呑んだ日の翌日からのお話です。

翌日は立山アルペンルートに行くため、富山地方鉄道の始発列車に乗りました。





行き止まり式のホームに全国各地で活躍した往年のスター達が集います。。

まさに鉄道ヲタク垂涎のシーンです。。




関西からやってきた元京阪さんの特急用車両にも会う事が出来ましたが、残念ながらこちらは私が乗る立山行ではなく宇奈月温泉行・・・。




せめて車内だけでも見ようと乗り込んでみました。。。

シートモケットは富山地方鉄道の赤色に変更されていましたが、肘掛の下に京阪時代のモケットが辛うじて残っていました。。

このモケットは国鉄特急のグリーン車と同じモケットで、かなり豪華なものだっただけに、この変更は残念でなりませんでした。。




車内に飾られた京阪当時の「成田山」の交通安全御守りもそのままで・・・

やっぱ日本人は神様、御守りを粗末に出来ないんだなと実感しました。。。



私の乗る立山行は富山地方鉄道さんのオリジナル14000系(左)と並んだ元西武鉄道さんのレッドアロー専用車両です。。


もうアルペンルートに行く前に富山駅だけでお腹いっぱいです。

そして・・・



車窓からは曇天の中、一瞬姿を現した剱岳が・・・

その荘厳な姿に思わず息をひそめます・・。



終点の立山駅からは先ず美女平行きのケーブルカーに乗車します。。

そして美女平からはさらにバスに乗り継ぎ・・・



樹林帯を抜けると・・・



北アルプス・立山剣連峰の大日岳が間近に迫ります。。



そして意外と長い50分の乗車でスキーが出来そうなくらい残雪が残る室堂付近へ・・



ここがテレビニュースとかで有名な雪の壁です。。

もう夏が近いのでかなり低くなっていますが、それでも迫力が有りますね~。

そしてバスは立山や剱岳、五色ヶ原への登山拠点である室堂に到着・・・




解かる人には解る・・・・なんて。。。

・・・で、見てください、この素晴らしい景色を。。



アルプスの山々・・・



この大きな雪渓・・・
いつもならアイゼンを付けて頂上目指してどんどん歩いて行く人でしたが、今日は初めて観光だけで北アルプスを訪れ、景色だけを見る人になっています。。



また違った観点から山と接することが出来ました。。

登らずにじっくりと山容を見るのもいいものですね~。


あの時の事故で価値観に変化が無ければこんなアルプスに会う事も出来ませんでした。。



山を歩くのを辞めても、やっぱ私の心を洗浄してくれるのはアルプスの風景であることに違いは有りませんでした。。


でも、いつかきっとまた自分の脚であのピークに立ってみたい・・・

そんな夢に向かってゆっくりと始動を始める為、今日は無理矢理時間と資金を割いてここへやってきました。。

ここからは黒部ダムまで下降する為、大観峰まで地下トロリーバスに乗車。。




このバスの運転免許は「大型2種」では無く、軌道電車(チンチン電車)と同等の乙種動力車操縦者免許だそうです・・・・。




でも車内は「電車」ではなく「バス」そのものですね~。

さらに大観峰からはロープウエイで黒部平まで下降します。。




ここで初めてダムにより黒部川がせき止められて出来た黒部湖を眼下に見ることが出来ます。。





そして黒部平からは地下ケーブルカーに乗車。。



かなりレトロな車両だと思いきや・・・



なんと今は無き「東京汽車会社」製・・・

しかも倒産寸前の昭和44年製でした。。



そしていくつもの乗り物を乗り継ぎ、黒部ダムに到着しました。。






10年ほど前に水晶小屋からあ赤牛岳を経て読売新道を下山してきて以来の黒部湖です。。

続く・・・

2015年07月11日 イイね!

ハチ子還る。。。

ハチ子還る。。。 先週、ガレージから起動直後にエンストを起こし、動けなくなりレッカーでDラーへドンドナされたハチ子・・・

昨日、Dラーから治ったので引き取りに来てと電話が有りました。。。


原因は起動時のセル回転時に電圧不足で圧縮が低下・・・

そこへアクセルを踏んでいたので噴射オイルとガソリンがプラグに被り、エンジンが停止したとのことでした。。


どうやら息子はエンジン「切」の時にオーディオやエアコンを切らずに放置し、エンジンスタートの際にキーの回転を一旦途中で止めて段階的に回す癖が有る様で・・・・

エアコンやオーディオの電圧がかかったままセルを回すので、点火が弱くなった様です。。

そこへ2ローターのうち前ローターの圧縮が基準の60ギリギリ(後ローターは75~85)だったため、低圧縮、低電圧状態となり、うまく点火できなかったとか・・・・・。


MAZDAのディーラーで1週間入庫し、毎日試運転し計測をしてくれました。。


そして、その結果、バッテリーは60%から85%に回復、プラグも磨いてくれましたので、ほぼ完全に復帰・・・・・・というか、故障以前よりも良い状態で還ってきました。。



今回の故障は本格的な圧縮低下ではなく、圧縮は基準値まで低下しているものの、点火条件が一時的に最悪な状態になったためということで、今後はセル始動時にアクセルを踏まず、一気にキーを回すようにすれば解決するとのことです。。

まさか息子がそんな使い方をしていたとは・・・


一方、こちらは今回の代車。。



ひと世代前のデミオです。。

今や新型が出て、斬新なデザインなのになんだか古く感じてしまうのは恐ろしいことですね~。






色調も明るい緑色をメインに売り出していましたが、今や深い赤色を訴求色・メインテーマとするなど、ここ数年でMAZDAの取り組みも激変しましたね。。

そしてこちらがその深い赤色をテーマにした新型「ロードスター」・・・





試乗を薦められましたが、乗れば必ず欲しくなるし、妻も睨んでいるので、先ずは手持ちのカメラで画像に収めるだけにとどめました。。


さてさて、そのセル始動トラブルでレッカ-移動を伴う故障を惹起させた息子は・・・・








突如送られてきた画像にビックリ!!




うわ!  なんじゃこりゃ結婚か!!


・・・って思いきや、結婚式場のモデルのバイトだったらしく・・・





あ~でももうあと数年もすればこれが現実のものとなる日も近いのかなと思うと、ぞっとしますね。。。

息子と娘の2回は有るだろうし・・

そうなればお金が無くてハチ子の修理すら出来ないかも。。

プロフィール

「青森県立美術館・青池ほか 極貧グリーン車の旅(2日目夜~3日目) http://cvw.jp/b/860472/40722355/
何シテル?   11/17 00:44
ラスト サンバーです。よろしくお願いします。 サイドに大きな六連星を施し、ヒサシ(国鉄・上越型EF58の氷柱切りとも言う)を取り付けたデザインのサンバーは、主...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

オフタイムは全力で遊び、仕事は面白おかしく楽しみながら・・・
変人指数の濃いオヤジですが、どうぞよろしくお願い致します。
98 人のお友達がいます
gymks@み~ちゃんママgymks@み~ちゃんママ * ネイジュネイジュ *
6MT改め5MT6MT改め5MT * りんご屋で555りんご屋で555 *
増トン3割引増トン3割引 * ヘボヘボヘボヘボ *

ファン

115 人のファンがいます

愛車一覧

スバル サンバー 黒サイ (スバル サンバー)
サンバー絶版の噂を聞き、慌てて平成22年2月に13年落ち15万キロ走行のボンゴフレンディ ...
スズキ K50 お巡りさんのオートバイ (スズキ K50)
平成14年10月にヤフオクで落札し名古屋まで受け取りに行き、夜の国道をトラックに巻き込ま ...
マツダ 3 ハチ子 (マツダ 3)
妻所有の車ににつき画像及び詳細はノーコメントです。。 フロントは妻の好みの社外エアロに ...
マツダ ボンゴフレンディ キハ58 (マツダ ボンゴフレンディ)
子供達の成長と共に、スプリンターカリブから乗り換えました。。 私がマツダファンになる ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.